まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

いつわかる?血液検査の結果とその日数

      2016/03/12

 - 美容・健康

病院で血液検査をしたことがある方は多いかと思います。その結果がでるまではいろいろと心配ですね。そこで今回は血液検査の種類や結果が出るまでの日数について調べてみました。

スポンサーリンク

  関連記事

冬以外でもおでんダイエット! 卵+低カロリー具材で

今やコンビニなどで年中食べられるようになったおでん。実は、おでんで痩せる「おでんダイエット」が今話題になっているのです。卵などのヘルシー+満腹感+低カロリーな具材でカシコくダイエットしませんか?

夜ご飯を食べないと痩せる?夕食抜きダイエットとは

ダイエットにチャレンジするけどなかなかうまく痩せない…という人は夕食抜きダイエットはいかがでしょうか。夜ご飯を食べないダイエット方法ですが、短期間で痩せたい人にはお勧めのようです。しかし注意点もあるので紹介します。

卵巣嚢腫で手術をすることに!麻酔はどうなる?

卵巣嚢腫とは卵巣にできる腫瘍のことですが、良性のものが多いようです。手術で取り除かないと行けなくなった場合の麻酔は全身麻酔と硬膜外麻酔を利用するようです。今回は卵巣嚢腫の手術について調べました。

すっぴんでも目が大きいって言われたい!目を大きくするには

女性はメイク次第で目の大きさまで変えることができます。しかしすっぴんになったときの変化にがっかりされることもあるかもしれません。そこですっぴんでも目が大きいと言われる方法を調べました。

歯の色が白く!歯に塗るマニキュアとは?

歯の色が黄ばんだり着色すると特に前歯の場合は気になりますね。歯医者に行く時間がないという時は歯を白くする歯のマニキュアを塗るのが便利です。今回はすぐに歯を白くできる歯に塗るマニキュアについて調べました。

目から出血!?原因と対処法は?コンタクトはしてもいい?

目から出血すると白目が真っ赤に染まりまることがあります。この出血はなぜ起こるのでしょうか?また出血した場合はコンタクトはしてもいいのでしょうか?今回は目からの出血について調べました。

背中の筋肉が痛い!これって?

日常生活において背中の筋肉や骨が急に痛むことってありますよね。ただの疲労かなとほっといてはいませんか。背中の痛みには実は重大な病気の原因になっていることもあるのです。

足でも血圧が測定できる?

血圧測定といえば、腕にマンシェットを巻いて測定するイメージはありませんか?血圧測定には、腕だけでなく、足で測定することもあるんです。足での血圧測定について調べてみました。

近視なのに老眼!?コンタクトは使える?

自分は近視だから老眼の心配はない…と思っていませんか?老眼は年を取れば誰にでも訪れます。近視でコンタクトを使っている人は老眼になると近くのものが見えにくくなってしまいます。その場合はどうすればいいのでしょうか。

ラーメンと餃子のカロリー気になるけどおいしく食べたい

ラーメンと餃子はセットで注文をすることが多いですね。チャーハンを食べるほどお腹は減っていないときにはちょうどいい量ですが、気になるのがカロリーです。カロリーは見ないふりをしてしまいますが今回はしっかりとカロリーについて調べてみましょう

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけません。ほとんどがかかり付けの病院で受けることになりますが、もし途中で病院が変える事になっても、予防接種に影響はないのでしょうか?今回は予防接種について調べました。

胆嚢摘出手術とは!?癒着がある場合はどうなる?

胆嚢は胆汁を出して食べ物の消化を手助けする役割があります。胆嚢を摘出する場合はどのような時のなのでしょうか?癒着がある場合の手術方法はどうなるのでしょうか。今回は胆嚢摘出手術について調べました。

精神科に入院することになったら?期間はどのくらいか

もしも精神科に入院することになった場合、その期間はどのくらいなのでしょうか。日本は特に精神科への入院の期間が長く、問題視されている部分もあるようです。今回は精神科への入院の期間について調べました。

排卵誘発剤の注射の痛みはどのくらい?

不妊治療を行う場合、はじめは自然周期のタイミング法を試します。その結果が出ないときは排卵誘発剤を用いたタイミング療法へうつっていくようです。排卵誘発剤の注射の痛みはどのくらいなのでしょうか。今回は排卵誘発剤について調べました。

卵巣が腫れている時の原因と症状

卵巣は沈黙の臓器と呼ばれるほど異変があったとしてもその自覚症状があまりありません。卵巣が腫れることはよくあるようですがその原因はどのようなものがあるのでしょうか。

脳が原因で病気に!?精神疾患と脳の関係

近年、精神疾患を患う人が増えてきているといわれています。精神疾患は脳の病気ともいわれ、原因は脳の機能障害とされていますがすべてはまだ解明されていません。今回は脳と精神疾患の関係について調べました。

納豆は薄毛に効果アリ!?髪の毛にいい効果とは

納豆は栄養が豊富な食材ですが、髪にもいいというのを知っていましたか?なぜ納豆は髪にいいのでしょうか?今回は髪の毛に納豆がもたらす効果と、より髪の毛にいい食べ方を調べました。

高温期にイライラ!その原因とは?

女性には高温期と低温期があることを知っていますか?基礎体温を測ることでその周期を知ることができます。高温期にはイライラすることがあるようですが、その原因は一体何なのでしょうか。

卵や小麦のアレルギーの人も食事を楽しみましょう

あなたや家族にアレルギーの方はいらっしゃいますか?まずは何にアレルギー反応を起こすのかチェックしてください。卵や小麦のアレルギーが多いようです。すべて手作りしようと思うと疲れます。しっかりチェックをすれば、市販のお菓子や惣菜も食べられます。外食もできますね。お世話する方の負担を減らすことも大切です。

初めての産婦人科!診察に必要な持ち物や服装は?

産婦人科に行ったことがないという方も多いと思います。なんだか怖いというか未知の世界ですよね。初めて診察に行く方のために、持ち物や服装についてご説明したいと思います。

●血液検査とは?

血液は、からだの隅々を駆け巡り、各細胞に必要な酸素や栄養素を運び、古くなった代謝産物や老廃物を運び去る、という大切な働きをしています。その血液の中身を調べれば、全身の組織や臓器の状態や異常がわかるもので、健康診断や人間ドックでは必ず血液検査が行われます。

血液自体の病気もわかり、赤血球系、白血球系、血小板系、血漿タンパクの4つに大別される血液の病気のうち、どの系統なのか最初に見当をつけることができます。

赤血球数…血液一般検査の基本項目のひとつ。貧血や多血症の有無がわかります。
網状赤血球数…貧血など、血液をつくるもとが関係している病気を調べます。
ヘモグロビン量…赤血球数とヘモグロビン量とを比較し、貧血のタイプを調べます。
ヘマトクリット…血液中にどれくらい割合で赤血球が含まれているかを調べます。
白血球数…細菌感染による炎症を起こしているかどうかの判定に役立ちます。
白血球分画…好中球、リンパ球、単球、好酸球、好塩基球の増減を調べます。
血小板数…貧血があって慢性出血が疑われるときに必ず行なわれます。
骨髄穿刺…造血機能や血球の熟成度がわかり、血液病の診断に欠かせません。
赤沈…赤血球沈降速度の略で、主に炎症をともなう病気の有無や程度がわかります。
出血時間…血液凝固に関わる血小板の機能と毛細血管の状態がわかります。
プロトロンビン時間…外因系の凝固因子の異常を見つけるために行なわれます。
活性化部分トロンボプラスチン時間…血友病のスクリーニングとして重要です。
フィブリノゲン…急性の炎症や組織破壊が起きていないかを調べます。
トロンボテスト、ヘパプラスチンテスト…血液の凝固する力がどの程度かを調べます。
FDP、Dダイマー…体のどこかに血栓ができて、線溶現象が亢進しないかを調べます。
凝固因子活性検査…血液凝固因子の働き具合を調べます。

引用元-病院の検査の基礎知識

スポンサーリンク

  人気記事

●結果が出るのにはどのくらいの日数がかかる?

大学病院や総合病院などでは、採血してから40分~50分後位に結果が出ます。(腫瘍マーカーも含めても1時間後には結果が出ます)

総合病院に定期的に予約通院している患者さんは、当日採血して結果が出てから診察室に呼ばれドクターから検査結果を聞き、それにより薬を処方となります。血液検査データー表は隣席するドクターアシストが次回予約表ととに患者に手渡ししてくれます。次回も診察前に血液検査を入れてありますと言われハズです。

個人医院で午前中に採血して外注が昼頃取りに来れば、最近では翌日朝には、検査結果が出ます。朝一にて個人医院パソコンから検査会社のコンピューターにパスワードを使い連結して患者の検査結果を個人医院のドクターが取り出します。
従来型の方式なら、検査会社から3日後に結果ペーパーが医院に配達されます。

引用元-楽天 みんなで解決!Q&A

●健康診断の検査結果がわかる日数は?

健康診断の結果が出るまでの期間は、病院で健康診断を受けて約2週間程度になっています。健康診断の結果は職場か自宅に送られてくるというケースが多いので特に何もしなくてもいいのです。自宅に送られてきた書類を会社に提出するというケースが多いようですね。

早いところでは健康診断のその日に結果が分かる病院もある

さらに、結果が出るまでの期間が早いところは、健康診断を受けた際に結果がその場でもらえるケースもあるようです。そのような病院を利用すると結果がすぐわかって良いですよね。企業側にそのような病院を利用したらどうかと提案してみるのもいいかもしれません。

結果までの期間が長いと不安になる人が多い

実は最近は健康診断を受けてからその結果が出るまでの期間に不安になる人が多いのです。
これは、仕事をする中で次第に年齢を重ねていくと、その分、病気になりやすいという可能性があるかもしれません。
特に高齢になると健康診断の結果が出るまでの期間は不安で仕方がないという人も多くいます。

健康診断の結果が出るまでをどのように過ごすか

次に大事なのが、健康診断の結果が出るまでの間をどのように過ごすのかという点です。あまりにも神経質になって、考えすぎるのもよくないのです。何か趣味がある人はその趣味をするようにするといいでしょう。
とりあえず結果が出るまでは今まで通り過ごすのが一番です。

引用元-キャリアパーク!

●献血でわかる!血液検査の結果

献血に行きますと、自分の採血された血液検査結果を郵送で知ることができます。(献血してから約1~2週間程度で手元に届きます。)
この血液検査結果は、非常に一般的な検査項目になります。血液検査の種類と正常値を知る事で自分の体調管理、健康増進に役立てる事が可能です。また、献血の血液検査結果は、インターネット、携帯からも見る事ができ過去の履歴も確認する事ができます。

赤十字から送られる血液検査結果に記号が書かれている場合があります。記号の意味は次のとおりです。
 ※  表示のある方は、検査用検体の不調等で検査することができませんでした。
 #  表示のある方は、標準値からはずれていますので、医療機関での受診をお勧めします。
もし、赤十字から送られてた貴方の血液検査結果に「#」の表記があった方は、この血液検査の結果を持って、病院で医師の診察を受けることをお勧めします。血液検査の結果用紙に血液結果の項目・数字がどういう意味を表すのかの説明が書いてあります。そして、数字の標準値が記載されていますので異常な検査項目と乖離している程度を知る事ができます。さらに詳しい検査結果についての説明や考えられる原因については、下の一覧から気になる血液検査項目をクリックして確認する事ができます。

よく質問がありますエイズや肝炎の血液検査もしてくれるのか?という質問については、赤十字では検査目的の献血ではない為、B・C型肝炎検査、梅毒検査、HTLV-I抗体検査で異常を認めた場合にのみ、献血後1ヶ月以内に親展(書簡の郵便)にて通知されるようになっています。何の異常も見られなかった場合には、B・C型肝炎検査、梅毒検査、HTLV-I抗体検査の結果は届きませんので、「忘れてるんじゃないか?」と思って、請求したりしないように注意してください。

引用元-食と健康の総合サイト

●発熱時にする血液検査

病原体には大きく分けてウイルス感染と細菌感染があります。

 一般的に感染症の8割程度がウイルス感染と言われています。ウイルス性の感染症の場合は、ある種のウイルスを除いて(インフルエンザ・水痘)ウイルスそのものをやっつける薬はありません。したがって治療は、その感染症に伴う諸症状を抑える対症療法が治療の主体となります(鼻水が出ていれば鼻水を止める、咳があれば鎮静剤など。)。

 一方、感染の原因が細菌であれば、対症療法とともにその最近を抑える抗生剤が治療の主体となります。逆に言えば、いくら熱が出ていても感染の原因がウイルスであれば抗生剤を内服しても効果がないということになります。

 このように感染症ではその病原体により治療方針が異なるため血液検査を行っています。

 また、病原体に関係なく『発熱=抗生物質』という治療を続けていくと、細菌が抗生剤に強くなって抗生剤の効きにく細菌が繁殖しやすくなります。これを細菌の耐性化といいます。
 このようなことを防ぐためにも極力不必要な抗生剤の投与を避けることが重要です。

 次に「血液検査で何をみるか」ということですが、白血球数とその内容および炎症反応をみています。
 簡単に説明すると、ウイルス感染の場合は、白血球数が増えず、その内容では好中球というのがあまり増えません。逆に細菌感染の場合は、白血球数が増え、さらに好中球が増加します。
 白血球のうちの好中球というのは、重荷細菌をやっつける細胞です。また同時に炎症反応の程度を調べていますが、細菌感染の場合には、炎症反応が強く陽性になることが多く、ウイルス感染の場合は、例外はありますが通常あまり出ないか弱い陽性であることが多いです。

引用元-こどもクリニックケロちゃん

●感染の確認に!おたふくの血液検査にかかる日数

皆さんご存知かと思うのですが、おたふく風邪は潜伏期間がとても長い病気でもありますので、感染しているかどうかを確認するのにも日数がかかります。
じっと待っていても発症しない事もありますが、やっぱり感染していたのか!と思うくらいの時期に発症するお子さんもいらっしゃいますよね。
まずおたふく風邪は感染してしまったかな?と思う時期から、個人差がありますが24日間くらいの潜伏期間があります。
普通、検査を受けようとするならば、学校や幼稚園などで感染者が出たと聞いた時に検査を受けたいと思いますが、実はその時期に検査をしてもわかりません。
ではいつ検査を受けたらいいのかというと、感染者が出たと聞いてから遅くても1週間くらいまでに受けてみるといいでしょう。

CF抗体検査は1週間くらいから受けるといい

この検査は比較的早い段階で感染の疑いがあるという事がわかる検査で、初期の段階の感染に対しての抗体を作るために分泌される蛋白を調べる検査です。
N蛋白というおたふく風邪のウイルスに対しての抗体の数がどのくらい増えているのかを調べれば、体内にウイルスが入っているかどうかがわかるのです。
ただし、この蛋白は時間がたつとなくなってしまうので、早い段階で検査を受けるといいのです。
この検査は血液検査でわかるのですが、一般的にこの検査を単体で受ける事は少なく、この検査とIgG検査とセットで受ける事を推奨しています。
かかる日数は病院によって違う可能性がありますが、おおむね検査から3日~5日くらいで検査結果がわかると言います。

引用元-Medical Blog

まとめ
血液検査の結果がわかる日数は検査内容や、病院によっても違いました。病気かなと思ったら早めに病院に行って検査をした方がいいですね。

twitterの反応

 - 美容・健康