まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

自動車運転免許を取得しよう!どのくらいの期間で取れる?

      2016/03/20

 - 社会・政治・経済

18歳になると自動車運転免許を取得することができますね。なかには忙しいので、できるだけ早くとりたいと思っている人もいるのではないでしょうか。今回は自動車運転免許を取得するのに必要な期間について調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

会社の掃除は労働?時間外手当のボーダーライン

会社の始業前に掃除をするために早く出勤している人もいることでしょう。この掃除は果たして労働にあたるのでしょうか?時間外手当となるボーダーラインはどこなのでしょう。今回は始業前の掃除について調べました。

社会福祉士ってどんな資格?取得方法を紹介!

社会福祉士という資格を知っていますか?社会福祉士の仕事は多岐にわたり、職場は主に社会福祉施設になります。今回は社会福祉士の資格の仕事内容と取得方法を調べましたので紹介します。

私立の医学部は高い!?学費はどのくらい?

医学部はお金がかかるといったイメージですが、特に私立はものすごいお金がかかります。実際に私立の医学部にいった場合、どのくらいの学費がかかるのでしょうか。今回は私立の医学部について調べました。

銀行の普通預金口座と当座預金口座の違いについて

銀行の通帳を見ると「普通」と「当座」がありますが、一般的には普通口座ですよね?
「当座」って何に使う口座なので、誰が使う口座なの?という素朴な疑問から調べてみました。

バスの座席のいろんなマナー総分かり

初めて会社で貸し切りのバスの旅行の幹事になった時は座席のことで悩みますね。初めて空港行きのエアポート行きのバスに大きな荷物をもって乗車者する時のマナーは気になります。初めて夜行バスに乗るときは、座席を倒して安眠するには?いろいろな疑問が沸いてきます。

体育教師になるにはどの大学へいけばいい?

どうすれば体育教師になれるか知っていますか?どんな大学に行けばいいか、教諭の試験はどんなものなのかいざ聞かれるとよくわかりませんね。今回は体育教師のなり方について調べてみました。

障害者の作業所で働くための資格とは?

障害者の作業所を経営するには、国家資格や体験が必要不可決です。では、そこで働く人はどうなのでしょうか?もちろん最初から資格があるに越したことはありません。しかし、明るい性格で奉仕の心がある人なら、無資格からでも始められます。働きながら資格をとりましょう。

司法書士と弁護士、統合は必要か?

弁護士と司法書士、どちらも法律に関係した仕事ですが、できる仕事は結構違うようです。そんな中、弁護士の増加により士業の統合をすべきではと言った意見もあるようです。今回は弁護士と司法書士の厳しい現実について調べてみました。

円満な仕事の辞め方は?1週間で仕事を辞められるか

新しい環境で働き出してみると自分が思っていた環境とは違うと思うことはありますね。そんなときはどうしますか?仕事を始めて1週間だったとしたら辞めることを上司に伝えますか?今回は仕事の円満な辞め方について調べました。

日本学生支援機構の奨学金の審査基準とは?

大学や専門学校に進学する際に、経済的余裕がない場合は奨学金を利用するのが有効ですね。日本学生支援機構の奨学金には二種類あります。今回はその奨学金の種類と審査基準について調べてみました。

保険の営業方法について考える 悩んでいるあなたへ

保険の営業をする際、自分を売り込むのに必死になっていませんか?かといって、必要以上にペコペコ相手の様子を伺っていても、お客様の信頼を得る事はできません。ではどうすればいいのか?その方法を見てみましょう。

高速道路での走り方!最高速度変更に軽自動車愛用者は困惑?

高速道路を走っていると軽自動車も多く見かけますが、性能があがってきているとはいえ、100キロを超えるとアクセルを深く踏み続ける必要があるため、普通車と比べて疲労度が増しますよね。そんな中、高速道路での最高速度が100キロから120キロに引き上げることになったそうです。周りの120キロの流れに軽自動車はついていけるのでしょうか?まとめました。

会社の役職で一番重要!代表取締役とは

会社ではいろいろな役職がありますね。どの順番で役職が決まっているか知っていますか?一番重要なのは代表取締役だというのですが、取締役とはどんな役職なのでしょうか?今回は会社の役職について調べました。

就職活動に資格は必要?取っておきたい資格とは?

就職するときに資格があることは有利なのでしょうか?履歴書に資格を書くことは必要なように思いますが、実際はどうなのでしょう?中には取っておくと便利な資格もあるようです。今回は就活に必要な資格について調べました。

ホテルで掃除のアルバイト!その仕事内容は?

ホテルの掃除のアルバイトやパートの求人をよく見かけますね。ホテルの掃除の仕事とはどんなものなのでしょうか。調べてみると結構仕事がきついとの事なのでその内容を紹介します。

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります。退職後ももちろん病院に行くことはあるので、このままでは困りますね。今回は退職後の健康保険の手続きについて調べました。

よく聞く「公職選挙法違反」とは?事例も紹介

選挙の後、「○○が公職選挙法違反の疑いで送検されました」といったニュースを耳にすることがありますよね。お金や物をもらってはいけないといったことは有名ですが、そのほかにも気をつけるべきことがたくさんあります。え?自分には関係ない?そう思っていても知らないうちに違反をおかしてしまう可能性も十分にあるので、事例を含め確認しておきましょう!

ホテルのフロントの仕事内容とは?

ホテルのフロントはそのホテルの顔と言っていいほど重要な仕事ですね。その仕事内容はどのようなものなのでしょうか?なにか必要なスキルなどはあるのでしょうか?今回はホテルのフロントの仕事について調べました。

国民年金の保険料を免除するには?免除申請に必要な物

国民年金は20歳以上の国民であれば必ず加入する制度です。毎月の保険料を滞納した場合は催促状がくる場合があります。経済的に払うことが難しい場合は免除申請をすることができます。今回は国民年金保険料の免除申請に必要な物を調べました。

転勤の挨拶には個包装のお菓子が良いでしょう

転勤は引き継ぎや資料作りが大変ですね。『立つ鳥跡を濁さず』のように好印象で最後の勤務を終えたいですね。そして、最後の日には、お世話になった方たちへで挨拶すると良いです。気持ちだけで良いのでお菓子などを配られたら良いのではないでしょうか。

自動車運転免許を取得するには?

自動車学校と教習所は、呼び方は違いますが中身は同じです。ドライビングスクールやモータースクールと呼ばれるところもあります。
自動車学校・自動車教習所・ドライビングスクール・モータースクール、これらは指定自動車教習所と届出自動車教習所(特定届出自動車教習所)の2種類に分けられます。

指定自動車教習所とは?

指定自動車教習所とは、公安委員会(警察)が決めた基準にのっとっている自動車教習所のことです。一般に「教習所」や「自動車学校」と呼ぶときは、この指定自動車教習所のことを指しています。
指定自動車教習所では、道路交通法で決められた教習カリキュラムで教習がおこなわれます。
基本的に単位制で、必要な学科・技能教習の単位をとって、仮免学科試験・仮免技能試験・学科試験・本免技能試験を受けていきます。
このうち、仮免学科、仮免技能試験、本免技能試験を自動車学校内でとることができます。特に本免技能試験をとることができるのが大きなポイントです。
指定自動車教習所で本免技能試験を合格したら、運転免許センター・試験場に最終的な学科試験と適正試験を受けに行くことになります。そして学科試験と適正試験に合格すると、晴れて運転免許を取得することができます。

指定自動車教習所に通った場合の免許取得の流れ

[指定自動車教習所でおこなうこと]
1.指定自動車教習所に入学する
2.学科講習・技能講習(敷地内講習)を受ける
3.仮免学科試験に合格する
4.仮免技能試験に合格する
5.学科講習・技能講習(路上講習)を受ける
6.本免技能試験に合格する

[運転免許試験場でおこなうこと]
7.学科試験・適正試験に合格する
8.運転免許証を交付してもらう

引用元-運転免許相談所

スポンサーリンク

  人気記事

自動車運転免許を取得するにはどのくらいの期間かかる?

自動車教習所の場合

入校日に先行学科(1時限)を受講するところがほとんどとなります。
内容は、運転に関する心得を確認することです。

第1段階

教習所内での技能教習があります。
オートマ車(AT)を取得するか、マニュアル車(MT)を取得するかによっても異なり、AT車12時限以上、MT車12時限以上かかります。
また、得手不得手があるので、この期間は人によって多少時間の差が出てくる部分となります。
気を付けなければいけないのは、技能講習は予約制のため、早め早めに予約を行わないと
なかなか技能教習を行えないということになる場合もあるということです。
それによっては最短で取得するのが難しくなってしまうので、注意した方がよさそうです。
学科は9時限あります。
学科の時に居眠りなどをしてしまうと単位がもらえず、より時間がかかってしまうこともありますので注意したほうがよさそうです。
技能教習と学科の1段階目を終了しますと、技能終了検定・仮免学科試験があります。
両方を合格しますと路上教習へ進めます。
仮免試験で少し時間がかかってしまう方もいますが、実際に路上に出る前にしっかりと練習を行う方が安心して路上教習へ進めます。
仮免試験に落ちてしまったとしても焦る必要はないので安心してください。

第2段階

第1段階と違い、技能教習は路上での教習となり、19時限以上あります。
路上教習は教習所内での教習よりも厳しい為、時間がかかってしまうことがあります。
学科は16時限となります。
こちらに関しましては第1段階とあまり変わりはありません。
両方を終了しますと、卒業検定があります。
落ちてしまうと補修で1時限~2時限ほど時間が延びてしまうので、注意が必要です。
試験の時間も考慮して全ての時間を合計すると最短でも60時限程度かかります。
教習所に関しましては早くて1カ月~2カ月ぐらいかかるようです。

引用元-Campus Magazine

最短で取得!どのくらいの期間?

指定自動車教習所では、最短どのくらいの期間で普通免許を取得できるのでしょうか。一般的に、教習所にほぼ毎日通って、1ヶ月程度で免許の取得が可能と言われていますが、できるだけ短い期間で取得を目指すなら、合宿免許という方法があります。個人差があるので必ずというわけではありませんが、頑張ればAT限定で最短13泊、MT車では最短15泊で合格が可能です。合宿免許は入校と同時に、毎日めいいっぱい教習できるスケジュールが組まれていて、集中して教習を受けることができます。そのため通学で取得するよりも、はるかに短い期間で運転免許を取得することができるのです。しかも、合宿免許は宿泊費や食事、交通費も含まれていながら、通常の費用より安く取得できます。しかし、2週間も教習に時間を取られてしまうので、社会人には難しいかもしれません。ある程度、時間が自由な学生のうちに、合宿免許を利用して短時間で取得してしまうという方が多く参加しているようです。

引用元-合宿免許のアップルライセンス

注意!有効期限切れにならないように

■1年

一番の問題は、自動車教習所でもらうことができる卒業証明書の有効期限です。これが1年です。卒業証明書の有効期限内であれば何度でも本試験(学科試験)を受けることが出来ますが、1日でも過ぎてしまうと、本試験(学科試験)を受験することが出来なくなります。

本試験(学科試験)は平日の月曜日~金曜日までの間でしか受験することが出来ません。土日祝日は対象外なのです。そのため、自動車教習所を卒業してから本試験(学科試験)を受けるまでの間に、仕事や学校が忙しくなって運転免許試験場(運転免許センター)に行けなくなって、卒業証明書の有効期限切れをおこしてしまうということは避けたいです。

■6か月

運転免許試験場(運転免許センター)で本試験(学科試験)を受ける際には仮運転免許証(仮免許)が必要です。この仮免許には実は有効期限があるのです。その期間が6か月です。

免許証交付の際に仮免許を提出する関係で、仮免許の有効期限内でなければダメなのではないかという話をよく耳にしますが事実は異なります。実際には、有効期限内の卒業証明書があり、本試験(学科試験)に受かって、適性試験にも受かり、必要な書類がそろっていれば、有効期限が切れた仮免許を提出しても問題はありません。

しかし、仮免許の有効期限6か月を完全に無視してよいかというと、そういうわけではありません。仮免許の有効期限中は卒業検定(技能検定)に受からないとなりません。

運転免許試験場(運転免許センター)と異なり、自動車教習所は土日祝日も利用することが出来ますが、仕事や大学・アルバイトが忙しくなったり、途中で海外に留学・転勤などがあったりすると、仮免許が失効してしまいます。そうなった場合には、自動車教習所で仮免許をもう一度取るところから始めなければなりません。教習所卒業までの時間もさらにかかってしまいますし、運転免許を取りたいという気持ちも薄くなってしまいますので、運転免許を取るとなった時には、短期間で一気に取ってしまうほうがよさそうです。

いかがでしょうか。気にすべき有効期限は6か月と1年です。十分注意して、自動車教習所に申し込みをしてくださいね。

引用元-よくわかる合宿免許ナビゲーション

一日で免許を取得できる?

教習所で取得する方法以外にも、1日で免許が取得できる「一発試験」というものがあります。教習所に通わず、直接運転免許センターに出向いて試験を受けるため、費用も期間も最小限に抑えられます。受験者の多くは免許の紛失や、更新手続きを忘れた人など運転知識がある人達です。

また、一発試験は、平日のみの実施や予約制となっているケースも多いため、自分が住んでいる地域ではいつ受験できるのかをあらかじめ確認しておきましょう。なお、既に普通自動二輪や普通自動車第一種免許などを持っている場合は、学科試験が免除されて技能試験のみになります。

このように、運転免許の取得方法にはさまざまな種類があります。自分のペースでじっくりと取得を目指すなら通学、できるだけ早く取得したいなら合宿免許がおすすめです。自分のライフスタイルなどと照らし合わせながら選択しましょう。

引用元-毎日コムネットの合宿免許

まとめ
できるだけ早くとりたいのなら、合宿を利用するのがよさそうですが長期の休みが必要になりますね。自分に合ったペースで取得を目指してください。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済