まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

円満な仕事の辞め方は?1週間で仕事を辞められるか

      2016/04/08

 - 社会・政治・経済

新しい環境で働き出してみると自分が思っていた環境とは違うと思うことはありますね。そんなときはどうしますか?仕事を始めて1週間だったとしたら辞めることを上司に伝えますか?今回は仕事の円満な辞め方について調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

社会保険と雇用保険って何?二つの保険の違いとは

求人表などに書いてある社会保険完備とはどういった意味なのでしょうか。また社会保険と雇用保険の違いは何なのでしょうか?今回は社会保険と雇用保険について調べました。

国民年金の未納分を払いたい!未納分はどこまでさかのぼれる?

国民年金は20歳になると加入する義務があり、毎月国民年金保険料を払わないといけません。しかし未納の人は後を絶たずその割合は若い人ほど多いようです。今回は未納分を後日払いたい場合にどうしたらいいか調べました。

私立の医学部は高い!?学費はどのくらい?

医学部はお金がかかるといったイメージですが、特に私立はものすごいお金がかかります。実際に私立の医学部にいった場合、どのくらいの学費がかかるのでしょうか。今回は私立の医学部について調べました。

サラリーマン必見!MS・CS・ES・・・一体何の略?

MS・CS・ES。経営を勉強していないと耳慣れない言葉かもしれませんが、それぞれ「Manager Satisfaction(経営者満足)」、「Customer Satisfaction(顧客満足)」、そして「Employee Satisfaction(従業員満足)」の略です。ここでは、それぞれの基本的なことについて解説します。

ホテルで掃除のアルバイト!その仕事内容は?

ホテルの掃除のアルバイトやパートの求人をよく見かけますね。ホテルの掃除の仕事とはどんなものなのでしょうか。調べてみると結構仕事がきついとの事なのでその内容を紹介します。

数学の中学教師になりたい!どうすればなれる?

将来教師の道に進みたいと考えている人もいることでしょう。中学に行くと小学校とは違って、数学や国語などの各教科ごとに専門の先生が教えてくれますね。今回は中学教師のなり方について調べました。

年金の支給開始年齢はどこまで引き上げられる?老後について考えよう

老後の生活を保障してくれるのが年金制度ですが、近年その制度が崩壊しかねない事態になっています。そんな年金の支給開始年齢は時代と共に引き上げられてきました。年金の支給開始年齢は今後どこまで引き上げられるのでしょうか?

個人事業主の会社が厚生年金に加入する方法

個人事業主は国民年金に加入しています。しかし、国民年金だと老後の生活が危ぶまれます。サラリーマンの厚生年金と受給額に何倍も差が出ます。個人事業主は厚生年金に加入することは出来ないのでしょうか?加入できる条件を探ってみましょう。

株式会社の株って何?!利益を出す方法とは

株というとどんなイメージでしょうか。下手に手を出すと大損をするとか、初期投資にお金がかかるといったイメージの人もいるのではないでしょうか。今回は株で利益を出す方法を調べました。

仕事を紹介してくださるメールの書き方や礼儀

電子メールで即座に連絡がしあえる時代になりました。そこで大切なのが、書き方や礼儀のことです。仕事の大切な紹介のメールの書き方はご存知でしょうか?ポイントを掴み、失礼のないメールの出し方を覚えましょう。気楽にメールが使える時代だからこそ、きちんとした対応が大切になります。

台風が接近!明日の学校はどうなる?

台風シーズンになると暴風や大雨による被害が心配ですね。学生の人は台風が接近すると明日は学校が休みになるのでは…と期待する人もいるのではないでしょうか。今回は台風接近で学校が休みになる基準について調べました。

慶應義塾大学の大学院は通信の課程のからも入学できます

会社に勤めながら、やっぱりもっと勉強がしたい。そういう方には通信の課程があります。慶應義塾大学の通信で学びたい。そして、大学院へ行って専門を究めたいという野心がある方が随分と居られるようです。卒業生の体験談があなたの夢を掴むきっかけになったら良いですね。

会社における社長と部長の役割とは

会社での役職はとても重要ですね。社長は会社で一番偉い人!といったイメージですが実際はどうなのでしょうか。また部長はどのような役割を担っているのでしょうか。今回は会社の役職について調べました。

株の初心者でも大丈夫!?ネット取引のやり方

株というと初心者には難しいというイメージですね。しかし今はネット取引きで情報などを手軽に得ることができるので以前よりはやりやすくなっているようです。今回は株のネット取引について調べました。

年金が減額されない収入のボーダーラインは?65歳以上の場合

定年後も働き続けるた場合、収入によってもらえる年金が減額される制度を知っていますか?これは在職老齢年金と呼ばれ、定年後に働いているすべての人が減額されるわけではありません。また65歳以上からは計算の方法が変わってくるようなので紹介します。

管理栄養士になるために大学に入ると予想以上に忙しい!?

将来の夢のために勉強しよう!と大学に入学し、勉学に励もうと思うのと同じくらい、1度きりのキャンパスライフを最大限に楽しみたいのが本音ですよね。もちろん勉強もしながら、バイトをして社会経験をしてみたり、サークルに入って友達いっぱい作って遊んだりしたいですよね。管理栄養士になるために大学に入ると、自由な時間はどれくらいあるのだろう?どれだけ忙しいのか気になりますよね。そこで、管理栄養士について調べてみました。

塾講師のバイトはホワイト?ブラック?

塾講師のバイトは大学生などに人気のバイトかもしれませんが、近年個別指導塾から出た問題によってブラックバイトのイメージがついてしまったようです。しかしホワイトなバイト先もあるようなので今回はその現状について調べました。

会社の社長が交代したら会社はどうなる?

会社の社長が急に交代となったら会社はどうなるのでしょうか。自分の会社の社長が変わったら社員の待遇がどうなるのか気になりますね。今回は会社の社長が交代した時について調べました。

受付で8割決まる!?電話応対キホンのキ

新入社員の最初の関門といえば、電話の受付。受話器を取って話すだけと思いきや、社会に出ると細かいルールがあるのです。今一度、電話応対について勉強しておきましょう。

銀行の普通預金口座と当座預金口座の違いについて

銀行の通帳を見ると「普通」と「当座」がありますが、一般的には普通口座ですよね?
「当座」って何に使う口座なので、誰が使う口座なの?という素朴な疑問から調べてみました。

仕事を辞めたいピークは1週間

まず知っておくべきなのは仕事を辞める、辞めたいという思う気持ちは、入社後1週間がピークであるということです。2週間目からは徐々に、仕事を辞める・辞めたいといった気持ちも緩和されていくということです。

つまり入社後、1週間は辛い気持ちが上限であって、それ以降は辛い気持ちは下降していくものですから、その辛い気持ちが永遠に続くわけではないのです。個人差もありますが、人には順応性というものが必ず備わっています。

引用元-キャリアパーク!

スポンサーリンク

  人気記事

1週間で仕事を辞めたいと思う理由

説明と違う仕事をやらされた

仕事を探すとき、自分の条件に合った物を探すのが普通になっている今、必ずしも給料面だけを重視しているわけではありません。今までの経験や勉強してきたことを踏まえ職種を決めます。

今は高校でも、将来やりたい仕事を意識した科をおいているところもあるくらいですから、新卒で就職してくる若者の中にも、その職に関する知識をしっかりつけてくる人もいるくらいです。

それでも1週間くらいで仕事を辞めたくなるのは、聞いていた仕事内容とは全く別の仕事をしなければならず、それならそこにいても意味がないと早々に見切りをつけることもあるのです。

例えば、入社して1ヵ月ほどは別部署・部門での仕事も経験してもらう、と前もっての説明でもあれば別でしょうけれど、「今、ここが足りないから、暫くここで仕事して」などといきなり言われれば、見切りをつけたとしても当然です。

「我慢して暫く頑張らなきゃ」と思う人もいるようですけれど、それで身体が拒否反応を示すようなら、頑張る必要はないと思います。

ブラック企業かと不安になった

新卒で入社なら、半月近くは研修・見習い期間の企業が多いはずです。中途採用であっても、最初は業務の説明だったり挨拶回りなどの仕事になるはずです。

ところが中には無茶なことを言う企業があり、初日からいきなり飛び込み営業を命じたり、一人で業務にあたらせたりするところもあるようです。

当然、仕事をこなせないのですが、指導もなくいきなり怒鳴られたり、サービス残業や無給の休日出勤を強制されたりすると、逃げ出したくなっても当たり前です。

ところで、就業規則というものがあるのをご存知でしょうか。雇う側が労働者にどんな仕事をして欲しいと考え、それに対しての給料がどれくらいであるか、就業時間や残業があった場合の手当ての算出、有給休暇についてなど書かれた書面です。

企業側は労働者を雇う場合に、労働条件を示すことで雇用契約がなされるのです。なかったとしても、過剰な残業などはさせないことは労働法で謳われています。

そういう物がなかったり、残業時間などで疑問を感じたときは、先輩や上司に相談するよりも労働基準監督署や労働組合団体へ相談してみましょう。

とにかく職場に馴染めなかった

書いてきた件についてもそうなのですが、入社して初めて分かることや感じることがあり、そのときに別に理由はないのだけど、何か違和感があって早いうちから辞めることしか考えられなくなることもあるのです。

どうしてそれだけで仕事を辞める決心になるのか、と回りは不思議に思うかもしれないですけど、いわゆる虫の知らせ的なこともあるのです。

何にしても、自分が納得できるところで仕事をしたいという気持ちを大切にするのが一番だと思います。

引用元-しごすと

短期で仕事を辞めるのはいけないのか

中途の場合、1日で辞めることは悪くない

理由は主に2つあります。

1つ目は、ある程度実力があれば他の会社でも必要とされるからです。別にその会社にこだわる必要がなく、スキルや技術があれば人材不足の時代、戦力になると判断されれば雇ってもらえます。

2つ目は、同じ業界で求められるスキルや技術が同じなら仕事が分かるということです。どういう風に売上を立てているか、どういう風に仕事の流れとして会社が動いているか、同じ業界にいれば新しい職場でも把握できます。

そして最大のメリットは、1日で辞めれば職歴が汚れないという事です。職歴にはどこに就職して、いつ辞めたかというのを書かなければいけません。もちろん嘘を書いてもバレにくい場合もありますが、懲戒解雇の可能性もあるのでやめておいたほうが良いでしょう。

次の会社で本当に以前就職していたか、これを把握するには「雇用保険」に加入する必要があります。1日では雇用保険に加入していない会社が多いでしょう。つまり入社したことが分かりません。会社側もそれを考慮して、数日後や1週間後に年金手帳の提出など誓約書を書かせる場合が多いです。

ただしこれらは自分で即戦力でいける、という自覚があり、会社という組織が分かっている方に通用する技術です。

引用元-ソロでも生きていける資産運用

仕事の辞め方の理由のメリットデメリット

基本的には2パターン

「仕事内容が合わない」、「職場の雰囲気が合わない」、このどちらかでいいです。
少し変な言い方になりますが、このどちらかを選ぶという時点で「本当の意味の本音ではない」ということになりますが…。

ただこの2つはやはり無難です。本当に今すぐ辞めたいのであれば、逆にあまり複雑なことは言わない方がスムーズです。

もちろんこの2つどちらかが本当にアナタの本音であれば、選ぶこと自体考えなくていいんですけどね。
どちらにもメリットデメリットがありますので説明します。あなたにとって使いやすい方で構いません。

仕事内容が合わないという理由のメリットデメリット

メリット

直接その会社自体は否定していないので、上司を不快にさせずに済むかもしれません。

あくまでも職種が原因なので、「どこにいってもこの職種の仕事は無理です」という主張ですね。

ただしその会社のやり方自体を否定していない場合に限ります。「この仕事は他の会社ではこうだった」という言い方は危険です…。(汗)

デメリット

以下のいずれかのリアクションが返ってくる可能性があります。

■「今の段階で何かわかる!?仕事はもっと深いんだ!」
■「そんなの応募した時点でだいたいわかっていたことでしょ?」

などなど…。

また、面接の時点で厳しいことを言われていた場合は、怒られる可能性もあります。
例えば、以下のようなことです。

■「ウチの店は平日でもめちゃくちゃ忙しいよ?大丈夫?」
■「ウチの仕事はかなり重たいモノを運ぶ作業があるよ?力は大丈夫?」

このように念を押されていれば、仕事内容で辞めるリスクはデカいです…。

なぜなら「だから面接で言ったじゃん?確認したじゃん?大丈夫って言ったじゃん?」となるからです。

職場の雰囲気が合わないという理由のメリットデメリット

メリット

こちらは多い気がします。
まず、こればっかりは働いてみないとわからないということ。面接の時点では見えないですからね。

あと、「雰囲気なんて曖昧なモノ」は、人それぞれ感じ方が違うということ。
ですので説得力は強い気がします。

■挨拶をしても無視する人が何人かいる
■スタッフがとんどが無口で静か
■スタッフがみんな、うるさいくらいのおしゃべり
■男女比の問題
■平均年齢の問題
■体育会系のノリ(社風)
■陰口、悪口ばっかり、助け合わない
■殺伐としている
■照明が暗い
■朝礼が長い、スピーチがある
■週に一度は強制的な飲み会
■多忙時は、休憩時間を削って仕事するのが当たり前の空気
■仕事スペースが狭い

などなど、挙げるとキリがないですが、とにかくその人によってこだわる部分が違うということですね。
周りからすれば「え?そんなの全然いいじゃん?なんで気になるの?」というようなことでも本人が気になるのであれば、仕方ないということですね。

デメリット

「仕事内容」と逆で、その会社自体を受け入れられないという意見ですので、どうしても直接ダメージを与えてしまうことになります。
社風や従業員の行動などが気に入らないということですからね。(汗)

引用元-飽くなき探求心 気になる情報発信ブログ

円満な辞め方をよく考えよう

就業規則によっては入社1週間で退職できない可能性あり

会社によっては、入社時に就業規則の書かれた用紙を手渡されるでしょう。退職に関する規程を承諾したうえで署名をしているのであれば、退職をすぐには認めて貰えない可能性もあります。
たとえば「退職の旨は1ヶ月前に伝える事」などと書いてある場合です。その際はきちんと上司と話し合って退職の意志を伝え、今後の指示を仰ぎましょう。

入社手続きの状況次第では退職が認められる場合がある

入社してすぐに雇用保険や年金などの手続きを開始してしまっている企業もあるでしょう。これらが行われてしまっていると、さっさと辞めてしまうのは実に迷惑な話でもあります。もしも退職の意志があって、まだ各種手続きが行われていない状況であるのならば、すぐに退職させてくる可能性は高いかもしれません。

入社1週間で退職したいと思ったらまずは上司に相談!仕事を辞める際は慎重になった方が良い

入社して1週間で退職したいと思ってしまう原因や、その対処法について見てきました。
入社1週間で退職するというのは、会社側にとっては大変迷惑な話です。しかし本人にやる気がないのであれば、何も言えません。合わなければすぐに辞めてしまえばいい。
そんな安易な考えを持っている社会人が増えているのが現状です。しかし、早すぎる退職は次の就職にも響きます。後悔しないためにも、簡単に結論を出さずに、上司ともよく相談してから退職を決めても遅くはないはずです。仕事を辞めたいと感じた場合も、早計に判断するのではなくて、辞める事によるリスクも考慮して判断しましょう。

引用元-キャリアパーク!

まとめ
1週間で仕事を辞めたくなるのはよくあることのようです。辞める際は今後のことをしっかり考えて行動しましょう。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済