まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

脳が原因で病気に!?精神疾患と脳の関係

      2016/04/15

 - 美容・健康

近年、精神疾患を患う人が増えてきているといわれています。精神疾患は脳の病気ともいわれ、原因は脳の機能障害とされていますがすべてはまだ解明されていません。今回は脳と精神疾患の関係について調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

精神障害2級ってどんな人が対象?精神障害者手帳を貰うには

精神障害の対象になる人は何らかの精神疾患で日常生活において長期の制約を受けている人のことです。その為うつ病を診断された場合も障害者手帳を発行してもらえることがあります。今回は精神障害2級と診断された場合について紹介します。

脱毛をレーザーでした場合、毛が抜けるのは何日後?

ムダ毛の処理が面倒くさい人はレーザー脱毛はいかがですか?レーザー脱毛は施術をしてから何日後くらいに脱毛が完了するのでしょうか?今回はレーザー脱毛について調べました。

精神科に入院することになったら?期間はどのくらいか

もしも精神科に入院することになった場合、その期間はどのくらいなのでしょうか。日本は特に精神科への入院の期間が長く、問題視されている部分もあるようです。今回は精神科への入院の期間について調べました。

胆嚢摘出手術とは!?癒着がある場合はどうなる?

胆嚢は胆汁を出して食べ物の消化を手助けする役割があります。胆嚢を摘出する場合はどのような時のなのでしょうか?癒着がある場合の手術方法はどうなるのでしょうか。今回は胆嚢摘出手術について調べました。

白内障の手術は怖い?どんな手術をする?

白内障は高齢の方に現れやすい現象で、進行すると視力が低下します。日常生活に支障をきたす前に、手術をすることが必要です。しかし目の手術となると怖いイメージがあるのではないでしょうか?今回は白内障手術の実態について調べました。

ぽっこりお腹をなんとかしたい!効果的に痩せる運動は?

痩せたい!と思っているなら、ぽっこりお腹は特に気になりますね。お腹が痩せるのに効果的な運動はどのようなものがあるのでしょうか。今回はおなか痩せに効果的な運動を調べました。

憧れの理想の体型-女性のサイズを教えて

日本人の体型はグーンと西欧に近づきました。小顔で手足が長く、背も高くなりました。充分魅力的なのに、まだまだ痩せたい願望があるのですね。理想の体型とは健康面から見るのか美容面から見るのか、それぞれの観点に差があります。

初めての産婦人科!診察に必要な持ち物や服装は?

産婦人科に行ったことがないという方も多いと思います。なんだか怖いというか未知の世界ですよね。初めて診察に行く方のために、持ち物や服装についてご説明したいと思います。

検査の陰性と陽性の意味とは?妊娠検査薬の場合

病院などで検査をすると陰性、陽性といった言葉を聞きます。陰性と陽性とはどのような意味なのでしょうか?また妊娠検査薬で検査した場合は陰性でも陽性と出る場合があるそうです。今回は検査の陰性、陽性について調べました。

女性におすすめのマッサージ!オイルマッサージの効果とは

女性におすすめのマッサージにオイルマッサージがあります。オイルマッサージは心身ともにリラックスができ、日頃の疲れを解消するにはうってつけのマッサージです。今回はオイルマッサージについて調べました。

過呼吸になる原因は?子供に多いって知ってた?

子供の過呼吸が急増していることをご存じでしょうか?大人や友達からの何気ない一言に敏感に反応しやすい子供が増えているそうです。普段から話を聞いて原因を探してください。万が一なってしまった時の対処法を知っておきましょう。

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない痛みがあることも。病院へ行きたいけど原因がわからないと何科を受診したらいいのかもわかりませんね。そこで頭痛の特徴と原因について調べてみました。

肋骨を骨折!早く治すにはどうする?

肋骨は骨折しやすい骨でふとした衝撃でひびが入ってしまったりします。肋骨を骨折してしまったときに早く治すにはどうしたらいいのでしょうか。今回は肋骨の骨折を早く治す方法を調べました。

排卵誘発剤の注射の痛みはどのくらい?

不妊治療を行う場合、はじめは自然周期のタイミング法を試します。その結果が出ないときは排卵誘発剤を用いたタイミング療法へうつっていくようです。排卵誘発剤の注射の痛みはどのくらいなのでしょうか。今回は排卵誘発剤について調べました。

子供が発熱!手足冷たい時の対処法

小さい子供が突然発熱することはよくあります。熱があるのに手足冷たくてどうしたらいいか慌てた人もいるのではないでしょうか?今回は子供が発熱した時の対処法について調べました。

肩こりになったら整形外科で治療する方がいい?肩こりの治療法とは

ひどい肩こりに悩んでいる人は多いのではないでしょうか?ところで肩こりになった場合は整形外科で治療するのがいいのでしょうか?今回は肩こりになった場合の治療法について調べました。

卵巣嚢腫で手術をすることに!麻酔はどうなる?

卵巣嚢腫とは卵巣にできる腫瘍のことですが、良性のものが多いようです。手術で取り除かないと行けなくなった場合の麻酔は全身麻酔と硬膜外麻酔を利用するようです。今回は卵巣嚢腫の手術について調べました。

腎臓結石と腫瘍の症状の違いとは?

腎臓には結石ができることがあります。この結石が尿管に移動するととてつもない激痛に襲われることになります。また結石の症状から、腎臓の腫瘍が見つかる場合もあるようです。今回は腎臓結石と腫瘍がある場合の症状について調べました。

チック症とは?子供に出た場合は病院へ行くべきか

チック症って知っていますか?チック症は幼少期にみられ、瞬きや顔をしかめたりなど、顔に症状が出ることが多いです。もしも自分の子供にチック症の症状が見られたら病院には行くべきなのでしょうか?

親知らずが痛い!生えかけの場合の対処法

親知らずは上下の一番奥に生える歯で変な方向に生えてくることが多いようです。生えかけで痛い場合は早いうちに歯医者で対応してもらった方がいいでしょう。今回は親知らずが痛い場合の対処法を調べました。

脳と精神活動の関係とは

はじめにヒトの脳のかたちを調べてみましょう。
脳はおおきく、大脳・間脳・中脳・小脳・延髄に分けられます。
延髄・橋・中脳をまとめて脳幹といいます。ヒトの基本的な生命活動を担っている部位です。 延髄と橋は、脊髄からの知覚の情報や、小脳や大脳からの運動の情報を中継しています。
中脳は、視覚や聴覚の情報が脳に伝わっていくときの中継と調整の役を担っています。 一方、小脳は運動機能の調整をしています。間脳は視床とその下にある視床下部をさしていいます。 視床下部は自律神経系と脳内のホルモン系を支配しています。 視床はからだの隅々から大脳に至る知覚神経の中継点にあり、ここである種の情報の調整がおこなわれていると考えられています。
大脳は、大脳皮質とその下の大脳辺縁系に分かれます。 大脳皮質は知覚・記憶・言語・判断・認知などの高度な精神活動を担当しています。 大脳辺縁系は情動や本能などの働きに重要な部位です。 統合失調症では大脳皮質や大脳辺縁系あるいは視床などの機能が、様々なかたちで障害されているのではないかと考えられています。

大脳皮質は前頭葉・頭頂葉・側頭葉・後頭葉に分類されます。
運動野や知覚野以外のほとんどの部分は連合野とよばれる部分でしめられています。
連合野では周りの大脳皮質と関連しあって、認知・判断・言語・記憶・学習・創造といったヒトの高度の精神機能を営むと考えられています。 最近の脳科学の進歩によって、脳の働きがだんだんと理解されてきました。 統合失調症でも大脳の機能がいろいろな方法で調べられ、いくつかの障害が報告されています。 いまのところ、これらの障害が病気の原因であるのか、あるいは症状に伴って起きているものなのかは議論の最中です。

引用元-すまいるナビゲーター

スポンサーリンク

  人気記事

脳の病気、精神疾患の原因は?

精神疾患の症状

精神疾患を患う人が増えていると言いましたが、では実際にどれくらい人数が増加しているのでしょうか。
最近、テレビのCMでも盛んに喧伝されているうつ病を例に取りますと、1984年には約10万人だったものが、1994年には約20万人、1998年には40万人以上と急激に増えています。この傾向は近年も衰えることはなく、100万人以上の患者が存在するとも言われています。
うつ病になる原因がわかったことでそのように診断される患者数が増えたということもあるでしょうが、この増加数はちょっと尋常ではありません。

精神疾患の原因

精神疾患を患ってしまう原因は様々なものがあり、一概にこれが理由だと決めることはできませんが、少なくとも人間の脳の中でどのような変化が起こっているのかは徐々に解明されつつあります。
脳の構造や機能、仕組みなどがわかったことによって、正常な脳の状態、異常な脳の状態の違いもわかってきています。

引用元-脳のお勉強会

脳内物質のコントロールで病気は改善されるか

脳内物質のコントロールで症状は改善できる

 統合失調症は重症の心の病とされ、その症状はうつ状態に陥ったり、ときには妄想や幻覚を伴い、現実離れした言動に走ることも少なくありません。そうなれば、他人とのコミュニケーションは一般的にむずかしくなってきます。

これはノイローゼのような一過性の症状ではありません。かといって、脳内に形態的な変化が生じているかといえば、これまで医学的に証明されてはいません。いま考えられているのは、脳の中で化学的な変化が生じ、それが原因で各種の症状を招くのではないか、という説です。

 そのなかで有力とされるのが、脳内物質の一種であるドーパミンと統合失調症との関係。脳の中でドーパミンが異常に働くとき、統合失調症の症状があらわれるのでは、という見方です。

 逆にいえば、ドーパミンの作用を抑えれば、統合失調症を改善できる可能性が見えてきたということです。そして、ドーパミンの作用を抑える薬品が抗統合失調症薬、一般にいう「メジャー・トランキライザー」です。事実、これを患者に投与すれば、統合失調症の症状が改善されるといいます。

 統合失調症には遺伝的な素因が大きく関わっていて、統合失調症の家系を対象に、どの遺伝子が素因を担っているのかが研究されています。シナプスの後ろ側でドーパミンを受けとめる働きをするドーパミン受容体を作る遺伝子に、統合失調症ではちょっとした変化が起こっている、との説があります。

 もっとも、これで脳と心の病の関係が完全に解明されたわけではありませんし、まだ多くの謎に包まれています。ドーパミンと統合失調症の関係にしても、それはまだ有力な説にすぎませんし、すべてがそれで解決されたわけではありません。

 素因遺伝子があるからといって発病するとは限らないし、また環境要因が大きく関わっていることはまちがいありません。

 いずれにせよ、脳の内部で物質的な変化が生じたとき、それが精神的な病=心の病になるのではないかと考えられているのです。

引用元-DIAMOND男の健康

精神疾患の治療法

こころの病気の治療は、主に薬を用いる場合と、薬を用いずにカウンセリング(心理療法)、 行動療法などの方法で行う場合に分けられます。
こころの病気の治療法
薬を用いる治療では、投与した薬が先に挙げた脳内の神経伝達物質に対して働きかけ、脳の働きを正常に戻します。薬を用いない治療には、カウンセリング(心理療法)、行動療法、デイケ ア、リラクセーションなどがあります。

▼カウンセリング(心理療法)
カウンセラーとの対話を通じて悩みやストレスを解消していく治療法です。例えば電車など苦手な 空間に少しずつ慣れていく形で恐怖感を克服するエクスポージャー(暴露療法)などがあります。

▼デイケア
精神的なリハビリテーションの役割を果たし、患者同士で作業や交流をしながら社会生活を 送るための準備の場を提供します。

▼リラクセーション
筋弛緩法などがあります。これは交感神経の働きが優位になって緊張状態にあるものを、筋肉 に力を入れる・抜くを繰り返すことで副交感神経の働きを高め、心身のリラックス状態にするもの です。

▼生活技能訓練
生活技能訓練とは、対人交流の中で、自分の考えや感情をもっと上手に表現できるようになることを目的とします。
4~12名程度で構成される集団で、ロールプレイ(みんなの前に出て練習したい対人場面の再現)を用いて練習します

▼行動療法
行動療法とは、問題行動の除去に焦点をあてた心理療法です。問題行動を、「間違って身につけてしまった学習行動」とみなし、好ましくない行動のメカニズムを様々な角度から分析したうえで、より好ましい行動へ変えていこうとします。

いずれの場合も、きちんと健康な状態に治すためには、長期の継続的な治療が必要です。

引用元-ハートクリニック

治療することは無駄ではない

精神疾患に関するもっとも有害な誤解のひとつは、セラピーの受診は時間の無駄だという考えです。ひとつ前の誤解とよく似ていますが、これも「絶望を感じる患者」と「もどかしさを覚えるまわりの人たち」の両者が原因です。そしてやはり、本当の回復にとっては妨げにしかなりません。

ここまでに述べてきたすべての誤解のなかで、筆者が個人的にもっとも身近に感じられるのがこの誤解です。残念ながら、神経科学はまだ発展途上の分野です。つまり、メンタルヘルスのプロフェッショナルでさえ、開発段階の技術、人間行動を理解するためのモデルの絶え間ない変化、といったものの影響を受けている可能性があります。

もしあなたが皮肉屋なら(あるいは治療費があまりにも高額なら)、助けを求めるのは無駄なような気がするでしょう。「なぜ話を聞いてもらうのに数百ドルも支払わなければならないんだ? 悩みだったら、飲み友達がタダで聞いてくれるじゃないか」と。

この誤解が問題である理由は、1つ前の誤解で説明がつきます。つまり、飲み友達といったまわりの人間はたぶん、自分たちが何を言っているのかわかっていません。トークセラピーは時間の無駄のように思えるかもしれませんが、お金を払うのは話すためではありません。自分(そして、あなたの飲み友達)よりも精神疾患についてよく理解している人の知識を得るためにお金を払うのです。プロフェッショナルに有料で依頼する大半のサービスと同じように、トークセラピーも専門知識にお金を払っているのです。

治療プロセスはとても長く、無駄な努力のように思えるときもあります。トークセラピーの場合、最初の数回はおそらく、自分の過去についていろいろと話さなければならないでしょう。「弁証法的行動療法(DBT)」といった一部の治療法では、突発的な感情を抑えるための対処メカニズムや方法などを学ぶクラスが開設されることもあります。医師から薬を処方される場合、自分に合った薬が見つかるまで、何種類もの薬を試さなければならないかもしれません。また、言うまでもなく、新しい治療法は現在も、次々に開発されています。

「心配しすぎるところだけが問題なのに」という人でも、やるべきことは山のようにあります。うつ状態なら、どのタイプのセラピーを受ければいいのかを考えるだけでも、圧倒されてしまうかもしれません。ましてや、毎週やる気を奮い立たせて、予約に間に合うように家を出るなんて大変なことです。けれども、先ほど例を挙げて示したように、治るまで「気分が晴れる」努力をするだけでは、うまくいかないのです。その一方で、助けを得れば、うまくいく可能性があります。小さなチャンスでも、まったくないよりはましです。

引用元-lifehacker

まとめ
心の病気は脳と関係してるということがわかりつつあります。すべて解明されるのもそう遠くないのかもしれません。

twitterの反応

 - 美容・健康