まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

妊娠中の食事はどうする?お勧めの献立

      2016/04/21

 - 美容・健康

妊娠中の体重管理はとても重要ですね。つわりがおさまってくるとついつい食べ過ぎてしまいます。そんな時は食事を工夫して体重管理をしてみましょう。お勧めの献立を調べましたので紹介します。

スポンサーリンク

  関連記事

夏風邪のウイルスと感染する理由

風邪の大半はウイルスが原因。夏風邪だって例外ではありません。夏風邪に感染するとどんな症状が現れるのでしょうか?夏風邪のウイルスは冬のウイルスとは違うのでしょうか?

卵巣嚢腫で手術をすることに!麻酔はどうなる?

卵巣嚢腫とは卵巣にできる腫瘍のことですが、良性のものが多いようです。手術で取り除かないと行けなくなった場合の麻酔は全身麻酔と硬膜外麻酔を利用するようです。今回は卵巣嚢腫の手術について調べました。

脳が原因で病気に!?精神疾患と脳の関係

近年、精神疾患を患う人が増えてきているといわれています。精神疾患は脳の病気ともいわれ、原因は脳の機能障害とされていますがすべてはまだ解明されていません。今回は脳と精神疾患の関係について調べました。

基礎体温が高温期の時は体温が日中も高いの?

妊活中の女性は、基礎体温をグラフにして、高温期が何日目というように、体温が気になるようです。高温期の日中の体温は微熱の人もいれば、日中は下がる人もいます。妊活という言葉ができるほど、今は女性の体が変化しているのでしょうか?結婚する年齢がが遅くなっていることも自然と妊娠できない状況の方が増えている理由ででしょう。

納豆は薄毛に効果アリ!?髪の毛にいい効果とは

納豆は栄養が豊富な食材ですが、髪にもいいというのを知っていましたか?なぜ納豆は髪にいいのでしょうか?今回は髪の毛に納豆がもたらす効果と、より髪の毛にいい食べ方を調べました。

精神障害2級ってどんな人が対象?精神障害者手帳を貰うには

精神障害の対象になる人は何らかの精神疾患で日常生活において長期の制約を受けている人のことです。その為うつ病を診断された場合も障害者手帳を発行してもらえることがあります。今回は精神障害2級と診断された場合について紹介します。

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない痛みがあることも。病院へ行きたいけど原因がわからないと何科を受診したらいいのかもわかりませんね。そこで頭痛の特徴と原因について調べてみました。

インフルエンザの予防接種の料金はいくら?

冬になるとインフルエンザの予防接種を受ける人は多いかと思います。そんなインフルエンザの予防接種の料金は病院などによって異なりますね。なぜ料金は病院で異なるのでしょうか?今回はインフルエンザの予防接種の料金について調べました。

ロクシタンのシャンプーが人気!人気の秘密は香り?

ロクシタンはフランスの化粧品ブランドで、シャンプーも人気があるようです。ロクシタンのシャンプーは香りがいいのでとにかく人気のようです。今回はロクシタンのシャンプーについて調べました。

初めての産婦人科!診察に必要な持ち物や服装は?

産婦人科に行ったことがないという方も多いと思います。なんだか怖いというか未知の世界ですよね。初めて診察に行く方のために、持ち物や服装についてご説明したいと思います。

痰と鼻水の違いって?

乾燥や寒くなってくる季節になるとアレルギーなのか風邪なのか、熱は出てないけど痰、鼻水が止まらなくて辛い…。そういえば、痰と鼻水の違いってなんだろう?そして、痰と鼻水の症状はなにがあるのだろう?

ラーメンと餃子のカロリー気になるけどおいしく食べたい

ラーメンと餃子はセットで注文をすることが多いですね。チャーハンを食べるほどお腹は減っていないときにはちょうどいい量ですが、気になるのがカロリーです。カロリーは見ないふりをしてしまいますが今回はしっかりとカロリーについて調べてみましょう

精神科に入院することになったら?期間はどのくらいか

もしも精神科に入院することになった場合、その期間はどのくらいなのでしょうか。日本は特に精神科への入院の期間が長く、問題視されている部分もあるようです。今回は精神科への入院の期間について調べました。

肋骨を骨折!早く治すにはどうする?

肋骨は骨折しやすい骨でふとした衝撃でひびが入ってしまったりします。肋骨を骨折してしまったときに早く治すにはどうしたらいいのでしょうか。今回は肋骨の骨折を早く治す方法を調べました。

着床してからの妊娠超初期症状!お腹の張りってどんな感じ?

妊娠超初期症状でお腹の張りを感じる人がいます。お腹の張りとよく言われますが具体的にどんな感じなのでしょうか?お腹が張ってもお腹の赤ちゃんは大丈夫なのでしょうか?

手首の捻挫~応急処置から治療法まで

手首は、足首、手指などと同様、捻挫の多い部位ですね。病院へは行かず、家で様子を見ることが多いと思いますが、応急処置をせずに放っておいたら、治癒するまでに時間がかかってしまったり、捻挫だと思っていたら、実は骨折していたりと、思わぬ結果になってしまうこともあり、注意が必要です。そんな捻挫の症状から、しておくと治りが早くなるという応急処置、そして病院での治療法まで調べてみました。

子供の足のサイズの平均は?年齢別のサイズ

子供の成長は早いですが、足のサイズもあっという間に大きくなってしまいますね。気が付けば靴がきつくなってしまっていた…なんてこともあります。今回は子供の足の年齢別の平均サイズを調べました。

胆嚢の手術のかかる費用は?

胆嚢えん、胆管炎、胆石、胆嚢がん・・・痛みが背中のために放置してしまうことが多いようです。みぞおちの辺りに不快感を覚えることもあるようです。手術をしなければならなくなった場合、入院期間や入院の費用はどのくらいかかるのでしょう?高額療養費の対象になると思いますので、申請を忘れに行ってください。

腎臓結石と腫瘍の症状の違いとは?

腎臓には結石ができることがあります。この結石が尿管に移動するととてつもない激痛に襲われることになります。また結石の症状から、腎臓の腫瘍が見つかる場合もあるようです。今回は腎臓結石と腫瘍がある場合の症状について調べました。

ぽっこりお腹をなんとかしたい!効果的に痩せる運動は?

痩せたい!と思っているなら、ぽっこりお腹は特に気になりますね。お腹が痩せるのに効果的な運動はどのようなものがあるのでしょうか。今回はおなか痩せに効果的な運動を調べました。

妊娠中の体重管理

やせすぎはダメ、太りすぎも心配

 最近は、スタイルを気にする女性が増えています。でも、食事の量を極端に減らすなど、妊娠前の過度なダイエットは、月経不順や体調不良、骨量の減少、胎児の発育不全などを招く可能性があります。また、妊娠中に適切に体重が増えない場合も、妊婦の貧血、切迫早産、低出生体重児の出産などのリスクが高まります。実際、近年の日本では、低出生体重児が増加していて、小さく生まれた赤ちゃんは、将来、糖尿病や心臓病などの生活習慣病を発症しやすいこともわかってきました。
 一方、妊娠前から太りすぎだった人は、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病、分娩時の異常などを起こす心配も・・・。元気な赤ちゃんを出産するためには、妊娠前からの健康なからだづくりはもちろん、妊娠中も、体重増加を適正にコントロールすることが大切です。

妊娠中の体重増加の目安は?

 ベストな体重増加は、妊娠前の体格(BMI)によって違います。しかし、赤ちゃんに必要なエネルギーや栄養素は、すべて胎盤を通してママのからだからしか与えることができません。日頃から適度なエネルギーとバランスのよい栄養素をとることが大切です。毎日の食事を記録しながら、体重の変化を見守りましょう。もし、生活や食事について不安を感じたら、医師、助産師、栄養士などに相談してください。

引用元-kikkoman

スポンサーリンク

  人気記事

なぜ体重管理が必要か

必要以上に体重が増加することにより、妊娠中・出産時・出産後において、お母さんにいくつかの障害が出てきます。

妊娠中

1.妊娠高血圧症:急激な体重増加により、高血圧・蛋白尿の症状が出現します。胎盤機能が低下して、赤ちゃんにとっても危険となり、場合によっては帝王切開をすることもあります。
2.腰痛
3.妊娠線ができやすい:お腹の皮膚が急激に伸びて、皮下脂肪が切れて妊娠線ができます。個人差はありますが、脂肪が増えすぎてできる場合もあります。

出産時

1.難産:子宮口の周りにも脂肪がついてしまい、お産が進みにくくなります。
2.微弱陣痛:余分な脂肪がつくことで、子宮の周囲の筋肉が十分に収縮することができません。出産が長引き、母子ともに疲れやすくなります。
3.胎児が大きくなりやすい:肥満が引き金となり、妊娠糖尿病が発症する可能性が考えられます。妊娠糖尿病やもともと糖尿病の素因を持っていることで、赤ちゃんが大きくなりすぎてしまい、出産が長引いたり、帝王切開になることもあります。

出産後

1.体重が戻りにくい:妊娠中に蓄えた脂肪を放っておくと、体重が戻らず本物の脂肪になってしまいます。
2.生活習慣病の引き金になる:太りすぎを解消しないまま生活を続けると、高血圧・糖尿病・心臓病・脳疾患などの生活習慣病につながる恐れがあります。

引用元-根本産婦人科医院

妊娠中のバランスのいい献立は?

栄養バランスの摂れた献立を考えるというと、栄養士の資格といった専門的な知識が必要になるのではと、難しく考えてしまう人は多いものです。
しかし、栄養を考えて献立を立てることは、決して難しいことではないのです。

栄養バランスの基本は主食と主菜と副菜で決まり!

栄養バランスを考える時、「タンパク質やビタミン、ミネラルの量は足りているのか?」などと栄養素を一つ一つ取り上げて、足りているかどうか考えていくのは、素人ではとても難しいことです。
そこで、まずは主食と主菜、そして副菜を2品用意することを基盤に、献立を立てていきましょう。

主食とはご飯やパン、麺類といった炭水化物で、主菜はお肉や魚、卵料理などメインとなるおかずです。副菜はお味噌汁やスープといった汁物から、煮物、サラダなど野菜や海草の摂れるおかずです。

主食と主菜、副菜の基盤に献立を立てていくことで、細かい栄養素まで考えずとも、自然と栄養バランスの摂れた食生活を送ることができるのです。
初めは野菜の量など細かいことは考えず、献立の基本を掴むことを意識し、まずは栄養バランスの摂れた献立作りに慣れていきましょう。

引用元-MARCH

注意!妊娠中に食べてはいけないもの

●ナチュラルチーズや未殺菌乳などの加熱せずに製造された乳製品
●生ハムなどの食肉加工品
●スモークサーモンなどの魚介類加工品

リステリア食中毒とは、土壌や河川水、家畜などの動物、魚介類、昆虫などから見つかっているリステリア菌による感染症です。リステリア菌は4度以下の低温や12%食塩濃度下でも耐えて増殖することができる非常に強い菌で、妊婦をはじめとした基礎体力や免疫力の低い方が感染するとされています。日本の食中毒統計ではまだリステリアによる食中毒の報告例はありませんが、食品安全委員会の評価書では平成23年時点で年間200人の推定患者がおり、欧米では集団食中毒も発生していることからWHO(世界保健期間)も注意喚起を行っています。

感染初期は、インフルエンザのような38~39度の発熱、頭痛、嘔吐などの症状を示し、重症化した場合の致死率が20~30%と非常に高いことが特徴です。また、妊婦が感染すると子宮内の胎児にも感染し、流産や早産の原因となってしまう可能性があります。リステリア菌は他の食中毒菌と同様に加熱することで予防でき、抗生物質によって治療ができます。妊娠中にリステリア症に感染した場合は早期の段階で抗生物質を使用すれば、胎児への感染を防ぐことができます。

引用元-こそだてハック

お勧めの食事の献立

妊娠中のおすすめ食事レシピ1『お豆腐とキノコのマタニティ雑炊』

【材料・1人分】
ご飯…茶碗1╱2、
絹ごし豆腐…半丁、
乾燥ワカメ…適量、
キノコ2~3種類(シメジ・マイタケ・エノキなど)…適量、
鮭フレーク(もしくはシラス)…適量、
卵…1個、水…1カップ、
中華スープの素(鶏ガラスープの素でもOK)…小さじ1,
ダシ醤油…小さじ1、
刻みネギ…適量、
刻み海苔…適量

【作り方】
①鍋の中に卵とネギ以外の材料を入れ、弱火でコトコトと火にかける。
②水分が少ししかなくなったら、卵を溶き、鍋に入れてすぐにフタをする。
③茶碗に盛って、刻みネギと刻み海苔をちらして出来上がり。

妊娠中のおすすめ食事レシピ2『キノコたっぷりのマタニティ豚汁』

【材料3~4人分】
豚肉…200グラム、
ニンジン…1本、
キノコ3~5種類(シメジ・シイタケ・エリンギ・ナメコ・エノキなど)…適量、
ゴボウ…2本、
レンコン…1節、
カボチャ…1╱4個、
白ネギ…1本、
大根…1╱3本、
白滝…1袋、
和風ダシの素…適量,
中華スープの素…適量、
水…適量、味噌…適量、
ショウガ…適量、
黒コショウ…適量

【作り方】
①白滝は湯がいてアク抜きをしておく
②野菜はそれぞれに適した切り方でカットする
③鍋に水と2種類のダシの素を入れ、おろしショウガ、キノコ以外の野菜、肉を入れて5分煮る。
④アクをしっかりと取り、白滝を入れて煮る
⑤根菜類が柔らかくなったら味噌を入れる
⑥キノコを入れて煮る⑦お椀に盛って黒コショウを振りかける

どちらのメニューも食物繊維たっぷりのキノコを使ったヘルシーレシピです。
気をつける点は和風ダシや中華スープの素をたくさん入れず、優しい味付けを心掛けることです。
そして、「どうしても最初の一口、二口だけパンチがほしい」と思った時は、盛り付けた後にバターや粉チーズをほんの少しだけ。
妊娠中の体重増加に気をつけながらも、ストイックにはなりすぎず、食事の面でも自分なりの楽しみ方を見つけるのも大切ですよ。

引用元-マタニティヨガ.com

不足しがちな鉄分を食事でとろう

ひじきと高野豆腐の卵とじ

おすすめの献立

・ひじきと高野豆腐の卵とじ
・ご飯
・挽肉とピーマンの甘辛炒め
・油揚げとじゃがいも、ネギの味噌汁

ポイント

ヒジキに、大豆から作られる高野豆腐、卵と、鉄分がたっぷり摂れるメニューです。
鉄分以外にも、ひじきから食物繊維とカルシウム。
高野豆腐では、良質のたんぱく質と美容効果の高いビタミンEと大豆イソフラボン。
卵では、卵白から良質のたんぱく質に、卵黄から葉酸が摂取できます。

食べる直前に鉄分を多く含む「のり(刻み)」をかけてあげれば、風味も栄養も素晴らしいメニューになりますよ。
副菜では動物性タンパク質を摂取すると、ひじきに含まれている鉄分が吸収しやすくなりますね。
ジャガイモからは鉄分の吸収を補助するビタミンCの他、カリウムを摂取できます。
カリウムはむくみに気を付けたいママはぜひ摂りたい栄養素ですね。
ジャガイモのビタミンCはデンプン質に守られ加熱損失少ないんですよ。

引用元-安産応援サイト ライフスマイル

まとめ
妊娠中の体重管理は無理せずにやりましょう。献立の参考にしてみてください。

twitterの反応

 - 美容・健康