まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

管理栄養士になるために大学に入ると予想以上に忙しい!?

      2016/04/27

 - 社会・政治・経済

将来の夢のために勉強しよう!と大学に入学し、勉学に励もうと思うのと同じくらい、1度きりのキャンパスライフを最大限に楽しみたいのが本音ですよね。もちろん勉強もしながら、バイトをして社会経験をしてみたり、サークルに入って友達いっぱい作って遊んだりしたいですよね。管理栄養士になるために大学に入ると、自由な時間はどれくらいあるのだろう?どれだけ忙しいのか気になりますよね。そこで、管理栄養士について調べてみました。

スポンサーリンク

  関連記事

親が離婚した場合の相続はどうなる?

親が離婚した場合の相続はどうなるのでしょう。離婚した配偶者が亡くなったらその相続人は誰になるのでしょうか。今回は親が離婚した場合の財産の相続について調べました。

生活保護の金額はいくら?一人暮らしの場合

様々な理由で生活ができなくなった場合、申請をすれば生活保護の制度が利用できます。生活保護の金額は一人暮らしの場合はどのくらいなのでしょうか?今回は生活保護について調べました。

就職活動に資格は必要?取っておきたい資格とは?

就職するときに資格があることは有利なのでしょうか?履歴書に資格を書くことは必要なように思いますが、実際はどうなのでしょう?中には取っておくと便利な資格もあるようです。今回は就活に必要な資格について調べました。

丸の内朝大学って何!?新しい学びの形

丸の内朝大学という学校を知っていますか?主に通っているのは通勤前の社会人のようです。通勤前の時間を有効活用して学ぶということなのですがこれがとても好評のようです。今回は丸の内朝大学について調べました。

ケアマネージャーになるための試験とは?その難易度

ケアマネージャーという言葉を知っていますか?介護に携わる仕事で、高齢化の進む日本では重要性が高まっているようです。しかしケアマネ-ジャーになるための試験は難易度が高いというので今回はそのことについて調べました。

個人事業主の税金はいくらからかかるの? 夫の扶養になれるの?

主婦が働く場合は、夫の扶養の範囲内でパートをするのが一般的でした。しかし、最近は、ネットを利用して個人事業主になったり、在宅ワーカーという仕事も増えています。個人事業主の妻は、夫の扶養になれるのでしょうか?税金を払うのはいくらからなのでしょうか?

自動車運転免許を取得しよう!どのくらいの期間で取れる?

18歳になると自動車運転免許を取得することができますね。なかには忙しいので、できるだけ早くとりたいと思っている人もいるのではないでしょうか。今回は自動車運転免許を取得するのに必要な期間について調べました。

賃貸契約はなぜ2年なの?更新は家賃や保険の見直し時

賃貸契約の更新の通知をみて、「あぁ、もうあれから2年経ったのか」としみじみする人も多いのでは?あまり、周りの人がどうしているのか聞くことも少ないため、言われるがままに手続きをしてきたあなた。こんなことを知っておくと役にたつかもしれませんよ。

日本学生支援機構の奨学金の審査基準とは?

大学や専門学校に進学する際に、経済的余裕がない場合は奨学金を利用するのが有効ですね。日本学生支援機構の奨学金には二種類あります。今回はその奨学金の種類と審査基準について調べてみました。

国民年金の未納分を払いたい!未納分はどこまでさかのぼれる?

国民年金は20歳になると加入する義務があり、毎月国民年金保険料を払わないといけません。しかし未納の人は後を絶たずその割合は若い人ほど多いようです。今回は未納分を後日払いたい場合にどうしたらいいか調べました。

サラリーマン必見!MS・CS・ES・・・一体何の略?

MS・CS・ES。経営を勉強していないと耳慣れない言葉かもしれませんが、それぞれ「Manager Satisfaction(経営者満足)」、「Customer Satisfaction(顧客満足)」、そして「Employee Satisfaction(従業員満足)」の略です。ここでは、それぞれの基本的なことについて解説します。

株の初心者でも大丈夫!?ネット取引のやり方

株というと初心者には難しいというイメージですね。しかし今はネット取引きで情報などを手軽に得ることができるので以前よりはやりやすくなっているようです。今回は株のネット取引について調べました。

個人事業主の会社が厚生年金に加入する方法

個人事業主は国民年金に加入しています。しかし、国民年金だと老後の生活が危ぶまれます。サラリーマンの厚生年金と受給額に何倍も差が出ます。個人事業主は厚生年金に加入することは出来ないのでしょうか?加入できる条件を探ってみましょう。

司法書士と弁護士、統合は必要か?

弁護士と司法書士、どちらも法律に関係した仕事ですが、できる仕事は結構違うようです。そんな中、弁護士の増加により士業の統合をすべきではと言った意見もあるようです。今回は弁護士と司法書士の厳しい現実について調べてみました。

転勤の挨拶には個包装のお菓子が良いでしょう

転勤は引き継ぎや資料作りが大変ですね。『立つ鳥跡を濁さず』のように好印象で最後の勤務を終えたいですね。そして、最後の日には、お世話になった方たちへで挨拶すると良いです。気持ちだけで良いのでお菓子などを配られたら良いのではないでしょうか。

高速道路での走り方!最高速度変更に軽自動車愛用者は困惑?

高速道路を走っていると軽自動車も多く見かけますが、性能があがってきているとはいえ、100キロを超えるとアクセルを深く踏み続ける必要があるため、普通車と比べて疲労度が増しますよね。そんな中、高速道路での最高速度が100キロから120キロに引き上げることになったそうです。周りの120キロの流れに軽自動車はついていけるのでしょうか?まとめました。

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります。退職後ももちろん病院に行くことはあるので、このままでは困りますね。今回は退職後の健康保険の手続きについて調べました。

銀行に就職したことを後悔!?銀行勤務がきついワケ

銀行に就職したと聞くと、安定していい職場に就職できた!というイメージがありますね。しかし実際の銀行の業務はかなりきつく、就職した事を後悔する人も少なくないようです。今回は銀行の仕事内容について調べました。

銀行の普通預金口座と当座預金口座の違いについて

銀行の通帳を見ると「普通」と「当座」がありますが、一般的には普通口座ですよね?
「当座」って何に使う口座なので、誰が使う口座なの?という素朴な疑問から調べてみました。

美容師になるために精神科の病院の診断書をもらう

美容師の資格をとるときや開業の申請の際に「精神の機能の障害に関する医師の診断書」が必要になるそうです。どこでもらったらいいのか、費用はいくらくらいかかるのか気になりますよね。診断書をもらう上で知りたい情報を調べてみました。

管理栄養士について

管理栄養士のやりがい

自分の栄養指導によって入院患者や学生などの食事に対する意識が変わっていったり、体調や病状に配慮したメニューを提供することで体調が回復していったりする姿を見ることが、管理栄養士にとっての大きなやりがい。相手から直接感謝されたり、頼りにされたりすることも多く、食や栄養に関するスペシャリストとして、プライドをもって取り組むことができる仕事だ。

管理栄養士の働く場所

病気の人への栄養指導や個人の体の状態に合わせた栄養指導ができる点が栄養士との違い。そのため、代表的な就職先となるのは病院や社会福祉施設など。もちろん学校給食などを作る給食センターなどに就職するケースも。そのほか、保健所などで公務員として働く道や、食品会社の研究所などで働く道もある。数多くのスタッフが働く給食施設などでは給食全体を管理する役割を担うことも多い。
・老人福祉施設
・保健所
・保育園
・病院
・食品メーカー
・障害児関連施設
・児童福祉施設
・市町村役所
・学校
・エステサロン
・一般企業

管理栄養士に求められる力

管理栄養士になるには国家資格が必要。さらに食や栄養に関する幅広い知識、さらに食べることや料理することへの高い関心は必須条件。そのほか、どのような職場で働くかによって必要な力はさまざま。病院などで患者さんに直接栄養指導をする管理栄養士ならコミュニケーション能力は不可欠。医師などと連携しながら働くのでチームプレーへの意識も求められる。また、学校などで食育にかかわることもあり、その場合は、食文化や食の歴史などに精通していることも大切になる。

管理栄養士の年収

【参考:管理栄養士は栄養士に比べると高めの給料です】栄養士の平均給与 22万7100円/月 ※年間賞与その他特別給与額51万2500円  ■厚生労働省「平成24年賃金構造基本統計調査」

管理栄養士になるには

管理栄養士になるためのルートは複数ある。ストレートに管理栄養士を目指すのなら、4年制大学の管理栄養士養成課程に進むのが王道。卒業と同時に管理栄養士国家試験の受験資格を得ることができる。そのほかでは、いったん栄養士養成施設を卒業して栄養士の資格を得てから、学歴に応じた実務経験を経て管理栄養士の受験資格を得るステップも。栄養士養成施設には、4年制大学、3年制の短大・専門学校、2年制の短大・専門学校がある。

管理栄養士の将来展望

さまざまな領域で食や栄養、健康を重視する傾向が強くなってきているなか、活躍の場は拡大中。例えば、病院食でも栄養のバランスと同時においしさが求められることが多くなっていたり、介護食でも個人個人に合わせたきめの細かいメニュー作りなどが求められていたりするため、管理栄養士が担う役割は大きくなっている。ビジネスの分野でも栄養関連の商品・サービスは伸びているほか、教育の分野でも食育の担い手として管理栄養士が注目されている。

引用元-リクナビ進学

スポンサーリンク

  人気記事

管理栄養士になるための方法

管理栄養士になるには受験資格を取得する必要があります。受験資格には4つあります。 下記それぞれ解説します。

短期大学を卒業した場合

修業年限が2年である栄養士養成施設を卒業して、栄養士の免許を受けた後、厚生労働省で定める施設において3年以上栄養の指導に従事したもの、その 受験年の年度末までに3年従事する見込みの者です。

すなわち、栄養士の免許を取得して、3年間の実務期間および実務見込みであれば、管理栄養士国家試験の受験資格を得る事ができます。5年間必要です。

専門学校(3年)を卒業した場合

修業年限が3年である栄養士養成施設を卒業して、栄養士の免許を受けた後、厚生労働省で定める施設において2年以上栄養の指導に従事したもの、その受験年の年度末までに2年従事する見込みの者です。

すなわち、栄養士の免許を取得して、2年間の実務期間および実務見込みであれば、管理栄養士国家試験の受験資格を得る事ができます。5年間必要です。

4年生大学を栄養士課程で卒業した場合

修業年限が4年である栄養士養成施設を卒業して、栄養士の免許を受けた後、厚生労働省で定める施設におい1年以上栄養の指導に従事したもの、その受験年の年度末までに1年従事する見込みの者です。

すなわち、栄養士の免許を取得して1年間の実務期間および実務見込みであれば、管理栄養士国家試験の受験資格を得る事ができます。5年間必要です。

管理栄養士養成施設の4年生大学

4年生の管理栄養士課程では実務経験は必要なく管理栄養士国家試験を卒業年度に受験することができます。卒業の年に受験可能です。

高校生、社会人、主婦から管理栄養士になれると勘違いしている人が多数いますが、上記のどれかの課程がなければ管理栄養士の受験資格が与えられません。もちろん中卒で管理栄養士を目指す場合はまずは高卒認定又は高校卒業をする必要があります。他、管理栄養士、栄養士の大学、専門学校に通信制や夜間学校はありません。理由は実習を行う必要があるからです。必ず管理栄養士又は栄養士課程の大学及び専門学校を卒業する必要があります。同じ理由で養成学校を卒業する以外の手段以外で独学で管理栄養士になる事は出来ません。養成学校卒業する事が必須なので主婦、社会人、高校生いずれの対象者もいずれかの進路を目指す必要があります。

引用元-管理栄養士・栄養士プロ

管理栄養学専攻で学ぶことの多さとその忙しさ

養成学校で学ぶ科目

管理栄養士養成学校のカリキュラムは、おもに「基礎教養科目」「専門基礎科目」「専門科目」の3つで構成されています。学校によって科目の分け方や呼び方が少々異なることもありますが、多くの学校では以下のような名前の授業があります。

まず、基礎教養科目に当たるのは、人文科学、社会科学、自然科学、外国語といった授業です。直接栄養学や食に関する授業ではありませんが、一般常識と幅広い見聞を身につけるためには欠かせないものです。

管理栄養士の国家試験科目に関わるのが、専門基礎科目と専門科目です。専門基礎科目としては、理化学生物学、人体の構造と機能、疾病の成り立ち分野、社会・環境と健康分野、食べ物と健康分野。

専門科目としては基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学論、公衆栄養学、給食経営管理論があります。

管理栄養士になるためには、栄養学や調理だけでなく、衛生から人体、病理学などの医学的な内容、食育、給食経営など幅広く学ぶ必要があることがわかるでしょう。

学校生活は忙しい?

1年生では基礎科目中心の授業となり、2年生と3年生は専門科目中心、さらには実習まで入ってくるためとても忙しくなります。また、4年生になると管理栄養士国家試験対策が行われるほか、「臨地実習」といわれる現場での実習もあります。

実習期間は学校や実習の種類よって異なりますが、1回1〜2週間程度のことが多いようです。

養成学校では、必修以外の科目も多々用意されているので、授業数はかなりの数にのぼります。実習があればレポート提出も求められます。授業のある日はあまり遊ぶ時間もなく、勉強に追われる日が続く覚悟も必要です。

引用元-キャリアガーデン

管理栄養学専攻に通う大学生の声(忙しくて自由な時間がないという声)

私は、短大の食物栄養学科を卒業し、栄養士資格を取得した後、 別の4大の管理栄養士養成学科へ3年次編入して卒業した者です。参考になればと思い、書き込ませて頂きたいと思います。

>他の学科に比べて忙しいですか?
>サークルに入る暇はありますか?

厚生労働省が指定した、大学や4年制の専門学校での管理栄養士の専門科目は、

<専門基礎分野>
「社会や環境と健康」・・・社会福祉概論、公衆衛生学、健康管理概論など
「人体の構造と機能、及び病気の成り立ち」・・・解剖生理学、解剖生理学実験、病理学、生化学、生化学実験、微生物学、医学一般、スポーツ栄養学など
「食べ物と健康」・・・食品学総論、食品学各論、食品学実験、食品分析実験、食品衛生学、食品衛生学実験、食品官能検査鑑別論、調理学、日本料理調理実習、西洋料理調理実習、中華料理調理実習など

<専門分野>
「人体と栄養」・・・基礎栄養学、基礎栄養学実験など
「日常生活と栄養」・・・応用栄養学、応用栄養学実験、応用栄養学調理実習など
「栄養の指導と教育」・・・栄養指導論、栄養教育プログラム論、栄養カウンセリング論、栄養指導実習など
「病気の治療と栄養」・・・臨床栄養学総論、臨床栄養学各論、臨床栄養学調理実習など
「国民の健康と栄養」・・・公衆栄養学概論、公衆栄養学実習、栄養疫学など
「施設給食の運営と管理」・・・給食計画実務論、給食経営管理論、食品流通論、栄養管理実習、給食経営管理実習など
「総合演習」・・・食物栄養学演習、食物健康科学演習など
「校外実習」・・・給食センター栄養士実習、病院栄養士実習、保健所栄養士実習、社会福祉施設栄養士実習など
※校外実習→夏・冬・春休みなどに、給食センター・病院・保健所・社会福祉施設などへ、1~2週間ずつ通って、栄養士の仕事を体験します。

・・・といった幅広い科目を学びます。

栄養士や管理栄養士の学科の1・2年生のうちは、ホントとても忙しいです。上で挙げた科目の中に、実験や実習という科目が多かったですよね。実験や実習という科目は、午前の1時間目と2時間目、あるいは午後の3時間目と4時間目に、2時間連続で行います。(給食経営管理実習は、1時間目から3時間目まで、3時間連続で行います。)そのため、毎日1時間目から5時間目まで、授業がびっしり詰まります。

それに加えて、実験や実習の授業では、「今日の実験や実習の授業でやったことを、自分なりにレポートにまとめて、次の実験や実習の時間に提出しなさい」という課題が出ます。
※レポートのまとめ方については、実験や実習の一番最初の時間に、詳しい説明がありますので、心配する必要はありません。

なので、バイトやサークルをする時間は全くありません。 同級生の中には、バイトやサークルをしている人もいましたが、そういう人は、午前中の実験や実習の授業を休んだり、遅刻したり、レポートを出さずにほったらかしにしたりしたため、出席点がたくさん減点され、最終的に赤点となってしまい、実験や実習の授業が不合格になりました。 不合格になった人は、2年生になってから、2年生の科目のほかに、1年生に混じって、1年生の実験や実習の授業を受け直さなければなりませんでした。

>実験、実習は難しいですか?

実験の授業では、 高校の理系クラスから進学してきた人でもやったことがないような内容を扱うので、 全員が初めてみたいなものでした。高校時代文系だったか、理系だったかは、ほぼ関係なく、ビーカーを落として割ったり、薬品の量を間違えてうまくいかなかったりとか、みんな失敗ばかりでした・・・(笑)

調理実習も、1年生の前期は、「野菜を美しくきれいに薄く切る練習」といった初歩の初歩から始まりますので、「料理は苦手」という人でも大丈夫。そのうち慣れますよ。

引用元-教えてgoo!

管理栄養学専攻に通う大学生の声(自由な時間もつくれるという声)

管理栄養士専攻の大学に通っています★
一年生です!!
私はアルバイトもサークルもしていすよ。
アルバイトは土日に入ってます!平日は疲れるので入ってません。
私の周りの子もほとんどみんなアルバイトしています!!
週5日とかバイトしてる子も結構いますね(゚ロ゚ノ)ノ
レポートなど溜めると大変ですがこつこつとやれば大丈夫だと思います!まだ一年生なので分かりませんが今の所大丈夫です!笑
バイトやサークルに専念したい人は他の学科に行った方がいいかもです><他の学科より勉強量はとっても多いと思います!
でも管理栄養士専攻はやり甲斐もあっていいですよ★
結構忙しいですが入ったら入ったでなんとかなると思います!

引用元-YAHOO!JAPAN 知恵袋

管理栄養士の就職活動

現代に必要とされる仕事

高齢化社会が進み、生活習慣病が増え、さらに病気でなくても美容や健康に気を遣う人が増えている現代は、的確に栄養指導を行える管理栄養士の需要が非常に高まっています。
管理栄養士の就職先として代表的なのが病院ですが、それ以外にも老人保健施設や食品メーカーなどの一般企業、研究所、保育園、スポーツジム、エステ…と非常に幅広く、世の中全体で管理栄養士を必要としていることがわかります。
実際の就職状況はといえば、管理栄養士養成学校から新卒で就職を目指す場合、「就職内定率100%」を達成している学校はいくつもあります。
養成学校には求人情報が多数届いたり、学生支援センターなどによるサポート体制が充実していることも多いので、就職はしやすいといえるでしょう。
ただし、絶対に希望した就職先に入れるとは限りません。何よりも大切なのは、在学中の授業への取り組み方や、何よりもこの仕事に就きたいという強い情熱とやる気にかかってきます。

再就職、転職もしやすい

管理栄養士の国家資格を持っているということは、きちんと養成施設で学び、一定の専門知識を身につけていることを示します。
この資格は有効期限がありませんので、もし結婚や出産、または家庭の事情などで一度仕事を辞めたとしても、再び管理栄養士の資格を生かして働くことが可能です。
管理栄養士の人手が足りていない職場は多くあり、不定期で求人をかけている病院や施設等も少なくありません。
待遇のよい正社員(常勤)の就職は競争倍率が高いこともありますが、非常勤やアルバイトでもよいのであれば、仕事はかなり探しやすいといえるでしょう。
なお、管理栄養士はもともと女性が多い仕事でしたが、最近は男性の管理栄養士も増えており、男性の管理栄養士が中心となって活躍している職場もあるようです。

引用元-キャリアガーデン

まとめ
管理栄養士になるためには、大学で多くの必修科目に加え実習も課されており、卒業後には国家試験に合格しなければならず、かなりの勉強が必要のようです。その忙しさの中でもバイトやサークルを可能な範囲で楽しんだりしている人もいるみたいですね。管理栄養士はとても必要とされていて人のためになる素晴らしい職種だということも分かりました。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済