まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

携帯スマホを中古でお得に!その手続き方法は?

      2016/04/28

 - 科学・IT

携帯の機種変更は2年間契約などでなかなか気軽にはすることが難しいですね。そんな時は中古の携帯でお得に機種変更してみてはいかがでしょうか。今回は中古携帯のメリットとその手続き方法を調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

火の色は温度によってどう違う?

火の色は身の回りで利用しているものを見てもいろいろと違いますね。ろうそくやガスコンロの火の色はなぜ違うのでしょうか?火の色の違いは温度や燃える物質が関係しているようです。

パソコンのメモリの容量は8GB必要!?

パソコンを購入するときに気になるのがメモリの容量ですね。パソコンに最低限必要な容量はどのくらいなのでしょうか。基本的には8GBという話もありますが8GBは必要なのでしょうか。

飲食店のメニューはテンプレートを使おう

飲食店を経営されている方はメニュー作りに結構苦労されていらっしょることでしょう。見栄えが良くで、お客さんの目を引くメニューは注文数が拡大、リピーターが拡大することでしょう。無料で使えるテンプレートを利用して、商売繁盛を計りましょう。

エクセルのセルに入力した文字を全部表示する方法

エクセルとは表計算ソフトと呼ばれ、様々な使い方ができるソフトです。エクセルを使っていているとセルに入力したはずの文字が全部表示されないことがあります。どのようにしたら全部表示することができるのでしょうか。

Wordで挿入した図形の微調整を行う方法

Microsoftのソフトウェアの中にはWordという文書などを作成するソフトがあります。Wordでは図形を挿入することもできるのですが、その図形の位置を微調整する方法はどのようにしたらいいのでしょうか。

Windows10にアップデート!時間はどのくらいかかる?

Windows搭載のパソコンを利用している人の中にはWindows10にアップデートした人も多いのではないでしょうか。中にはアップデードに長い時間がかかった人もいるようです。今回はWindows10のアップデードについて調べました。

ネットの速度が遅くてイライラ!スピードを改善する方法

ネットを利用しているとスピードが遅くてイライラすることありませんか?ネットのスピードが遅い原因はいろいろあるようです。今回はネットのスピードを改善する方法を調べましたので紹介します。

Gmailで受信したメールアドレスを登録する方法

Gmailは無料のメールサービスで利用している人も多いのではないでしょうか。受信したメールアドレスを登録しておくと、スマホの機種変更をした時にも連絡先のコピーの必要がなく便利です。今回はGmailについて調べました。

Windows7のパソコンでファイルを検索する方法

Windows7搭載のパソコンは出荷停止となった今でも人気があります。そんなWindows7搭載のパソコンではファイルの検索がうまくできない場合があるようです。今回はWindows7でファイルの検索をする方法を調べました。

ノートパソコンを買うならCPUで判断!その処理速度の違い

ノートパソコンは持ち運びもできて便利ですね。購入を検討している人は搭載されているCPUで選んでみてはいかがでしょうか。CPUの違いで処理速度に差が出るようなので今回はそのことについて調べました。

スマホのSDカードを交換しよう!

あなたのスマホのSDカードは大丈夫ですか?気が付けば容量がいっぱいに…なんてことも。SDカードは長く放置しているとスマホ自体に影響があるようなので注意しましょう。今回はスマホのSDカードの交換方法について調べてみました。

パソコンのゴミ箱を空にしてしまった!復元する方法

パソコンにはゴミ箱という機能があります。これは削除したいファイルなどをいったん集めておくことができる機能です。このゴミ箱の中身を空にするとファイルは完全に削除されてしまいます。今回はその完全に削除してしまったファイルを復元する方法を調べました。

JPN画像にPNG画像を合成したい!その方法は?

パソコンでの画像の保存形式にはいろいろありますが、JPGとPNGは知っていますか?PNGは背景の透過処理が可能なので、JPGの写真などに合成ができそうですがその方法はどうすればいいのでしょうか。今回はJPGとPNGの合成方法を調べました。

Windows10へのアップデートが進まない問題

Windows7やVistaからWindows10への無償アップデートが行われていますが、様々な問題が起こっています。今回は色々起こっている問題の中からアップデートを実行しても進まないという問題と解決方法を調べてみました。

USBメモリがフォーマット後に不具合!?容量が少なく表示される時

USBメモリは小型の記憶メディアで持ち運びも便利で利用している人も多いのではないでしょうか。しかし長年使っているとフォーマットをしたのに容量が少なく表示されることがあるようです。今回はUSBメモリのフォーマット後の不具合について調べました。

これで月々の通信料を節約!Simフリーのスマホ

Simフリーのスマホを知っていますか?格安スマホとも呼ばれ、月々の通信料の節約になると注目を集めています。しかしSimフリーとは具体的にどういうことなのでしょうか。今回はSimフリーのスマホについて調べました。

イラストを自分のサイトで公開したい!その作り方は?

最近はブログなどで自作のイラストを公開している人も多いですね。趣味にとどまらず、職業としてイラストを公開するため自分のサイトを持ちたいと考えている人もいるのでは?今回は自作のホームページの作り方について調べました。

PCのセキュリティのせいでダウンロードできない!解除方法は?

PCにセキュリティソフトを入れておくのはPCを守るためには必須です。しかしそのセキュリティソフトのせいでホームページ見れなかったり、ダウンロードができないことがあります。その場合のセキュリティの解除方法はどうすればいいのでしょうか。

ファイルを圧縮して容量を小さくする方法とは!?

メールにファイルを添付して取引先などに送信するときに、容量には気を付けていますか?大容量のメール添付は制限を超えてしまうと届きません。そんな時はファイルを圧縮して容量を小さくしてから送る必要があります。

CDの取り込みができない場合はどうしたらいい?

借りたCDなどをパソコンに取り込めたら便利ですよね。CDの取り込みが出来なかったらどうしたらいいのか、調べてみました。

中古の携帯のメリットとは

長期契約に縛られない

スマートフォンは価格が高く、新品は6万円から8万円程度が相場になっています。通信会社より購入する場合は、長期契約による割引が適用され、実質価格が2万円から0円になる場合もあります。ただし、途中で解約、または機種変更をしてしまうとこの割引が適用されなくなってしまうため、ユーザーは2年以上は使う必要があります。

スマートフォンは季節毎に新機種が発売され、技術の進歩も早いため、2年間同じ機種を使い続けることは現実的ではありません。そこで中古のスマートフォンを安く購入することで、実質価格に近い金額にて期間に縛られることなく機種変更をすることが可能になります。

長期契約に縛られて窮屈に感じているユーザーに、中古スマートフォンはお勧めです。

2台目として安く運用する

スマートフォンを2台持ちするユーザーも増えています。通信会社の契約のままで2台持ちするのは、月額運用費が倍になってしまい、負担が大きくなります。ドコモユーザーに限定されますが、2台目をドコモの通信網を使った「MVNOサービス」の通信会社を選択することで、月運用費を大幅に節約できます。

MVNOサービスはSIMカードのみを提供する場合がほとんどとなりますので、端末はユーザーが用意する必要があります。その時に便利なのが、中古スマートフォンです。ドコモの中古スマートフォンを入手できれば、MVNOサービスにて、通信のみの運用なら月額1000円以下でも利用可能です。

2台目のスマートフォンの運用を考えているユーザーに、中古スマートフォンはお勧めです。

お気に入りの複数のスマートフォンを併用する

スマートフォンは、SIMカードを挿しかえることで、電話番号を移すことができます。つまり、複数のスマートフォンに同じ環境を構築しておき、使いたいスマートフォンにSIMカードを挿すことで、同じ電話番号にて、違うスマートフォンを併用することが可能になります。お気に入りのスマートフォンが複数ある場合、その日に使いたいスマートフォンにSIMカードを挿して使う、という運用ができます。

新規で購入した機種では、スマートフォンを2台購入して併用することは困難ですが、中古スマートフォンであれば、何台でも購入して、SIMカードを挿しかえて併用することができます。なお、挿しかえる場合は、同じ通信会社のスマートフォンに限定されます。またauのように、SIMカードに端末情報を登録が必要な場合は、ショップにて手続きを行います。

SIMカードを挿しかえる、という手間はかかりますが、複数台を併用できるメリットは、中古スマートフォンならではの使い方です。

引用元-AllAbout

スポンサーリンク

  人気記事

機種変更が手軽に!「白ロム」とは?

「白ロム」という言葉は、元々、電話番号が書き込まれていない携帯電話機を指す“専門用語”でした。反対に、電話番号が書き込まれている携帯電話機は「黒ロム」と呼びます。

フィーチャーフォンの頃は、電話番号を直接携帯電話機に書き込んでいたため、これらの言葉が生まれました。

今では、auのごくごく一部の機種を除き、電話番号はSIMカードに書き込むようになりました。結果、SIMカードを入れ替えるだけで機種変更できる便利な時代になりました。

端末自身は電話番号の情報を持っておらず、電源投入時、あるいは再起動時に都度SIMカードから電話番号情報などを読み込んでいます。

そんな仕組みになったおかげで、最近盛り上がっているのが、中古の「白ロム」端末市場。最初は一部の“詳しい”人向け専門店で行われていたものが、中古PCショップ、リサイクルショップ、古本店など、ごく身近なお店でも行われるようになりました。

PCと同様、誰かが使った中古品だけでなく、未使用品(新古品)が販売されていることもあります。いずれにしても、超人気・稀少機種を除いて新品で買うよりも安価に入手することができます。

引用元-androidonavi

中古の携帯を買うときの注意点

「赤ロム」「遠隔ロック」「ネットワーク利用制限」とは何か

 ネットオークションや中古ケータイ店では、盗難や本人確認書類の偽造、ケータイ補償サービスの悪用、前所有者の割賦代金の未払いなど、不正に取得された端末や代金未払いの端末が出回ることがある。その際、キャリアなどが、こうした“不正端末”の利用をストップする措置を取る。この利用停止のことを「赤ロム」「遠隔ロック」「ネットワーク利用制限」などと呼ぶ。

 「赤ロム」や「ネットワーク利用制限」になると、その中古端末を運悪く買ったユーザーが端末を使えなくなってしまう。そこで中古ケータイを扱う店では、「赤ロム」の場合には返金や同等品への交換を行う補償サービスを実施しているところが多い。

引用元-日経トレンディネット

auの場合は手続きが必要!

白ロムや中古携帯電話を利用する上で注意しなければいけないのがキャリアがauの場合です。
ドコモやソフトバンクの場合には端末を購入してきてSIMカードを差し替えれば何も手続きすることなくそのまま使うことが出来ますが、auの場合はそれでは使用することは出来ません。

auはICカードであるSIMカードの情報と携帯電話の端末が紐付けられています。
そのため白ロムや中古ケータイを入手して、ICカードを差し替えただけでは携帯電話に記憶されているICカードと異なるために使用できないという仕組みとなっています。
余談ですがauの携帯電話はこの仕組みのためにセキュリティが守られているため、一時期多かった携帯電話の大量盗難事件がほとんどありませんでした。

利用するためにはauショップへ端末を持ち込んでICカードの情報を書き換えてもらうことで使用可能となります。
その場合に行う手続きは新規契約(手数料2,700円)か機種変更(手数料2,000円)のいずれかとなります。
どちらの場合にも手数料が必要となるので注意してください。

引用元-中古携帯電話・白ロムでお得に機種変

自分の携帯を売るときにするべき手続き

 中古ケータイを売る前には、端末内のデータをすべて消去することが必要だ。一般的には、端末に備わっている削除機能を使えば、データはすべて消えて復元できないとされている。

 ただしおサイフケータイ系の決済アプリは、端末の操作ではうまく削除できないこともある。この場合は、キャリアショップに持ち込んで消去しなければいけないため、注意が必要だ。

 なお、中古ケータイ店によっては、担当者が再度チェック・消去したり、専用の消去ソフトを使うなど、データ消去に万全を期すところもある。

引用元-日経トレンディネット

まとめ
中古の携帯をネットなどで買うときは注意が必要ですね。お得に機種変更したい人は試してみてはいかがでしょうか。

twitterの反応

 - 科学・IT