まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

いつまでも結婚しない息子・娘が心配!親がするべきことは?

      2016/05/10

 - 恋愛・結婚・人間関係

親はいくつになっても子供のことが心配ではありますが、なかなか息子や娘が結婚しないことに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。今回はなかなか結婚しない息子・娘に親がするべきことを調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

結婚式の受付の飾りはどうする?おすすめの飾り方

結婚式の受付はせっかくなので華やかにしたいですね!結婚式の受付にはどのような飾りをしたらいいのでしょうか?今回は結婚式の受付のおすすめの飾り方について調べましたので紹介します。

結婚式にワンピースで参加、レースの服はマナー違反?

冠婚葬祭のマナーは大切です。特に結婚式では、招待状の返信からかマナーは始まっています。特に洋服の色選びでは、白は新婦だけの限定色と言われているので、白い服での参列はNGです。でも、レースのワンピースはどうでしょう。調べてみました。

小柄な女性はモテる?小柄な女性がタイプという男性の心理とは

小柄であることをコンプレックスに思っている女性もいますが、小柄な女性がタイプだという男性は多いようです。なぜ小柄な女性はモテるのでしょうか?今回は小柄な女性がタイプという男性の心理とモテるわけを調べました。

友達と喧嘩してしまった!そんな時に聴きたい歌

見出し1 友達と喧嘩をしたらどうする?1.1 ■すぐに会って謝る!!1.2 ■お …

結婚式の友人スピーチを頼まれた!幼馴染の場合はどうする?

仲のいい幼馴染に結婚式で友人スピーチを頼まれることがいつかあるかもしれません。友人スピーチの内容はどのようにすればいいのでしょうか?今回は結婚式の友人スピーチの内容について調べました。

遠距離恋愛×彼氏×忙しい…茨の道をのりきるコツ

遠距離恋愛中の彼氏から連絡が来ないと不安で仕方がなくなるものです。たいていの場合は、ただ忙しいだけ。それでも不安なんですよね。遠距離の彼氏と上手に付き合うにはどうしたら良いのでしょうか。

生徒と教師の恋愛ってあり?

年上の高校教師が好きになる男子生徒や女子生徒は結構います。統計によると、1クラスに4人くらいいることになります。さて、どちらからの告白が多いのでしょうか?生徒からの告白が多いよういです。実際に交際につながることも稀にあります。しかし、法律的に教師生命がかかっているので、先生は在学中は交際を避けるケースが多いでしょう。

元カノが気になる?!彼氏の元カノに嫉妬しないために

彼氏の元カノは彼女としては気になってしまいますね。ついつい元カノに嫉妬してしまい、彼氏と険悪になってしまう可能性もあります。今回は彼氏の元カノに嫉妬しない方法を調べました。

もう遅い!?離婚後に後悔する理由:女性編

離婚は昔に較べて珍しいことではなくなり、今や3組に1組のカップルが離婚する時代ともいわれています。それでもやはり離婚は人生を左右する大きなこと。女性が離婚してからどんなことに後悔するかをまとめました。

彼氏との記念日のプレゼントに手作りアルバムを作ってみよう!

彼氏との記念日には特別なプレゼントを贈りたいですね!そんな時は手作りのアルバムはいかがでしょうか?きっと喜んでもらえる事間違いなしです!今回は手作りアルバムの作り方を調べましたので紹介します。

好きな人をデートに誘う頻度はどのくらいがいい?

好きな人をデートに誘うのは緊張しますね!一回目のデートをしたら、二回目のデートもしたいですが、誘う頻度はどのくらいがいいのでしょうか?付き合う前なので、誘うタイミングは注意が必要なようです。

彼女の浮気が心配…浮気の兆候と対処法は?

付き合っていると彼女のちょっとした行動で浮気をしていないか心配になることがありますね。男が心配になる彼女の行動とはどのようなものなのでしょうか。今回は浮気の兆候と対処法について調べました。

娘が結婚!その時の父親の気持ちは?

娘さんを持つお父さん、娘さんとは良好な関係を築けていますか?まだまだ娘が小さくて結婚なんて考えられないと思っている人もいるかもしれませんが、娘が結婚するときは父親はやはり寂しい思いをするようです。今回は娘の結婚について調べました。

30代後半の男性ならデートはスマートに!理想のデートとは?

30代後半の男性はどのようなデートをするのが理想なのでしょうか?若いころと違って、年相応の振る舞いができるようになりたいですね。今回は30代後半の男性の理想のデートについて調べました。

男性が思う結婚の条件とは?どんな女性が理想?

結婚の条件は男女ではそれぞれ少し違うところがあるようです。女性は現実的なイメージですが、男性はどうなのでしょうか?今回は男性が女性に望む結婚の条件について調べました。

大学で友達を作るには!?入学前のSNSでの交流は有効か

大学に入ったら絶対に友達を作った方がいい!とよく言われます。今は大学入学前にSNSで交流して入学前に友達を作っている人もいるようです。今回は大学で友達を作る方法を調べました。

彼氏に会えないストレスでイライラ!そんな時の対処法

社会人になって、お互い仕事をしだすと彼氏に会えなくてイライラすることがありますね。会えない時間に不安や不満がたまって会えばケンカをしてしまう…なんてことも。今回はそんな時のイライラ解消法について調べました。

パチンコ好きは彼女ができないって本当?

暇を持て余してパチンコにどっぷりつかっているとどうなるでしょう。経済的な観念がなくなり、借金をしてまで遊技代に充てる・・・なんてことになりかねません。女性はパチンコなど、ギャンブルが嫌いな人が多いです。ですから彼女ができないのでしょう。彼女がほしかったら、自分の生活を振り返ってみましょう。収支のバランスはとれていますか?

時計を彼女にプレゼント!その意味とは?

誕生日やクリスマスに付き合っている彼女へプレゼントをあげることがありますね。もしも彼氏から時計をプレゼントされたら、それはどんな意味なのでしょうか?今回は時計をプレゼントする意味を調べました。

シングルマザーの次の恋は年下彼氏がおすすめ

シングルマザーは恋愛してはいけないなんてもう古い!子どものことを大事にできるなら恋愛したって良いではないですか。シングルマザーには年下の彼氏がおすすめってご存知でしたか?その理由を紹介します。

息子・娘の結婚を望む親の割合は?

やっぱり子供には、結婚してほしい!

子供の結婚について、「結婚してほしい」「できれば結婚してほしい」「結婚しないでほしい」「どちらでもよい」の4択で聞いたところ、「結婚してほしい」が57.9%、「できれば結婚してほしい」が29.6%となりました。子供の結婚を望む親は87.5%という高い割合になり、やはり独身のお子さまの結婚を心配する様子が浮き彫りになりました。

意外とこだわらない?贅沢言わない?お相手の職業や容姿は許容の範囲内!

親に対し、子供の結婚相手に対して、どこまで許容できるかについて質問しました。その結果、「職業」「容姿」については約6割の親が許容できる条件であることが分かりました。とりわけ職業に関しては、昨今の景況感を映してか、「職についていれば特にこだわらない」といった傾向があるように思われます。また、昔は重視されていたような「家柄」については、最近では半数近い47.8%の親が許容できると回答しており、より「人柄」を重視するようになったのではないかと思われます。

引用元-婚活総合研究所

スポンサーリンク

  人気記事

なぜ息子や娘が結婚しないのか

晩婚化が進んでいますから、自分の息子や娘がいい歳なのに結婚しなくて心配・・・と感じる親は非常に多いと思います。
最近では、結婚は30代になってから、と考える若者が増えています。
10代や20代の若者に将来結婚したいと思いますか?と質問しても、微妙な答えが返ってくることが増えました。

晩婚・未婚が増加している原因1

原因は、結婚がしたくないわけではなく将来に漠然として不安を持っているからです。
日本経済が不安定な中、仕事だっていつまでも安定してあるわけではありません。どの企業に就職してもいつリストラされるか?倒産するかも分からないのです。もし失業した時に家族や子供がいたら嫌な仕事を掛け持ちしてでも養っていかなければならない・・・そのような不安があるから結婚しない若者が多いのです。

晩婚・未婚が増加している原因2

もう1つの理由としては、結婚したら自由にお金も自分の時間も使うことができないから、結婚生活に魅力を感じないという人も少なくないのです。旅行にいったり趣味に没頭したり、やりたい仕事でキャリアビジョンを実現させたりなどなど、結婚でなくとも人生を豊かにすることは今の時代、いくらでもあるからです。

引用元-marriemo

結婚しないのが心配なら…結婚相談所に登録してみる

婚活とは、どんなもの?

婚活として手始めに行うことは、結婚相談所に登録をすることです。結婚相談所では、データベースに登録された何万人と言う登録者の中から、あなたの息子や娘にふさわしい人を探し出してくれます。もちろん、相手を探しておしまい、というわけではありません。顔合わせの日時の調整を始めとして、レストランや喫茶店、あるいはパーティーなど、きちんとした雰囲気で相手とお話しできる場を整えてくれます。また、奥手でなかなか異性と打ち解けられない息子や娘には、結婚相談所のアドバイザーが、適切なアドバイスを行ってくれます。

相手探しの段階で、趣味などの共通点がある人を探し出してくれますし、話し方や話題などについても相談に乗ってくれます。経験豊富なアドバイザーの親身なレクチャーのおかげで、「異性とのコミュニケーションに苦手意識がなくなり、自分に自信が持てるようになった」という人も数多くいるようです。興味があれば、まずは一度、資料を取り寄せてみることをお勧めします。ご自身の目で、「婚活サービスとはどのようなものなのか」を確認してみてください。資料により知ることができるものは、「結婚相談所が提供する婚活サービスの詳細」だけではありません。「息子や娘の世代の結婚事情」というものに対しても、知見を得ることができるはずです。

そういった知見をもとに、ぜひお子さんを明るい将来へと導いてあげてください。

引用元-息子や娘が結婚しない!独身の我が子に親がすべきこと

息子の結婚が心配ならまずは一人暮らしを

息子さんの婚活をサポートするなら、まずは一人暮らしをさせてください。実家で身の回りのお世話をお母様がされていると、不自由がないためこのままでいいと思ってしまいます。一人暮らしをすると慣れない掃除、洗濯、料理などをしなければなりません。また、人恋しさもあります。最近は結婚しても働きたいという女性が増えていますので、家事ができる男性はそれだけでポイントが高くなります。是非、一人暮らしをするよう息子さんと話し合ってください。また、息子さんはおとなしい性格のようですから自分から合コンや婚活などを積極的にするほうではないようですね。出会いがなければ結婚はできないですから、そうなったら結婚相談所などを利用して女性と出会う機会を増やしてはいかがでしょうか。

引用元-なかなか婚活しない息子が心配です【親による婚活サポート】

これをしてはいけない!子供の婚活へのわり方

●その1:親同士の婚活パーティに参加する親

「親が親同士のお見合いパーティに参加していました。最近やたら『相手に望む年収は?』『年齢はいくつまでがいいの?』とリサーチされているなと思ったら、そういうことでした……。パーティで見つけてきた男性について『こんな人がいてね。どうかしら?』と説明されました。お節介すぎてイヤ!」(32歳/IT)

●その2:親同士の婚活バスツアーに参加する親

「良縁・結婚祈願の神社参りや婚活セミナーの受講がセットになった婚活バスツアーに、うちの親が参加していたみたいです。さらに親同士の見合いパーティもオプションで付いてくるとか。そんなことにお金を使わないでほしい!」(34歳/公務員)

●その3:見合い用のリストを送りつけてくる親

「田舎の親がお見合い用にとまとめた、地元の未婚男性リストを送ってきます。正直、都会に住んでいる私とは合わなそうな男性ばかり。本当に興味ないです。私はまだ31歳だし、都会では31歳で独身でもおかしくないんだよと話しても、聞く耳を持ってくれないんですよね」(31歳/メーカー)

●その4:父親の会社の男性を紹介してくる親

「帰省する度に『33歳にもなってまだ独身なんて心配よ』としか言わない親。とうとう先日、父親が勤務する会社で働く若手男性(40代)を紹介してきました。メールにその人の名前とメールアドレスが書かれていて『まずはメールから始めなさい』って。顔も分からないし、話したこともないのにメル友かよ! 中高生じゃないんだし……とびっくりしました」(33歳/コンサル)

●その5:婚活系イベントのリストを作る親

「婚活パーティや婚活バスツアー、街コンにいたるまで、婚活に関するあらゆるイベントを、同居している親がまとめてリスト化して見せてくるんです。どう思いますか? カレンダーにもイベントの日に丸が付けられていて。うちにいると圧迫感しかありません」(33歳/保険)

引用元-ぐるなびWEDDING

でしゃばらず息子・娘の意思を尊重しよう

親が子供の婚活ですべき事は?

あくまで私の考えですが、「親が婚活にでしゃばる」必要はありません。でしゃばるほど子供は疎外感を覚え、挙句には、「両親が進めた結婚だから」と将来問題が起きた時に「逃げる要因」を与える事になります。自分で選択し、自分で判断した結婚なら、自ら責任が負えるはずです「結婚は家族の自立です」、両親が他界してからも、息子たちの生活は続くのです。

子供が結婚する、しないで老後の人生設計は大きく変わります。

老後は安泰に暮らしたい…と考えても、子供が独身でいるなら、金銭面・生活面においてもずいぶん変わってきます。なにもせずに親が「そのうち結婚するだろう」と考えていても、子供は「結婚する気が無かったら」老後は、絶対安定しません。親が結婚をうまく促す事により。子供が「結婚する気があるのか?」「ないのか」の意思がわかり、老後の人生設計を再度考える事ができると考えます。子供が結婚しないと決めたなら親は、結婚や孫に使おうと蓄えていた資金を、自分の老後の生活に当てる事ができますし、ある程度踏ん切りもできます。

引用元-親婚活どっとこむ

まとめ
親はいつまでも子供のことが心配ではありますが、息子や娘の意思は尊重して出しゃばらないことが大事ですね。

twitterの反応

 - 恋愛・結婚・人間関係