まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

障害者施設での介護の仕事内容とは

      2016/05/21

 - 未分類, 社会・政治・経済

障害者支援施設では介護を必要とする障害者の方が生活しています。施設で障害者を介護したり支援したりする人を生活支援員といいます。今回は障害者施設での生活支援員の仕事について調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

Googleへの就職は超難関!?出題される問題とは

Googleへ就職することはとても難しいといわれています。その中でも面接時に出題される問題は難問ばかりのようです。実際にどのような問題が出題されているのでしょうか。今回はGoogleの就職の問題について調べました。

社会保険の扶養が外れるのはどこから?フリーターの場合

税金がかからないように扶養内で働いているフリーターの人は多いのではないでしょうか。ところで扶養が外れるタイミングが二回あることはご存知でしょうか。それは税金と社会保険の扶養が外れる額が違うからです。

塾講師のバイトはホワイト?ブラック?

塾講師のバイトは大学生などに人気のバイトかもしれませんが、近年個別指導塾から出た問題によってブラックバイトのイメージがついてしまったようです。しかしホワイトなバイト先もあるようなので今回はその現状について調べました。

親が離婚した場合の相続はどうなる?

親が離婚した場合の相続はどうなるのでしょう。離婚した配偶者が亡くなったらその相続人は誰になるのでしょうか。今回は親が離婚した場合の財産の相続について調べました。

銀行に就職したことを後悔!?銀行勤務がきついワケ

銀行に就職したと聞くと、安定していい職場に就職できた!というイメージがありますね。しかし実際の銀行の業務はかなりきつく、就職した事を後悔する人も少なくないようです。今回は銀行の仕事内容について調べました。

個人事業主の会社が厚生年金に加入する方法

個人事業主は国民年金に加入しています。しかし、国民年金だと老後の生活が危ぶまれます。サラリーマンの厚生年金と受給額に何倍も差が出ます。個人事業主は厚生年金に加入することは出来ないのでしょうか?加入できる条件を探ってみましょう。

よく聞く「公職選挙法違反」とは?事例も紹介

選挙の後、「○○が公職選挙法違反の疑いで送検されました」といったニュースを耳にすることがありますよね。お金や物をもらってはいけないといったことは有名ですが、そのほかにも気をつけるべきことがたくさんあります。え?自分には関係ない?そう思っていても知らないうちに違反をおかしてしまう可能性も十分にあるので、事例を含め確認しておきましょう!

日本に流通しているお金の総額はどのくらい!?

日本には主に6種類の硬貨と3種類の紙幣が流通しています。この流通しているお金の総額はどのくらいなのでしょうか?また日本のお金の流通の仕組みはどうなっているのでしょうか?今回は日本のお金の流通とその総額について調べました。

仕事中に資格の勉強はアリ?

社会人になって仕事をしながら資格の勉強をしている人も多いのではないでしょうか?中には仕事中に資格の勉強をしたいと思っている人もいるのでは?そんな人に仕事中に資格の勉強をする秘訣を調べましたので紹介します。

ケアマネージャーになるための試験とは?その難易度

ケアマネージャーという言葉を知っていますか?介護に携わる仕事で、高齢化の進む日本では重要性が高まっているようです。しかしケアマネ-ジャーになるための試験は難易度が高いというので今回はそのことについて調べました。

受付で8割決まる!?電話応対キホンのキ

新入社員の最初の関門といえば、電話の受付。受話器を取って話すだけと思いきや、社会に出ると細かいルールがあるのです。今一度、電話応対について勉強しておきましょう。

個人事業主の税金はいくらからかかるの? 夫の扶養になれるの?

主婦が働く場合は、夫の扶養の範囲内でパートをするのが一般的でした。しかし、最近は、ネットを利用して個人事業主になったり、在宅ワーカーという仕事も増えています。個人事業主の妻は、夫の扶養になれるのでしょうか?税金を払うのはいくらからなのでしょうか?

政令指定都市って人口が多ければなれるの?指定の条件とは

政令指定都市というと漠然と人口が多い大都市というイメージがありますが、具体的にどういう都市のことなのかご存知ですか?政令指定都市になるための条件や、指定を受けるメリットやデメリットについて解説します。

関西で国立の中学校を受験!その受験事情とは

国立の中学校は私立に比べて学費が安いので目指している人も多いですね。関西での国立の中学受験事情はどのようになっているのでしょうか。今回は関西の中学受験について調べました。

障害児の施設へ就職を希望するにはどんな資格がいるの?

障害児といっても、知的なものから身体的なものまで様々です。障害児の施設では、様々な資格の所有者が就職しています。また、施設の種類は通所式のものから入所式のものまであります。どんな職種を希望するのかよく考えて資格を取りましょう。

入社して会社の方針が自分と合わないと感じた場合はどうするべきか

就職活動をする時は会社の方針などをいろいろと調べて受ける人がほとんどだと思います。しかしいざ入社してみると、会社の方針と自分の考えが合わないと感じる人もいるのではないでしょうか?そんな時はどうしたらいいのでしょうか?

日本は税金をとりすぎ!?外国と比べらどう?

日本に住んでいる人は、国に定められた様々な税金を払っています。外国に比べると日本は税金をとりすぎという話もありますが、実際はどうなのでしょうか?今回は日本の税金について調べました。

国民健康保険とは?扶養にはいる条件

国民健康保険は自営業や農業の方などが主に加入している健康保険です。夫が会社などに勤めていれば会社の健康保険組合に加入してその家族は扶養で保険証を発行してもらえますが、条件によっては扶養を外れて国民健康保険に加入しないといけません。

生活保護の金額はいくら?一人暮らしの場合

様々な理由で生活ができなくなった場合、申請をすれば生活保護の制度が利用できます。生活保護の金額は一人暮らしの場合はどのくらいなのでしょうか?今回は生活保護について調べました。

お香典の金額の相場は?友人の親が亡くなられた場合

大人になると葬儀や通夜に参列することが増えていくでしょう。もしも友人の親が亡くなられた場合はどうしたらいいのでしょうか。今回はお香典の金額の相場やマナーなどについて調べました。

障害者支援施設とは

障害者支援施設は、事故や病気による障がいがある方や、先天性の疾患で障がいを持つ方のうち、常時介護を必要とする18歳以上の障がい者を受け入れる生活施設です。今回紹介するセンターはもともと身体障害者療護施設とよばれていた施設で こちらの職員の方は身体を中心とした障がいをお持ちの入所者様の健康管理や身体介護、生活指導、衛生管理、医療などを提供するとともに、リハビリテーションなどを行い、社会参加への可能性を高めるための支援を行います。入所期間が定められていないこともあって、長期入所の方が多いです。障害者支援施設は24時間体制で入所者様の生活を支援することから、勤務形態は日勤、早番、遅番、夜勤を組み合わせた交替制勤務を採用しています。

引用元-U-CAREER

スポンサーリンク

  人気記事

障害者施設で働いている人

障害者施設の求人とおおよその役割分類

管理者
事業所管理と職員の管理
※社会福祉主事の資格が必要

医師
入所者様に対して日常生活上の健康管理及び療養上の指導
※医師国家資格が必要

生活支援員・生活指導員
入所者の身体介護・生活援助や訓練を行い、食事・排泄・整容などの日常生活動作を身につくように支援
※介護福祉士・社会福祉士・保育士の資格を持っていることが望ましい

サービス管理責任者
入所者様の個別支援計画を作成・相談や連絡調整業務
※介護福祉士・社会福祉士・保育士の資格を持っていることが望ましい

看護師
入所者様の体調管理・内服薬管理・処置や医療行為全般。
※看護師か准看護師の資格が必要

理学療法士
歩行訓練やマッサージなど下肢のリハビリテーション
※理学療法士の資格が必要

作業療法士
手先や上肢を使用した、物を使いながら行うリハビリテーション
※作業療法士の資格が必要

職員指導員・就労支援員
個別支援計画に基づいた就労の支援や職場の開拓
※介護福祉士・社会福祉士・保育士の資格を持っていることが望ましい

栄養士
食事やおやつのメニュー考案と発注、清潔に関する施設管理
※栄養士の資格が必要

調理師
管理栄養士が考えた食事やおやつの調理、入居者への調理指導
※栄養士または調理師の資格が必要

引用元-カイゴジン

障害者施設での介護などの仕事内容

仕事内容は通常の高齢者の介護と同じように、排泄介助、食事介助、入浴介助などの基本的な介助を行います。高齢者との一番の違いは、障がい者は年齢が若い人が多いということです。年齢が60歳以下の人がほとんどで、中には10代の方もいらっしゃいます。自分よりも年下ということも珍しくはありません。その為、接し方にも気を使わなければなりません。高齢者と同じように接していても反応がなかったり、悪かったりしますので、工夫して接するようにしましょう。また、障がい者施設はレクリエーションや外出に力を入れているところが非常に多いです。高齢者施設では外出は2月に1回程度のところが多いですが、障がい者施設では1か月に1回以上いくところも珍しくはありません。その為、利用者と外出にいったり、企画を考えたりすることが仕事内容として重要なものになってきます。

引用元-介護転職net

高齢者施設との介護の仕事の違いとは

あえて高齢者と障害者の介護の違いをいうならば、高齢者介護はどちらかというと介護者主導で介護しやすい面がありますが、障害者介護はご利用者様の状況に応じたより臨機応変な介護が必要になります。

なぜなら、障害者施設のご利用者様は若い方から高齢の方まで年齢層が様々で、若いご利用者様だと体力もありますし、こうしたいというはっきりとした意思をお持ちの方が多くなるからです。

臨機応変な対応が苦手という方には、少し障害者支援施設は大変かもしれません。

また、障害者とひとくちにいっても、身体障害者、知的障害者、精神障害者とその障害の内容も様々で、意思疎通が難しかったり、どんな行動をとるのか予測できない方もいます。

高齢者介護施設も障害者支援施設もご利用者様に寄り添いサポートしていくというスタンスは同じですが、慣れないとご利用者様に振り回される感覚になり大変な面があるかもしれません。

ただ、障害者支援施設での仕事もご利用者様それぞれの特徴を覚えて対処法の引出が増えてくれば、ご利用者様に振り回されることも減り、ご利用者様もあなた自身も満足できる介護ができるようになります。

現在、障害者支援施設で働いている方に障害者介護の魅力を聞いてみると、ご利用者様の意思や思いを一緒に実現できた時の達成感やありがというという言葉、ご自身で意思表示が上手くできないご利用者様の意思を汲み取り意思疎通ができた時の嬉しそうな表情が励みになるということでした。

高齢者介護と障害者介護の違いはありますが、介助してサポートしていく点においては同じです。

引用元-介護職の転職を成功させるにはコツがあった!

知的障害者施設では介護より支援が多い

知的障害者の施設は介護の仕事というよりは支援という感じです。

身体障害者の施設になると寝たきりの方も多く体力がいると先輩介護士さんに聞きました。

精神障害の障害者になるとアルコールや麻薬中毒、統合失調症妄想性障害・気分障害などの利用者さん様々です。

知的障害者支援施設はとてもやりがいがあって楽しく仕事できたので1日の業務があっという間なのが印象的でした。

気になる月給ですがこれは老人介護と同じで施設によってピンからキリまでです。私の場合は楽しみながらもお給料は平均的だったので特に不満はなかったですよ♪

引用元-介護職で楽な介護施設はどれ?待遇のいい介護職の探し方とは!?

障害者施設で働くために資格は必要か

視点は2つです。

まず~支援者として、ある程度~知識が備わっているか?という視点から見ると、資格はあった方が良いのだと思います。基礎的な勉強をしてきたという証しであるので(^^

次に~現状で募集をかけている施設のほとんどは、資格を問うことが多いと思います。公務員なら~社会福祉主事・社会福祉士・介護福祉士など。民間であれば~上記の他に、ヘルパー2級なども含めることが多く見受けられますね。

まぁ、正直~形だけ仕事を覚えるなら、1年もすれば覚えるんですけれど・・・
その後は、確実に地獄を見ますよ(^^;

とにかく細かい配慮ができないと、まともな支援にはつながりませんから~。
また~どんな仕事でも同じかも知れませんが~かなりの勉強をし続ける覚悟がないと、とても追い付けません。10人10色の個性達が相手だし~人間相手の仕事は、これで終わりってのがありませんしね。また、本人だけでなく~家族への支援にも悩ませられたりしますし・・・。

引用元-YAHOO!知恵袋

まとめ
障害者施設では介護というより支援といった形が多いようです。意思疎通が難しい場合もあるのでいろいろな配慮が必要な仕事ですね。

twitterの反応

 - 未分類, 社会・政治・経済