まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

赤ちゃんをお風呂に入れるには!?耳に水は入らない?

      2016/05/21

 - 日常・生活

沐浴の期間が終わっていざ赤ちゃんと一緒にお風呂に入る!となると初めての時は緊張しますね。特に水が耳に入らないかハラハラしますが、耳に水が少しくらい入っても大丈夫なようです。今回は赤ちゃんをお風呂に入れる注意点を調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

冬に子供とお風呂に入る工夫

パパの帰りが遅くて、毎日ママが子供をお風呂に入れるご家庭は多いことでしょう。ねんねの頃、タッチの頃は特に気配りが大変です。冬の寒い時期に安全に気を付けながら、お風呂に上の子供も順番に入れるにはどのような工夫が必要でしょう?食育、浴育は子育ての原点です。

これで脳を活性化!脳にいい習慣

脳は筋肉と同じで使っていないとどんどん衰えていきます。しかし鍛えれば年齢と関係なく成長するそうです。そこで今回は無理なくできる、脳を活性化する習慣について調べてみました。

自分に価値がない!?そう思ってしまう人の心理とは?

自分に存在価値がないと思ってしまう人は多いようです。なぜ自分に価値がないと思ってしまうのでしょうか?そう思わないためにはどうしたらいいのでしょうか?今回は自分に価値がないと思ってしまう人の心理について調べました。

車のシートの洗浄方法あれこれ

車のシートは見た目よりも案外と汚れているものです。ちょっとした汚れは重層や布クリーナーでとれます。ペットの匂い、嘔吐、おもらしなどはしっかりとっておかないと染付いた匂いが取れなくなります。タバコのヤニなどの匂いも嫌なものですね。シート全体を丸洗いしたい場合の方法は?ケースバイケースで清潔に保ちましょう。

DIY未経験者だけど…既存のトイレドアに小窓は付けられるかな?

最近の住宅のトイレには窓が付いていないところが多いですね。その分換気扇が付いていたりするのですが古い住宅に慣れてしまっている人にとっては、なんだか臭いがこもっているように感じてしまって…せめてトイレのドアに小窓でも付いていると良いですよね。

雨で外で遊べない!子供におすすめの家遊びは?

雨の日は外で遊べなくて子供にとってはストレスが溜まりますね。そんな雨の日でも工夫次第で家の中で楽しく遊ぶことができます!今回は子供におすすめの家遊びについて調べました。

リビングの和室には小上がりとフラットどっち?

家を建てたり、リフォームする時に一度は考えるのが小上がりの和室だと思います。リビングに小上がりの和室があるとなんだかとてもおしゃれですね。実際は小上がりにするのとフラットにするのはどちらがいいのでしょうか?

軽自動車の駐車場のスペースはどのくらい?

建売住宅を購入する場合や敷地内に駐車場を設置するときなど、駐車スペースが気になるところです。お手持ちの車が軽自動車の場合でも、可能であれば広いスペースが欲しいですね。ご家族が増えることもあるでしょう。

玄関の鍵を交換したい!おすすめの鍵は?

現在玄関の鍵には様々な種類があります。古い鍵は鍵をかけていても意味がないと言われるくらい防犯には役に立たないようなので、古い場合は鍵を交換していみてはいかがでしょうか。今回はおすすめの玄関の鍵を調べました。

アルバイトを始める人は注意!所得税はいくらから?

アルバイトを始めようと思っている方、アルバイトにも所得税がかかる場合があることを知っていますか?確定申告を怠るととんでもないことになりかねません。今回は気になるアルバイトの所得税がいくらからかかるか調べました。

朝食はパン派の人のためのヘルシーな朝ごはんメニュー5選

最近は和食の大切さが叫ばれていますが、アンケートによると朝食にパンを食べる人は依然として多数派だそうです。ヘルシーなパン朝食にするには、どんなメニューが良いのでしょうか?

旦那の弁当って皆作ってるの?節約の為に始めたい時にみるまとめ

ランチ代が1日500円だとしても月や年に換算すると、結構な大金になるんですよね。「節約の為に旦那にお弁当を持たせようかな」と思ったあなた。やみくもに始めても長続きしませんよ!世の中にはこういう考えの旦那様もいるんだってことを理解した上で、自分たちにはどのようなスタイルが合っているのか判断してみてください。

スーパーの買い物のコツ・あれもこれも駆使しちゃおう

スーパーの食材は豊富で便利ですが、ついつい買いすぎてしま事が多いでしょう。そこで、スーパーでの買い物のコツをピックアップしてみました。ちょっとしたことで、びっくりするほどの効果が期待できそうです。生活の一コマ、大切な食という問題に焦点を合わせてみましょう。賢く食費を節約する方法が見つかりますよ。

深夜のバイトをやりたいけれど女性も雇ってもらえるのでしょうか?

コンビニの深夜のバイトは女性にはむかないのでしょうか?一人体制か二人体制かによって大きな違いがあるようです。レジ打ちだけではなくて、様々な仕事をこなさなくてはなりません。昼と比べて時給が高いのは魅力的でしょう。

小学校の授業についていけない!その原因と対処法とは

小学校に入学すると今までとは環境がガラッと変わるために授業になかなかついていけない子供もでてきます。そんなときはどうしたらいいのでしょうか?今回は子供が学校の授業についていけないときの対処法を調べました。

赤ちゃんの足のサイズはどう測る?ファーストシューズの選び方

赤ちゃんが一人で歩けるようになったら靴を用意しないといけません。ファーストシューズはどのようなものがいいのでしょうか。また赤ちゃんの足のサイズを測る方法も調べましたので紹介します。

日焼け止めは衣類から!紫外線を防止するシャツの選び方

夏になると怖いのが、蚊と日焼けだと思いませんか?特に日焼けは年齢を重ねてから色々なデメリットが出てきてとても厄介です。日焼け止めを塗るのは基本として、シャツなどの衣類でも十分に防止しましょう。

緑のカーテンはどんな効果がある?部屋のカーテンの選び方

部屋のカーテンを選ぶときに何色にしたらいいか悩む人は多いのではないでしょうか?カーテンの色は心理的な効果もあるようなので、リラックスしたいならば緑がおすすめです!今回はカーテンの色の選び方を調べました。

あなたの家は年に何回?夫の実家への帰省の頻度

結婚すると義実家との付き合いはほぼ避けては通れません。夫の実家への帰省でもめた事のある方もいるのではないでしょうか?今回は夫の実家への帰省の頻度について調べてみました。

離乳食のパンが初めての場合はミルク粥が良いでしょう

お子さんの成長はとても嬉しいものですね。半面、離乳食の進め方に不安を持たれる方は多いでしょう。離乳食はお米のおかゆのあとはパンのおかゆも加わりますが、注意したい点がいろいろあります。市販のパンを利用する場合は塩分、油分、添加物に気を付けましょう。また、初めてのパンは食パンから初めてください。

赤ちゃんをお風呂に入れる手順

1.赤ちゃんを脱衣所に置いたラックやクーファン、座布団の上に寝かせる。
2.ママがお風呂に入り、体を洗う。(たまに扉を開けて赤ちゃんの様子をみてあげると赤ちゃんも安心)
3.赤ちゃんの服を脱がせ、ラックの上に服、おむつ、バスタオルを広げる。
4.赤ちゃんを膝の上にのせる。(縦抱き抱っこでも横抱っこでもOK!)
5.顔をガーゼでやさしく洗う(乳児湿疹の出る子は石鹸をつかって!)
6.頭の下に洗面器を置き、ガーゼを使って髪を濡らしたら石鹸を泡立ててやさしく洗う。(沐浴の時と同じ)
7.頭に泡が残らないようにガーゼを使ってしっかり泡をおとす。
8.首から順に体を洗う。(脇の下、指の間、鼠蹊部などは丁寧に!)
9.ママと一緒に湯船につかる。
10.あたたまったら赤ちゃんをラックの上のバスタオルで拭き、素早く服を着せる。
11.ママが体を拭いたら赤ちゃんと一緒にあたたかい部屋へ。

引用元-mamari

スポンサーリンク

  人気記事

入浴中に赤ちゃんの耳をふさがない

沐浴用のバスタブと違って、大人と同じバスタブに入れると、赤ちゃんは入浴中、浮いたままになります。

「一昔前は、耳にお湯が入らないように、親指と小指でふたをするように耳をふさぐように指導されていましたが、今は違います。

大人の指で耳をぎゅっとおさえると、手を離す時に陰圧で赤ちゃんの鼓膜が破れることがあります。耳にお湯が入ったことが原因で中耳炎にはなりません。もし、耳にお湯が入っても、ガーゼや綿棒を軽く耳に押し当てたり、服を着せたあとで耳を下にして寝かせたりすれば、出ることも。過度な心配はいりませんよ」(田中さん)。

ひとりで、赤ちゃんをお風呂に入れるとなると、緊張しがちですが、赤ちゃんがしっかりお風呂に入って、リラックスすると、副交感神経が優位になり、夜もゆっくり寝てくれるのだそう。実践しない手はないですね。

引用元-マイカシ

お風呂で耳に水を入れにくくするには

お風呂で水が耳に入りにくくする方法

耳に水が入るのを過度に恐れ、あまりに強く耳を抑えていると、かえって圧がかかり鼓膜へ影響を及ぼすことがあります。耳の後ろ側から耳を押さえる際には、あまり力をいれずに耳を軽くふたをするつもりの程度で充分です。

あまり怖がらないでも大丈夫

耳に水が入ったら、中耳炎になってしまうかもと過度に恐れて力いっぱい耳を押さえているパパやママ。逆に鼓膜に圧をかけて悪影響になったり、耳の裏がしっかり洗えず臭いの原因となってしまってはいませんか?

数ヶ月前まで赤ちゃんは羊水の中にいました。それでも、耳は大丈夫でしたよね?耳の構造的にそう簡単に水は入りませんし、もし水が入ってしまっても軽く拭き取る程度で充分なのです。まずは、パパやママの気持ちの中の耳に水が入ることへの恐怖心をなくしましょう。

耳に水が入る状況

例えばシャワーなどで流している場合でも、基本的には耳の構造的に水は入りにくくなっています。さらに、赤ちゃんの入浴中には耳の裏側から押さえていることが多いので、ますます入りにくいはず。もし、入浴中のお風呂に赤ちゃんもぐってしまったとしても、大人がプールでもぐった時と同じ状況。必ず耳に水が入るものでもありませんし、たいていの場合すぐに出てきますよね。空気の入ったコップをお風呂のなかに下向きに入れてあげても空気が少しずつ漏れる程度で一気に水がコップの中に流れ込むなんてことはないはず。耳についても同じことが考えられます。

引用元-BABY NOTE

お風呂上がりの赤ちゃんの耳のケアは?

お風呂上り

お風呂に入ったあとに赤ちゃんの耳の中が濡れているようだと気になってしまいますよね。でもお腹の中にいた時にはずっと羊水の中にいたんですからそれほど気にすることはありません。

耳の穴ではなく外側の濡れた部分をタオルでふき取るだけ で大丈夫。もし中が濡れていても体温で自然に乾いていきます。

耳垢の取り方

耳の中を見てすでに耳垢でびっしりふさがってしまっている場合には自分で取らないようにしましょう。無理に取ろうとすると周りの皮膚を傷つけてしまいます。

そうでない場合には赤ちゃん用の細い綿棒か、やわらかいシリコンの耳かきなどで耳の穴の入り口から5mm位の部分をそっと掃除しましょう。

中の方に見えている耳垢まで取りたくなりますが、顎を動かすことで耳垢がだんだん外に押し出されるんです。見えている耳垢もそのうち外側へ出てくるのでそれまで我慢。

この掃除は週に1度もすれば十分。くれぐれも1cm以上奥に突っ込んでしまわないように気を付けてくださいね。

引用元-MARCH

お風呂は危険がいっぱい!入れるときは注意

安全チェック!

お風呂場での赤ちゃんの事故って実はとっても多いんです。お風呂場で滑って転んで頭を打ったり、おぼれそうになったり。また浴槽に落っこちる事故や、熱湯でやけどなど、ママやパパの安全対策って重要ですね。特に、おすわりや立っちの時期になると、つい安心して目を離しがちですが、それは禁物。赤ちゃんが大きくなるにつれて危険度もアップするので、ママが体や髪を洗うときも、ちらちらチェックするなど、さらなる注意が必要です。

[危ない!! お風呂のフタに、のせて待たせるのはダメ!]

まだ、寝返りしないからいいかななんて、ねんねの赤ちゃんを湯ぶねのフタに寝かせて待たせるのは絶対にダメ!  湯ぶねのフタは不安定なので、赤ちゃんが動いた拍子に内側に折れて赤ちゃんが湯ぶねに落ちる可能性大です。

[お湯の蛇口は熱くなるから、渇いたタオルで巻いて]

お湯が出る水道の蛇口や付け根部分は、お湯が出ていないときでも熱くなっています。ここに赤ちゃんがさわったらやけどするので、タオルでおおうなどして、ガードを。特に立っち以降はいたずらするので要注意。

[ママも赤ちゃんも、滑らないよう、要注意!]

お風呂の洗い場や湯ぶねの床は思った以上に滑ります。立っちの赤ちゃんをつかまり立ちさせるときには、滑り止めシートやお風呂マットの上に立たせて。ねんね赤ちゃんを抱いて湯ぶねに入るときなど、ママも不安定な体勢になって滑りやすいので注意を。

引用元-gooベビー

まとめ
赤ちゃんの耳をふさぐのは今はよくないと言われているのですね。入浴させるときは怖がらずに入れてあげましょう。

twitterの反応

 - 日常・生活