まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

美容師になるために精神科の病院の診断書をもらう

      2016/05/23

 - 社会・政治・経済

美容師の資格をとるときや開業の申請の際に「精神の機能の障害に関する医師の診断書」が必要になるそうです。どこでもらったらいいのか、費用はいくらくらいかかるのか気になりますよね。診断書をもらう上で知りたい情報を調べてみました。

スポンサーリンク

  関連記事

病院の先生は異動がおおい?大学病院の仕組みとは

病院の先生は実は異動が多いって知っていましたか?医者の世界では医局に属している場合は何年かに一度は異動があるようです。先生の異動はどのように決まるのでしょうか?今回は病院の先生の異動について調べました。

バスの座席のいろんなマナー総分かり

初めて会社で貸し切りのバスの旅行の幹事になった時は座席のことで悩みますね。初めて空港行きのエアポート行きのバスに大きな荷物をもって乗車者する時のマナーは気になります。初めて夜行バスに乗るときは、座席を倒して安眠するには?いろいろな疑問が沸いてきます。

銀行の普通預金口座と当座預金口座の違いについて

銀行の通帳を見ると「普通」と「当座」がありますが、一般的には普通口座ですよね?
「当座」って何に使う口座なので、誰が使う口座なの?という素朴な疑問から調べてみました。

国民年金保険料の未納はどうすればいい?分割での納付は可能か

国民年金は20歳以上の日本に居住している人全員が加入する制度です。何年か前から保険料の未納が問題となっています。未納の場合、放っておいたらどうなるのでしょうか。また保険料は分割で払うことはできるのでしょうか?

会社の役職で一番重要!代表取締役とは

会社ではいろいろな役職がありますね。どの順番で役職が決まっているか知っていますか?一番重要なのは代表取締役だというのですが、取締役とはどんな役職なのでしょうか?今回は会社の役職について調べました。

公務員への就職に資格は必要?就職に有利になる資格はあるか

就職活動をするときは資格があると有利になるとされていますが、公務員の場合はどうなのでしょうか?持っていると有利な公務員になるための資格はどんなものがあるのでしょうか?今回は、公務員の就職に有利になる資格にについて調べました。

簡単に資格をとろう!講習のみでとれる国家資格

履歴書に資格を書きたいけど資格を持ってない…なんて時に簡単にとれる資格があるといいですよね。実は講習だけ受ければ簡単に取れる国家資格があるのを知っていますか。今回講習のみでとれる国家資格について調べました。

50代男性が再就職するなら!おすすめの仕事とは

早期退職で50代から再就職をしようと思ってる男性もいるのではないでしょうか?しかし50代からの再就職はかなり困難なようです。今回は50代からの仕事の探し方について調べました。

主婦の働き方~正社員でがっつり働く?パートで扶養に入って働く?~

子育てが一段落して働きたい!という人や、家計が苦しいから働かなきゃ!といういう人。働く理由は個々にあると思いますが、働こうとする主婦につきまとう、3つの壁。あなたは正社員で働く?それとも扶養に入ってパートで働く?働き方によっては、かえって損をするって知ってました?

転勤の挨拶には個包装のお菓子が良いでしょう

転勤は引き継ぎや資料作りが大変ですね。『立つ鳥跡を濁さず』のように好印象で最後の勤務を終えたいですね。そして、最後の日には、お世話になった方たちへで挨拶すると良いです。気持ちだけで良いのでお菓子などを配られたら良いのではないでしょうか。

新入社員の厳しい現実!証券会社の営業とは

証券会社の仕事は厳しく離職率は7割といわれています。そんな証券会社の新入社員はまず営業を任されることが多いようです。証券会社の営業とはどのような事をするのでしょうか?今回は証券会社の営業について調べました。

パソコンの資格は何を取る?初心者の場合

パソコンの資格は就職活動中の人は持っていて当たり前の時代になりました。しかしパソコン初心者でどの資格を取るべきなのかわからない人もいるのではないでしょうか。今回はもっておいた方がいいパソコンの資格について調べました。

障害児の施設へ就職を希望するにはどんな資格がいるの?

障害児といっても、知的なものから身体的なものまで様々です。障害児の施設では、様々な資格の所有者が就職しています。また、施設の種類は通所式のものから入所式のものまであります。どんな職種を希望するのかよく考えて資格を取りましょう。

塾講師のバイトはホワイト?ブラック?

塾講師のバイトは大学生などに人気のバイトかもしれませんが、近年個別指導塾から出た問題によってブラックバイトのイメージがついてしまったようです。しかしホワイトなバイト先もあるようなので今回はその現状について調べました。

道路に駐車しても違法にならない時間はありますか?

自動車の教習所で習ったはずなのに、普段あまり機会がないと忘れてしまっていることがあります。パーキングを探しても見つからずに、やむ終えず道路に駐車させてしまうことはあります。違反になる時間などを、今一度学習し直しましょう。

裁判で判決がでるまでの時間はどのくらい?

もしあなたが裁判をすることになったらどうしますか?裁判と聞くと長引くといってイメージがありますが、実際に判決までにかかる時間はどのくらいなのでしょうか。今回は裁判にかかる時間について調べました。

社会保険加入で手取りはどうなる?そのメリットは

2016年10月より、条件が拡大されてパートの方で社会保険に加入する人が増えるようです。社会保険に加入することで一体どんなメリットがあるのでしょうか。今回は社会保険に加入した場合のメリットや気になる手取りの額について調べました。

会社の飲み会に行かない人が増えてる?その理由とは

会社の上司に飲みに誘われたら昔は絶対に断れない雰囲気がありましたが、最近は少し事情が違うようです。最近は上司に誘われても飲み会に行かない人が増えているそうです。その理由は何なのでしょうか?

数学の中学教師になりたい!どうすればなれる?

将来教師の道に進みたいと考えている人もいることでしょう。中学に行くと小学校とは違って、数学や国語などの各教科ごとに専門の先生が教えてくれますね。今回は中学教師のなり方について調べました。

会社の掃除は労働?時間外手当のボーダーライン

会社の始業前に掃除をするために早く出勤している人もいることでしょう。この掃除は果たして労働にあたるのでしょうか?時間外手当となるボーダーラインはどこなのでしょう。今回は始業前の掃除について調べました。

なぜ診断書が必要?いつ必要?

美容師の精神に関する診断書が必要とされる理由

まず、美容師申請する際に「精神の機能の障害に関する医師の診断書」が必要とされる理由を見て行きましょう。

一般の人はもちろん、美容師申請をするまでそんな書類が必要とされていたことを知らなかった人も多いでしょう。そして、美容師を申請するときになって慌てている人も多いでしょう。たしかに、流行のスタイルを追求する美容師と精神機能の障害は不釣合いな感じがします。

では、なぜそんな診断書が必要なのでしょか。それは、美容師法に定められているからです。美容師法では、美容師試験の受験要件や美容師免許が与えられる条件等がこまかく規定されています。医師の診断書は美容師免許を申請してきた人がこれらの条件を満たしていることを証明するための書類なのです。つまり、美容師申請する際に求められる診断書は、美容師の業務を適正に行うに当たって必要な認知、判断及び意思疎通を適切に行うことができることを証明するためのものだといえます。

美容師の精神に関する診断書はいつ書いてもらえばいいのか

美容師免許は必要とされる学科・実習を修了した後、美容師試験に合格した者に与えられます。そして、合格した後に美容師の申請をするときに必要書類の一つとして「精神の機能の障害に関する医師の診断書」の提出が求められるのです。

つまり、美容師試験に合格して美容師の申請をする前に診断書を書いてもらえば充分に間にあいます。慌てる必要はありません。まだ美容師試験に合格してもいないうちに診断書を書いてもらっても、肝心の美容師試験に合格しなければその費用は無駄になっていまいます。もっとも、自分自身にプレッシャーをかける意味であえて実費を払って美容師試験に合格する前に診断書を書いてもらおうと考える人がいるかもしれません。そして、その診断書を眺めながら合格した自分をイメージして受験の勉強をする。それはそれで、良い考えだと思います。しかし、さすがに必要とされる学科・実習を修了もしていないのに、そういう考えをする人はいないでしょう。

引用元-話題のアレ

スポンサーリンク

  人気記事

診断書はどこでもらえて、いくらかかる?

美容師の精神に関する診断書はどこで書いてくれるのか

では、その診断書はどこで書いてくれるのでしょうか?

精神に関する診断書なので、精神科でなければいけないのでしょうか?診断書は、患者の病状、怪我や障害に関する状況、治療のために要した入院や手術などの手段を証明するために書面として作成されます。そして、その書面の作成は医師、歯科医師および獣医師のみに認められたものです。だから、一般の人、あるいは薬剤師、看護師などの医療従事者が診断書を作成すると罰せられることになります。

つまり、一般の人が診断書を作成すれば罰せられますが、医師免許があれば精神科でなくてもどこで診断書を書いてもらっても問題は無いということです。内科や外科に関係なく医師が診断書を書けるというもの意外ですが、獣医師が動物ではなく人間の診断書を書けるというは驚きです。もし、近くにかかりつけの医者がいれば、たとえそれが自分のペットを診てもらっている獣医さんであったとしても、その場ですぐ書いてもらえるでしょう。

美容師の精神に関する診断書はいくらかかるのか

次に気になるのが診断書作成にかかる費用でしょう。いったいいくらかかるのでしょうか?

病院によって診断書作成の値段を自由に決めることができるため、病院によってその値段は違ってきます。ただし、それにも相場というものがあります。一般的に、3千円から5千円の範囲内と思っていいでしょう。ただし、多くの病院では入院関係で必要となる保険会社の書式に従った証明では7千円程度としています。結構な値段ですね。これを高いと思うか安いと思うかは人それぞれでしょう。

まさか悪徳医師がいるとは思いたくないのですが、病院によって自由に値段を決めることができるというのも少しひっかかります。少なくとも、診断書作成にいくらかかるかを問い合わせても教えてくれないような不親切なところには頼まないほうがいいかもしれません。なお、今回の美容師申請に必要とされる診断書は保険会社に提出するものではないので、それにかかる費用として5千円もあれば十分でしょう。

美容師の精神に関する診断書に必要な情報

最後に、診断書に必要な情報を見て行きましょう。

一般的に、診断書を書くには病名が必要です。例えば、盲腸の手術などで入院した場合には、そのために必要となる入院期間や今後安静が必要となる期間の目安が書かれます。つまり、病名が必要ということはその診断がつかない場合は診断書を書けないということになります。では、美容師の申請に必要となる診断書にはどのような病名を書くのでしょうか?

精神の機能の障害に関することなので心配になる人がいるかもしれません。でも、心配は無用です。免許などの申請の際に必要となる診断書の場合には記載内容や書式があらかじめ決められているものが多いのです。つまり、美容師の申請のための診断書は記載内容、書式が決められているということです。医師に診断書を書いてもらう際に「これは美容師の申請に使う診断書です」と伝えればいいのです。相手の医師はその道のプロです。その情報だけで対応してくれるでしょう。

引用元-話題のアレ

ある病院の診断書の値段

美容師理容師免許申請の手続きに必要な診断書

理容師法及び美容師法に基づく免許登録に必要な診断書のことで、精神機能の障害の有無を記載したものです。業務を適正に行うにあたり、認知、判断および意思疎通が 適切に行うことができるかを病院が証明するものです。

料金:3,240円(税込)

理容所(美容所)開設届を提出するとき、出張理容・出張美容の許可申請するとき

上記の免許申請のときとは異なり、診断書の内容が異なりますので、ご注意下さい。結核、皮膚疾患、その他厚生労働大臣の指定する伝染性疾患の有無に関するものを記載したものとなります。

感染性の皮膚疾患:伝染性膿痂疹、単純性疱疹、頭部白癬、疥癬
厚生労働大臣が指定する伝染性疾患:現在指定なし

当院では結核の有無の記載するにあたり胸部レントゲン検査を施行します。
料金:5,400円 (税込)

引用元-坂野クリニック

診断書をもらった経験者のアドバイス

どこでも書いてくれますよ。

精神科になんか行かなくても、近所の医院で十分です。

私は大きな病院に行くのが面倒なので近所のクリニックに行きました。

理容、美容、開業届けの際の3回書いて貰ってますが、3回とも違う、その辺の何処にでもあるクリニックですよ。クリニックの方が直ぐに書いてくれますし、無駄に検査されたりしたら検査費用が掛かりますから小さい所の方が良いと思います。

引用元-YAHOO!知恵袋

診断書に期限はある?

Q.診断書の項目の「精神機能の障害の有無」についての診断は、どこの病院や診療所でもできるのですか。
A.どこの病院、医院、診療所でもかまいませんので、受診してください。

Q.「診断書」には有効期限がありますか。
A.有効期限は発行年月日から3か月間です。申請書が当センターに届いた日に、申請書に添付した診断書の発行年月日が3か月を経過したものは受け付けられません。

引用元-理容師美容師試験研修センター

まとめ
美容師になるときや、開業する時には必ず「精神の機能の障害に関する医師の診断書」が必要で、どの病院でも近くの病院やかかりつけ医で診断書をもらったらいいみたいですね。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済