まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

卵巣嚢腫で手術をすることに!麻酔はどうなる?

      2016/05/26

 - 美容・健康

卵巣嚢腫とは卵巣にできる腫瘍のことですが、良性のものが多いようです。手術で取り除かないと行けなくなった場合の麻酔は全身麻酔と硬膜外麻酔を利用するようです。今回は卵巣嚢腫の手術について調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

卵巣が腫れている時の原因と症状

卵巣は沈黙の臓器と呼ばれるほど異変があったとしてもその自覚症状があまりありません。卵巣が腫れることはよくあるようですがその原因はどのようなものがあるのでしょうか。

夏風邪のウイルスと感染する理由

風邪の大半はウイルスが原因。夏風邪だって例外ではありません。夏風邪に感染するとどんな症状が現れるのでしょうか?夏風邪のウイルスは冬のウイルスとは違うのでしょうか?

納豆は薄毛に効果アリ!?髪の毛にいい効果とは

納豆は栄養が豊富な食材ですが、髪にもいいというのを知っていましたか?なぜ納豆は髪にいいのでしょうか?今回は髪の毛に納豆がもたらす効果と、より髪の毛にいい食べ方を調べました。

ペースメーカーはなぜ必要? 手術後の看護や見守りのポイント

ペースメーカーの手術をした人のために携帯の電源を切るようにと昔は言われていましたよね。 ペースメーカーはなぜ必要になるのでしょうか。看護等のポイントについても調べました。

肌を綺麗にしたい!スキンケアのポイントは?

誰でも美肌にはあこがれますね!肌を綺麗にするにはどのようなスキンケアをしたらいいのでしょうか?今回は肌を綺麗にするためのスキンケアのポイントを調べましたので紹介します。

目が充血して治らない時の原因と対処法とは

最近はパソコンなどの利用で目が疲れて充血する人も多いのではないでしょうか。目が充血して治らない場合はどうしたらいいのでしょう。今回は目が充血した時の原因と対処法を調べました。

肋骨を骨折!早く治すにはどうする?

肋骨は骨折しやすい骨でふとした衝撃でひびが入ってしまったりします。肋骨を骨折してしまったときに早く治すにはどうしたらいいのでしょうか。今回は肋骨の骨折を早く治す方法を調べました。

体型は体重によって変化するのか?!

体重は変わらないのにお腹が出てきた、又はダイエットで体重は減ったのに見た目の体型に変化がないなー、体が引き締まったような気がするのに体重は減らないと悩んでませんか。実はそれには理由がありました。

腰痛の原因は骨の腫瘍!?

慢性的な腰の痛み…ヘルニアか何かかなぁ、なんて放置していませんか?でも待ってください、もしかしたらその痛み、骨の腫瘍から来ているかもしれません!普通の腰痛と骨の腫瘍からくる腰痛、違いを調べてみました。

背中の筋肉が痛い!これって?

日常生活において背中の筋肉や骨が急に痛むことってありますよね。ただの疲労かなとほっといてはいませんか。背中の痛みには実は重大な病気の原因になっていることもあるのです。

1歳の子供が下痢!食事はどうする?

小さい子供が下痢をするととても心配ですね。離乳食が終わったばかりの1歳の子供の場合の食事はどうすればいいのでしょうか。今回は子供が下痢をした場合の食事について調べました。

胆嚢の手術のかかる費用は?

胆嚢えん、胆管炎、胆石、胆嚢がん・・・痛みが背中のために放置してしまうことが多いようです。みぞおちの辺りに不快感を覚えることもあるようです。手術をしなければならなくなった場合、入院期間や入院の費用はどのくらいかかるのでしょう?高額療養費の対象になると思いますので、申請を忘れに行ってください。

近視なのに老眼!?コンタクトは使える?

自分は近視だから老眼の心配はない…と思っていませんか?老眼は年を取れば誰にでも訪れます。近視でコンタクトを使っている人は老眼になると近くのものが見えにくくなってしまいます。その場合はどうすればいいのでしょうか。

顔の湿疹が治らない!その原因と対策は?

顔に湿疹ができるとなかなか治らないことがあります。顔にできる湿疹の原因とは何なのでしょうか?また治すにはどうしたらいいのでしょうか?今回は顔にできる湿疹について調べました。

ラーメンと餃子のカロリー気になるけどおいしく食べたい

ラーメンと餃子はセットで注文をすることが多いですね。チャーハンを食べるほどお腹は減っていないときにはちょうどいい量ですが、気になるのがカロリーです。カロリーは見ないふりをしてしまいますが今回はしっかりとカロリーについて調べてみましょう

奥歯の虫歯が悪化して抜歯することになった時のために

永久歯は大切です。
一生自分の歯で食事をしたいですね。
一番大事なことは、普段から虫歯予防をすることでしょう。
それでも、虫歯になることがあります。
また、親知らずが奥歯の予想外の所に生えてくるケースもあります。
こんな時は抜歯しか手がないこともあります。
抜歯後の対処の仕方はどんなでしょうか?

親知らずが痛い!生えかけの場合の対処法

親知らずは上下の一番奥に生える歯で変な方向に生えてくることが多いようです。生えかけで痛い場合は早いうちに歯医者で対応してもらった方がいいでしょう。今回は親知らずが痛い場合の対処法を調べました。

統合失調症ってどんな病気?症状や悪化の原因について知ろう

統合失調症は怖いというイメージを持ってはいませんか?実は、100人に1人の割合で発症するとても身近な病気です。偏見を持たないために、そして身近な人や自分が発症したときのために、症状や悪化させないコツを知っておきましょう。

初めての産婦人科!診察に必要な持ち物や服装は?

産婦人科に行ったことがないという方も多いと思います。なんだか怖いというか未知の世界ですよね。初めて診察に行く方のために、持ち物や服装についてご説明したいと思います。

蕁麻疹が出た場合は皮膚科?内科?どっちに行く?

蕁麻疹が出た場合は何科へ行けばいいのでしょうか?皮膚にでる症状なので皮膚科がいいのでしょうか?しかしストレスなどの場合は内科がいいかもしれませんね。今回は蕁麻疹が出た場合の対処法を調べました。

卵巣嚢腫とは

こんな人に多い病気です

女性の内性器  卵巣は、子宮の両側に1つずつあり、成人した女性ではクルミほどの大きさがあります。ここから、定期的に女性ホルモンの分泌と排卵が起こり、女性の体に一定のリズムを作っているわけです。

「腫瘍」というと、すぐにがんを思い浮かべる人が多いかもしれません。しかし、腫瘍にも良性と悪性があります。卵巣の場合は、悪性腫瘍が卵巣がんを指します。しかし、実際には卵巣にできる腫瘍の9割以上が良性腫瘍です。そして、良性腫瘍の中で一番多いのが、卵巣のう腫です。

 卵巣にできる腫瘍には、分泌物などがたまってできるプリプリした袋状のタイプ(嚢胞性)と、細胞が増殖した硬いコブのようなタイプがあります。卵巣のう腫は前者のタイプで、袋の中身によっていくつかに分類されています。

 髪の毛や歯、骨、皮膚などが含まれているのが、「類皮のう腫」(奇形腫)です。子宮内膜症が原因で起こる「チョコレートのう腫」は、子宮内膜の組織や血液がたまり、変色してチョコレート色になっています。このほか、卵巣の表面をおおう上皮から発生し、中にサラッとした液体がたまる「漿液性のう腫」、ゼラチンのようにドロドロした粘液がたまった「粘液性のう腫」などいろいろな種類があります。

 ふつう、腫瘍といえば女性の場合でも更年期以降に多くなりますが、卵巣のう腫は若い人にも多いのが特徴です。類皮のう腫は、10代、20代の若い女性にも多く、チョコレートのう腫は30代、40代に多く見られます。更年期を過ぎて卵巣のう腫が見つかる人もいます。そういう意味では、10代から年配者まで注意が必要なのが卵巣のう腫なのです。

引用元-Women’s Health

スポンサーリンク

  人気記事

卵巣嚢腫の手術方法

卵巣嚢腫の手術方法は、開腹手術と腹腔鏡手術の2種類あります。腫瘍が良性の場合は、傷口が小さく回復も比較的早いとされている腹腔鏡手術を選択することが多いようです。開腹手術と腹腔鏡下手術についてご紹介します。

開腹手術

開腹手術は文字通りお腹を切り開いて手術を行う方法です。過去の卵巣嚢腫の手術には、腹部を10cmほど切り開いて行う開腹手術が基本となっていました。手術中は部分麻酔が可能で、手術時間が短いとされています。しかし腹腔鏡下手術と比べて回復に時間がかかるため、入院期間も長く、傷跡も大きくなってしまいます。また傷跡が大きい分、術後に内蔵などと癒着してしまうリスクも高いとされています。

腹腔鏡下手術

腹腔鏡下手術は、おへそのあたりと下腹部の両側に合計3ヶ所に、小さな穴を空けて、そこから内視鏡カメラや手術器具を入れて行う手術方法です。卵巣嚢腫の手術方法は、腹腔鏡下手術の方が主流となってきています。開腹手術よりも傷口が複数になりますが小さく、術後の回復も早いとされています。ただし、腹腔鏡下手術は医師が患部を直接見て手術を行うのではなく、内視鏡カメラを通して作業します。そのため周りの臓器を傷つけてしまって大量出血や酷い癒着を引き起こしてしまうなど、ちょっとしたミスが大きなリスクに変わりやすいといった面もあります。

引用元-mamari

腹腔鏡手術ができない場合

全ての卵巣囊腫を腹腔鏡手術で摘出できるわけではありません。次のような場合には腹腔鏡手術を行えません。

■卵巣囊腫が大きい(目安は10cm以上)

腹腔鏡手術で摘出できる嚢腫の大きさは10cm程度と言われており、10cmより大きいときは開腹手術を勧められます。事前の画像診断よりも実際のサイズが大きいこともあります。

■悪性の疑いがある

悪性腫瘍とはガンのことです。腹腔鏡手術を行うとガン細胞が拡散することもあるため、悪性腫瘍の疑いがある場合は腹腔鏡手術よりも開腹手術がよいと言われています。また開腹手術の方が悪性腫瘍の有無や転移などを目視できるため、安全性を優先するのであれば開腹手術の方が確実です。

■開腹手術を受けたことがある

開腹手術を受けると約9割で術後癒着が起こると言われています。臓器や組織の癒着があると腹腔鏡手術を実施できません。

※手術の傷が治るときに、通常であれば離れている周辺の臓器や組織も一緒にくっついてしまうことを癒着(術後癒着)と言います。

引用元-cuta

手術の場合の麻酔

腹腔鏡下手術の場合、全身麻酔だけか全身麻酔と硬膜外麻酔の併用で行います。

全身麻酔・・・

鎮痛、鎮静、不動化などの目的で行います。通常、静脈麻酔を行い酸素吸入をして麻酔を開始します。全身麻酔では呼吸も止まってしまいますので、口から気管にチューブを挿入し人工呼吸器にて呼吸管理を行います。

硬膜外麻酔・・・

手術中は痛みを取り除くなど、全身麻酔の補佐的な役割を果たし、術後は持続的に麻酔薬を注入できるので、術後の痛みを和らげることができます。硬膜外麻酔は、脊椎(背骨)の中にある脊髄に針を刺し、その中にカテーテルを通し脊髄を包んでいる硬膜の外側(硬膜外腔)にカテーテルを留置しそこから麻酔薬を注入します。

引用元-婦人科腹腔鏡手術の安藤正明

硬膜外麻酔について

『硬膜外麻酔』とは、今回の病気で色々調べて初めて知った麻酔の方法。

最近の麻酔の中では1番患者さんに貢献してるとか?

ネットで調べていたのである程度は把握できていたけれど、やる病院、やらない病院とあるみたいで私自身がこの麻酔について調べた結果はやりたいなぁと思っていた。

結局私の病院では硬膜外麻酔をやる病院で、良かったんだけど、打つ時にどれほど痛いのかどうなのか、やっぱり恐かった。やった事無い人はみんな恐がっているような内容のコメント等が多く見受けられた。

何よりも注射嫌いの私、どんだけ痛いのよ~と不安で不安で恐怖だった。

調べた通り、麻酔を打つ時、身体は海老の様に丸めてお腹を見るように指示される。確かに痛かったよ、注射だもん。でもまぁ実際はもう忘れてる程度…。普通の注射と同じで打つ場所が異なるだけ。まぁ個人差はもちろんあると思うし、やる人の腕にもよると思う。私の場合はそんなに上手じゃない人がやったと思ってるから、それでもまぁ悲鳴あげるほどのものではない。

それに私の病院では麻酔の前に麻酔が効きやすくなる薬を飲まされているのでなんとなく頭がぽーっとしてる状態だったから。なので、これからの方、そんなに恐がることではないよ!と伝えたい。

だいたい2~3日麻酔無くなるまでの間、たえず少しずつ身体の中に入っていく仕組みになっていて本人は全く気付かないのだけれど(後から気付く)とても助けられている。これのおかげで痛みが緩和されているのだ。

人によっては副作用がかなり出る人がいて吐き気だったりしびれだったり合わない人もいるらしいけど私の場合は大丈夫だったのでとても助かった。

痛みがひどい時は、たえず注入されている麻酔に加えて量を増やすチューブを押して調節する。病院によって異なるかもしれないけど、私の場合は1時間に1回注入できる仕組みになっている。でも1度注入すると30分はベッドの上でじっとしていなければいけないという注意がある。多少ふらついたり、足がしびれたりするらしいので。私の場合はそこまでひどい副作用的なものはでなかったけど、ぽーっとするくらいかな。熱っぽくなる感じ。足もまぁ少ししびれるというか、違和感があった。

薬が全然無くならなかったのと、急に硬膜外麻酔を外すのに恐怖があったので外す日にちを延ばしてもらったけれど、これは正解。無くならないうちは抜かない事をおすすめします。抜いて後悔しても再度する事はできないからね!まだ少し残っていたのにもかかわらず、邪魔くさくなって抜いてしまった私は、案の定痛くなって後悔したさぁ。

難点は、管が邪魔だという事だけど、それ以上にこの麻酔には頼りたくなる。なんとも言えない安心感。痛い時に即効楽にしてくれる救世主なのですよ。抜くとありがたみがわかるんだ。ほんと。

私にとっては神様的存在な硬膜外麻酔だったけれど、人によっては合う合わないがあるので最終的にはご自身との相談だと思うけれど(吐き気がひどい等副作用が出てしまう人は本当にお気の毒ですが。)試せる環境なら一度試す事をお勧めします。

引用元-卵巣嚢腫の開腹手術体験記

卵巣嚢腫で腹腔鏡手術をした場合の費用

卵巣嚢腫腹腔鏡手術の費用と入院期間について

卵巣嚢腫の腹腔鏡手術にかかる手術・入院費用は3割負担3泊4日約15万円です。(費用は、入院期間・処置等により変わるためあくまでも目安としてお考えください。その他にお部屋代3泊4日12万円がかかります。)
入院期間は原則として3泊4日ですが、子宮内膜症が原因の癒着のある卵巣嚢腫手術の場合は1日多く、4泊5日の入院となります。

また、高額療養費制度が適用可能なため、手続きをしていただくことにより医療費のうち自己負担限度額を超えた金額が払い戻されます(事前に高額療養費限度額適用認定証の交付を受けられることをお奨めします)。

引用元-四谷メディカルキューブ

まとめ
卵巣の病気はなかなか自覚症状が出にくいようなので定期的に健診を行いましょう。

twitterの反応

 - 美容・健康