まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

女性の仕事と家事の両立は永遠のテーマなの?

   

 - 日常・生活

ニュースでもよく取り上げられる女性の社会進出と子育て問題ですが、女性の仕事と家事の両立は永遠のテーマなのでしょうか?各家庭の環境はちがいますが、女性が仕事をするということは周りの協力や理解が必要になってきます。みんなどうやって両立させているのでしょうか?調べてみましょう。

スポンサーリンク

  関連記事

ゆうちょ銀行で口座を!子ども用の口座を作ろう

子ども用の口座を作っていますか?毎年もらうお年玉など、小さいうちから貯めておくと結構な額になりますね。ゆうちょ銀行は作るのが簡単と聞いたので今回はそのことについて調べました。

エアコンの寿命が来た!?賃貸で備え付けの場合はどうする?

単身用の賃貸などにはエアコンが備え付けてある場合があります。もしそのエアコンの寿命がきて効かなくなってしまった場合はどうしたらいいのでしょうか?今回は備え付けのエアコンを交換してもらう方法を調べました。

車に子供を忘れた?車に子供を置き去りにすることの危険性

毎年夏になると車に子供を置き去りにするといった問題が毎年のようにニュースになります。今年は子供が車にいることを忘れて死亡させてしまうといった痛ましい事故も起きました。今回は車に子供を置き去りにする危険性を調べました。

子供が友達と遊ぶ約束をするときに気をつける事とは

小学校に入ると子供は友達と遊ぶ約束をしてきますね。子供同士での約束は時に意思の疎通がとれていないときがあります。その為すれ違いやドタキャンされた!といった事態になりかねません。今回は子供が友達と約束するときに気を付けることを調べました。

一人暮らしがしたい!適切な部屋の大きさはどのくらい?

就職や進学で一人暮らしを始める人もいることでしょう。その場合、部屋の大きさはどのくらいがいいのでしょうか?今回は一人暮らしをするのに適切な部屋の大きさについて調べました。

コンクリートの舗装をDIYで!車庫を作ってみよう

いまはDIYで結構なんでもできるようですが、コンクリート舗装の車庫を作るのはは可能なのでしょうか。調べてみると難しそうですが不可能ではなさそうです。今回はコンクリート舗装について調べました。

どこで受ける?浪人生のセンター試験の会場について

大学入試を受ける人は、センター試験対策を早いうちからしていることでしょう。それは現役学生も浪人生も同じです。しかし、浪人生の中には自分はどこの会場でセンター試験を受けるのかと不安になっている人もいるのでは?今回はそんなセンター試験の会場について調べてみました。

原付運転初心者の方必見!原付に乗る時に注意すること

原付の免許は取るのも手軽で、原付に乗るとちょっと遠出する時に便利ですね。しかし手軽な反面気を付けて乗らないととても事故が多い乗り物だと知っていましたか?今回は運転初心者の人に是非知ってほしい、原付の運転の仕方について調べてみました。

取引き先の銀行への入金はどうやる?振り込みのやり方

ネットショッピングやオークションなどで取引をした場合は取引き相手の銀行に入金をする必要があります。入金の方法にはどのようなものがあるのでしょうか。今回は相手の銀行への入金のやり方について調べました。

在宅の仕事で稼ぎたい!本業にすることは可能?

最近はパソコンの普及で在宅で仕事をしている人も増えましたね。多くの人は副業としてその仕事を始めたのではないでしょうか?在宅の仕事を副業から本業にするにはどうしたらいいのでしょうか。

部屋の片づけ、模様替えのコツ!

部屋のレイアウトも飽きてきたし、そろそろ模様替えをしようかな?と思っても、まずは片付けをしないと始まりません。でも、片付けの仕方がよくわからないって人少なくないと思います。ここでは片付けの仕方から、部屋を広く見せる模様替えのコツ、手軽にできる風水まで大公開!部屋を綺麗にし、気分をすっきりさせましょう!

母と息子はいつまで一緒に風呂に入る?お風呂は息子の自立に影響する?

母親と息子がいつまでお風呂に入るかという話は度々話題になります。大体小学生低学年までが多いようですが、中学生でも一緒に入っている人もいるようです。しかしいつまでも一緒に入っていると息子の自立に影響が出るという話もあります。

冬に子供とお風呂に入る工夫

パパの帰りが遅くて、毎日ママが子供をお風呂に入れるご家庭は多いことでしょう。ねんねの頃、タッチの頃は特に気配りが大変です。冬の寒い時期に安全に気を付けながら、お風呂に上の子供も順番に入れるにはどのような工夫が必要でしょう?食育、浴育は子育ての原点です。

中学生が勉強しない理由とは?親がするべきこと

中学生になると環境の変化などで子供が勉強をしなくなることもあるようです。やる気がおこらず、勉強をしない子供にやる気を出させるにはどうしたらいいのでしょうか?今回は勉強をしない子供に勉強をさせる方法を調べました。

イカ墨は自分で洗濯しても落とせる?

イカ墨は料理にも使われる食材ですがその色は真っ黒ですね。もしこのイカ墨が服についたら洗濯してもとれるのでしょうか?今回はイカ墨の汚れを洗濯できれいに落とす方法を調べました。

深夜のバイトをやりたいけれど女性も雇ってもらえるのでしょうか?

コンビニの深夜のバイトは女性にはむかないのでしょうか?一人体制か二人体制かによって大きな違いがあるようです。レジ打ちだけではなくて、様々な仕事をこなさなくてはなりません。昼と比べて時給が高いのは魅力的でしょう。

掃除機を選ぶならサイクロン?紙パック?

掃除機には2種類のタイプがあります。以前、紙パック式は画期的と言われました。いつしかそれが普通になりました。そのあとに開発されたのがサイクロン式です。この2種は集塵の仕方で掃除方法に違いがあります。あなたにピッタリなのはどちらかでしょう?

憎きダニ退治!掃除機ノズルで吸引する前のちょっとしたコツ

ダニに刺されると蚊とはまた違ったかゆみに長い間悩まされて嫌ですよね。掃除機のノズルでこまめにお掃除している方、その前のワンステップでさらに効果的なダニ退治ができますよ。

親と同居するのはいつまで?独身の息子、娘が自立するタイミング

社会人になって働き出しても、実家で親と同居している独身の若者は意外と多いようです。親との同居を解消して、独立するにはどのタイミングがいいのでしょうか?また実際の親や子供は同居はいつまでがいいと考えているのでしょうか?

肉をおいしく食べたい!冷凍保存したらいつまでOK?

見出し1 肉には種類によって傷みやすい!?1.1 1.消費期限ランキング1.2 …

仕事と家事の両立に女性はみんな悩んでいる

4割もの働く女性が“両立”に悩んでいる

「仕事と家事・育児を両立させることで一番大変だと思うことはなんですか?」という質問では、38.6%の人が「時間の使い方」と回答し、現代の女性たちは仕事以外の役目も両立させることに「時間が足りない」と感じる人も、少なくないという実態が浮き彫りとなった。

他方、「パートナーの理解」が13.7%、「職場での育児への理解」も10.1%にのぼり、仕事と家庭を両立する上での、周囲の理解に乏しい環境自体に、悩んでいる女性も少なくない。

一方で、「大変に思うことはない」と答えた人は、全体の3.8%しかいなかった。つまりはほとんどの女性が、仕事と家事・育児を両立させることに大変さを感じていると言えるだろう。

引用元-BizLady

スポンサーリンク

  人気記事

仕事の環境、家庭の環境を整えることも大切

仕事をこなす秘訣

・子育てに理解がある職場を選ぶ

最近では女性が出産して働くことを理解する会社が増え、勤務体系も時短や在宅と選択肢があります。夜は子供のお迎え、夕飯の準備に、子供のお世話と忙しいので、残業が難しいと考えた方がいいです。

・仕事量は調整する

その日のうちに処理しなければいけない仕事は、その日のうちに完了できるように心がけましょう。基本的に残業は難しくなりますよね、『残業は手放すこと』を意識し、できないからといって、引き継ぎの時間を十分にとらずに、周りに押し付ける形にならないように、事前に協力してもらう体制を自分からつくります。

家事をこなす秘訣

・仕事と家事の両立

全部自分でやろうとすると両立は難しくなりますので、『家事を手放す』ことも必要になります。それは、便利な家電に頼ったり、ネットスーパーでお買い物したり、家事代行サービスにお掃除してもらったりと自分だけで頑張らないことです。
今まで自分でやっていた家事を手放すことを考えましょう。例えば、掃除は自分ではなくてもお掃除ロボットにするか、食器洗いは食洗器にする。洗濯ものは畳まないでもいいい、料理はネットスーパーでカット済の野菜や献立セットのものを利用するなど。
環境が変わった今の自分と向き合って、柔軟に考える事も大切です。

子育てをこなす秘訣

・周りに頼る

なんでも一人で抱え込まずに、子育ては時には周りの人に支えられることも必要です。身近な夫、両親、兄弟、親戚に頼れる人がいるなら、甘えてもいいでしょう。もしもの時には、預かってもらえる、迎えにいってもらう、面倒を見てもらうなど人間関係を作っておきましょう。

・子育ては育児書だけじゃない

育児書にある通りじゃないことが、ほとんどなので「●●●はこうするべき」「母親ならこうしないといけない」と決めつけない。『価値観を手放す』ことも大切で、いま起きてる状況や子供と向き合っていくことが大事ですよ。

引用元-CaSyジャーナル

仕事と家事の両立のコツは?

夫の理解を得る

夫の理解と協力がなくては家事と仕事の両立は難しいといえるでしょう。男性は女性が無理をして家事をこなしてしまうと「忙しいとはいっても何だかんだで出来るんじゃないか」と思ってしまいます。

自分ひとりでは無理なこと、協力が必要なことを話してしっかり理解してもらう必要があります。また家事の手を抜くことを認めてもらえるよう話をしましょう。

手を抜けるところはどんどん手を抜く

家事も仕事も完璧にこなそうと思うと無理が出ます。仕事に手を抜くことは出来ませんが、家事は手を抜いて出来るときにやればいいのです。
・帰りが遅くなった日や疲れている日の夕食はお惣菜で済ます
・多少の食器が溜まっていても気にしない
・洗濯物を溜め込んでも気にしない、下着やタオルは多めに買っておく
・毎日掃除機を掛ける必要はない、気になるところだけクイックルワイパー等でさっと拭くだけ

家事は手抜きでも構わないと夫に理解しておいて貰っていれば多少溜め込んでも気にしなくて良いです。元気がある日や週末にすればいいでしょう。どうしても溜まった家事が気になるのであれば気になった方がやればいいのです。疲れて元気のない日は家事なんて無視してしまいましょう。

多少部屋が散らかっていてもだらしないなんて思いません、普段仕事を頑張っているのですから。

週末に家事時間を作る

学生時代には掃除の時間がありましたね。同じように週末に家事時間を設定し、その時間は夫婦で溜まった家事を片付ける時間に当てます。時間を設定することで何となく溜まった家事をダラダラこなすよりはテキパキ動けますし、夫婦2人で同じ時間に家事を分担してこなすことにより負担も減り逆に一緒に楽しく家事をこなすことも出来ます。

例えば布団干しやシーツ交換、部屋中の掃除機など力を使ったり体を動かす家事を夫に任せている間に自分は溜まった食器を洗ったり水周りの掃除をしたり細かい部分の家事をこなすなど、それぞれの得意分野で分担するとよいです。

普段はお互いに忙しく会話が少なかったとしても、取り込んだ洗濯物を畳む時に2人並んで会話しながら作業するなどしてコミュニケーションの時間にすることもできます。工夫して家事の時間を面倒臭いものではなく楽しいものに変える努力をしてみましょう。

引用元-nanapi

仕事と家事を両立している奥さんを持つ旦那さんの本音は?

ある企業では、育児休暇制度を利用している女性社員向けにセミナーを開催し、あえて『夫婦揃って』の参加を呼びかけているそうです。

セミナーでは、共働き夫婦における家事育児について議論が交わされ、お互いが制限なく言いたいことが言えるよう、夫婦は別々のテーブルに分かれて様々な意見を語り合うのだとか。

本来わざわざセミナーという形式で大げさに行わなくても、夫婦が向き合ってきちんと自宅で建設的な話し合いが出来ればいいものですが、日々の忙しさに流されてなかなか話し合えないのがリアルな夫婦の実態です。

そういう観点から見ても、企業側が「夫婦で共働き家庭における家事育児について話し合える機会を提供する」というのは、非常に意味のある取り組みと言えるのではないでしょうか。

ちなみにセミナーの中では、旦那さんたちから次のような意見が目立ったそうですよ。

・仕事帰りの付き合い等で帰りがいつもより遅れてしまうと、家に帰りづらくなる。別に遊んでるわけじゃないのに。
・自分だっていつリストラされるかわからない時代。上司や取引先との付き合いは家族のためでもある。朝から晩まで頑張ってるんだけどなぁ。
・妻の負担を少しでも軽くするために家事の手伝いをしているが、かなり大変。妻はスゴイなと思う。
・子供を幼稚園に迎えに行く時間を厳守しながら仕事もしっかりこなすのは神業。かなりのストレスだろうと思う。

いかがでしょうか。

これらの意見はあくまでもごく一部ですが、家事育児を手伝えない言い訳に聞こえる意見もあれば、働く妻の大変さを理解して協力的になろうとしている姿勢を感じる意見もありますよね。

いずれにしても、境遇が同じ「共働き」という人たちの様々な考えや意見が交わされると、旦那さんたちも「もっと積極的に妻を支援していく必要がある」と家事育児に前向きになるようですよ。「夫婦で面と向かって話し合うのはちょっと」と思っている方は、こういうセミナーを探して参加してみるのもいいかもしれませんね。

引用元-BP.Labo

働く女性を応援する取り組みやプロジェクト

しゅふJOB総研が働く意欲のある主婦を対象に行なったアンケートから、 仕事と家庭を両立させるために必要な条件は 『時間や日数など条件に合う仕事』『上司や同僚など職場の理解』『家族の理解や協力』『保育所等子どもを預ける場所』の4つだと考えています。
※調査結果の詳細はしゅふJOB総研のページをご覧ください。

ビースタイルはよりよい主婦の未来をつくるために、 『上司や同僚など職場の理解』と『家族の理解や協力』を促進させるソーシャルアクションに取り組みます。

50!SIGN(ゴーサイン)プロジェクト

50 SIGN(ゴーサイン)プロジェクトは、企業が持っているアラフィフ主婦人材の採用と戦力化についての固定概念を覆し、人手不足の解消に向けてポジティブに前進することを後押しするプロジェクトです。現在から将来にかけて人手不足に悩むことになる企業の採用成功と、男女雇用機会均等法の第一世代として職場で活躍を期待されるアラフィフ主婦の仕事でのチャレンジを応援します。

イクボス企業同盟 加盟

イクボス企業同盟に加盟・参画しています。「イクボス」とは、職場で共に働く部下・スタッフのワークライフバランス(仕事と生活の両立)を考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司(経営者・管理職)のことを指します(対象は男性管理職に限らず、増えるであろう女性管理職も)。

子育てシェア(ソーシャルパートナー:株式会社AsMama)

家庭と仕事との両立を志向する主婦に、顔の見えるリアルな地域交流の場づくりと子育てを顔見知り同士で頼り合えるオンラインの仕組み『子育てシェア』をご紹介。子育て中の主婦が安心して友人・ママサポーターに頼りながら働ける環境を整備し、子供がいない主婦と比較して就業率が半分といわれる子育て中の主婦の就業を支援します。

家事シェア講座(ソーシャルパートナー:NPO法人 tadaima!)

夫婦の「共働き・共家事・共育児」を実現し、主婦の就業を支援するためのサポート講座。共働き家庭の世帯数が増加の一途を辿るなかで、主婦が仕事と家事の両立をするために必要な「夫や家族の協力」を促進します。登録スタッフや主婦人材の受け入れ先企業へ、家事シェアについての考え方とノウハウが学べる講座を提供しています。

”6→9”ファミリーシフト(社内制度)

家事育児で一番忙しい時間である午前・午後6時~9時の時間帯にビースタイルの社員が家事や育児に参加できるよう、働き方を『シフト』させる制度です。家庭を持つ全社員を対象に、毎月2回の希望日を”6→9”ファミリーシフトDAYとし、勤務時間を10時~17時とすることができます。(短くなった分の労働時間は『家事』が落ち着いた後に在宅勤務で補うことも可能です。)

『働くお母さんを救え!』
中高生エンジニア 親孝行アプリ開発コンテスト

中高生のみで構成される16歳CEO、エンジニア集団の株式会社GNEXと協同し、夏休み特別企画として『働くお母さんを救え』をコンセプトにした親孝行アプリコンテストを実施。中学生、高校生のエンジニアたちがチームを組み、働くお母さんの声を聞きながらアプリの開発に取り組みました。

引用元-bsty!e

まとめ
家事と仕事の両立にはまず、家族の理解が大切ですね。また、お互いのストレスを溜め込まないように普段からのコミュニケーションを取り今の気持ちや考えていることを伝え合うことも大切ですね。

twitterの反応

 - 日常・生活