まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

もう遅い!?離婚後に後悔する理由:女性編

      2016/07/13

 - 恋愛・結婚・人間関係

離婚は昔に較べて珍しいことではなくなり、今や3組に1組のカップルが離婚する時代ともいわれています。それでもやはり離婚は人生を左右する大きなこと。女性が離婚してからどんなことに後悔するかをまとめました。

スポンサーリンク

  関連記事

パチンコ好きは彼女ができないって本当?

暇を持て余してパチンコにどっぷりつかっているとどうなるでしょう。経済的な観念がなくなり、借金をしてまで遊技代に充てる・・・なんてことになりかねません。女性はパチンコなど、ギャンブルが嫌いな人が多いです。ですから彼女ができないのでしょう。彼女がほしかったら、自分の生活を振り返ってみましょう。収支のバランスはとれていますか?

生徒と教師がメールアドレスの交換?生徒と教師にメールは必要?

最近はメールやラインなどのやり取りを生徒と教師の間でしていることがあるようです。しかしそのやり取りの中で問題が出てきて禁止にしている学校もあります。生徒と教師にメールのやり取りは必要なのでしょうか?

結婚式に招待する友達のことで悩んでいませんか?

結婚式は二人が良ければそれで良い・・・と言いたいところですが、なかなかそうはいかないようです。やはり家対家の一生一度の大イべントです。自分の育った環境や地域、仕事関連や家柄の違いは新郎新婦が最初にぶつかる壁かも知れません。結婚式に招待する友達のことを真剣に話し合いましょう。

気になる人を女性から誘う場合、どんな店を予約したらいい?!

気になる人ができたら、一緒に食事に行ったりしたいと思いますよね。もし女性から誘う場合はどのようにしたらいいのでしょうか。どんな風に誘ったり、どんな店を予約すればいいか悩みまますね。今回はそんな時はどうしたらいいか調べました。

彼氏との記念日のプレゼントに手作りアルバムを作ってみよう!

彼氏との記念日には特別なプレゼントを贈りたいですね!そんな時は手作りのアルバムはいかがでしょうか?きっと喜んでもらえる事間違いなしです!今回は手作りアルバムの作り方を調べましたので紹介します。

結婚式にワンピースで参加、レースの服はマナー違反?

冠婚葬祭のマナーは大切です。特に結婚式では、招待状の返信からかマナーは始まっています。特に洋服の色選びでは、白は新婦だけの限定色と言われているので、白い服での参列はNGです。でも、レースのワンピースはどうでしょう。調べてみました。

娘が結婚!その時の父親の気持ちは?

娘さんを持つお父さん、娘さんとは良好な関係を築けていますか?まだまだ娘が小さくて結婚なんて考えられないと思っている人もいるかもしれませんが、娘が結婚するときは父親はやはり寂しい思いをするようです。今回は娘の結婚について調べました。

部活の先輩に嫌われないために!かわいがられる後輩になろう!

中学に入り部活などを始めると先輩・後輩の上下関係を初めて体験する人も多いのではないでしょうか?もし先輩に嫌われてしまったらせっかく入った部活も楽しくないですね。今回は部活の先輩に嫌われないコツを調べました。

好みの年上女性をどうやって食事に誘う?

男性が自分よりも年上の女性を食事に誘うのは、相手に本気で誘っていることが伝わっているか不安になります。かといって、誘わなければ自分の気持ちも伝えることが出いませんね。どんな誘い方をすると気持ちが伝わるのでしょうか?食事だけでなく、デートはどんなところにいけばいいのでしょうか?調べてみましょう。

不登校の原因は学校の先生が怖いから!?そんな時はどうしたらいい?

子供が学校へ行きたくないという理由に先生が怖いという場合もあるようです。学校の先生が怖いという場合は小学校低学年に多いようです。そんな時、親はどのように対応したらいいのでしょうか?

派遣会社の営業マンは遊び人が多いのか?-派遣会社の恋愛事情-

派遣会社に限らず、営業マンと聞くと恋愛の達人みたいなイメージがありますよね。実際はそんなことないんだろうけど、営業という職種からもそんなイメージがついてしまってるのかもしれませんね。今回は派遣会社の恋愛事情を営業マンと絡めて調べてみたいと思います。

新婚で離婚する理由は性格の不一致が一番多い

結婚をして1年以内の離婚は10%あるという統計があります。その理由は性格の不一致が一番多いです。独身時代の自由気ままな独り暮らしが普通になると、人に合わせることに不自由を感じるからでしょう。結婚を夢見ていたからでしょう。10年もてば、離婚率は減少します。

隣の芝生は青い!?友達の旦那が羨ましいのはなぜ?

友達の旦那を羨ましく思ったことがある人は結構いるようです。どんな場面で友達の旦那を羨ましいと思うのでしょうか?また羨ましいと思わないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

遠距離恋愛×彼氏×忙しい…茨の道をのりきるコツ

遠距離恋愛中の彼氏から連絡が来ないと不安で仕方がなくなるものです。たいていの場合は、ただ忙しいだけ。それでも不安なんですよね。遠距離の彼氏と上手に付き合うにはどうしたら良いのでしょうか。

既婚者の男女の友情は有り得るのか?

既婚者の男女の友情は有り得るのでしょうか?これは永遠の課題でしょう。何故なら、あくまでも個人的な思考で判断されるからです。根本的な考え方は男性と女性は違います。その上、状況も様々で、例外が多く存在するからです。

好きな人をデートに誘う頻度はどのくらいがいい?

好きな人をデートに誘うのは緊張しますね!一回目のデートをしたら、二回目のデートもしたいですが、誘う頻度はどのくらいがいいのでしょうか?付き合う前なので、誘うタイミングは注意が必要なようです。

小柄な女性はモテる?小柄な女性がタイプという男性の心理とは

小柄であることをコンプレックスに思っている女性もいますが、小柄な女性がタイプだという男性は多いようです。なぜ小柄な女性はモテるのでしょうか?今回は小柄な女性がタイプという男性の心理とモテるわけを調べました。

あなたはLINEの既読無視を許せる!?友達や恋人は違うかも?

コミニュケーションツールとして、ここ数年で当たり前の存在となったLINE。便利な反面、問題になっているのが既読無視です。LINEで既読になったにもかかわらず、返事を返さないという意味なのですが、あなたはどの程度なら返事が来るまで待てますか?その感覚が友達や恋人などと違っている場合、トラブルになる可能性があるので要注意ですよ!

時計を彼女にプレゼント!その意味とは?

誕生日やクリスマスに付き合っている彼女へプレゼントをあげることがありますね。もしも彼氏から時計をプレゼントされたら、それはどんな意味なのでしょうか?今回は時計をプレゼントする意味を調べました。

30代後半の男性ならデートはスマートに!理想のデートとは?

30代後半の男性はどのようなデートをするのが理想なのでしょうか?若いころと違って、年相応の振る舞いができるようになりたいですね。今回は30代後半の男性の理想のデートについて調べました。

日本では年間約22万組が離婚している

日本の離婚率は統計が開始された昭和25年から42年までの間までは7千件前後で推移を続けてきていました。ところが43年から58年までに離婚率は急上昇し、59年から平成2年にかけて一時的に離婚率が低下。そこから平成14年までの間に離婚率はさらなる急上昇を見せ、年間29万人にまで達しました。しかし、平成14年から現在に掛けて離婚率は落ち着きをみせ、平成26年には22万2000組の離婚が成立しています。

引用元-浮気不倫調査SOS

スポンサーリンク

  人気記事

離婚後、女性が苦労しやすいのはお金の問題

女性が夫と別れて後悔する事で多いのが「お金(生活費)の問題」です。特に、妻側が専業主婦であった場合、新たに仕事を始めようとしてもなかなか難しいというのが現状です。独身時代に仕事を持っていたという女性でも、長いブランクがあると就活自体が上手くいかないだけでなく、運よく仕事が見つかったとしても職場で苦労する例が多く見られます。なぜなら、パソコンを始めとするオフィス機器は日進月歩の勢いで進化しており、パソコンの使い方が分からない、コピーの使い方が分からないなどの例が少なくないからです。充分な貯金も再就職に必要な技能や資格もないという場合、効率の良い仕事が見つからなければ低い給料で長時間働くということになって離婚後に生活費の問題で悩み後悔するという事になるでしょう。

引用元-離婚回避の方法〜思考法〜

子供へのしわ寄せが後悔につながることも

子供がいる場合、離婚のデメリットをこうむるのはどうしても子供となります。離婚時のデメリットは色々ありますが、離婚の際の両親の争う様子や、どういう理由があっても片親を失う事が子どもにとっては大きな出来事になりえます。また、離婚により経済的に生活がレベルダウンする事もあるかもしれませんし、離婚の為に住居が変わる・転校するといった物理的に不自由する事もあるでしょう。親からみると、離婚のせいでそのようなデメリットを子供が受けているという事は、離婚を本当に後悔してしまう事でしょう。しかし、離婚が避けられない以上、そういった事を通して子供が成長できるように指導・フォローしてあげる事です。それにより、子供は悲しい事柄ではありますが、そこから色々な事を考えて受けとめ、成長するきっかけとなるのです。その成長する様子をみる事ができたら、親として後悔はなくならないかもしれませんが、最善の道を選んだと納得できるものです。また子供に離婚によっての事柄を通して、マイナス面に出た場合も、常に真剣に子供と向き合う事で、最善を尽くしていく事ができます。そのため、投げやりにならず諦めないという事が、後悔してもそれを乗り越えていく道となるでしょう。

引用元-こいぴた

耐え難い孤独感に襲われるとどうしても後悔が…

子供がいない夫婦の離婚後の後悔で良くあるのが孤独感・喪失感です。相手を嫌いになり憎み合って別れた夫婦でも、ラブラブだった時が必ずあります。大好きな人と結婚して2人での生活が当たり前となった後、一人暮らしに戻ると誰しも孤独感を感じてしまいます。夫婦でそれまで暮らしていた家にそのまま生活する場合は特に相手がいないことを強く感じてしまうでしょう。

一人でいる心細さや、再婚出来るかどうか、老後の不安などを感じる場合も多いでしょう。

引用元-luvme

「離婚」に対する偏見はまだ根強い

現代の日本では、3組に1組の夫婦が離婚しており、離婚は社会のタブーではなくなってきました。しかしそれでも、世間の離婚に対する偏見は根強く残っています。離婚する夫婦は、それぞれ深刻な悩みや問題があって離婚を選択しますが、周囲からは離婚した事実しか見えません。そのため、勝手な想像や偏った考え方に基づいて、「浮気をされた(した)んじゃないか」、「我慢が足りない。」などと、陰で好き勝手なことを言う人は少なくありません。周囲の偏見は、内容がたとえ事実と異なっていたとしても、離婚した人にとっては深く心に突き刺さりますし、偏見にさらされ続けるうちに、精神的に不安定になってしまう人もいます。

引用元-離婚したい人のガイドブック

まとめ
戦うものが多くて離婚後は何かと大変そうですが、アンケートでは意外に「離婚して後悔していない」と答える女性が多いそうですよ。

twitterの反応

 - 恋愛・結婚・人間関係