まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

不登校の原因は学校の先生が怖いから!?そんな時はどうしたらいい?

      2016/07/23

 - 恋愛・結婚・人間関係

子供が学校へ行きたくないという理由に先生が怖いという場合もあるようです。学校の先生が怖いという場合は小学校低学年に多いようです。そんな時、親はどのように対応したらいいのでしょうか?

スポンサーリンク

  関連記事

もう遅い!?離婚後に後悔する理由:女性編

離婚は昔に較べて珍しいことではなくなり、今や3組に1組のカップルが離婚する時代ともいわれています。それでもやはり離婚は人生を左右する大きなこと。女性が離婚してからどんなことに後悔するかをまとめました。

彼女が好きって言わないのはなぜ?好きと言わない彼女の心理とは

付き合いだしたのになかなか好きと言ってくれない彼女の心理とはどのようなものなのでしょうか?好きと言ってくれないと彼氏としては不安になってしまいますね。今回はなかなか好きと言わない彼女の心理について調べました。

旦那にイライラしやすい?子なし夫婦のメリット・デメリットとは

夫婦の中には、2人で暮らしていくことを決めている人も多いですね。そんな子なし夫婦のメリット・デメリットとはどのようなものなのでしょうか?また旦那にイライラする時はどのように解消すればいいのでしょうか?

結婚式の受付の飾りはどうする?おすすめの飾り方

結婚式の受付はせっかくなので華やかにしたいですね!結婚式の受付にはどのような飾りをしたらいいのでしょうか?今回は結婚式の受付のおすすめの飾り方について調べましたので紹介します。

結婚式の友人スピーチを頼まれた!幼馴染の場合はどうする?

仲のいい幼馴染に結婚式で友人スピーチを頼まれることがいつかあるかもしれません。友人スピーチの内容はどのようにすればいいのでしょうか?今回は結婚式の友人スピーチの内容について調べました。

新婚で離婚する理由は性格の不一致が一番多い

結婚をして1年以内の離婚は10%あるという統計があります。その理由は性格の不一致が一番多いです。独身時代の自由気ままな独り暮らしが普通になると、人に合わせることに不自由を感じるからでしょう。結婚を夢見ていたからでしょう。10年もてば、離婚率は減少します。

娘が結婚!その時の父親の気持ちは?

娘さんを持つお父さん、娘さんとは良好な関係を築けていますか?まだまだ娘が小さくて結婚なんて考えられないと思っている人もいるかもしれませんが、娘が結婚するときは父親はやはり寂しい思いをするようです。今回は娘の結婚について調べました。

生徒と教師がメールアドレスの交換?生徒と教師にメールは必要?

最近はメールやラインなどのやり取りを生徒と教師の間でしていることがあるようです。しかしそのやり取りの中で問題が出てきて禁止にしている学校もあります。生徒と教師にメールのやり取りは必要なのでしょうか?

部活の先輩が引退!手紙を贈るならどう書く?

部活でお世話になった先輩が引退するときは今までの感謝を込めてプレゼントを渡したりしますね。その中でも手紙は定番ですが、どのように書くのがいいのでしょうか。今回は引退する先輩への手紙の書き方を調べました。

結婚式のお車代は会費制の場合は必要ですか?北海道のしきたりとは?

北海道の結婚式のしきたりは、他地域とはかなり違うようです。先住民族のアイヌが暮らす北海道へ本州から移民として開拓を始めた人々は貧しい暮らしをしていました。結婚する二人を周りがお祝いするという習慣が、会費制結婚席の元祖です。しかしながら、他地域からのお客様が多い場合は戸惑うでしょう。北海道のしきたりを知っていただくことからはじめましょう。

元カノが気になる?!彼氏の元カノに嫉妬しないために

彼氏の元カノは彼女としては気になってしまいますね。ついつい元カノに嫉妬してしまい、彼氏と険悪になってしまう可能性もあります。今回は彼氏の元カノに嫉妬しない方法を調べました。

男性が思う結婚の条件とは?どんな女性が理想?

結婚の条件は男女ではそれぞれ少し違うところがあるようです。女性は現実的なイメージですが、男性はどうなのでしょうか?今回は男性が女性に望む結婚の条件について調べました。

既婚者の男女の友情は有り得るのか?

既婚者の男女の友情は有り得るのでしょうか?これは永遠の課題でしょう。何故なら、あくまでも個人的な思考で判断されるからです。根本的な考え方は男性と女性は違います。その上、状況も様々で、例外が多く存在するからです。

旦那不要、でも子供は欲しい。旦那はいらない女性の本音は?

旦那はいらない。でも子供だけは欲しい!そんな女性が増えているそうです。少し前までは考えられなかったこの風潮。彼女たちがそう思う背景には、いったい何があるのでしょうか。

好みの年上女性をどうやって食事に誘う?

男性が自分よりも年上の女性を食事に誘うのは、相手に本気で誘っていることが伝わっているか不安になります。かといって、誘わなければ自分の気持ちも伝えることが出いませんね。どんな誘い方をすると気持ちが伝わるのでしょうか?食事だけでなく、デートはどんなところにいけばいいのでしょうか?調べてみましょう。

告白の返事がありがとう…それはどんな意味?

女性が「好きです」と告白をして相手の返事が「ありがとう」だった場合はどのような意味なのでしょうか。意外とそのように返事をされることは多いようです。今回は告白の返事について調べました。

隣の芝生は青い!?友達の旦那が羨ましいのはなぜ?

友達の旦那を羨ましく思ったことがある人は結構いるようです。どんな場面で友達の旦那を羨ましいと思うのでしょうか?また羨ましいと思わないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

おとなしい女性からの好意のサインは?おとなしい女性にアプローチする方法

おとなしい女性は好意を持つ男性にどのようなサインを出しているのでしょうか?また好きになった女性がおとなしい性格の場合はどのようにアプローチすればいいのでしょうか?

彼女の浮気が心配…浮気の兆候と対処法は?

付き合っていると彼女のちょっとした行動で浮気をしていないか心配になることがありますね。男が心配になる彼女の行動とはどのようなものなのでしょうか。今回は浮気の兆候と対処法について調べました。

好きな人をデートに誘う頻度はどのくらいがいい?

好きな人をデートに誘うのは緊張しますね!一回目のデートをしたら、二回目のデートもしたいですが、誘う頻度はどのくらいがいいのでしょうか?付き合う前なので、誘うタイミングは注意が必要なようです。

小学校低学年は先生との関係をうまく築けないことも

小学校低学年では教師との関係をうまく築けない子もいます。それ自体が問題というよりは、小学校低学年という幼い年齢で家族以外の大人と上手に関係を築くのは案外難しいものです。

この年代の子供は結構デリケートだったりしますから、ふいに言われた一言や些細なことが心の中にずっしりきていることもあります。
何せ幼稚園ではあんなに優しかった先生が、急に厳しくなればそりゃぁ面喰らうのも仕方ありません。

引用元-不登校ナビ

スポンサーリンク

  人気記事

子供が不登校の理由は学校の先生が怖いからだった!

不登校の真実「先生が怖かった」

不登校だった当時から10年以上がたち、息子が社会人になって間もなくのこと、何の気なしに息子から、当時のことを打ち明けられました。

それは、不登校の理由が、「先生が怖ったから」というもの。
私には、当時の担任の先生にいいイメージしかなかったため、とても驚きました。

引用元-不登校支援センター相談ガイド

小学校の先生は怖い時も必要?!

少なくとも厳しかった先生は、ひとりも特別扱いせず、誰に対しても厳しかった。
いわば厳しいという点ではえこひいきがなかった。
しかも、私たちのいたその厳しい先生のクラス。テストの平均点が、他のクラスよりいつも十点以上よかったのです。
そうですよね。できないと立たされるし、もっとできないと怒鳴られる。
怖いからびくびくして授業を聞いているわけです。

当時、今と違って気の弱かった私は、震えながら手に汗握って授業を聞いていました。
信じられない話ですが、それだけで小学校3年のときの成績がオール3以下だったのに、オール4以上になってしまったのです。
自慢話じゃないですよ。それだけ怖がりだったってことを言いたいだけ。

今でも、その当時の授業の内容をよく覚えているぐらいですから。
いわば、無理やり頭に叩き込まれたという感じでした。
結果的に私の場合、小学校時代の一番多感な時期に厳しくされてよかったみたい。
やさしい先生だったら、当時の私の性格からして、絶対勉強なんかしなかったと思います。

引用元-ビジネス便利屋兼ライター 永嶋信晴のブログ

担任の先生とうまくいかない場合はどうする?

先生の対応が不満に思う場合

・たとえ小さな事でも先生と話し合って解決する
・連絡帳
・電話相談
・アポをとり直接相談
→方法はなんでもいいのでとにかく話し合いが大事

クラス全体に共通した問題の場合

・同じ意見のお母さん達と相談する
・こんだん会で話し合う
・多くの人の意見を出しあう
→意見が多ければ緊急保護者会が開かれ問題解決が早くなります

子供と先生の間に個人的なトラブルが起こった場合

・先生との話し合いが必要
・先生に話に行く前に信頼できる第三者の意見を聞いておくと良い

引用元-こはる通信

学校に行けない子供との接し方

学校に行けない子どもとどう接するか

子どもが不登校に陥った場合、多くの保護者は学校に行けない原因を探し、いじめ、トラブルの犯人を探そうと躍起になってしまうようです。
それよりも、まずは社会生活になじめなくなってしまった子どもの精神状態を安定させるため、あえて休ませながら、理解者であろうと努めてください。
必要以上に「明日は学校に行きなさい」などと追い込むことは、かえって本人の落ち着く場所を奪ってしまうことに繋がります。
過度な登校刺激は避け、本人の中にあるどういった考え方が登校を阻んでいるのか…を注意深く考えるようにしましょう。
特に小中学生のうちであれば、クラス替えなど、また1からやり直しできる機会が必ずあるはずです。
それまでの間に、本人、周囲のどういった考え方を変えていくべきなのか、冷静に検討するようにしましょう。

引用元-ヘルスケア大学

まとめ
小学校低学年の頃は先生が怖くて不登校になってしまうこともあるようです。親としては騒ぐのではなく冷静に対応したいですね。

twitterの反応

 - 恋愛・結婚・人間関係