まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

女性の中で仕事をしたくない人が急増!?専業主婦願望とは

      2016/07/31

 - 日常・生活

女性は結婚すると仕事を続けるか専業主婦になるかの選択を迫られる場合があります。最近は仕事がしたくないから専業主婦になりたい人が増えているようです。ところが仕事がしたくないから専業主婦を選択するのは意外と大変なようです!

スポンサーリンク

  関連記事

妊娠中の仕事がつらい!休みがちになる前にしておくこと

妊娠すると仕事をどうすべきか悩むところですね。妊娠中の体調の変化は様々なので急に仕事を休まなければならなくなることもあるかもしれません。そこで仕事を休みがちになる前にしておくべき事を調べました。

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります。退職後ももちろん病院に行くことはあるので、このままでは困りますね。今回は退職後の健康保険の手続きについて調べました。

洗濯槽の掃除はキッチンハイターでできる?洗濯槽の掃除の仕方

洗濯槽は放っておくと裏側にカビが繁殖し、健康に影響が出る場合があるので定期的な掃除が必要です。そんな洗濯槽の掃除がキッチンハイターでもできるって知っていましたか?今回は洗濯槽の掃除の仕方を調べました。

子供が布団をはいでしまう…夏の快眠のコツとは

近年真夏といえばほぼ毎日熱帯夜。朝起きてみたらお子さんが汗だくで布団から大幅にはみ出して寝ているなんてことも日常茶飯事かと思います。風邪を引かないようにするには?少しでも快適に眠るには?おすすめの方法をご紹介します。

コンクリートの舗装をDIYで!車庫を作ってみよう

いまはDIYで結構なんでもできるようですが、コンクリート舗装の車庫を作るのはは可能なのでしょうか。調べてみると難しそうですが不可能ではなさそうです。今回はコンクリート舗装について調べました。

ジグソーパズルはどれを選ぶ?ピースの数と対象年齢

ジグソーパズルは小さいころからすると脳の発達にいいと言われています。小さい子にはどのようなパズルを選べばいいのでしょうか。今回はジグソーパズルのピースの数と対象年齢について調べました。

これで脳を活性化!脳にいい習慣

脳は筋肉と同じで使っていないとどんどん衰えていきます。しかし鍛えれば年齢と関係なく成長するそうです。そこで今回は無理なくできる、脳を活性化する習慣について調べてみました。

理解しづらい?トイレのドアを開けたままにする人の心理とは

トイレのドアを開けたままで用を足す人の話はよく聞きますよね。「トイレのドアを閉めてする派」だと、折角あるドアをなぜ閉めないのか理解できない方もおられるかもしれません。どうして彼らはドアを開けるのでしょうか?

DIY未経験者だけど…既存のトイレドアに小窓は付けられるかな?

最近の住宅のトイレには窓が付いていないところが多いですね。その分換気扇が付いていたりするのですが古い住宅に慣れてしまっている人にとっては、なんだか臭いがこもっているように感じてしまって…せめてトイレのドアに小窓でも付いていると良いですよね。

人感センサーのLEDで玄関の外も中も省エネ

人感センサーは防犯用に使われていました。LEDが開発され、長寿命で電気代がかからない電球ができました。そしてまた進化して、人感センサーを室内に取り入れる構想が・・・必要な時だけ点灯してくれるのが便利です。外出から帰った時の真っ暗な室内に電気がついたら嬉しいですね。

一人暮らしがしたい!適切な部屋の大きさはどのくらい?

就職や進学で一人暮らしを始める人もいることでしょう。その場合、部屋の大きさはどのくらいがいいのでしょうか?今回は一人暮らしをするのに適切な部屋の大きさについて調べました。

家の玄関のタイルは何色がいい?

家を建てる時、またはリフォームなどで玄関タイルを張りかえる時、何色にしたらいいか迷いますよね。せっかくだからステキな色にしたいけど、汚れが目立ったりしたらイヤだし…。玄関タイルって何色が正解なの?ということで、調べてみました。

エアコンの室外機が動かない!原因と対策は?

エアコンをつけたけれどなかなか冷えない…なんてことありませんか?そんな時は室外機が故障している場合があります。エアコンの室外機が動かない場合はどうしたらいいのでしょうか?その原因と対策を調べました。

取引き先の銀行への入金はどうやる?振り込みのやり方

ネットショッピングやオークションなどで取引をした場合は取引き相手の銀行に入金をする必要があります。入金の方法にはどのようなものがあるのでしょうか。今回は相手の銀行への入金のやり方について調べました。

女性の仕事と家事の両立は永遠のテーマなの?

ニュースでもよく取り上げられる女性の社会進出と子育て問題ですが、女性の仕事と家事の両立は永遠のテーマなのでしょうか?各家庭の環境はちがいますが、女性が仕事をするということは周りの協力や理解が必要になってきます。みんなどうやって両立させているのでしょうか?調べてみましょう。

インスタントの味噌汁をアレンジ!自作の味噌玉も!

インスタントの味噌汁はお湯を注ぐだけでできるので簡単で便利ですね!そんなインスタントの味噌汁を自分で作ることができるって知っていますか?添加物が入ってなくてアレンジもできてとても便利なので作り方を紹介します。

深夜のバイトをやりたいけれど女性も雇ってもらえるのでしょうか?

コンビニの深夜のバイトは女性にはむかないのでしょうか?一人体制か二人体制かによって大きな違いがあるようです。レジ打ちだけではなくて、様々な仕事をこなさなくてはなりません。昼と比べて時給が高いのは魅力的でしょう。

保育園から幼稚園へ転園!どうすればいい?

保育園や幼稚園に通っていて、事情により転園しなければならなくなる時がありますね。そんな時の手続きなどはどうすればいいのでしょうか。子どもの環境が変わってしまうのも心配ですよね。今回は保育園と幼稚園の転園について調べました。

離乳食をうまく進めるには夜が大事!?食べない場合の対処法とは

離乳食を進めていると、どうしても食べない時期があり悩まされる場合があります。そんな時はどうしたらいいのでしょうか?夜の授乳辞めたりするべきなのでしょうか?今回は、離乳食を食べないときの対処法を調べました。

アマゾンのギフトのカードをコンビニで購入して便利に決済

ネットで買い物は時間の短縮、商品量が多い、配達してくれるなど良いことづくめです。でも、クレジットカードを持っていなかったり、使いすぎてしまったりします。現金で着払いは手数料がかかるから嫌。そんな時に、アマゾンのカードをコンビニで買えば手数量なしで計画的に買い物ができますよ。

仕事をしたくない!?結婚して専業主婦になりたい女性の割合は?

今、若い女性の間で「専業主婦」を希望する人が増加しています。
2012年の内閣府の調査で「夫は外で働き、妻は家庭を守るべき」という考え方に「賛成」と答えた人の割合が過半数を越え51.6%。
10年もの間一貫して減り続けてきたこのポイントが、急に一昨年より10%も増え、反対を大きく上回ったのです。

さらに、このポイント増加が一番大きかった世代が20代で、実に19.3%もの増加という結果に。

引用元- by Gow!Magazine

スポンサーリンク

  人気記事

仕事をしたくないから専業主婦を選ぶ女性は危険!?

専業主婦は結婚生活を運営する重要な仕事

結婚=勝ち組という概念は、正しいとは限りません。
結婚したらしたで、様々な困難が待ち受けているのです。
旦那様が急に仕事を失ったら、子供が病気になったらと心配しだしたらきりがありません。
そもそも、共働きでなければ十分に生活していけない世帯が多い昨今、専業主婦として家計を切り盛りする辛さを想像しているのか?
過去に、専業主婦の年収を見積もったら大変に額になる、という海外の調査が話題になりました。
専業主婦は、決して「三食昼寝つき」ではありません。
人を育て、支え、自らを犠牲にしてまでも尽くす、マルチタスク能力も要される重要な仕事なのです。
仕事をしたくないから結婚、という安直な考えの人に務まる仕事ではありません。
仕事をしたくないから「女性の幸せのみち結婚」という安易な選択をするのはやめましょう。

引用元-キャリアパーク!

どうしても専業主婦になりたいなら

結婚前の専業主婦宣言

結婚をしたら専業主婦になるといった宣言は必要です。
もしかすると旦那さんは結婚後も働いてほしいと思っているかもしれません。
となると、働きたくないから専業主婦の構図は崩れてしまいます。
そして、専業主婦になりたくても相手の経済力によってはそれは困難なケースもありますね。
結婚前には専業主婦になる宣言(別名:働きたくない宣言)必ず行うべきです。

働きたくない素振りはみせない

仕事をやめたいから結婚をする!そんな思いがあっても決してあらわにしてはいけません。
専業主婦を希望する理由だって、働きたくないからなどと口にするのはNGですね。
「あなたのお世話に専念したいから」「仕事より家庭!」なんて可愛らしい理由をあげておくのがベターです。
たとえ、働きたくないから専業主婦を希望!であってもそれは内緒です。

引用元-専業主婦になりたい女性のための応援サイト 婚活で幸せをゲット!

悠々自適な生活?専業主婦のイメージと現実の違いとは

もちろん、そのような専業主婦もいるでしょうが、実際には多くの専業主婦の実態はそのようなイメージとは程遠いようです。

子どもがまだ小さいために働きに出ることができずに、旦那さんの少ない給料の中からなんとかやりくりしている専業主婦も現実にはたくさんいるのです。

子どもたちが独り立ちして、教育費にお金がかからなくなった家庭の専業主婦であれば、多少は自由な時間を持つことはできるでしょうし、趣味に時間を割くことも可能でしょう。

そのような方と、子育て真っ最中で育児ノイローゼ寸前の専業主婦を、単純に比較することはできません。
専業主婦とひとくくりに言っても、その年代や子どもの有無によってそのライフスタイルは大きく変わってきます。

引用元-専業主婦は本当にうらやましい?~そのライフスタイルを探る

働くことは大変だが貴重な経験

「働くのが好き!どうしても働きたい」と言う人こそ珍しいのではないでしょうか?
世間のほとんどの人が、働きたくて働いているのではなく、必要があって働いているのです。

生活のためなのか、趣味のためなのか、欧米人のように余暇のためなのか、いろんな理由はありますが、お金を稼ぐということはそれなりの目的を持って行われます。
お金を稼ぐ必要がない、というのは限られた人だけの特権とも言えますね。

ただ、働く=世間と関わる事 でもあるので一概に働かないのが幸せとは限りません。
世間と関わり、いろいろな人と出会い、自分の労力によってお金を得るという行為は何物にも代えがたい貴重な体験であり、人生の大切な財産であることは間違いないでしょう。

引用元-こいぴた

まとめ
働いていても専業主婦でもどちらにも大変なことはあります。楽そうだからと専業主婦になるのはやめた方がいいかもしれません。

twitterの反応

 - 日常・生活