まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

よく聞く「公職選挙法違反」とは?事例も紹介

      2016/08/09

 - 社会・政治・経済

選挙の後、「○○が公職選挙法違反の疑いで送検されました」といったニュースを耳にすることがありますよね。お金や物をもらってはいけないといったことは有名ですが、そのほかにも気をつけるべきことがたくさんあります。え?自分には関係ない?そう思っていても知らないうちに違反をおかしてしまう可能性も十分にあるので、事例を含め確認しておきましょう!

スポンサーリンク

  関連記事

慶應義塾大学の大学院は通信の課程のからも入学できます

会社に勤めながら、やっぱりもっと勉強がしたい。そういう方には通信の課程があります。慶應義塾大学の通信で学びたい。そして、大学院へ行って専門を究めたいという野心がある方が随分と居られるようです。卒業生の体験談があなたの夢を掴むきっかけになったら良いですね。

丸の内朝大学って何!?新しい学びの形

丸の内朝大学という学校を知っていますか?主に通っているのは通勤前の社会人のようです。通勤前の時間を有効活用して学ぶということなのですがこれがとても好評のようです。今回は丸の内朝大学について調べました。

会社の掃除は労働?時間外手当のボーダーライン

会社の始業前に掃除をするために早く出勤している人もいることでしょう。この掃除は果たして労働にあたるのでしょうか?時間外手当となるボーダーラインはどこなのでしょう。今回は始業前の掃除について調べました。

医療費控除を受ける時は注意!保険で補填される額の計算

医療費が一定の額を超えると確定申告で医療費控除を受けることができます。その時は保険で補填された額も申告するのですが、ちゃんと計算をしないと知らないうちに損をしているかもしれません。今回は医療費控除について調べました。

本の顔!表紙のイラストの相場はいくら?

本の表紙のイラストが素敵だと思わず手が伸びてしまうことありませんか?本の表紙のイラストは本の顔であり、イラストによって内容をイメージしやすいですね。今回は本の表紙のイラストについて調べました。

クレーム対応の経験は面接で有利!?公務員の面接で聞かれること

アルバイトなどをしているとクレームの対応をしないといけないこともありますね。クレーム対応はできればやりたくはありませんが公務員の面接ではその経験が有利に働くことがあるようです。

管理栄養士になるために大学に入ると予想以上に忙しい!?

将来の夢のために勉強しよう!と大学に入学し、勉学に励もうと思うのと同じくらい、1度きりのキャンパスライフを最大限に楽しみたいのが本音ですよね。もちろん勉強もしながら、バイトをして社会経験をしてみたり、サークルに入って友達いっぱい作って遊んだりしたいですよね。管理栄養士になるために大学に入ると、自由な時間はどれくらいあるのだろう?どれだけ忙しいのか気になりますよね。そこで、管理栄養士について調べてみました。

銀行に就職したことを後悔!?銀行勤務がきついワケ

銀行に就職したと聞くと、安定していい職場に就職できた!というイメージがありますね。しかし実際の銀行の業務はかなりきつく、就職した事を後悔する人も少なくないようです。今回は銀行の仕事内容について調べました。

社会福祉士ってどんな資格?取得方法を紹介!

社会福祉士という資格を知っていますか?社会福祉士の仕事は多岐にわたり、職場は主に社会福祉施設になります。今回は社会福祉士の資格の仕事内容と取得方法を調べましたので紹介します。

国民年金の未納分を払いたい!未納分はどこまでさかのぼれる?

国民年金は20歳になると加入する義務があり、毎月国民年金保険料を払わないといけません。しかし未納の人は後を絶たずその割合は若い人ほど多いようです。今回は未納分を後日払いたい場合にどうしたらいいか調べました。

住民税が非課税の通知はいつ来ますか?

住民税は前年の1月から12月の所得に合わせて徴収されます。収入が少ない人、年金が少ない人、生活保護の人は非課税です。その場合、非課税の通知は行きません。証明書が必要な場合は、申告をしてください。申告をしないと非課税証明書が発行できません。

年金が減額されない収入のボーダーラインは?65歳以上の場合

定年後も働き続けるた場合、収入によってもらえる年金が減額される制度を知っていますか?これは在職老齢年金と呼ばれ、定年後に働いているすべての人が減額されるわけではありません。また65歳以上からは計算の方法が変わってくるようなので紹介します。

災害時の支援物資を送るにはどうしたらいい?

日本は地震などの災害が多い国ですが日本や世界の人々からの支援で様々な災害の復興を遂げてきました。ところで災害時の支援物資はどのように送ればいいかご存知ですか?注意しないと被災地に迷惑がかかることもあるので確認しておきましょう。

障害児の施設へ就職を希望するにはどんな資格がいるの?

障害児といっても、知的なものから身体的なものまで様々です。障害児の施設では、様々な資格の所有者が就職しています。また、施設の種類は通所式のものから入所式のものまであります。どんな職種を希望するのかよく考えて資格を取りましょう。

個人事業主の会社が厚生年金に加入する方法

個人事業主は国民年金に加入しています。しかし、国民年金だと老後の生活が危ぶまれます。サラリーマンの厚生年金と受給額に何倍も差が出ます。個人事業主は厚生年金に加入することは出来ないのでしょうか?加入できる条件を探ってみましょう。

公務員への就職に資格は必要?就職に有利になる資格はあるか

就職活動をするときは資格があると有利になるとされていますが、公務員の場合はどうなのでしょうか?持っていると有利な公務員になるための資格はどんなものがあるのでしょうか?今回は、公務員の就職に有利になる資格にについて調べました。

銀行の普通預金口座と当座預金口座の違いについて

銀行の通帳を見ると「普通」と「当座」がありますが、一般的には普通口座ですよね?
「当座」って何に使う口座なので、誰が使う口座なの?という素朴な疑問から調べてみました。

体育教師になるにはどの大学へいけばいい?

どうすれば体育教師になれるか知っていますか?どんな大学に行けばいいか、教諭の試験はどんなものなのかいざ聞かれるとよくわかりませんね。今回は体育教師のなり方について調べてみました。

源泉徴収票とは?発行はいつ頃?

確定申告をする場合は働いている職場から源泉徴収票を発行してもらう必要があります。この源泉徴収票はいつ頃発行してもらえるのでしょうか?また紛失した場合は再発行をしてもらえるのでしょうか?

50代男性が再就職するなら!おすすめの仕事とは

早期退職で50代から再就職をしようと思ってる男性もいるのではないでしょうか?しかし50代からの再就職はかなり困難なようです。今回は50代からの仕事の探し方について調べました。

公職選挙法とは?

国会議員や地方議会議員などの公職を選出する選挙について規定する法律。選挙の種類、選挙区、選挙権、選挙の進め方などについて具体的に規定されている。

公職選挙法は1950年に成立した。それまで選挙に関する法律として用いられてきた衆議院議員選挙法、参議院議員選挙法、および地方自治法の3法を集約・統合する形で成立した経緯がある。

2013年4月の衆議院特別委員会では、インターネットを使用した選挙運動を許容する趣旨を盛り込まれた公職選挙法の改正案が可決された。

2015年月の参議院本会議では、それまで20歳以上と規定されていた選挙権を18歳以上へと引き下げる改正案が可決し、成立することとなった。

引用元-weblio辞書

スポンサーリンク

  人気記事

公職選挙法違反、主な5つの事例

政治家や後援団体による寄付の禁止

選挙区内の者に対する一切の寄付が禁止されているため、選挙区内の方の、結婚式での祝儀、葬式での香典、お中元やお歳暮を贈ることができません。また、お祭りやスポーツ大会などでの、寄付やお祝い、飲食物の差し入れ等も違法行為となる場合があるので注意が必要です。

事前運動の禁止

選挙運動は、告示日(公示日)における候補者の届出があった日から選挙期日の前日までしか許されていません。その間であれば、電話による選挙運動も可能です。それ以前の、投票を促す活動(選挙活動)は禁止されています。

戸別訪問の禁止

戸別訪問は、買収、利益誘導、威迫などの不正行為の温床となることなどを理由に禁止されています。他の用件で選挙人の自宅を訪問したついでに投票依頼をしたとしても、やはり違法となります。

飲食物提供の禁止

誰であっても選挙運動に関して飲食物の提供をしてはならないものとされています。ただし、「飲食物」といっても「湯茶及びこれに伴い通常用いられる程度の菓子」や、選挙事務所で事務員や労務者に食事をするために提供される弁当は除かれています。(数量・金額に制限があります)

あいさつ状の禁止

選挙区内の者に対し、「年賀状、寒中見舞状、暑中見舞状などの時候のあいさつ状を出すことは禁止されています。 (答礼のため自筆によるものは除きます)ただし、祝電、弔電は含まれません。

引用元-選挙立候補.com

具体的な違反行為事例

買収・供応

・有力者多数を料亭に招いて、投票を依頼し、酒食をふるまったもの
・運動員が、後援会結成の名目で有権者を自宅に招き、酒食をふるまい、席上
 で候補者があいさつしたもの
・碁会の参加賞を、候補者の名前入りで配ったもの

戸別訪問

・候補者の知人が各戸をまわって投票をお願いして歩いたもの
・選挙のポスターをはる承諾を求めることを口実に、候補者の運動員が各戸を
 まわったもの
・何人かで手わけして、1人1戸だけを訪問することにし、これを毎日続けたもの
・訪問先の家の中に入らず、わざと庭先や軒先に呼び出して投票をお願いして
 歩いたもの

飲食物の提供

・通行人を選挙事務所に呼び入れ、酒や食事をふるまったもの
・陣中見舞として酒やビールを選挙事務所へ贈ったもの

文書の配布

・選挙用の表示のないハガキで投票を依頼したもの
・候補者の知人等が、自分の知人多数に手紙で投票を依頼したもの
・選挙事務所の移転を口実に、案内状を多数郵送したもの
・候補者の氏名や経歴などを書いたビラを新聞に折り込んだもの
・選挙運動のビラやチラシ多数を街頭で手渡したり、各戸の郵便受けに入れた
 りしたもの
・候補者を支持する組合の機関紙の号外という名目で、選挙運動の文書を多く
 配ったもの

文書の掲示・回覧

・室内用と称して、候補者のポスターを人のよく集まる会場などに貼ったもの
・候補者の名前や政見を大書した看板を街頭にたてたもの
・選挙用のハガキ、文書、ポスターなどを回覧板にして回覧したもの

引用元-愛知県公式Webサイト

ネットでの選挙活動でしてはいけないこと

有権者は電子メールを使って選挙運動をしてはいけません!

電子メールを使って選挙運動用の文書図面を頒布できるのは、候補者・政党等に限ります。有権者は候補者・政党等から送られてきた選挙運動用電子メールを転送により頒布することもできません(公職選挙法第142条の4、第142条、第243条)。

未成年の選挙運動は禁止されています!

年齢満20歳未満の者は、インターネット選挙運動を含め、選挙運動をすることができません(公職選挙法第137条の2、第239条)。インターネットが身近な世代だけに、保護者の監督も重要です。

ホームページや電子メール等を印刷して頒布してはいけません!

選挙運動用のホームページや、候補者・政党等から届いた選挙運動用の電子メール等、選挙運動用の文書図面をプリントアウトして頒布してはいけません(公職選挙法第142条、第243条)。

選挙運動期間外に選挙運動をしてはいけません!

インターネット選挙運動が解禁になっても、選挙運動は、公示・告示日から投票日の前日までしかすることができません(公職選挙法第129条、第239条)。

引用元-これはNG!処罰対象となる禁止行為は?|ネット選挙運動解禁を知ろう|VOTE FOR JAPAN 投票しよう – 新経済連盟

当選後に公職選挙法違反が発覚したら?

違反しても見つからないと当選は有効ですし
見つかっても刑が確定するまでは当選は有効として
扱われますので、その間の歳費は支払われます

連座制の範囲内にある運動員の場合
当選無効になるには禁固以上の刑が確定した後
当選無効の裁判が起こされますのでその判決の確定まで
当選は有効と扱われます

この場合、検察が略式起訴(罰金刑なので当選は無効とならない)をするか
起訴をするかどうかは検察官の裁量の範囲内です

引用元-公職選挙法に違反して当選した人の有効性はどうなりますか 【OKWAVE】

まとめ
いかがでしたか?きちんと知っておけば、違反になるならないの判別ができるので安心ですね。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済