まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

憧れの理想の体型-女性のサイズを教えて

      2016/08/10

 - 美容・健康

日本人の体型はグーンと西欧に近づきました。小顔で手足が長く、背も高くなりました。充分魅力的なのに、まだまだ痩せたい願望があるのですね。理想の体型とは健康面から見るのか美容面から見るのか、それぞれの観点に差があります。

スポンサーリンク

  関連記事

妊娠中の食事はどうする?お勧めの献立

妊娠中の体重管理はとても重要ですね。つわりがおさまってくるとついつい食べ過ぎてしまいます。そんな時は食事を工夫して体重管理をしてみましょう。お勧めの献立を調べましたので紹介します。

脚はリンパマッサージで細くなる?その効果とは

脚が太いのが悩み…という女性は多いですね。脚だけ痩せたいと思ってもなかなかうまくいきません。そんな人にはリンパマッサージはいかがでしょうか?リンパマッサージは脚が細くなると言われていますが実際の効果はどうなのでしょうか?

精神科に入院することになったら?期間はどのくらいか

もしも精神科に入院することになった場合、その期間はどのくらいなのでしょうか。日本は特に精神科への入院の期間が長く、問題視されている部分もあるようです。今回は精神科への入院の期間について調べました。

子宮筋腫の手術!腹腔鏡手術とは

子宮筋腫は女性特有の病気ですが、女性の皆さんはこの病気について詳しく知っていますか?実は珍しい病気ではなく、婦人科の腫瘍の中では最も多い病気なんです。そこで、この子宮筋腫と手術について調べてみました。

すっぴんでも目が大きいって言われたい!目を大きくするには

女性はメイク次第で目の大きさまで変えることができます。しかしすっぴんになったときの変化にがっかりされることもあるかもしれません。そこですっぴんでも目が大きいと言われる方法を調べました。

目の奥が痛い!頭痛と吐き気を伴うときの原因とは?

目の奥が痛い上に頭痛と吐き気が伴うときの原因とは何なのでしょうか?もしかしたらあまりよくない病気の可能性もあるかもしれません。今回は目の奥が痛いだけでなく頭痛と吐き気が伴う場合の原因について調べました。

子宮の位置が左に傾いていると妊娠しない?

不妊治療は大変ですね。いろんな要素が絡んでいます。子宮の位置が左に傾いていていたり、卵管がねじてちいたり、癒着していたり、原因はいろいろあります。また、妊娠しずらいのは女性だけの問題ではありません。専門医に相談しながら、治療をしてください。

肌を綺麗にしたい!スキンケアのポイントは?

誰でも美肌にはあこがれますね!肌を綺麗にするにはどのようなスキンケアをしたらいいのでしょうか?今回は肌を綺麗にするためのスキンケアのポイントを調べましたので紹介します。

インフルエンザの予防接種の料金はいくら?

冬になるとインフルエンザの予防接種を受ける人は多いかと思います。そんなインフルエンザの予防接種の料金は病院などによって異なりますね。なぜ料金は病院で異なるのでしょうか?今回はインフルエンザの予防接種の料金について調べました。

顔の湿疹が治らない!その原因と対策は?

顔に湿疹ができるとなかなか治らないことがあります。顔にできる湿疹の原因とは何なのでしょうか?また治すにはどうしたらいいのでしょうか?今回は顔にできる湿疹について調べました。

MRIって何?T1画像とT2画像の違い

体の検査などをするときはMRIやCTを利用するときがありますね。MRIではT1とT2という二種類の画像で診断を行います。この二つの画像の違いは何なのでしょうか。今回はMRIについて調べました。

子供が発熱!手足冷たい時の対処法

小さい子供が突然発熱することはよくあります。熱があるのに手足冷たくてどうしたらいいか慌てた人もいるのではないでしょうか?今回は子供が発熱した時の対処法について調べました。

検査の陰性と陽性の意味とは?妊娠検査薬の場合

病院などで検査をすると陰性、陽性といった言葉を聞きます。陰性と陽性とはどのような意味なのでしょうか?また妊娠検査薬で検査した場合は陰性でも陽性と出る場合があるそうです。今回は検査の陰性、陽性について調べました。

腎臓結石と腫瘍の症状の違いとは?

腎臓には結石ができることがあります。この結石が尿管に移動するととてつもない激痛に襲われることになります。また結石の症状から、腎臓の腫瘍が見つかる場合もあるようです。今回は腎臓結石と腫瘍がある場合の症状について調べました。

チック症とは?子供に出た場合は病院へ行くべきか

チック症って知っていますか?チック症は幼少期にみられ、瞬きや顔をしかめたりなど、顔に症状が出ることが多いです。もしも自分の子供にチック症の症状が見られたら病院には行くべきなのでしょうか?

痰と鼻水の違いって?

乾燥や寒くなってくる季節になるとアレルギーなのか風邪なのか、熱は出てないけど痰、鼻水が止まらなくて辛い…。そういえば、痰と鼻水の違いってなんだろう?そして、痰と鼻水の症状はなにがあるのだろう?

肩こりになったら整形外科で治療する方がいい?肩こりの治療法とは

ひどい肩こりに悩んでいる人は多いのではないでしょうか?ところで肩こりになった場合は整形外科で治療するのがいいのでしょうか?今回は肩こりになった場合の治療法について調べました。

骨折したらどうなる?足の場合は手術になる?

足などを骨折した場合はどのようにして治すのでしょうか?骨折の場所や種類によって、治療の方法は変わってきます。中には手術をしないといけない場合もあります。今回は骨折した場合の治療法について調べました。

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけません。ほとんどがかかり付けの病院で受けることになりますが、もし途中で病院が変える事になっても、予防接種に影響はないのでしょうか?今回は予防接種について調べました。

奥歯の虫歯が悪化して抜歯することになった時のために

永久歯は大切です。
一生自分の歯で食事をしたいですね。
一番大事なことは、普段から虫歯予防をすることでしょう。
それでも、虫歯になることがあります。
また、親知らずが奥歯の予想外の所に生えてくるケースもあります。
こんな時は抜歯しか手がないこともあります。
抜歯後の対処の仕方はどんなでしょうか?

日本人女性の平均サイズは?

女性の平均スリーサイズを見てみましょう。

・身長:158㎝
・体重:50kg
・バスト:84㎝
・ウエスト:63㎝
・ヒップ:86㎝

これが、日本人女性の平均値です。もちろん、人によって個人差があるのは当然です。仮に同じ身長であったとしても、ベストな数値は異なります。ですから、これはあくまで参考程度にとどめましょう。自分自身にあった体型を追求することが大事です。

引用元-welq [ウェルク]

スポンサーリンク

  人気記事

男性から見た女性の理想ウエストサイズは?

男性が理想とする女性のくびれの比率を学者が調査したところ、ウエストとヒップの比率が7:10という数値が浮かび上がったといいます。痩せていても太っていてもウエスト7に対してヒップ10の割合の女性を男性は好むという結果が出たのです。

以下はその数値です。
ウエスト:ヒップ
56cm:80cm
58.8cm:84cm
60.2cm:86cm
63cm:90cm
65.8cm:94cm
70cm:100cm

引用元-理想的なウエストくびれとは?スリーサイズの黄金比率

女性のサイズ・理想の体型とBMI

・美容体型 BMI20(美容体重)、体脂肪率22~23%、筋肉率38.5~39%。美容と健康と長寿を両立できる体型。男女共に、65~79歳ではBMI20以上30未満が死亡率が低く、20歳ではBMI20前後が最も死亡率の低い体重。女性の体脂肪率の適正値である標準(-)値は18~39歳が21~27%、40歳~59歳が22~28%、60歳~が23~29%、妊娠前の体脂肪率の適正値は22~25%、かくれ肥満は30%以上。女性らしいバランスのとれた理想体脂肪率は22~23%。

引用元-日本人女性の理想体型(1/4)美容体型 BMI20、体脂肪率22%/健康体型 BMI22、体脂肪率25%/WHR(ウエスト÷ヒップ)0.7 – XAZの日記

女性の理想の体型は健康でない

BMI指数が理想通りでも筋肉がまるでなく、脂肪ばかりのいわゆる”隠れ肥満”の状態であった場合、体重は軽いのに体脂肪率はやたらと高いということになります。食事を抜くダイエットをしていると”隠れ肥満”に陥ることが多く、その場合体重が理想的でも自分の体型に満足できない場合があります。そうならないためにも理想の体脂肪率を知っておきましょう!

体脂肪率1~20%  痩せ
体脂肪率21~27% 標準-
体脂肪率28~34% 標準+
体脂肪率35~39  計肥満
体脂肪率40~45  肥満

これが体脂肪率の目安です。ほっそりとした女性が思う理想的な体型になるのなら体脂肪率20~22%くらいを目指したいところですね。20%以下、特に17%を下回ると生理が止まるなどの女性つぃての機能が果たせなくなりますのでお勧めできません。

引用元-ダイエット中女性は電卓もって集合!理想体型の計算式まとめ | kirei-kenkou

理想体型=健康体型だとサイズが上がる

・健康体型 BMI22(標準体重)、体脂肪率24~25%、筋肉率37.5~38%。男女共に、BMI22前後は統計的に最も病気になりにくい体重で体脂肪と筋肉のバランスがよい人が多く、35歳ではBMI22前後が最も死亡率が低い体重で、30歳以上ではBMI21以上25未満が死亡率が低い。(筋肉量が多く体脂肪率が低い体型よりも、筋肉量が多く体脂肪率が標準の体型の方が持久力があると、長時間の体力と持久力がいる仕事の男性のブログで読んだことがあります。スタミナのいるスポーツの選手も同じように言われているそうです。女性もスポーツや肉体労働をする時は同様だと思われます。)

引用元-XAZの日記

まとめ
日本人も生活様式の変化からでしょか、スタイルが良くなってきました。にもかかわらず、痩せたい願望が強いようですね。

twitterの反応

 - 美容・健康