まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

旦那不要、でも子供は欲しい。旦那はいらない女性の本音は?

      2016/08/11

 - 恋愛・結婚・人間関係

旦那はいらない。でも子供だけは欲しい!そんな女性が増えているそうです。少し前までは考えられなかったこの風潮。彼女たちがそう思う背景には、いったい何があるのでしょうか。

スポンサーリンク

  関連記事

派遣会社の営業マンは遊び人が多いのか?-派遣会社の恋愛事情-

派遣会社に限らず、営業マンと聞くと恋愛の達人みたいなイメージがありますよね。実際はそんなことないんだろうけど、営業という職種からもそんなイメージがついてしまってるのかもしれませんね。今回は派遣会社の恋愛事情を営業マンと絡めて調べてみたいと思います。

娘が結婚!その時の父親の気持ちは?

娘さんを持つお父さん、娘さんとは良好な関係を築けていますか?まだまだ娘が小さくて結婚なんて考えられないと思っている人もいるかもしれませんが、娘が結婚するときは父親はやはり寂しい思いをするようです。今回は娘の結婚について調べました。

不登校の原因は学校の先生が怖いから!?そんな時はどうしたらいい?

子供が学校へ行きたくないという理由に先生が怖いという場合もあるようです。学校の先生が怖いという場合は小学校低学年に多いようです。そんな時、親はどのように対応したらいいのでしょうか?

結婚式に招待する友達のことで悩んでいませんか?

結婚式は二人が良ければそれで良い・・・と言いたいところですが、なかなかそうはいかないようです。やはり家対家の一生一度の大イべントです。自分の育った環境や地域、仕事関連や家柄の違いは新郎新婦が最初にぶつかる壁かも知れません。結婚式に招待する友達のことを真剣に話し合いましょう。

既婚者の男女の友情は有り得るのか?

既婚者の男女の友情は有り得るのでしょうか?これは永遠の課題でしょう。何故なら、あくまでも個人的な思考で判断されるからです。根本的な考え方は男性と女性は違います。その上、状況も様々で、例外が多く存在するからです。

結婚式のお車代は会費制の場合は必要ですか?北海道のしきたりとは?

北海道の結婚式のしきたりは、他地域とはかなり違うようです。先住民族のアイヌが暮らす北海道へ本州から移民として開拓を始めた人々は貧しい暮らしをしていました。結婚する二人を周りがお祝いするという習慣が、会費制結婚席の元祖です。しかしながら、他地域からのお客様が多い場合は戸惑うでしょう。北海道のしきたりを知っていただくことからはじめましょう。

30代後半の男性ならデートはスマートに!理想のデートとは?

30代後半の男性はどのようなデートをするのが理想なのでしょうか?若いころと違って、年相応の振る舞いができるようになりたいですね。今回は30代後半の男性の理想のデートについて調べました。

もう遅い!?離婚後に後悔する理由:女性編

離婚は昔に較べて珍しいことではなくなり、今や3組に1組のカップルが離婚する時代ともいわれています。それでもやはり離婚は人生を左右する大きなこと。女性が離婚してからどんなことに後悔するかをまとめました。

結婚式の友人スピーチを頼まれた!幼馴染の場合はどうする?

仲のいい幼馴染に結婚式で友人スピーチを頼まれることがいつかあるかもしれません。友人スピーチの内容はどのようにすればいいのでしょうか?今回は結婚式の友人スピーチの内容について調べました。

結婚式にワンピースで参加、レースの服はマナー違反?

冠婚葬祭のマナーは大切です。特に結婚式では、招待状の返信からかマナーは始まっています。特に洋服の色選びでは、白は新婦だけの限定色と言われているので、白い服での参列はNGです。でも、レースのワンピースはどうでしょう。調べてみました。

おとなしい女性からの好意のサインは?おとなしい女性にアプローチする方法

おとなしい女性は好意を持つ男性にどのようなサインを出しているのでしょうか?また好きになった女性がおとなしい性格の場合はどのようにアプローチすればいいのでしょうか?

好きな人が友達以上になったらどうやって教える?

ずっと友達だった人が好きな人に変わったことがありますか?友達以上の気持ちをどのように好きな人に伝えたらよいのでしょう。気付いてほしいなら、自分から何かアプローチをしなくてはなりません。効果的な方法を探ってください。

彼女が好きって言わないのはなぜ?好きと言わない彼女の心理とは

付き合いだしたのになかなか好きと言ってくれない彼女の心理とはどのようなものなのでしょうか?好きと言ってくれないと彼氏としては不安になってしまいますね。今回はなかなか好きと言わない彼女の心理について調べました。

遠距離恋愛×彼氏×忙しい…茨の道をのりきるコツ

遠距離恋愛中の彼氏から連絡が来ないと不安で仕方がなくなるものです。たいていの場合は、ただ忙しいだけ。それでも不安なんですよね。遠距離の彼氏と上手に付き合うにはどうしたら良いのでしょうか。

友達と喧嘩してしまった!そんな時に聴きたい歌

見出し1 友達と喧嘩をしたらどうする?1.1 ■すぐに会って謝る!!1.2 ■お …

コンビニの店員に恋をした!?恋人関係になるには?

コンビニで働く店員さんに思わず恋をしてしまった人もいるのではないでしょうか?どうすれば、コンビニの店員さんと接点をもつことができるのでしょうか?今回はコンビニの店員に恋をした場合について調べました。

部活の先輩に嫌われないために!かわいがられる後輩になろう!

中学に入り部活などを始めると先輩・後輩の上下関係を初めて体験する人も多いのではないでしょうか?もし先輩に嫌われてしまったらせっかく入った部活も楽しくないですね。今回は部活の先輩に嫌われないコツを調べました。

好きな人をデートに誘う頻度はどのくらいがいい?

好きな人をデートに誘うのは緊張しますね!一回目のデートをしたら、二回目のデートもしたいですが、誘う頻度はどのくらいがいいのでしょうか?付き合う前なので、誘うタイミングは注意が必要なようです。

元カノが気になる?!彼氏の元カノに嫉妬しないために

彼氏の元カノは彼女としては気になってしまいますね。ついつい元カノに嫉妬してしまい、彼氏と険悪になってしまう可能性もあります。今回は彼氏の元カノに嫉妬しない方法を調べました。

大学で友達を作るには!?入学前のSNSでの交流は有効か

大学に入ったら絶対に友達を作った方がいい!とよく言われます。今は大学入学前にSNSで交流して入学前に友達を作っている人もいるようです。今回は大学で友達を作る方法を調べました。

「旦那はいらないけど子供は欲しい」気持ちがわかる女性は70%超え

ウートピ連載コラム、「教えて!ブルボンヌ先生」に「結婚せずに子どもが欲しい女の人生相談」が寄せられ、大きな反響を呼びました。晩婚化が進み、未婚女性が増加している昨今、出産のタイムリミットに焦りを感じている女性も多いはず。「結婚は諦めているけれど、子どもだけは何としてでも欲しい」という気持ちを抱く女性も、少なからずいるのではないでしょうか。
そこでウートピでは「旦那はいらないけれど子どもはほしい女性の気持ち、わかる?」というアンケート調査を実施。「わかる」が72%にのぼり、高い割合を占めていることが判明しました。

引用元-wotopi

スポンサーリンク

  人気記事

旦那はいらないけど子供は欲しい女性のパターン

一言に「結婚はしたくないけど子どもは欲しい」と言ってもその発言を生む背景は様々だと思います。

たとえば、もう長い間、結婚相手を探しているけど見つからず、時間だけが過ぎていくことに焦りを感じる、というケース。結婚がしたい、けど、もう時間がない、だから結婚はもうできなければそれでもいいけど子どもだけはどうしても欲しい、という人の発言は、時間制限を意識しての発言です。

また、自分の両親の結婚を通してあまりにも大変な結婚生活を目の当たりにしてきたケースもあります。結婚というものがこんなにも不幸で辛いものなら自分は結婚するのは不安だ、無理だ、でも子どもは持ってみたいという願望はある、という人の発言は、苦労がトラウマになっての発言です。

「子どもが欲しい」気持ちが強くなったときに軽い弾みでそう言う人もいます。自分は、今は、彼も旦那もいないけど、こんな状況でもなんでもいいから子どもが欲しいわ!と。単純に、勢いや思いのまま、そう言っただけのことです。

しかし、中には夫などという煩わしい存在のない世界で自分一人で子どもを育てたい、と、はじめからパートナーの存在を強く否定する人もいます。そう心の中で、強く思っていたり、決めていたりするのです。結婚なんて面倒だし絶対に嫌。私はとにかく子どもだけが欲しいの!子ども以外はいらないの!と、特定の玩具を欲しがる子どものように子どもを欲しがる大人です。

引用元-大切な人と本当の関係を築くCoupleCare

収入がある女性が増えたのも理由のひとつ

女性の中には、仕事も家事も育児もこなすマルチ主婦が増えてきたにもかかわらず、男性の中には、仕事だけしてたらいいという考えの人がまだまだ多い。そういう家庭では、家事や育児は奥さんまかせで、女性の負担は大きい。(もちろん、そうでない優秀なご主人もいらっしゃると思いますが)

そういう状況を想像すると、わざわざ結婚したくないですよね。一人でも十分やっていけるだけの収入もある人ならなおさらでしょう。

でも、母性本能はあるから、子供はかわいい。欲しい。別に不思議じゃないです。

ただ、実際に未婚の母に対する世間の反応は厳しいです。いろんな人の助けがないと、育児なんて出来ません。結婚して、旦那が協力してくれてても大変です。これは、実際にやってみないとわからないでしょうね。

考え方は人それぞれですが、結婚観や男性に対する考え方が昔とは変わって来てるんでしょうね。昔は経済的にも気持ち的にも男性に頼っていたけど、今は逆転しつつある。気の合うパートナーやかわいい子供は欲しいけど、頼りない・だらしない・わずらわしい旦那はいらない・・ということでしょうか?

引用元-OKWAVE

ライフスタイル自体が多様化してきている

〜生き方の選択はそれぞれ自由という考えも〜
・社会の変化に合わせて、婚姻制度や家族制度も変わっていいと思う。育児を
 社会全体で支えられるなら、むしろ子どもと社会の接点が広がっていいと思う!
・経済的に余裕があれば、良いと思う

引用元-GirlsChannel

男性側にも似たような意見を持ってる人がいるかも…!?

自分は男ですが、昔同じ考えでした。 嫁はいらないけど自分の子供は欲しいって… 中途半端な役にたたないような相手ならいらないですよね。 まぁ、今は良い嫁にも子供にも恵まれ楽しく生活出来てますが。 良い相手にめぐり合えればその考えも変わると思いますよ。

引用元-LINEQ

「パートナーなんていらない!」決めるのはまだ早いかも

パートナーや父親はいらない。そう思うあなたは、もしかするととても優秀な方なのかもしれませんね。まず、自分のパートナーと完全に分かり合える人は99%いません。お互い「神様」ではない、人間なのです。父親や子供も、お互いを理解しようと必死でもがくものです。相手の暴力など、理不尽な事があればそれは守られなければなりません。ただ、それ以外のフィールドで言えば、子育ての過程で喧嘩をする事も、考えの違いにイライラする事も、他の家庭を羨ましく思う事も、当たり前のように降りかかってきます。
でも私は、その葛藤にこそ意味があると思っています。人の考え方ってどうして違うんだろう?どう話せば伝わるんだろう?自分はどうしたいんだろう?子供にとってはどうなんだろう…。パートナーを持つ前から相手を否定する事だけはしないで欲しい。全ての葛藤が与える影響こそ、私は「生きる」という教育だと思います。

引用元-「子供を産むのに夫はいらない。」あなたに精子バンクは本当に必要ですか? [ママリ]

まとめ
重大な決意があったりただ言ってるだけだったり一概にこうと決めつけることはできませんが、女性が生き方を選べるようになったということなので、良い時代ということかもしれません。

twitterの反応

 - 恋愛・結婚・人間関係