まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

椎間板ヘルニア!?手術後の看護は大変!?

      2016/08/31

 - 美容・健康

椎間板ヘルニアは腰痛がひどいといったイメージですが治療をする場合はどのような方法をとるのでしょうか?また手術になった場合の手術後はどのように看護すればいいのでしょうか?今回は椎間板ヘルニアについて調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

精神障害2級ってどんな人が対象?精神障害者手帳を貰うには

精神障害の対象になる人は何らかの精神疾患で日常生活において長期の制約を受けている人のことです。その為うつ病を診断された場合も障害者手帳を発行してもらえることがあります。今回は精神障害2級と診断された場合について紹介します。

脚はリンパマッサージで細くなる?その効果とは

脚が太いのが悩み…という女性は多いですね。脚だけ痩せたいと思ってもなかなかうまくいきません。そんな人にはリンパマッサージはいかがでしょうか?リンパマッサージは脚が細くなると言われていますが実際の効果はどうなのでしょうか?

いつわかる?血液検査の結果とその日数

病院で血液検査をしたことがある方は多いかと思います。その結果がでるまではいろいろと心配ですね。そこで今回は血液検査の種類や結果が出るまでの日数について調べてみました。

腰痛を予防!?腰痛にいいマットレスの硬さ

腰痛は寝ている間に悪化してしまうことがあるようです。腰痛を悪化させないマットレスの硬さはどのくらいがいいのでしょうか?今回は腰痛を予防するマットレスの硬さについて調べました。

冬以外でもおでんダイエット! 卵+低カロリー具材で

今やコンビニなどで年中食べられるようになったおでん。実は、おでんで痩せる「おでんダイエット」が今話題になっているのです。卵などのヘルシー+満腹感+低カロリーな具材でカシコくダイエットしませんか?

子供の足のサイズの平均は?年齢別のサイズ

子供の成長は早いですが、足のサイズもあっという間に大きくなってしまいますね。気が付けば靴がきつくなってしまっていた…なんてこともあります。今回は子供の足の年齢別の平均サイズを調べました。

精神科に入院することになったら?期間はどのくらいか

もしも精神科に入院することになった場合、その期間はどのくらいなのでしょうか。日本は特に精神科への入院の期間が長く、問題視されている部分もあるようです。今回は精神科への入院の期間について調べました。

脳が原因で病気に!?精神疾患と脳の関係

近年、精神疾患を患う人が増えてきているといわれています。精神疾患は脳の病気ともいわれ、原因は脳の機能障害とされていますがすべてはまだ解明されていません。今回は脳と精神疾患の関係について調べました。

憧れの理想の体型-女性のサイズを教えて

日本人の体型はグーンと西欧に近づきました。小顔で手足が長く、背も高くなりました。充分魅力的なのに、まだまだ痩せたい願望があるのですね。理想の体型とは健康面から見るのか美容面から見るのか、それぞれの観点に差があります。

インフルエンザの予防接種の料金はいくら?

冬になるとインフルエンザの予防接種を受ける人は多いかと思います。そんなインフルエンザの予防接種の料金は病院などによって異なりますね。なぜ料金は病院で異なるのでしょうか?今回はインフルエンザの予防接種の料金について調べました。

体型は体重によって変化するのか?!

体重は変わらないのにお腹が出てきた、又はダイエットで体重は減ったのに見た目の体型に変化がないなー、体が引き締まったような気がするのに体重は減らないと悩んでませんか。実はそれには理由がありました。

肩こりになったら整形外科で治療する方がいい?肩こりの治療法とは

ひどい肩こりに悩んでいる人は多いのではないでしょうか?ところで肩こりになった場合は整形外科で治療するのがいいのでしょうか?今回は肩こりになった場合の治療法について調べました。

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない痛みがあることも。病院へ行きたいけど原因がわからないと何科を受診したらいいのかもわかりませんね。そこで頭痛の特徴と原因について調べてみました。

基礎体温が高温期の時は体温が日中も高いの?

妊活中の女性は、基礎体温をグラフにして、高温期が何日目というように、体温が気になるようです。高温期の日中の体温は微熱の人もいれば、日中は下がる人もいます。妊活という言葉ができるほど、今は女性の体が変化しているのでしょうか?結婚する年齢がが遅くなっていることも自然と妊娠できない状況の方が増えている理由ででしょう。

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさんや芸能人も実践していると聞きますが、本当に効果があるんでしょうか?調べてみると、お医者様を中心に異を唱えている人が多数。どういうことなのか、まとめてみました。

白内障の手術は怖い?どんな手術をする?

白内障は高齢の方に現れやすい現象で、進行すると視力が低下します。日常生活に支障をきたす前に、手術をすることが必要です。しかし目の手術となると怖いイメージがあるのではないでしょうか?今回は白内障手術の実態について調べました。

夜ご飯を食べないと痩せる?夕食抜きダイエットとは

ダイエットにチャレンジするけどなかなかうまく痩せない…という人は夕食抜きダイエットはいかがでしょうか。夜ご飯を食べないダイエット方法ですが、短期間で痩せたい人にはお勧めのようです。しかし注意点もあるので紹介します。

髪を切り過ぎた…!切った後悔から一刻も早く立ち直る方法

心機一転髪を切ったのは良いけど、イメージと違う…。隠しようがない場所なだけに、自分の気に入らない髪型にされたら後悔もひとしおですよね。ですが、何も対処法がないわけではありません。できるだけのことをして後悔から早く立ち直りましょう。

ラーメンのスープは飲む?飲まない?飲むことででる影響とは?

あなたはラーメンを食べるときにスープまで飲む派ですか?どうせラーメンを食べるならカロリーなんて気にしないでスープを全部飲む!という人もいるでしょう。しかしラーメンのスープで気にしないといけないのはカロリーだけではないようです。

奥歯の歯茎が腫れて痛い!膿がたまる病気とは?

口の中でも細菌に感染すると歯茎が腫れたり、膿がたまってしまうことがあります。歯の奥に膿がたまる病気に歯根嚢胞というものがあります。奥歯がこの病気になると食べ物を食べるもの痛くなってしまうようなので早目の処置が必要です。

椎間板ヘルニアとは

椎間板が変性して線維輪に亀裂が入り、そこから髄核が押し出され、後方を走る神経根を圧迫することで、神経症状が起こるものである。椎間板ヘルニアは頚椎や胸椎にも起こるが、腰椎に最も起こりやすい。好発高位はL4-L5、L5-S、L3-L4の順である。加齢に伴う退行性変化が大きな原因だが、重いものを持つことや、スポーツなどの力学的な負荷がきっかけとなる症例も少なくない。同一家系に多くみられ、遺伝の関与も指摘されている。10代から60代まで幅広い年齢にみられ、男性に多い。

引用元-ナースフル

スポンサーリンク

  人気記事

椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアにおいて出現する代表的な症状としては、下記のような症状が見られます。
片側の下肢痛。臀部から足にかけ、猛烈な激痛を訴えることが多い。
せきやくしゃみでも、激痛がおこる。
ヘルニアが巨大な場合、両側に症状が出ることも。

・坐骨神経痛
・腰痛
・腰から足先にかけてしびれや痛み
・感覚障害
・冷感
・筋力の低下
・重度の場合 排尿障害なども

脊髄や神経根の圧迫によって、いわゆる坐骨神経痛が引き起こされるのも特徴的な症状の一つ。

引用元-よくわかる!椎間板ヘルニアの勘どころ

椎間板ヘルニアの保存療法

①神経ブロック
 激しい痛みを抑えるために、局所麻酔やステロイド薬を注射し痛みを和らげ
 ます。注射の部位によっては、患者さんの安全を考えて、入院が必要な場合
 もあります。
②薬物療法
 非ステロイド性消炎鎮痛薬や筋弛緩薬を使って痛みを抑えます。
③理学療法
 痛みが落ちついたあと、筋肉を強化するための体操や、専用の器具で身体を
 「牽引」することなどが行われます。

引用元-椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアの手術とは

3か月以上保存療法を行っても、症状が改善されないしびれや麻痺などの神経障害が進行している神経が圧迫されて尿がでない「排尿障害」があるなどでは手術を検討します。後方椎間板摘出術が最もよく行われています。

後方椎間板摘出術

背中の皮膚を切開し、腰椎の後ろ側から飛び出したゼリー状の物質を取り除く方法です。手術時間は1時間ほど、入院は1週間程度です。最近は内視鏡を用いるケースが増えています。

手術後の注意点

手術の翌日には歩くことが出来、デスクワークなら2週間位で復帰できます。重労働の場合は2~3か月間かかります。ゴルフなどの運動は3か月程度控えます。手術前は痛みのため、身体をあまり動かさない患者さんが多いので筋力が低下しています。手術後は、特に問題がなければウオーキングんどの運動を積極的に行ない、筋力をつけることが大切です。

引用元-ナースほど誇れる仕事はありません

手術後の看護のコツは?

椎間板ヘルニアのリハビリテーションは手術が成功した後、すぐに始めることが大事です。それも運動療法なのですが、痛みが治まって少しずつでもいいですから身体を動かします。具体的には、椎間板ヘルニアでは腹筋、背筋のリハビリが必要となります。

つまり、腹筋と背筋を鍛えることがリハビリの眼目になるということです。筋肉は使わないでそのままにしておくと、退化するというか衰えていきます。そうならないようにするにはリハビリをすることしかありません。

といって、アスリートのようにハードな運動は逆に身体を傷めつけることになります。医師、理学療法士が作ったメニューに従って、自分が出来る範囲内で行います。ここでの目標は腰への負担を軽くすることで、そのために腹筋、背筋を強化するわけです。

この二つを鍛えることで姿勢も良くなり、背筋へのストレスがかからないスムーズな動きが可能になります。そして、椎間板への負担が減ることで、痛み、しびれから解放されるようになるでしょう。

引用元-椎間板ヘルニアの手術!痛みやしびれ、炎症の原因は?6人の名医が明かす4つの手術法と3つのリスクを徹底解説!|WELQ [ウェルク]

手術後退院した後は

最初の2ヶ月間は日常生活をするのが精一杯です。立ったり座ったりも一人でできますが、以前のようにヒョイッというような感じにはいきませんので、少しずつ少しずつ無理をしないで地道に過してました。術後、しびれはなくなって楽になりましたが、時々神経が痛む?ような錯覚にとらわれていたように思います。これはよくあることらしいのです。少なからず神経に椎間板が触れていたので「なごり」とでもいうのでしょうか?これにはせっかく手術したのに・・・と少々不安にさせられましたが徐々に薄れてゆきました。

引用元-椎間板ヘルニア@マガジン

まとめ
椎間板ヘルニアの手術後は再発の恐れもあるので細心の注意を払って看護をする必要があるようですね。

twitterの反応

 - 美容・健康