まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

子供が布団をはいでしまう…夏の快眠のコツとは

      2016/09/07

 - 日常・生活

近年真夏といえばほぼ毎日熱帯夜。朝起きてみたらお子さんが汗だくで布団から大幅にはみ出して寝ているなんてことも日常茶飯事かと思います。風邪を引かないようにするには?少しでも快適に眠るには?おすすめの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

  関連記事

貯金の口座の使い分けの仕方

あなたは単身者ですか?結婚してますか?どちらにしても貯金の管理は必要です。目的に合わせて、銀行も変えると良いでしょう。お給料が振り込まれたら、まず、口座の使い分けをしましょう。生活に必要な額はどのくらい?貯金はいくら?自由に使えるお金はいくら?ゆとりができたら、引き下ろせないお金も貯蓄しましよう。

自宅から駅までの距離の測り方

物件探しの際に重要になってくる自宅から駅までの距離。物件情報に表記してある「駅まで○分」とはどのように調べられているのだろう、本当に所要時間はあっているのか気になりますよね。そこでどのように計算されているのか調べてみました。

原付運転初心者の方必見!原付に乗る時に注意すること

原付の免許は取るのも手軽で、原付に乗るとちょっと遠出する時に便利ですね。しかし手軽な反面気を付けて乗らないととても事故が多い乗り物だと知っていましたか?今回は運転初心者の人に是非知ってほしい、原付の運転の仕方について調べてみました。

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」「130万円の壁」を意識されているかと思います。せっかく頑張って働いても世帯収入が減ってしまった、なんてショックですよね。今その゛壁”が変更になろうとしています。新たに106万円の壁が!?まとめました。

洗濯洗剤・柔軟剤の正しい入れ方と使い方

皆さんが使っている洗濯洗剤は、粉タイプですか? 液体タイプですか?柔軟剤も今はいろいろ出ていますが、お気に入りのものはありますか?汚れを落として抗菌・防臭までしてくれる洗剤や、気分の上がるステキな香りの柔軟剤、いいですよね。でも、「まっしろ!」とうたっている割には汚れが落ちなかったり、柔軟剤もイマイチ香りが残らなかったり。どうしてなの? もしかして使い方、間違ってる?そんなお悩みを解決するべく、調べてみました。

旦那の弁当って皆作ってるの?節約の為に始めたい時にみるまとめ

ランチ代が1日500円だとしても月や年に換算すると、結構な大金になるんですよね。「節約の為に旦那にお弁当を持たせようかな」と思ったあなた。やみくもに始めても長続きしませんよ!世の中にはこういう考えの旦那様もいるんだってことを理解した上で、自分たちにはどのようなスタイルが合っているのか判断してみてください。

アイロンのスチームが目詰まり?

アイロンはスチームアイロンが主流となりましたね。毎日使っているとスチームの量が減ってきているような…。これってスチーム目が目詰まりしているのです。そこでアイロンのスチーム目詰まりのお手入れ方法を調べてみました。

日焼け止めは衣類から!紫外線を防止するシャツの選び方

夏になると怖いのが、蚊と日焼けだと思いませんか?特に日焼けは年齢を重ねてから色々なデメリットが出てきてとても厄介です。日焼け止めを塗るのは基本として、シャツなどの衣類でも十分に防止しましょう。

卵の賞味期限…実際はいつまで食べられる?

卵を冷蔵庫に常備している方も多いと思いますが、賞味期限を過ぎた後いつまで保管していますか?少しでも過ぎたら捨ててしまっている人、ちょっとストップ。その卵、まだ食べられるかもしれません。

イカ墨は自分で洗濯しても落とせる?

イカ墨は料理にも使われる食材ですがその色は真っ黒ですね。もしこのイカ墨が服についたら洗濯してもとれるのでしょうか?今回はイカ墨の汚れを洗濯できれいに落とす方法を調べました。

畳の部屋にベッドを置く場合は凹みに注意!凹ませないためには

畳の部屋にベッドを置くことを考えている人もいるのではないでしょうか?しかし畳の上にベッドを置くと畳が凹んでしまいますね。この凹みを付けないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

おいしいキャベツの千切りが作りたい!簡単にできる方法とは?

とんかつ屋さんのキャベツの千切りはとても細かくふわふわで、味も美味しいですね!家であの千切りを再現することはできるのでしょうか?実はある道具を使用すれば意外と簡単にできるようです。

冬に子供とお風呂に入る工夫

パパの帰りが遅くて、毎日ママが子供をお風呂に入れるご家庭は多いことでしょう。ねんねの頃、タッチの頃は特に気配りが大変です。冬の寒い時期に安全に気を付けながら、お風呂に上の子供も順番に入れるにはどのような工夫が必要でしょう?食育、浴育は子育ての原点です。

家の玄関のタイルは何色がいい?

家を建てる時、またはリフォームなどで玄関タイルを張りかえる時、何色にしたらいいか迷いますよね。せっかくだからステキな色にしたいけど、汚れが目立ったりしたらイヤだし…。玄関タイルって何色が正解なの?ということで、調べてみました。

朝食はパン派の人のためのヘルシーな朝ごはんメニュー5選

最近は和食の大切さが叫ばれていますが、アンケートによると朝食にパンを食べる人は依然として多数派だそうです。ヘルシーなパン朝食にするには、どんなメニューが良いのでしょうか?

リビングの和室には小上がりとフラットどっち?

家を建てたり、リフォームする時に一度は考えるのが小上がりの和室だと思います。リビングに小上がりの和室があるとなんだかとてもおしゃれですね。実際は小上がりにするのとフラットにするのはどちらがいいのでしょうか?

保育園から幼稚園へ転園!どうすればいい?

保育園や幼稚園に通っていて、事情により転園しなければならなくなる時がありますね。そんな時の手続きなどはどうすればいいのでしょうか。子どもの環境が変わってしまうのも心配ですよね。今回は保育園と幼稚園の転園について調べました。

赤ちゃんをお風呂に入れるには!?耳に水は入らない?

沐浴の期間が終わっていざ赤ちゃんと一緒にお風呂に入る!となると初めての時は緊張しますね。特に水が耳に入らないかハラハラしますが、耳に水が少しくらい入っても大丈夫なようです。今回は赤ちゃんをお風呂に入れる注意点を調べました。

女性の仕事と家事の両立は永遠のテーマなの?

ニュースでもよく取り上げられる女性の社会進出と子育て問題ですが、女性の仕事と家事の両立は永遠のテーマなのでしょうか?各家庭の環境はちがいますが、女性が仕事をするということは周りの協力や理解が必要になってきます。みんなどうやって両立させているのでしょうか?調べてみましょう。

大学進学で一人暮らし!女性が気を付けることは?

大学に合格して、四月からは一人暮らしを始める!という人も多いでしょう。家を出て一人暮らしを始めることはとても楽しみなことですが、女性の場合はいろいろと気を付けないといけません。今回は女性の一人暮らしについて調べました。

子供の寝相対策!夏でもエアコンの温度は高めに設定

子どもは就寝中、成長ホルモンが出ると身体が熱くなり、体温を下げるために布団をはぎ、寝返りをうちます。「うちの子、寝相がすごく悪くて…」というお子さんは、まさに成長の真っ最中ということ!布団をはぐことを前提として、エアコンは少し高めの28℃に設定し、風が直接当たらないようにしましょう。

防犯上問題なければ、寝る直前にエアコンを切って窓を開け、外気を入れて扇風機やサーキュレーターで湿度を外に出すと快適に眠ることができます。

引用元-mamaPRESS

スポンサーリンク

  人気記事

子供の布団は何を選ぶべき?

布団をかけすぎていませんか。子どもが布団が重くてつらそうなら、軽い素材のダウンなどに替えてあげましょう。また枚数が多いようなら減らします。

枚数を変化させるのは軽い綿毛布などがおすすめです。ダウン布団や重い毛布を増やすと、子どもにとってはかなりの負担になり、逃げだす原因になります。

春秋など気候の良い涼しい季節でも激しく動き回るタイプの子なら、どんなに工夫しても夜中にじっと寝ていることは難しいものです。

そんなときは子ども布団ではなく、大人用の布団をかける、ダブルサイズにするなど逃げてもOKなサイズを探しましょう。

引用元-布団を蹴るなど寝相の悪い子供…寝冷え対策に使える7の方法 | MARCH(マーチ)

夏におすすめの素材はリネン

リネンの特徴は、水分をすばやく吸い取って外に逃がす能力が高いことです。また、コットンとくらべて4倍の通気性があるとも言われています。

アウトラストなどに代表される最先端の素材もいいかもしれませんが、天然繊維もあなどれません。とくに湿気を外に逃がすという点では、リネンが一番の素材でしょう。暖かさを保つことは得意ではないので冬には使えませんが、その快適さを考えれば夏専用にしても充分おつりがくると思います。

引用元-サプリで睡眠の質を改善しましょう!

ひんやりするタイプのシーツもおすすめ

シーツを冷んやりするタイプの物に替えるのも効果ありです。竹シーツは人気ですね。また、夏といえば昔から麻を着ますが、シーツでも麻素材の物はとても涼しいそうです。

引用元-いちみのまとめも

子供は汗かき!吸水性の良さも意識して

子供はどうしても睡眠中動き回るし、暑いのが嫌い。ならば、少しでも快適に眠れるように、寝具に気を使ってあげましょう。

例えば、吸湿性に優れた敷きパッドを使って、子供の汗をしっかり吸い取ってあげれば、さらっとした肌触りで、快適に眠り続けられますね。シーツやタオルケット、または着るパジャマも、通気性のよいものを選んであげましょう。

引用元-iemo

寝汗対策は広範囲がベスト

夏に限ったことでもないのですが、特に夏がひどいです。同じ布団で寝ているので、被害はこちらにも飛び火。寝返りをうってそこがびっしょり濡れていてびっくりすることもしばしば。ひんやり系の敷きマットを敷いてみたり(安物だったのでひんやりしない!)、まくら用のひんやりジェルを買ってみたりしましたが、とにかく寝相が悪いので、ひとところにとどまらない。つまり広範囲で対策をしないといけないことが発覚。

そこで、考えたのがバスタオルを敷くこと。あまりにも単純ですがこれしかありません。寝相が悪いのでフェイスタオルでは小さすぎ。そこで、バスタオルを横に敷いて、よれないように敷き布団に挟む。

あとは、寝付くときに特に汗をかきやすいので、最初だけ弱めに扇風機を回す。それでも寝ているうちに動き回って、気付くと私の足元に横になって寝ています。そして、そのあたりが汗でしっとりしていることもよくありますが……。対策として効果が出ているのかいささか疑問は残ります。

引用元-赤すぐ みんなの体験記

まとめ
子供は大人より暑がりなもの。冷えるからといって無理に厚着をさせたりするのはやめておいたほうが良さそうです。

twitterの反応

 - 日常・生活