まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

小学校の授業についていけない!その原因と対処法とは

      2016/09/11

 - 日常・生活

小学校に入学すると今までとは環境がガラッと変わるために授業になかなかついていけない子供もでてきます。そんなときはどうしたらいいのでしょうか?今回は子供が学校の授業についていけないときの対処法を調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

在宅の仕事で稼ぎたい!本業にすることは可能?

最近はパソコンの普及で在宅で仕事をしている人も増えましたね。多くの人は副業としてその仕事を始めたのではないでしょうか?在宅の仕事を副業から本業にするにはどうしたらいいのでしょうか。

イカ墨は自分で洗濯しても落とせる?

イカ墨は料理にも使われる食材ですがその色は真っ黒ですね。もしこのイカ墨が服についたら洗濯してもとれるのでしょうか?今回はイカ墨の汚れを洗濯できれいに落とす方法を調べました。

人感センサーのLEDで玄関の外も中も省エネ

人感センサーは防犯用に使われていました。LEDが開発され、長寿命で電気代がかからない電球ができました。そしてまた進化して、人感センサーを室内に取り入れる構想が・・・必要な時だけ点灯してくれるのが便利です。外出から帰った時の真っ暗な室内に電気がついたら嬉しいですね。

雨で外で遊べない!子供におすすめの家遊びは?

雨の日は外で遊べなくて子供にとってはストレスが溜まりますね。そんな雨の日でも工夫次第で家の中で楽しく遊ぶことができます!今回は子供におすすめの家遊びについて調べました。

夜間の授乳はミルクにしても大丈夫? 混合授乳について

完全母乳で赤ちゃんを育てているお母さんは、夜中の頻回な授乳が大変ですよね。せめてもう少しまとめて眠ってくれたら…お母さんの方が寝不足でツライ。他の人にもお願いできるように、夜だけミルクにしちゃダメかしら?そんな疑問から、調べてみました。

中学生が勉強しない理由とは?親がするべきこと

中学生になると環境の変化などで子供が勉強をしなくなることもあるようです。やる気がおこらず、勉強をしない子供にやる気を出させるにはどうしたらいいのでしょうか?今回は勉強をしない子供に勉強をさせる方法を調べました。

冬に子供とお風呂に入る工夫

パパの帰りが遅くて、毎日ママが子供をお風呂に入れるご家庭は多いことでしょう。ねんねの頃、タッチの頃は特に気配りが大変です。冬の寒い時期に安全に気を付けながら、お風呂に上の子供も順番に入れるにはどのような工夫が必要でしょう?食育、浴育は子育ての原点です。

子供がゲーム依存症になる理由とその予防方法

母親「ご飯の時間よ~!はい!ゲームはおしまい!」子供「え~」 こんな会話をしたこともあるのではないでしょうか?上記は可愛いものですが、子供がネットやゲームに熱中しすぎてコントロールが出来なくなってしまう「ゲーム依存症」が増えています。依存症の症状と影響力について、
そしてどうしたら依存症を防げるのかまとめました。

マンションの管理会社の役割は?苦情には対応してもらえる?

マンションに住んでいる場合は、騒音などのトラブルに巻き込まれることもあります。ご近所の騒音の苦情はどこに言えばいいのでしょうか?直接言うと、こじれる場合があるので、管理会社に言うのがいいようです。今回はマンション管理会社について調べました。

妊娠中の仕事がつらい!休みがちになる前にしておくこと

妊娠すると仕事をどうすべきか悩むところですね。妊娠中の体調の変化は様々なので急に仕事を休まなければならなくなることもあるかもしれません。そこで仕事を休みがちになる前にしておくべき事を調べました。

どこで受ける?浪人生のセンター試験の会場について

大学入試を受ける人は、センター試験対策を早いうちからしていることでしょう。それは現役学生も浪人生も同じです。しかし、浪人生の中には自分はどこの会場でセンター試験を受けるのかと不安になっている人もいるのでは?今回はそんなセンター試験の会場について調べてみました。

子供が布団をはいでしまう…夏の快眠のコツとは

近年真夏といえばほぼ毎日熱帯夜。朝起きてみたらお子さんが汗だくで布団から大幅にはみ出して寝ているなんてことも日常茶飯事かと思います。風邪を引かないようにするには?少しでも快適に眠るには?おすすめの方法をご紹介します。

楽天カードのリボ払いって何?リボ払いを賢く使うには

楽天カードはとにかくポイントがたくさん貯まるので利用している人も多いのではないでしょうか?そんな楽天カードはリボ払いにすることでさらにポイントが貯まるようですが、利用するときは注意しないといけない場合もあるようです。

玄関の鍵を交換したい!おすすめの鍵は?

現在玄関の鍵には様々な種類があります。古い鍵は鍵をかけていても意味がないと言われるくらい防犯には役に立たないようなので、古い場合は鍵を交換していみてはいかがでしょうか。今回はおすすめの玄関の鍵を調べました。

子供の教育、習い事は何がいいの?いつから始める?

日々成長する子供を見ていると、学校以外の教育として習い事をさせようと考えます。子供の個性に合った習い事、時期に悩みます。そんな子供の習い事のことを調べてみました。

赤ちゃん部屋のハイハイ対策

赤ちゃんのいるご家庭は、ハイハイが始まると目が離せません。何にでも興味津々です。手の届く高さまで、部屋の中には物を置かないようにしてください。小さなものをつまんで口に入れるので注意が必要です。

肉をおいしく食べたい!冷凍保存したらいつまでOK?

見出し1 肉には種類によって傷みやすい!?1.1 1.消費期限ランキング1.2 …

もやしはどう保存する?冷凍した場合の日持ちはどのくらい?

もやしは保存方法をあやまるとすぐに傷んでしまいます。どのようにすれば日持ちするのでしょうか?またもやしは冷凍保存は可能なのでしょうか?今回はもやしが日持ちする保存方法について調べました。

取引き先の銀行への入金はどうやる?振り込みのやり方

ネットショッピングやオークションなどで取引をした場合は取引き相手の銀行に入金をする必要があります。入金の方法にはどのようなものがあるのでしょうか。今回は相手の銀行への入金のやり方について調べました。

掃除機を選ぶならサイクロン?紙パック?

掃除機には2種類のタイプがあります。以前、紙パック式は画期的と言われました。いつしかそれが普通になりました。そのあとに開発されたのがサイクロン式です。この2種は集塵の仕方で掃除方法に違いがあります。あなたにピッタリなのはどちらかでしょう?

小学校に入学して授業についていけない!といったことにならないために

夏休みまでの授業の流れを考えると、学校に入る前の事前学習が大切なのだなと改めて感じます。
はっきり言って、授業の進み方は早いです。
学校の授業のみでついていけるかといえば、疑問がのこります。
だからこそ、入学前の家庭での事前学習が重要になってくると感じています。
小学校入学前にやっておいたほうがいいことをまとめると
・ひらがなを「読める」「書ける」にしておく。
※ちなみにここと字はきれいに書くものとして教えると字をきれいに書く子になります。
我が家の場合は、通っていた幼稚園が字をきれいに書くのにこだわってくれておかげで 二人とも字を丁寧に書く子になっています。

・本の読み聞かせをたくさんする
※自分で読めるのならそれでもいいと思います。
子供が読みたいと思う本をどんどん与えてください。
自分で読まないのであれば、読み聞かせをたくさんしてあげてください。

国語に関しては、この2つのことをしていれば入学して早々に躓くことはないでしょう。
勉強の部分で余裕があれば、小学校の新しい友達や新しい生活に慣れるのに意識を向けられますので、勉強以外の生活面でも子供の負担を軽くしてあげることにもつながります。
ぜひぜひ、小学校入学前に「ひらがなの読み書き」「読み聞かせ」 をしてあげてください。

引用元-小学生の家勉

スポンサーリンク

  人気記事

小学校の勉強時間の目安は

勉強時間の目安は学年×10分が理想

小学校低学年のうちに学校から帰ったら勉強する。
といった習慣を癖づけることがその後の小学校高学年、中学校、高校への学習生活の基礎となるそうなので、1年生なら1日10分なので、忙しいママさんでも、見てあげることができるのではないでしょうか?

引用元-働くママ必見!授業がついていけない小学一年生の成績を上げる勉強法とは?

授業についていくには!小学校の勉強は毎日しよう!

低学年の勉強のポイントは「毎日」。時間は少しでもOK!

そのうち否が応でも勉強しなければならない時が来るから、それまでは毎日をのんびりと過ごさせたい。
そう考えるお父さんお母さんは結構いらっしゃるようです。
実際、幼い子どもの自由遊びは、体が丈夫になったり、興味の幅を広げたりするのに欠かせないものです。
思い切り遊ぶのは、幼い子どもたちにとって大切なことと言えるでしょう。

ですが、のんびり育てるというポリシーでやって来られたご家庭が、後々、お子さんの勉強についてとても悩むことになるケースが、実は多いのです。
小さいころに、毎日家で勉強することなく、のびのびと遊んで過ごした子どもは、勉強をする癖がついていません。
毎日遊び、勉強はしない、というのが当たり前になっているのです。

今はまだ小さいから、高学年になればやるから、中学生になったら本腰を入れて、なんて言っているうちに、勉強できない癖をずるずると引きずっていってしまうのです。
つまり、子どもが自ら勉強するようになるには、勉強しなければならない時が来る前、つまり、小学校低学年の頃から、毎日勉強する習慣をつけることが、何よりも大事なのです。

引用元-子育ての達人

子供が小学校の授業にどうしてもついていけないと感じるときは

考えられる可能性

1.全体的な発達水準(理解力)が低い

教科に関係なく、どの教科でも遅れが見られていたり、理解するまでに何回も繰り返し説明し問題を解くことが必要だったりする場合には、同年齢の子どもに比べて、全体的な発達水準(理解力)が低い可能性があります。
発達水準が低い中でも、年齢相応と言われる水準との境界に位置しているような場合には、小学校1~2年生の頃は大きな遅れは見られないものの、3~4年生頃から遅れが目立ち始める場合があります。

2.応用力が弱い

算数で計算はできるが文章題になると難しい、国語で漢字は覚えられるが文章読解が解けないといった場合には、「パターンが決まっているか」、「応用力が求められるか」で解ける問題に違いが見られ、応用力の弱さを有している可能性があります。

引用元-cotree

もしも発達障害を指摘された場合は

発達障害かもしれないと言われても、落ち込む必要はありません。
疑いがあるだけで単にゆっくり成長しているだけということも多々ありますし、軽度な障害であればきちんと療育すればほとんどの場合は改善が見られます。

発達障害かも、と言われるとかなりショックですが、信じたくないと頑なに否定していても症状は改善せず、かえって悪化するだけです。

発達障害であることが明確になれば、周囲の接し方も変わります。
まず親が発達障害を受け入れ、周囲に理解を求めないことには、子供を取り巻く環境は変わりません。

普通の子と同じように育てたいという気持ちはわかりますが、周囲に発達障害であることを理解してもらわないと、ただ「わがままな子」「乱暴な子」「落ち着きのない子」といったレッテルを貼られてしまいます。
これでは子供がますます生きづらくなるだけです。

引用元-MARCH

まとめ
いかがでしたか?授業についていけてないと思ったら少しずつ勉強をする習慣を身に付けましょう。余裕があれば入学前にひらがなの読み書きを少ししておくといいかもしれません。

twitterの反応

 - 日常・生活