まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

黒板をひっかいて鳥肌が!鳥肌が立つ音の振動とは

      2016/09/15

 - 雑学

黒板を爪でひっかくと鳥肌が立つ音が出ますね。この鳥肌は何故不快な音を聞いた時に立つのでしょうか?人が不快に思う音の振動は周波数でだいたい分かっているようです。また鳥肌が立つ仕組みも調べましたので紹介します。

スポンサーリンク

  関連記事

英語のメールは要注意!ウイルスに感染しないために

パソコンでメールを利用している人はほとんどだと思いますが、英語のメールが届いたことはありまんか?知らずに添付ファイルを開いたりするとウイルスに感染することがあるので要注意です。今回はウイルスメールの見分け方を調べました。

花言葉は愛情表現がしやすいの?

花言葉は花の数だけあるのでようか?誰が決めたことなのでようか?大きな花束ではなくても、女性なら花をプレゼントしてもらうと自然と笑顔になります。また、普段は気にしませんがもらった花の花言葉も気になり調べてしますこともあります。そんな花言葉のいろいろを調べてみました。

バイクの自賠責保険はどうなる?乗り換え時の手続き

バイクに乗っている人は必ず自賠責保険に入っていますが、乗り換えた場合はその保険はどうなるのでしょうか。解約すると残りの月分は返金されるようです。今回はバイクの自賠責保険の解約と変更について調べました。

AMラジオが入らない!うまく聞く方法

AMラジオが入らないという事はよくありますね。最近はパソコンやスマートフォンでも聴けますが、どうすればうまく入るのかと試行錯誤したことがある人もいるでしょう。今回はAMラジオが入らない時の改善方法を調べてみました。

テレビが映らない!?新築一戸建てを購入した場合のアンテナ設置

新築の一戸建てを購入した場合はテレビはそのままでは見ることはできません。テレビを視聴する方法はいくつかありますが、一般的なのはアンテナを設置することです。今回は新築一戸建ての場合のアンテナ設置について調べました。

欲しいチケットはどうとる?コンビニとネットはどっちがいい?

見出し1 コンビニやネットで欲しいチケットを取る方法1.1 インターネットを利用 …

パスポートの更新をするには!?どのくらい時間はかかる?

パスポートは時期が来たら更新をしないといけません。パスポートの更新はいつから可能なのでしょうか?また更新にかかる時間はどのくらいなのでしょうか?今回はパスポートの更新について調べました。

センター試験の数学の勉強法☆コツを掴めばあなたも○点!

数学のほかにも勉強しなければいけない科目はたくさん。。やらなくちゃと思いながら、後回しにしていませんか?センター試験の数学に頭を抱えている学生さん!そろそろ、対策たてて頑張ってみませんか?コツを掴めば、高得点が狙えますよ!

キャッシュカードを紛失したら必ず悪用されますか?

よくある例として、ATMの台の上にキャッシュカードを置き忘れること。通帳を確認したり、現金を財布にしまっている間に、台に置いたことを忘れること。拾った人のすべてが良い人とは限りません。気付いたら、優先されるものから順番に手続きをしてください。

アパートの契約期間中に引っ越したい!違約金は発生するか

急な転勤などで引っ越さないといけなくなった時に気になるのが現在住んでいるアパートなどの解約時の違約金ですね。契約期間が定められている場合、引っ越しの違約金はどうなるのでしょうか。

オオクワガタの幼虫はどう飼育する?割り出しとは

オオクワガタといえば日本のクワガタの王様で好きな人多いですね。現在は数が少ないため山などで見つけるのは困難なようですがそれでも飼いたいならば自分で飼育してみてはどうでしょうか。卵を産ませて幼虫から育てるには割り出しという作業が必要なようなので紹介します。

軽におすすめのタイヤとは?スタッドレスタイヤについて

冬になると夏用タイヤの場合はスタッドレスタイヤなどに履き替える必要があります。それは軽自動車も例外ではありません。今回は軽自動車におすすめのスタッドレスタイヤについて調べました。

最近 DVDデッキのトラブルが多い

DVDのデッキがある日突然動かなくなった経験はありませんか?何が原因なのでしょうか?1つずつトラブルを確認してみましょう。5年使っていた場合、すでに保証期間が過ぎているでしょう。修理費用は高くつくので、買い替えを検討する時期かもしれません。

LEDのルーメンって何?車のヘッドライトを変更する場合

車のヘッドライトにはHIDやLEDなどの種類があります。LEDのライトにはルーメンという表記がありますがこれはどういった意味なのでしょう?また車のヘッドライトをLEDに変更するときに気を付けることはあるのでしょうか。

道路の白線の材料は何ですか?

道路の白線は特殊な材料が使用されています。車のタイヤの摩耗に耐えられるように、摩擦に強い材質になっています。また、夜間や雨天の時もライトが当たると反射せれて、運転手の安全を守る材料が使われています。路面標示や駐車場にも使われています。

海外からも高評価!?日本のコンビニは世界一!?

日本のコンビニは海外の旅行者が一度は行ってみたいと言われるほど高評価のようです。なぜ日本のコンビニは海外からもいい評価を得られるほどの成長したのでしょうか?今回は日本のコンビニについて調べました。

車のナンバーで所有者が分かる!?現在は難しいプライバシーの問題とは

昔は車のナンバーで所有者を知ることが簡単にできたって知っていますか?車の登録情報は陸運支局で知ることができましたが個人情報保護の観点から今は手続きが複雑になっています。今回は車のナンバーで所有者を知る方法を調べました。

三宅島・三原山の噴火~火山がある生活~

日本には110もの活火山があり、それは世界の数の7%にもなります。東京にも三宅島・三原山という火山があり、噴火により避難を余儀なくされた過去もあります。昔から近くに住んでいる人にとっては、火山は身近な存在なのです。

成田空港のターミナルの違いとは?

もともと成田空港にターミナルは一つしかありませんでした。1992年より第2ターミナルが使われるようになってきましたが2つのターミナルはどう違うのでしょうか。今回は成田空港のターミナルについて調べました。

Beatsのイヤホンで楽しむミュージック♪音質はどう?

NO MUSIC,NO LIFE。お気に入りのイアホンやヘッドホンで、曲を聞く楽しみ。音楽を愛する人のこだわりのブランド〝Beats”。実際に使っている人などの意見をまとめました。

鳥肌が立つ仕組みとは

恐怖や寒さで交感神経が緊張する

鳥肌は、恐怖や寒さなどの刺激で交感神経が緊張すと現れます。そのため恐怖や寒さを感じても鳥肌が現れないことがあるのです。交感神経が緊張すると鳥肌が現れる原因は、それに支配されている立毛筋が収縮するからです。立毛筋とは体毛の根元についている筋肉です。この筋肉が収縮すると体毛が逆立ち、毛穴が閉じます。同時に、収縮により毛穴の周りの皮膚が持ち上がるので鳥肌が現れるのです。このような原因で、皮膚がブツブツになると考えられています。

自分の意思ではコントロールできない

鳥肌は交感神経の緊張が原因で起こるので、自分の考えひとつでコントロールするのは不可能です。つまり、意識せずとも恐怖や寒さなどの刺激が加わると鳥肌が現れてしまうのです。自分の気持ちや考えに関わらず鳥肌が現れると心配になりますが、それは身体に備わる正常な働きです。基本的には心配する必要はないと考えられています。

引用元-メディシル

スポンサーリンク

  人気記事

黒板のひっかき音で鳥肌!不快に思う理由とは

黒板のひっかき音を不快に感じる理由

爪が当たると高い音を立てて鳴り響くひっかき音は、その場にいる全員が一斉に背筋が凍るような感覚に陥ります。英科学者による音響研究がなされた結果、黒板のひっかき音は90%以上の人にとって不快感を抱く音だと判明しました。本能的に恐怖や不安を感じる周波数であり、ルーツは人間が進化してきた歴史と大きな関係があるようです。

引用元-川村耳鼻咽喉科クリニック『耳寄り通信』

ひっかき音の振動が不快に感じる?

最も不快に感じる周波数帯

人間が最も不快に感じる周波数帯は、2000〜4000ヘルツだという研究結果がウィーン大学の研究者によって発表されています。黒板のひっかき音は、この周波数帯にあてはまり、人間の感じる不快ゾーンを敏感に刺激するものです。不快に感じる周波数帯で、特定の音域に強く反応します。たとえ雑音が紛れ込んでいても、不快音は一定の強さを保った音であるため、感じ方に変化はありません。人間の会話は150〜7000ヘルツの間。黒板のひっかき音は、この周波数帯の中間に位置。人間の可聴周波帯でも、特に過敏に反応する音なのですね。人間の耳から入ってきた音を、情報を処理しながら外耳道で増幅します。不快に感じる周波数は増強されやすい周波数帯にあるのでしょう。外耳道の構造的な問題もかかわり、より大きく音を感じているようです。

引用元-川村耳鼻咽喉科クリニック『耳寄り通信』

ひっかき音は危険を察知して鳥肌が立つ!?

キ~というあの音は、自分を襲おうとしている敵の声。つまり「危険」と結びついているからこそ、背筋がぞっとするほどイヤな感じがするのか。この説明はすっと腑に落ちました。しかし、この説も推測にすぎず、まだ立証されていないそうです。

何といっても興味深いこと。それは、さまざまな民族や文化、言語の差異を超えて、人が不快を感じる音というものが共通している、ということ。これを、「痕跡反応」と呼ぶそうです。

「痕跡反応」とは、生命をめぐる生存と闘争の歴史が育んできたもの。人間の独特な経験が創り上げてきたもの。

世界中には宗教や民族の違いによる激しい対立がありますが、ぐっと視点を引いて人類の長い歴史から眺めてみれば、「人間はみな似通っている」ということかもしれません。

引用元-ニコニコニュース

不快でも感動でも鳥肌が立つ仕組みは同じ

まず、人間以外の哺乳類のほとんどには濃い体毛に覆われています。交感神経は緊張や興奮によってが刺激されるものですが、実は「寒さ」にも反応する神経系なのです。

そして立毛筋によって毛を逆立てることで毛と毛の間に空気の層ができることで身体から体温が奪われるのを防ぐ……これが鳥肌の本来の機能なのです。

また、毛穴を収縮させることで外に熱が逃げないようにし、その収縮動作そのものによって熱を発生させる機能があります。しかし、いずれにしてもそれは長い体毛があるからこその結果です。毛が濃い男性といえど子猫よりも毛は薄いものです。

つまり、人間にとっては鳥肌というのはあまり意味がないものなんです。とはいえ、これでは感動によって鳥肌が起こるメカニズムが明かされたことになりませんので、さらにつっこんで解説していきたいと思います。

結論から言って、実は三種類のどれも変わりがないのです。感動にしても寒さにしても恐怖にしても、わたしたちが「認識」することとしては当然別のものなのですが、身体からすれば交感神経刺激→立毛筋収縮という以上のことではないのです。

要するに、感動、寒さ、恐怖のいずれにしても交感神経が反応する……実はこれだけのことなんですね。何を食べても胃は消化しようとするように、要するに生理現象のひとつなんです。こう言うとちょっと夢のないように感じてしまいますよね……

引用元-MEN-ZINE

まとめ
不快な音やコンサートなどで感動しても鳥肌が立つ仕組みは同じのようですね。しかし鳥肌が立つほどの感動はしてみたいですね。

twitterの反応

 - 雑学