まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

日本の言葉の歴史とは?日本語はどうできた?

   

 - 雑学

我々が普段使っている言葉は日本語ですが、この言葉はどうやってできたのでしょうか?日本語はできる前に使われていた言葉はあるのでしょうか?今回は日本の言葉の歴史について調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

バイクと自転車の事故の過失割合は?自転車保険の必要性

あなたは自転車の保険に入っていますか?ほとんどの人は加入していないと思いますが、必要になる場合もあります。バイクと自転車は両方とも公道を走行すれば車両とみなされますが、事故の場合の過失割合はどうなるのでしょうか?

猫のマーキングのあの臭い!効果的な消しかたとは

猫がマーキングをしたときの臭いって、本当にたまらないですよね。なぜあんなに臭いのでしょう…。消したくてもなかなか消えないあの臭いに効果的な消しかたってあるのでしょうか。

地震が起きた時、家の中で安全な場所は?

現在、日本全国どこでどのタイミングで地震が起こるかわからないですね。移動中や職場、学校、家…。今回は家の中で地震が起きた場合どこに隠れ、どうしたらいいのか調べてみました。

銀行の通帳の繰り越しとは?繰り越しする方法

銀行の通帳がいっぱいになったら繰り越しをしないといけません。繰り越しとはどのようにしたらいいのでしょうか?また繰り越しした古い通帳はどうしたらいいのでしょうか?今回は通帳の繰り越しについて調べました。

欲しいチケットはどうとる?コンビニとネットはどっちがいい?

見出し1 コンビニやネットで欲しいチケットを取る方法1.1 インターネットを利用 …

黒板をひっかいて鳥肌が!鳥肌が立つ音の振動とは

黒板を爪でひっかくと鳥肌が立つ音が出ますね。この鳥肌は何故不快な音を聞いた時に立つのでしょうか?人が不快に思う音の振動は周波数でだいたい分かっているようです。また鳥肌が立つ仕組みも調べましたので紹介します。

疑問!エアコンから出る水って利用できるの?

エアコンを使うと室外機のホースから水が出てきますよね。マンションやアパートにお住まいの方は特に、溝に流れる水が気になっているのではないでしょうか?「その水ってきれいなの?」「他のことに利用しても大丈夫なのかな?」そんな皆さんの疑問についてまとめてみました。

運動会の弁当は簡単なのに見た目が豪華が一番!

お子様が幼稚園や小学校の時は、年に1回の運動会は家族のお祭りのようなものです。ご両親も来てくださったり、腕を振るいたいものです。しかし、運動会が始まる時間は早いので朝が忙しいのです。前日に下ごしらえができるものや簡単で豪華に見えるおかずにしたいですね。色合いも考えて、お子さんたちが喜んでくれるものを考えてみましょう。

電話番号の市外局番はどう決まっている?桁数は何桁?

電話番号は市外局番、市内局番、加入者番号で構成されています。その市外局番は地域によって決まっていますが、その桁数はどのように決められているのでしょうか?今回は電話番号について調べました。

地球と太陽が最も近づく時とは?季節には関係ある?

地球は太陽の周りを回っています。その中で最も太陽に近づく日がありますがそれは一年のうちいつなのでしょうか?地球と太陽の距離は季節と関係あるのでしょうか?今回は地球と太陽が最も近づく日について調べました。

土地の名義を夫婦共同にした場合のメリット・デメリット

結婚して夫婦になったら、次は念願のマイホーム!嬉しいこともたくさんありますが、土地を買うということは考えなければいけないこともたくさんあるということ。その一つが名義です。

大学の野球部のマネージャーってどうなの?

大学に入学すると、部活やサークルなどからたくさんの勧誘がありますよね。その中の一つに野球部のマネージャーというものがあります。大学の野球部のマネージャーはどんなことをするのでしょう?ちょっと調べてみました。

犬が人間の赤ちゃんに優しくするのはなぜ?

動画サイトには、かわいい犬や赤ちゃんの動画がたくさんUPされており、いつも私たちを癒してくれます。中には犬が泣く赤ちゃんをあやすような素振りをみせるなど、人間の気持ちを理解しているかのような行動をとる犬もいます。なぜ、赤ちゃんに優しくするのでしょうか?またやきもちを焼いたりするのでしょうか?

バナナは栄養満点!バナナを使ったお菓子の作り方

バナナといえば食卓でおなじみの果物ですね。栄養満点で甘みがあってお菓子作りに使うにはうってつけの食材です。今回はバナナを使った簡単なお菓子の作り方を調べました。

アパートの契約期間中に引っ越したい!違約金は発生するか

急な転勤などで引っ越さないといけなくなった時に気になるのが現在住んでいるアパートなどの解約時の違約金ですね。契約期間が定められている場合、引っ越しの違約金はどうなるのでしょうか。

肩が重いのは霊のせい!?原因と対策

日常生活で肩が凝ったり重いなと感じることは多いですね。いつまでたってもなかなか治らない場合はもしかしたら霊のせいかもしれません。今回は信じる人も信じない人にも参考にしてほしい霊障について調べました。

免許証に記載されている12桁の番号には意味があった!?注意する番号とは

運転免許証などには12桁の番号が記載されています。ところでこの番号にはちゃんとした意味があるって知っていましたか?今回は運転免許証の12桁の番号の意味について調べました。

エアコンが取り付けられない!?エアコンの用の壁の穴について

エアコンを取り付ける際は外に通じる穴が壁に開いてないと取り付けることができません。このエアコンの穴が壁に開いてない場合はどうしたらいいのでしょうか?今回はエアコン取り付け用の穴について調べました。

小学校の卒業式は何を着る?男子の場合

六年間通った自分の子供の小学校の卒業式は親としては感動もひとしおですね。そんな晴れの舞台に子供にはどんな格好をさせたらいいのでしょうか?特に男子の場合は悩みますね。今回は小学校の卒業式の服装について調べました。

運転免許を取得しよう!取得の流れと交付機関

18歳になるといよいよ自動車運転免許が取得できます。ところで運転免許はどのようにして取得できるのでしょうか。今回は運転免許の取得方法と交付機関について調べてみました。

日本が言葉を使い始めたのはいつ頃?

言語の記録を遡ることは、文字の記録を遡ることと近い位相にありそうですが、文字が使われ始めたのは、言語の使用から下ること、19.5万年、いまから5,000年前となります。
人類史的にみればつい最近?で、文字の歴史と都市国家の成立(=身分制度の確立)と同時代です。

このように人類は過半の時代を「無文字」の中で暮らしていました。
日本に限ってみれば、約2,000年前の弥生時代中頃に外交の必要性から中国の文字-漢字を受け入れたといわれていますが、それまでは「文字なし」で十分暮らしていけたわけです。(この点は4大文明が起こった地域とはまったく異なります)

引用元-縄文と古代文明を探求しよう!

スポンサーリンク

  人気記事

日本語の形成の歴史

日本語の形成

日本語の完成とは何か。それは漢字と仮名が同居し、漢字を音訓で読み分け、かつ漢字の義(意味)と音がもはや中国語として通じなくなった言語が成立した事態を言う。
従って、それ以前の形成期とは、日本語がまだ中国語でもある側面を留めていた時代であると言えよう。
この形成期の中で、最も重要なものは「万葉仮名」である。これは言うまでもなく、中国語の音を借りて、倭語を表そうという試みである。

倭語の様々な地域語は中国語音に引き寄せられ採集・音写されて文字となっていったが、音韻が合致せず、数多くの地域語が元の音韻を失ったことだろう。
さらに、いったん漢音化した倭語も、近代アイヌ語の運命と同様に、漢字が指示する音や義によって強力に歪曲されていったはずだ。
一方で、倭語を使っていた発音慣習上の制約から、漢語の音韻は倭語なまりへと変質しただろう。こうして日本語風の平板な音韻へと次第に向かう。

同時に、倭語の語彙はそれぞれを含意する漢語に当てられ、いわゆる訓となる。
しかしこれは翻訳すべき倭語の体系があったというより、漢語を前提に様々な倭語が再編・造語されていったと考えるべきだろう。
ともあれ、日本人にとっての漢語とは、中国語音読みとともに日本語訓読みを持つものとなっていく。
こうして日本語(和語)は、漢語=中国語を二重化することで作られていったのだ。

引用元-和漢二重複線言語・日本語の歴史

平安時代にできた日本の言葉とは

「ひらがな・カタカナ」の由来

「ひらがな」は、西暦900年頃の平安時代に、それまでの画数(かくすう)の多い「万葉がな」に代わるものとして考案されました。
「カタカナ」は、西暦800年頃に、ひらがな同様、文字を簡略表示させる目的で考案されました。

どちらも全て、漢字がベースになっていて、「ひらがな」は漢字の字体を簡略化したもの、「カタカナ」は漢字の字体の一部をくずしたもの、が多くなっています。(そのため、カタカナは「片仮名」と書きます)     

引用元-ひらがな、カタカナの由来

標準語の成り立ちの歴史

明治時代になり、日本はアメリカやヨーロッパの進んだ文明に対抗するため、全国を統一し、急いで国力をつける必要があると感じていた。
新しい国をつくるには、教育が重要となる。子どもはみな学校に行くという義務教育がはじまり、国を支える国民の教育が大事にされた。そうして今までバラバラだった言葉を統一する必要がでてきたのだ。

当時、話し言葉といえば、全国各地の方言しか存在していなかった。
近代日本において公的な学校教育がスタートしたのは明治5年の学制発布である。
「国語」という教科はまだなく、日本語に関するいくつかの教科に分散していた。
その一つに「会話(コトバヅカヒ)」がある。当時の文部少丞であった西潟訥氏の説諭に、陸羽(北東北)の人と薩遇(鹿児島)の人との間で言葉が通じない例を挙げ、全国共通に通用する口語の教育が会話科において意図されていたことが知られる。
また、同じ説諭の箇所に、「通語」という漠然とした表現の具体的実質についてほとんど明確でないものの、全国共通に通用する日本語のヴァラエティー(=標準語)を話すことが教師の望ましい資質と考えられていた。
ただし、この段階では「標準語」という名称は、その概念とともに日本語の世界に確立されておらず、方言は不可というだけで、全国に通じる言葉に指針は示されていなかった。そのような時代背景のもとで標準語は誕生することとなった。

引用元-日本の標準語誕生の歴史

方言の成り立ちの歴史

まず、都(または、その地域の文化の中心地など)で生まれた新しい言葉が地方に広まっていき、都ではその語がなくなったにも関わらず地方に生き残ったという場合です。
昔は交通の便が今のように良くはありませんでした。また、現在のように移動が自由ではなかった点も重要です。
このように広がった言葉の伝播の一つの形は、水面に投げ入れた石と波紋の関係に似ています。
都で新しい語が出来た場合、年間約600メートルから1キロほどの速度で周辺部に伝播していきます。とすると、京都から300キロ離れたところに伝わるまで300~500年かかることになります。
もちろん、そうしている間に都では新しい言葉が生まれますから、都を中心に同心円状に方言が残ることになるわけです。
例えば、鹿児島と青森に同じ語が分布する、という例もあります。
このように古い言葉が残っている例として琉球方言などがあげられます。

引用元-高知大学教育学部 日本語学研究室

方言は日本語の歴史を紐解く鍵!?

「日本語の歴史」と聞いて多くの人が最初に思い浮かべるのは、学校で習った古文でしょう。
『源氏物語』も『枕草子』も素晴らしい文化遺産ですが、書かれた当時でさえ、日本人が皆これらの文章のような言葉を話していたわけではありません。
むしろ京都の貴族階級というごく一部の人々が読み書きしていた言葉と考えるべきで、話し言葉は別であり、社会階層や地域が変われば、使われる言葉も相当に違っていたはずです。

そうした言葉を文献から明らかにすることは困難です。しかし実は、方言研究から各時代に各地で実際に話されていた、日本語の姿に迫ることができるのです。
たとえば馬を「駒」と呼ぶ例は、文献上では平安時代の和歌をはじめとする上品な表現に限られます。
しかし方言研究と、古文の教科書には載らないようなマイナーな文献を徹底的に調べて突き合せることによって、庶民の間では「こま」と言えば雄馬だけを指し、雌馬は別の呼び方をしていたということが分かるのです。

先ほどの「方言周圏論」も、現代の研究ではさらに深まっています。
たとえば九州では古い言葉がそのままの意味と形で残りやすいのに対して、東北では使い道が大きく広がったり、思いがけない意味や形に転じたりする例がしばしば見られます。
こうした言葉に対する態度の差が、地域の風土や個性と密接に関係していることは言うまでもありません。

引用元-まなびのめ

まとめ
日本語は中国から伝わった漢字から独自の言葉へ変化していったようですね。その後その土地その土地で標準語や方言へまた変化していきました。今後も日本語は変化していきそうですね。

twitterの反応

 - 雑学