まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

年金が減額されない収入のボーダーラインは?65歳以上の場合

      2016/10/07

 - 社会・政治・経済

定年後も働き続けるた場合、収入によってもらえる年金が減額される制度を知っていますか?これは在職老齢年金と呼ばれ、定年後に働いているすべての人が減額されるわけではありません。また65歳以上からは計算の方法が変わってくるようなので紹介します。

スポンサーリンク

  関連記事

銀行の普通預金口座と当座預金口座の違いについて

銀行の通帳を見ると「普通」と「当座」がありますが、一般的には普通口座ですよね?
「当座」って何に使う口座なので、誰が使う口座なの?という素朴な疑問から調べてみました。

受付で8割決まる!?電話応対キホンのキ

新入社員の最初の関門といえば、電話の受付。受話器を取って話すだけと思いきや、社会に出ると細かいルールがあるのです。今一度、電話応対について勉強しておきましょう。

Googleへの就職は超難関!?出題される問題とは

Googleへ就職することはとても難しいといわれています。その中でも面接時に出題される問題は難問ばかりのようです。実際にどのような問題が出題されているのでしょうか。今回はGoogleの就職の問題について調べました。

自動車運転免許を取得しよう!どのくらいの期間で取れる?

18歳になると自動車運転免許を取得することができますね。なかには忙しいので、できるだけ早くとりたいと思っている人もいるのではないでしょうか。今回は自動車運転免許を取得するのに必要な期間について調べました。

国民年金保険料の未納はどうすればいい?分割での納付は可能か

国民年金は20歳以上の日本に居住している人全員が加入する制度です。何年か前から保険料の未納が問題となっています。未納の場合、放っておいたらどうなるのでしょうか。また保険料は分割で払うことはできるのでしょうか?

国民年金の保険料を免除するには?免除申請に必要な物

国民年金は20歳以上の国民であれば必ず加入する制度です。毎月の保険料を滞納した場合は催促状がくる場合があります。経済的に払うことが難しい場合は免除申請をすることができます。今回は国民年金保険料の免除申請に必要な物を調べました。

医者になるのに内科や外科などの専門はいつ決まるのですか?

現在、医者の専門分野は細分化されています。それでは、いつの時点で専門が決まるのでしょうか?実は医大生の6年間は内科や外科と言った専門分野すら設けられていないそうです。また、医者のスキルは、専門の科に関わらずコミュニケ-ション能力が大切なことが分かりました。『病は気から』の言葉のように、何事も心の持ち方の比重が大きいのです。

パソコンの資格は何を取る?初心者の場合

パソコンの資格は就職活動中の人は持っていて当たり前の時代になりました。しかしパソコン初心者でどの資格を取るべきなのかわからない人もいるのではないでしょうか。今回はもっておいた方がいいパソコンの資格について調べました。

ホテルで掃除のアルバイト!その仕事内容は?

ホテルの掃除のアルバイトやパートの求人をよく見かけますね。ホテルの掃除の仕事とはどんなものなのでしょうか。調べてみると結構仕事がきついとの事なのでその内容を紹介します。

親が離婚した場合の相続はどうなる?

親が離婚した場合の相続はどうなるのでしょう。離婚した配偶者が亡くなったらその相続人は誰になるのでしょうか。今回は親が離婚した場合の財産の相続について調べました。

働く日は週3日必要!?パートで保育園に預ける場合

保育園に子供を預けて働く場合、パートでも預けることはできるのでしょうか?一般的には週3日以上働きに出ないと条件を満たしていないとされるようです。週3日以下で保育園に子供を預けながらパートに出る方法はあるのでしょうか?

就職活動に資格は必要?取っておきたい資格とは?

就職するときに資格があることは有利なのでしょうか?履歴書に資格を書くことは必要なように思いますが、実際はどうなのでしょう?中には取っておくと便利な資格もあるようです。今回は就活に必要な資格について調べました。

株式会社の株って何?!利益を出す方法とは

株というとどんなイメージでしょうか。下手に手を出すと大損をするとか、初期投資にお金がかかるといったイメージの人もいるのではないでしょうか。今回は株で利益を出す方法を調べました。

引越しのバイトってどんな仕事?クロネコヤマトの場合

引っ越しのアルバイトはきついというイメージですが実際はどうなのでしょうか?今回はクロネコヤマトの引っ越しのアルバイトをしたことのある人の体験談などを調べましたので紹介します。

個人事業主の会社が厚生年金に加入する方法

個人事業主は国民年金に加入しています。しかし、国民年金だと老後の生活が危ぶまれます。サラリーマンの厚生年金と受給額に何倍も差が出ます。個人事業主は厚生年金に加入することは出来ないのでしょうか?加入できる条件を探ってみましょう。

会社の飲み会に行かない人が増えてる?その理由とは

会社の上司に飲みに誘われたら昔は絶対に断れない雰囲気がありましたが、最近は少し事情が違うようです。最近は上司に誘われても飲み会に行かない人が増えているそうです。その理由は何なのでしょうか?

源泉徴収票とは?発行はいつ頃?

確定申告をする場合は働いている職場から源泉徴収票を発行してもらう必要があります。この源泉徴収票はいつ頃発行してもらえるのでしょうか?また紛失した場合は再発行をしてもらえるのでしょうか?

新入社員の厳しい現実!証券会社の営業とは

証券会社の仕事は厳しく離職率は7割といわれています。そんな証券会社の新入社員はまず営業を任されることが多いようです。証券会社の営業とはどのような事をするのでしょうか?今回は証券会社の営業について調べました。

本の顔!表紙のイラストの相場はいくら?

本の表紙のイラストが素敵だと思わず手が伸びてしまうことありませんか?本の表紙のイラストは本の顔であり、イラストによって内容をイメージしやすいですね。今回は本の表紙のイラストについて調べました。

国民健康保険とは?扶養にはいる条件

国民健康保険は自営業や農業の方などが主に加入している健康保険です。夫が会社などに勤めていれば会社の健康保険組合に加入してその家族は扶養で保険証を発行してもらえますが、条件によっては扶養を外れて国民健康保険に加入しないといけません。

収入によって年金が減額される制度とは

年収によってもらえる年金がカットされることも!

定年といわれる60歳以降も働き続ける人は増えている。
年金の受給開始年齢が65歳からとなることも影響し、法令上も継続雇用を促す方向だ。
しかし、働き方によってはせっかくもらえる老齢厚生年金が減らされるかもしれないことはご存じだろうか。

60歳以降も会社勤めの人は、厚生年金に加入しなくてはならない。
厚生年金の被保険者が老齢厚生年金をもらう場合は、給与の額と年金の額に応じて年金の一部または全部が支給停止されることがある。これが在職老齢年金と呼ばれる制度だ。
在職老齢年金は、65歳未満と65歳以上とでそれぞれ年金がカットされる基準の金額が違っている。

引用元-PRESIDENT Online

スポンサーリンク

  人気記事

定年退職後の一年間は要注意!

定年退職直後1年間は要注意

ですから、給料は一定でも直近1年間に受け取った賞与の額に差があれば、カット額を決める総報酬月額相当額も差が出てくるわけです。

例えば、
・8月の標準報酬月額が20万円
・直近1年間の賞与48万円
だと、月額の20万円+賞与(48万)の12分の1(=4万円)で「総報酬月額相当額」が24万円になります。

一方、
・1月の標準報酬月額が20万円
・直近1年間の賞与240万円
だと、月額の20万円+賞与の12分の1(=20万円)で「総報酬月額相当額」が40万円となります。

この総報酬月額相当額40万円(年金月額は、先ほどと同じ10万円)でカット額を計算すると、(40万円+10万円-28万円)×1/2=11万円

年金カット額が11万円となり、年金月額10万円より多くなるため、支給額がゼロ「全額支給停止」となってしまうわけです。

引用元-AllAbout

65歳以上が年金以外で収入を得るには

年金を減額されずに収入源を得るならばパートやアルバイトで

65歳以上であれば働いた場合には必ず減額対象となりますが、これは厚生年金の対象となるかならないかで対象が変わってきますので、年金を減額されずに仕事を続けて収入源を得るのであれば、パートやアルバイトといった形で仕事を続けられれば問題なく年金の支給も行われ、尚且つ仕事での収入も得ることが出来るでしょう。

引用元- キャリアのことならキャリアパーク

年金が減額されない働き方について

減額されない働き方

年金が一部支給停止などで、調整されるのは、あくまで60歳以降も厚生年金に加入して働く場合のみです。
厚生年金に加入しなければならないのは、そこで働く正社員の所定労働時間と労働日数の3/4以上働く人です。おおよそ週30時間以上で月16日以上と言われています。

そこで所定労働時間30時間未満のパートとして働けば、厚生年金に加入する必要はありません。
また、自営や個人の飲食店、共済年金適用事業等で働く場合も年金額に影響はありません。
厚生年金に加入して働くと年金額が減額されることがありますが、大きなメリットもあります。
退職後に60歳以降に働いた部分が、今の年金にプラスされ年金額が増えることになるのです。

引用元-トレダビ

年金をもらいながら収入がある場合の税金はどうなる?

年金をもらいながら働いた時の税金

公的年金や給与の受け取り時に源泉徴収されている方は、原則として確定申告の必要はありません。
しかし年金を受けながら給与を得ている方は、両方の所得が源泉徴収されていたとしても確定申告をする必要があります。

確定申告では年金と給与の所得を総合課税により合算して税額を計算しなければなりませんので、所得控除を利用する場合は合計所得から1回だけ所得控除を差し引いて税金の計算を行います。

その結果納税額が高くなる場合もありますが、だからといって確定申告をしなければ脱税となりますので、正しい知識を持って確定申告をするようにして下さい。

引用元-TAX横丁

あっという間に65歳!老後の備えは早めに!

年金のシミュレーション

現在は、年金の支給年齢は60歳からですが、20年後30年後はどうなっているか分からないと言われています。
一般的な定年が、60歳から65歳になっているかもしれません。
また、定年の年齢は変わらないけれど、年金支給開始年齢が62歳から65歳からに、はたまた70歳からになるかもしれません。

どうなるか分かりませんが、定年を60歳として再雇用されて65歳まで働いたケースを想定して試算すると、1つの軸になるかと思います。健康に留意して可能な範囲で働くことも視野にいれてみましょう。

引用元-WELQ

まとめ
65歳以上で収入が多くあると結構な額の年金が減額されてしまうようですね。定年後も現役で働く場合は働き方を考える必要があるかもしれません。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済