まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

肩こりになったら整形外科で治療する方がいい?肩こりの治療法とは

      2016/10/14

 - 美容・健康

ひどい肩こりに悩んでいる人は多いのではないでしょうか?ところで肩こりになった場合は整形外科で治療するのがいいのでしょうか?今回は肩こりになった場合の治療法について調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

すっぴんでも目が大きいって言われたい!目を大きくするには

女性はメイク次第で目の大きさまで変えることができます。しかしすっぴんになったときの変化にがっかりされることもあるかもしれません。そこですっぴんでも目が大きいと言われる方法を調べました。

奥歯の歯茎が腫れて痛い!膿がたまる病気とは?

口の中でも細菌に感染すると歯茎が腫れたり、膿がたまってしまうことがあります。歯の奥に膿がたまる病気に歯根嚢胞というものがあります。奥歯がこの病気になると食べ物を食べるもの痛くなってしまうようなので早目の処置が必要です。

足が細い基準とは?理想の足になるには

女性には自分の足が太いか細いか気にする人が多いですよね。足の理想のサイズの基準とはどうすればわかるのでしょうか。今回は足の理想の基準と足を細くする方法を調べましたので紹介します。

背中の筋肉が痛い!これって?

日常生活において背中の筋肉や骨が急に痛むことってありますよね。ただの疲労かなとほっといてはいませんか。背中の痛みには実は重大な病気の原因になっていることもあるのです。

痰と鼻水の違いって?

乾燥や寒くなってくる季節になるとアレルギーなのか風邪なのか、熱は出てないけど痰、鼻水が止まらなくて辛い…。そういえば、痰と鼻水の違いってなんだろう?そして、痰と鼻水の症状はなにがあるのだろう?

胆嚢摘出手術とは!?癒着がある場合はどうなる?

胆嚢は胆汁を出して食べ物の消化を手助けする役割があります。胆嚢を摘出する場合はどのような時のなのでしょうか?癒着がある場合の手術方法はどうなるのでしょうか。今回は胆嚢摘出手術について調べました。

チック症とは?子供に出た場合は病院へ行くべきか

チック症って知っていますか?チック症は幼少期にみられ、瞬きや顔をしかめたりなど、顔に症状が出ることが多いです。もしも自分の子供にチック症の症状が見られたら病院には行くべきなのでしょうか?

いつわかる?血液検査の結果とその日数

病院で血液検査をしたことがある方は多いかと思います。その結果がでるまではいろいろと心配ですね。そこで今回は血液検査の種類や結果が出るまでの日数について調べてみました。

風邪で吐き気がする!吐き気を抑えるツボと

風邪をひくと吐き気がすることがあります。吐き気がある場合は胃腸風邪の疑いがあり、嘔吐物で感染する場合もあります。吐き気を抑えるにはツボを押すのも効果的なようです。今回は吐き気を抑えるツボについて調べました。

子供の足のサイズの平均は?年齢別のサイズ

子供の成長は早いですが、足のサイズもあっという間に大きくなってしまいますね。気が付けば靴がきつくなってしまっていた…なんてこともあります。今回は子供の足の年齢別の平均サイズを調べました。

手首の捻挫~応急処置から治療法まで

手首は、足首、手指などと同様、捻挫の多い部位ですね。病院へは行かず、家で様子を見ることが多いと思いますが、応急処置をせずに放っておいたら、治癒するまでに時間がかかってしまったり、捻挫だと思っていたら、実は骨折していたりと、思わぬ結果になってしまうこともあり、注意が必要です。そんな捻挫の症状から、しておくと治りが早くなるという応急処置、そして病院での治療法まで調べてみました。

冬以外でもおでんダイエット! 卵+低カロリー具材で

今やコンビニなどで年中食べられるようになったおでん。実は、おでんで痩せる「おでんダイエット」が今話題になっているのです。卵などのヘルシー+満腹感+低カロリーな具材でカシコくダイエットしませんか?

筋トレの効果が出るまでの期間

季節が暖かくなって、コートを着る機会が減ってくるととたんに気になるのがお腹周りのお肉ですね。慌てて筋トレで腹筋を鍛えてもすぐには効果はでません。では、どのくらいの期間やれば筋トレの効果がでるのでしょう。

精神障害2級ってどんな人が対象?精神障害者手帳を貰うには

精神障害の対象になる人は何らかの精神疾患で日常生活において長期の制約を受けている人のことです。その為うつ病を診断された場合も障害者手帳を発行してもらえることがあります。今回は精神障害2級と診断された場合について紹介します。

体型は体重によって変化するのか?!

体重は変わらないのにお腹が出てきた、又はダイエットで体重は減ったのに見た目の体型に変化がないなー、体が引き締まったような気がするのに体重は減らないと悩んでませんか。実はそれには理由がありました。

子宮の位置が左に傾いていると妊娠しない?

不妊治療は大変ですね。いろんな要素が絡んでいます。子宮の位置が左に傾いていていたり、卵管がねじてちいたり、癒着していたり、原因はいろいろあります。また、妊娠しずらいのは女性だけの問題ではありません。専門医に相談しながら、治療をしてください。

夜ご飯を食べないと痩せる?夕食抜きダイエットとは

ダイエットにチャレンジするけどなかなかうまく痩せない…という人は夕食抜きダイエットはいかがでしょうか。夜ご飯を食べないダイエット方法ですが、短期間で痩せたい人にはお勧めのようです。しかし注意点もあるので紹介します。

過呼吸になる原因は?子供に多いって知ってた?

子供の過呼吸が急増していることをご存じでしょうか?大人や友達からの何気ない一言に敏感に反応しやすい子供が増えているそうです。普段から話を聞いて原因を探してください。万が一なってしまった時の対処法を知っておきましょう。

マウスピースで歯並びの矯正は失敗が多い

歯並びの矯正は目立つので嫌な人も多いです。半面、美しい歯並びに憧れて矯正に踏み切る人も多いです。従来の方法の他にマウスピースによる矯正の方法があります。しかし、経験が豊富なドクターが少ないことと、決まり通りにはめない人がいるなど、失敗が多いようです。料金が高く、時間がかかりますので、失敗しない対策を立てましょう。

指が痛い!痛みと内出血がある場合の原因とは

突き指や骨折などをすると痛みや内出血などの症状があります。しかしぶつけたなどの心当たりがないのに急に指に痛みや内出血がでることもあるようです。その原因と対処法について調べました。

肩こりの原因とは?

肩こりの原因は3つ。

肩こりの原因はひとつではありません。大きくわけて3つあります。
① 解剖学的な問題
筋肉バランス、骨格、姿勢、動きなど主に体の構造面
② 神経生理学的な問題
自律神経、運動神経(脳と筋肉の命令系統)など主に体の機能面
③ 心理学的な問題
ストレスやメンタルバランスなど主に精神面

この3つの要素が複雑に絡みあって首肩周囲の不快感が生じます。

引用元-katakoriLABS

スポンサーリンク

  人気記事

肩こりは整形外科で治療する?どの科へいけばいいか

整形外科

肩こりは、まず整形外科に行くとよいでしょう。
整形外科は、捻挫や骨折以外にも、筋肉、関節、神経系などの体を動かす時に使われる部位の異常についても診療範囲となっています。

整形外科では、問診や触診による診断や、X線(レントゲン)撮影による検査を行い、原因に合わせた治療が行われます。
もし、さらに詳しい検査が必要であれば、整形外科の先生から他の科を紹介されるケースもあります。

神経内科

肩こりよりも、めまいやふらつき、手足の震え、しびれ、声が出ないなどの症状が気になる場合は、神経内科で診てもらうとよいでしょう。
神経内科では、診察検査で筋肉や末梢神経、脳、せき髄に異常があるかどうかを調べます。
症状の原因を調べ、脳の問題であれば、脳神経外科へ、筋肉、骨格の問題であれば整形外科へ、耳の問題であれば耳鼻科へと、専門の科へ紹介してもらい、それぞれの原因に合わせた専門的な治療が行われます。

脳神経外科

これまでと違う激しい肩こりや首の痛み、ひどい頭痛や嘔吐などの症状をともなう場合は、脳神経外科で診てもらうとよいでしょう。
脳神経外科の場合、脳や背骨、せき髄についての検査、診断が行われ、脳、脊髄腫瘍や脳の血管系の疾患があった場合、手術などが行われます。

引用元-ヘルスケア大学

総合病院なら整形外科からほかの科へ紹介してもらえることも

肩こりの時って、整形外科にいけばいいの?

僕は前にひどい肩こりに悩まされたことがありました。
デスクワークもどうしても肩が気になってしまい仕事に身が入らなく、日に日に肩が重たくなっていくように感じて強くなったため、整形外科を受診しました。
しかし、先生にみてもらってもレントゲンを撮っても簡単な痛み止めの薬をくれるだけで、いつまでたっても症状が改善されないため別の整形外科を受診すると今度は内科に回されてしまいました。
その病院は総合病院だったためすぐに検査をしてもらったところその結果に驚きました。
内臓の機能の低下から肩が重くなるような症状がでていたのです。
本来は肩よりも背中に症状が出る人が多いそうですが、肩の痛みを訴える人も少なくないようです。
それからはより自分にあった薬を処方してもらい症状は改善してきました。
みなさんも肩こりの時にまずどこの病院にいくかを考えて、あんまりにも症状が改善しない場合にはお医者さんと相談して、診療科を変えてみることをお勧めします。

引用元-Doctors Me

結局肩こりの治療はどこでする?

じゃあ結局、肩こりはどこにいけばいいの?

では、どうやって病院にいくか、行かないかを見極めるかですが、
A自分で、「ただの肩こり」と思えば、整骨院・鍼灸院・マッサージなどを受けましょう。⇒(治療院)

B自分で、「ただの肩こりじゃないぞ!?」と思ったら整形外科を受診しましょう。⇒(病院)

引用元-ぶっちゃけ鍼灸師の人に教えたくなる話

肩こりの治療法

どんな診察・治療をするの?

レントゲン

まずレントゲン写真をとって、どの部位が悪いのかを調べます。
私の場合は、肩こりによって血管が圧迫され、血が通りにくくなって首の付根あたりに炎症が起こっているということでした。
なので、まずは凝りを解消して血管の通りを良くすること、炎症を和らげることが治療への近道ということでした。

注射をする

筋肉を弛緩させる注射を打ちます。「肩こりで注射て!」と思いましたが、良く使われている治療方法らしいです…。

リハビリ

リハビリ施設のあるところですと、リハビリの治療が受けられます。
リハビリ内容は、私の場合、左肩から左手の先まで温めて血行を良くするものと、顎を上に引っ張って、炎症で細くなっている血管を炎症部位ごと上に持ちあげて血管の通りを良くするものでした。
痛みはないです。むしろ少し気持ちよくて寝てしまいました…。

引用元-Arch

まとめ
肩こりがひどいと感じたら早めに病院に行くのがいいようです。総合病院なら別の病気であってもほかの科へ紹介してもらえるので安心ですね。

twitterの反応

 - 美容・健康