まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

肩こりになったら整形外科で治療する方がいい?肩こりの治療法とは

      2016/10/14

 - 美容・健康

ひどい肩こりに悩んでいる人は多いのではないでしょうか?ところで肩こりになった場合は整形外科で治療するのがいいのでしょうか?今回は肩こりになった場合の治療法について調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

肌にできるあのブツブツ…対策を知ればあなたも太もも美人!

鍛え上げたキレイな太ももでも、あの肌のブツブツが邪魔をする…。あのブツブツさえ消えれば、足をキレイに見せられるのに…そんなあなたに朗報が。あのブツブツ、ちゃんと消し方があるんです。

マウスピースで歯並びの矯正は失敗が多い

歯並びの矯正は目立つので嫌な人も多いです。半面、美しい歯並びに憧れて矯正に踏み切る人も多いです。従来の方法の他にマウスピースによる矯正の方法があります。しかし、経験が豊富なドクターが少ないことと、決まり通りにはめない人がいるなど、失敗が多いようです。料金が高く、時間がかかりますので、失敗しない対策を立てましょう。

MRIって何?T1画像とT2画像の違い

体の検査などをするときはMRIやCTを利用するときがありますね。MRIではT1とT2という二種類の画像で診断を行います。この二つの画像の違いは何なのでしょうか。今回はMRIについて調べました。

冬以外でもおでんダイエット! 卵+低カロリー具材で

今やコンビニなどで年中食べられるようになったおでん。実は、おでんで痩せる「おでんダイエット」が今話題になっているのです。卵などのヘルシー+満腹感+低カロリーな具材でカシコくダイエットしませんか?

目から出血!?原因と対処法は?コンタクトはしてもいい?

目から出血すると白目が真っ赤に染まりまることがあります。この出血はなぜ起こるのでしょうか?また出血した場合はコンタクトはしてもいいのでしょうか?今回は目からの出血について調べました。

指が痛い!痛みと内出血がある場合の原因とは

突き指や骨折などをすると痛みや内出血などの症状があります。しかしぶつけたなどの心当たりがないのに急に指に痛みや内出血がでることもあるようです。その原因と対処法について調べました。

納豆は薄毛に効果アリ!?髪の毛にいい効果とは

納豆は栄養が豊富な食材ですが、髪にもいいというのを知っていましたか?なぜ納豆は髪にいいのでしょうか?今回は髪の毛に納豆がもたらす効果と、より髪の毛にいい食べ方を調べました。

体型は体重によって変化するのか?!

体重は変わらないのにお腹が出てきた、又はダイエットで体重は減ったのに見た目の体型に変化がないなー、体が引き締まったような気がするのに体重は減らないと悩んでませんか。実はそれには理由がありました。

検査の陰性と陽性の意味とは?妊娠検査薬の場合

病院などで検査をすると陰性、陽性といった言葉を聞きます。陰性と陽性とはどのような意味なのでしょうか?また妊娠検査薬で検査した場合は陰性でも陽性と出る場合があるそうです。今回は検査の陰性、陽性について調べました。

腰痛の原因は骨の腫瘍!?

慢性的な腰の痛み…ヘルニアか何かかなぁ、なんて放置していませんか?でも待ってください、もしかしたらその痛み、骨の腫瘍から来ているかもしれません!普通の腰痛と骨の腫瘍からくる腰痛、違いを調べてみました。

夜ご飯を食べないと痩せる?夕食抜きダイエットとは

ダイエットにチャレンジするけどなかなかうまく痩せない…という人は夕食抜きダイエットはいかがでしょうか。夜ご飯を食べないダイエット方法ですが、短期間で痩せたい人にはお勧めのようです。しかし注意点もあるので紹介します。

奥歯の虫歯が悪化して抜歯することになった時のために

永久歯は大切です。
一生自分の歯で食事をしたいですね。
一番大事なことは、普段から虫歯予防をすることでしょう。
それでも、虫歯になることがあります。
また、親知らずが奥歯の予想外の所に生えてくるケースもあります。
こんな時は抜歯しか手がないこともあります。
抜歯後の対処の仕方はどんなでしょうか?

子宮の病気、全摘出のリスク

健康診断は年に一度受けている人がほとんどだと思いますが、子宮の検診となると躊躇して受ける人はまだまだ少ないようです。早期発見が早期治療となり体のリスクも少なくてすみます。今回は、子宮の病気と子宮の全摘出について調べてみました。

親知らずが痛い!生えかけの場合の対処法

親知らずは上下の一番奥に生える歯で変な方向に生えてくることが多いようです。生えかけで痛い場合は早いうちに歯医者で対応してもらった方がいいでしょう。今回は親知らずが痛い場合の対処法を調べました。

肝臓の腫瘍で良性の物とは?悪性との違い

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、障害があっても自覚症状がない場合が多いです。肝臓の腫瘍には良性のものと悪性のものがあり、良性の物の中には治療が必要ないものもあります。今回は肝臓の腫瘍について調べました。

骨折したらどうなる?足の場合は手術になる?

足などを骨折した場合はどのようにして治すのでしょうか?骨折の場所や種類によって、治療の方法は変わってきます。中には手術をしないといけない場合もあります。今回は骨折した場合の治療法について調べました。

精神科に入院することになったら?期間はどのくらいか

もしも精神科に入院することになった場合、その期間はどのくらいなのでしょうか。日本は特に精神科への入院の期間が長く、問題視されている部分もあるようです。今回は精神科への入院の期間について調べました。

ウイルス性胃腸炎って何?症状と対処法

ウイルス性胃腸炎は主に冬場にはやりやすい感染性の胃腸炎です。二次感染しやすいため、かかった場合は注意が必要です。今回はウイルス性胃腸炎の症状と対処法を調べましたので紹介します。

肩こりは筋肉が硬いから?その対処法

日常的に肩こりに悩まされている人は多いですね。肩こりは筋肉が硬い為に起こるようです。今回は肩こりを引き起こす肩の筋肉と、どうしたら肩こりを解消できるのか調べました。

目の奥が痛い!頭痛と吐き気を伴うときの原因とは?

目の奥が痛い上に頭痛と吐き気が伴うときの原因とは何なのでしょうか?もしかしたらあまりよくない病気の可能性もあるかもしれません。今回は目の奥が痛いだけでなく頭痛と吐き気が伴う場合の原因について調べました。

肩こりの原因とは?

肩こりの原因は3つ。

肩こりの原因はひとつではありません。大きくわけて3つあります。
① 解剖学的な問題
筋肉バランス、骨格、姿勢、動きなど主に体の構造面
② 神経生理学的な問題
自律神経、運動神経(脳と筋肉の命令系統)など主に体の機能面
③ 心理学的な問題
ストレスやメンタルバランスなど主に精神面

この3つの要素が複雑に絡みあって首肩周囲の不快感が生じます。

引用元-katakoriLABS

スポンサーリンク

  人気記事

肩こりは整形外科で治療する?どの科へいけばいいか

整形外科

肩こりは、まず整形外科に行くとよいでしょう。
整形外科は、捻挫や骨折以外にも、筋肉、関節、神経系などの体を動かす時に使われる部位の異常についても診療範囲となっています。

整形外科では、問診や触診による診断や、X線(レントゲン)撮影による検査を行い、原因に合わせた治療が行われます。
もし、さらに詳しい検査が必要であれば、整形外科の先生から他の科を紹介されるケースもあります。

神経内科

肩こりよりも、めまいやふらつき、手足の震え、しびれ、声が出ないなどの症状が気になる場合は、神経内科で診てもらうとよいでしょう。
神経内科では、診察検査で筋肉や末梢神経、脳、せき髄に異常があるかどうかを調べます。
症状の原因を調べ、脳の問題であれば、脳神経外科へ、筋肉、骨格の問題であれば整形外科へ、耳の問題であれば耳鼻科へと、専門の科へ紹介してもらい、それぞれの原因に合わせた専門的な治療が行われます。

脳神経外科

これまでと違う激しい肩こりや首の痛み、ひどい頭痛や嘔吐などの症状をともなう場合は、脳神経外科で診てもらうとよいでしょう。
脳神経外科の場合、脳や背骨、せき髄についての検査、診断が行われ、脳、脊髄腫瘍や脳の血管系の疾患があった場合、手術などが行われます。

引用元-ヘルスケア大学

総合病院なら整形外科からほかの科へ紹介してもらえることも

肩こりの時って、整形外科にいけばいいの?

僕は前にひどい肩こりに悩まされたことがありました。
デスクワークもどうしても肩が気になってしまい仕事に身が入らなく、日に日に肩が重たくなっていくように感じて強くなったため、整形外科を受診しました。
しかし、先生にみてもらってもレントゲンを撮っても簡単な痛み止めの薬をくれるだけで、いつまでたっても症状が改善されないため別の整形外科を受診すると今度は内科に回されてしまいました。
その病院は総合病院だったためすぐに検査をしてもらったところその結果に驚きました。
内臓の機能の低下から肩が重くなるような症状がでていたのです。
本来は肩よりも背中に症状が出る人が多いそうですが、肩の痛みを訴える人も少なくないようです。
それからはより自分にあった薬を処方してもらい症状は改善してきました。
みなさんも肩こりの時にまずどこの病院にいくかを考えて、あんまりにも症状が改善しない場合にはお医者さんと相談して、診療科を変えてみることをお勧めします。

引用元-Doctors Me

結局肩こりの治療はどこでする?

じゃあ結局、肩こりはどこにいけばいいの?

では、どうやって病院にいくか、行かないかを見極めるかですが、
A自分で、「ただの肩こり」と思えば、整骨院・鍼灸院・マッサージなどを受けましょう。⇒(治療院)

B自分で、「ただの肩こりじゃないぞ!?」と思ったら整形外科を受診しましょう。⇒(病院)

引用元-ぶっちゃけ鍼灸師の人に教えたくなる話

肩こりの治療法

どんな診察・治療をするの?

レントゲン

まずレントゲン写真をとって、どの部位が悪いのかを調べます。
私の場合は、肩こりによって血管が圧迫され、血が通りにくくなって首の付根あたりに炎症が起こっているということでした。
なので、まずは凝りを解消して血管の通りを良くすること、炎症を和らげることが治療への近道ということでした。

注射をする

筋肉を弛緩させる注射を打ちます。「肩こりで注射て!」と思いましたが、良く使われている治療方法らしいです…。

リハビリ

リハビリ施設のあるところですと、リハビリの治療が受けられます。
リハビリ内容は、私の場合、左肩から左手の先まで温めて血行を良くするものと、顎を上に引っ張って、炎症で細くなっている血管を炎症部位ごと上に持ちあげて血管の通りを良くするものでした。
痛みはないです。むしろ少し気持ちよくて寝てしまいました…。

引用元-Arch

まとめ
肩こりがひどいと感じたら早めに病院に行くのがいいようです。総合病院なら別の病気であってもほかの科へ紹介してもらえるので安心ですね。

twitterの反応

 - 美容・健康