まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

体型は体重によって変化するのか?!

      2016/10/18

 - 美容・健康

体重は変わらないのにお腹が出てきた、又はダイエットで体重は減ったのに見た目の体型に変化がないなー、体が引き締まったような気がするのに体重は減らないと悩んでませんか。実はそれには理由がありました。

スポンサーリンク

  関連記事

卵巣が腫れている時の原因と症状

卵巣は沈黙の臓器と呼ばれるほど異変があったとしてもその自覚症状があまりありません。卵巣が腫れることはよくあるようですがその原因はどのようなものがあるのでしょうか。

マウスピースで歯並びの矯正は失敗が多い

歯並びの矯正は目立つので嫌な人も多いです。半面、美しい歯並びに憧れて矯正に踏み切る人も多いです。従来の方法の他にマウスピースによる矯正の方法があります。しかし、経験が豊富なドクターが少ないことと、決まり通りにはめない人がいるなど、失敗が多いようです。料金が高く、時間がかかりますので、失敗しない対策を立てましょう。

目から出血!?原因と対処法は?コンタクトはしてもいい?

目から出血すると白目が真っ赤に染まりまることがあります。この出血はなぜ起こるのでしょうか?また出血した場合はコンタクトはしてもいいのでしょうか?今回は目からの出血について調べました。

子宮筋腫の手術!腹腔鏡手術とは

子宮筋腫は女性特有の病気ですが、女性の皆さんはこの病気について詳しく知っていますか?実は珍しい病気ではなく、婦人科の腫瘍の中では最も多い病気なんです。そこで、この子宮筋腫と手術について調べてみました。

手首の捻挫~応急処置から治療法まで

手首は、足首、手指などと同様、捻挫の多い部位ですね。病院へは行かず、家で様子を見ることが多いと思いますが、応急処置をせずに放っておいたら、治癒するまでに時間がかかってしまったり、捻挫だと思っていたら、実は骨折していたりと、思わぬ結果になってしまうこともあり、注意が必要です。そんな捻挫の症状から、しておくと治りが早くなるという応急処置、そして病院での治療法まで調べてみました。

脚はリンパマッサージで細くなる?その効果とは

脚が太いのが悩み…という女性は多いですね。脚だけ痩せたいと思ってもなかなかうまくいきません。そんな人にはリンパマッサージはいかがでしょうか?リンパマッサージは脚が細くなると言われていますが実際の効果はどうなのでしょうか?

白内障の手術は怖い?どんな手術をする?

白内障は高齢の方に現れやすい現象で、進行すると視力が低下します。日常生活に支障をきたす前に、手術をすることが必要です。しかし目の手術となると怖いイメージがあるのではないでしょうか?今回は白内障手術の実態について調べました。

蕁麻疹が出た場合は皮膚科?内科?どっちに行く?

蕁麻疹が出た場合は何科へ行けばいいのでしょうか?皮膚にでる症状なので皮膚科がいいのでしょうか?しかしストレスなどの場合は内科がいいかもしれませんね。今回は蕁麻疹が出た場合の対処法を調べました。

筋トレの効果が出るまでの期間

季節が暖かくなって、コートを着る機会が減ってくるととたんに気になるのがお腹周りのお肉ですね。慌てて筋トレで腹筋を鍛えてもすぐには効果はでません。では、どのくらいの期間やれば筋トレの効果がでるのでしょう。

親知らずが痛い!生えかけの場合の対処法

親知らずは上下の一番奥に生える歯で変な方向に生えてくることが多いようです。生えかけで痛い場合は早いうちに歯医者で対応してもらった方がいいでしょう。今回は親知らずが痛い場合の対処法を調べました。

奥歯の歯茎が腫れて痛い!膿がたまる病気とは?

口の中でも細菌に感染すると歯茎が腫れたり、膿がたまってしまうことがあります。歯の奥に膿がたまる病気に歯根嚢胞というものがあります。奥歯がこの病気になると食べ物を食べるもの痛くなってしまうようなので早目の処置が必要です。

顔パック、安いものでも効果はある?!

数多くの顔パックがドラッグストアや化粧品売り場に並んでいます。値段も安いものから高いものと様々です。どれを買ったらいいのか迷います。そこでパックの種類や安いパックでも効果が得れるのか調べてみました。

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない痛みがあることも。病院へ行きたいけど原因がわからないと何科を受診したらいいのかもわかりませんね。そこで頭痛の特徴と原因について調べてみました。

肝臓の腫瘍で良性の物とは?悪性との違い

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、障害があっても自覚症状がない場合が多いです。肝臓の腫瘍には良性のものと悪性のものがあり、良性の物の中には治療が必要ないものもあります。今回は肝臓の腫瘍について調べました。

1歳の子供が下痢!食事はどうする?

小さい子供が下痢をするととても心配ですね。離乳食が終わったばかりの1歳の子供の場合の食事はどうすればいいのでしょうか。今回は子供が下痢をした場合の食事について調べました。

排卵誘発剤の注射の痛みはどのくらい?

不妊治療を行う場合、はじめは自然周期のタイミング法を試します。その結果が出ないときは排卵誘発剤を用いたタイミング療法へうつっていくようです。排卵誘発剤の注射の痛みはどのくらいなのでしょうか。今回は排卵誘発剤について調べました。

インフルエンザの予防接種の料金はいくら?

冬になるとインフルエンザの予防接種を受ける人は多いかと思います。そんなインフルエンザの予防接種の料金は病院などによって異なりますね。なぜ料金は病院で異なるのでしょうか?今回はインフルエンザの予防接種の料金について調べました。

ぽっこりお腹をなんとかしたい!効果的に痩せる運動は?

痩せたい!と思っているなら、ぽっこりお腹は特に気になりますね。お腹が痩せるのに効果的な運動はどのようなものがあるのでしょうか。今回はおなか痩せに効果的な運動を調べました。

近視なのに老眼!?コンタクトは使える?

自分は近視だから老眼の心配はない…と思っていませんか?老眼は年を取れば誰にでも訪れます。近視でコンタクトを使っている人は老眼になると近くのものが見えにくくなってしまいます。その場合はどうすればいいのでしょうか。

目の奥が痛い!頭痛と吐き気を伴うときの原因とは?

目の奥が痛い上に頭痛と吐き気が伴うときの原因とは何なのでしょうか?もしかしたらあまりよくない病気の可能性もあるかもしれません。今回は目の奥が痛いだけでなく頭痛と吐き気が伴う場合の原因について調べました。

体重と見た目はタイムラグがある?

ダイエットを始めるとすぐに2,3キロ体重は落ちます。今まで普通に生活していたところから節制生活になると途端に体重は落ちます。特にダイエットを考える時点である程度太っているのだから体重が落ちるのもあっという間です。ですが、このとき見た目はほとんど変化しません。見た目に現れるのはさらに減り始めるタイミングです。

2,3キロはすぐに減るのですがそこで一旦体重の減少は止まります。ダイエットを続けているのに1,2週間体重が減らない時期がきます。これは誰もが経験することでダイエットに失敗しているわけではありません。ほとんどの人がこの段階でダイエットをやめてしまいます。だからダイエットに失敗するんです。本当はそのまま続けていれば痩せたのに、もったいない。

引用元-スムージーダイエット計画

スポンサーリンク

  人気記事

ダイエットで体型に変化を出すには

5キロくらいの体重の変化だと、減った理由が「体内の水分量の変化」という可能性もあります。特に炭水化物を極度に抜いたダイエットなどを行うと、水分量が一気に減るので短期間でも体重が一気に落ちたりします。ただ、減ったものが水分の場合、見た目にそれほど変化がありません。

見た目を細くする場合には、水分でなく脂肪を落とす必要があり、脂肪を効率よく落とすためには筋肉を鍛える必要があります。そして、筋肉を鍛えるためには1日20-60分の有酸素運動や筋トレを継続して行う必要があります。筋肉をつけることで脂肪の燃焼が加速しますし、スッと引き締まったメリハリボディを手に入れることができます。また、脂肪を落としていくうちに脂肪細胞自体が小さくなってくるので、脂肪を溜めにくい体になります。

引用元-ダイエット成功レシピ

脂肪より筋肉の方が重い

体を引き締めるために筋力トレーニングなどの運動を行うと、体脂肪の量が減って、逆に筋肉の量は増える事があります。こうなると、筋肉の比重は体脂肪に比べて重いために、体脂肪が減って体が細くなっているのにも関わらず、体重が減らないという不思議な現象が起こります。同じ大きさなら、筋肉は脂肪よりも重いのです

ちなみに比重というのは「大きさ(体積)あたりの重さ」のことで、水を基準値(1.0)とした数値で表されます。比重が1.0を超えれば水より重い、つまり水に沈む物質で、逆に1.0を下回っていれば水より軽い(水に浮く)物質ということになります。常人では持ち上げられないような大きな丸太が水に浮くのはその比重が軽い(0.5~0.8)からで、吹けば飛ぶような砂粒が水に沈むのもその比重が重い(2.0~3.0)ためです。人間の体脂肪の比重はおよそ0.9で筋肉の方はおよそ1.1。なので、あまり体脂肪率が低すぎると水に浮きにくくなることもあります。(ちなみに、「比重法」という厳密な体脂肪率の測定法では、この原理を応用して体脂肪率を算出します。)

水泳選手の体が軽量級のプロボクサーのように極限まで絞り込まれていないのも、適度な量の脂肪によって浮力を得るという意味があるのです。

引用元-肉体改造研究所

脂肪が筋肉になるわけではない

体内で脂肪を筋肉に変えることは出来ないのです。運動することで、体脂肪が筋肉に変わると考えている人が多いのですが、これも誤った思い込みです。筋肉隆々の身体とは、身体が本来もっている筋肉の線維が運動することによって痛めつけられ、それに反発して太く大きくなる結果として出来上がった身体のことです。

筋肉質になると、身体がすっきりした感じになるのは、運動によって、脂肪細胞に蓄えられていた中性脂肪が分解され、エネルギーとして消費されることで、脂肪細胞が縮むからなのです。決して、脂肪が筋肉に変わったためではありません。

体脂肪を減らす一番簡単な方法は、食事量を減らして、体内に溜めこんだ中性脂肪をどんどん使うようにすることなのですが、それでは体脂肪だけでなく筋肉も減ってしまいます。体脂肪だけを減らし筋肉を増やすには、エネルギー量は少ないですが、タンパク質は多いという食事を摂り、運動を続けるのが効果的です。

引用元-村上カイロプラティクオフィス

体重ではなく体型の変化を

体重はあくまでも重さを表す数値であって、それ以上でもそれ以下でもないのです。もちろん極端に重すぎたり軽すぎたりすれば問題ですが、簡単な方法で測れて誤差も少ない数値として多くの人が目安にしているに過ぎません。そして、多くの人が目安にしているからと言って常に信頼できるとは限らないのです。

ダイエットにはげむ女性の中には、「40kgくらいの前半になりたい、数字として痩せてるイメージがあるから。」なんていうような、体重至上主義のダイエットを実践する方もいるようですが、そもそも体重ってあんまり人に言わないですよね?(笑)。

体重にこだわる人が本当に気にしているのは数字そのものではなく見た目、つまり体型のはず。引き締まった体型を望んでいるのなら、体重の数値よりも体型そのものを変えるために努力することが大事なのではないでしょうか。

引用元-肉体改造研究所

まとめ
ダイエットを始める時、体重を何キロ減らすかを目標に定めるのもいいかもしれませんが、同じ体重でも筋肉質な体にすると体型に変化があることがわかります。食事制限ではなく運動で見た目からダイエットしてはいかがでしょう。

twitterの反応

 - 美容・健康