まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

赤ちゃん部屋のハイハイ対策

      2016/11/11

 - 日常・生活

赤ちゃんのいるご家庭は、ハイハイが始まると目が離せません。何にでも興味津々です。手の届く高さまで、部屋の中には物を置かないようにしてください。小さなものをつまんで口に入れるので注意が必要です。

スポンサーリンク

  関連記事

中学生が勉強しない理由とは?親がするべきこと

中学生になると環境の変化などで子供が勉強をしなくなることもあるようです。やる気がおこらず、勉強をしない子供にやる気を出させるにはどうしたらいいのでしょうか?今回は勉強をしない子供に勉強をさせる方法を調べました。

本棚をDIYで作りたい!簡単にできる方法は?

DIYという言葉を知っていますか?最近はテレビや雑誌などでも特集されていますね。自分で作るという意味なのですが、コツを抑えれば結構簡単にできるようです。DIYのことを知って、本棚作りにチャレンジしてみませんか?

自転車の子供へのヘルメット着用が義務化!?ヘルメットの選び方とは

自転車に子供が乗るときはヘルメットを着用することに努めないといけません。子供のヘルメットはどのように選んだらいいのでしょうか?今回は子供の自転車用ヘルメットの選び方を調べました。

DIYで壁の修理は可能?壁の修理方法とは

イライラしてつい壁に八つ当たりしてしまい、壁に穴をあけてしまった!ということありませんか?修理を頼むのはお金がかかるのでいっそDIYで修理してみてはいかがでしょうか。今回はDIYでの壁の修理方法を調べました。

赤ちゃんの足のサイズはどう測る?ファーストシューズの選び方

赤ちゃんが一人で歩けるようになったら靴を用意しないといけません。ファーストシューズはどのようなものがいいのでしょうか。また赤ちゃんの足のサイズを測る方法も調べましたので紹介します。

楽天カードのリボ払いって何?リボ払いを賢く使うには

楽天カードはとにかくポイントがたくさん貯まるので利用している人も多いのではないでしょうか?そんな楽天カードはリボ払いにすることでさらにポイントが貯まるようですが、利用するときは注意しないといけない場合もあるようです。

夏休みに知り合いに手紙を出してみよう!書き始めの言葉は?

今は携帯やスマホの普及で手紙を書く機会があまりないかもしれません。しかし夏休みに入ったらお世話になっている人に手紙を書いてみてはいかがでしょうか?書き始めや、締めくくりの言葉を知っているといざというときに役に立つかもしれません。

ジグソーパズルはどれを選ぶ?ピースの数と対象年齢

ジグソーパズルは小さいころからすると脳の発達にいいと言われています。小さい子にはどのようなパズルを選べばいいのでしょうか。今回はジグソーパズルのピースの数と対象年齢について調べました。

旦那の弁当って皆作ってるの?節約の為に始めたい時にみるまとめ

ランチ代が1日500円だとしても月や年に換算すると、結構な大金になるんですよね。「節約の為に旦那にお弁当を持たせようかな」と思ったあなた。やみくもに始めても長続きしませんよ!世の中にはこういう考えの旦那様もいるんだってことを理解した上で、自分たちにはどのようなスタイルが合っているのか判断してみてください。

エアコンクリーニングはどこに頼む?エディオンの場合

エアコンクリーニングを請け負っている業者はたくさんあるのでどこに頼めばいいか悩みますね。今回はエディオンのエアコンクリーニングについて調べてみたので参考にしてみてください。

旦那が実家に頻繁に帰りたがるのはなぜ?

旦那さんが結婚前に実家暮らしだった場合、結婚後も頻繁に実家に帰りたがる事があるようです。旦那が実家に頻繁に帰っていると離婚されてしまうケースもあるようなので注意です。今回は旦那が実家に帰るわけを調べました。

定年退職する父へのプレゼント!どんなものがいい?

お父さんが定年退職するときは長年働いてきた感謝をこめてプレゼントを贈りたいですね。定年退職の時はどのようなプレゼントが喜ばれるのでしょうか?今回は定年退職する父に贈りたいおすすめのプレゼントを調べました。

肉をおいしく食べたい!冷凍保存したらいつまでOK?

見出し1 肉には種類によって傷みやすい!?1.1 1.消費期限ランキング1.2 …

妊娠中の仕事がつらい!休みがちになる前にしておくこと

妊娠すると仕事をどうすべきか悩むところですね。妊娠中の体調の変化は様々なので急に仕事を休まなければならなくなることもあるかもしれません。そこで仕事を休みがちになる前にしておくべき事を調べました。

小学校の授業についていけない!その原因と対処法とは

小学校に入学すると今までとは環境がガラッと変わるために授業になかなかついていけない子供もでてきます。そんなときはどうしたらいいのでしょうか?今回は子供が学校の授業についていけないときの対処法を調べました。

日焼け止めは衣類から!紫外線を防止するシャツの選び方

夏になると怖いのが、蚊と日焼けだと思いませんか?特に日焼けは年齢を重ねてから色々なデメリットが出てきてとても厄介です。日焼け止めを塗るのは基本として、シャツなどの衣類でも十分に防止しましょう。

トイレのドアは内開き?外開き?

皆さんの家のトイレのドアは、内開きですか、それとも外開きですか?中には引き戸だよ、なんて方もいるかもしれませんね。意識したことはなくても、これから家を新築する、なんてことになったら、意外とこの「内開き・外開き」を意識することになるんです。そこで、意外と知らないトイレのドア事情について調べてみました。

リビングの和室には小上がりとフラットどっち?

家を建てたり、リフォームする時に一度は考えるのが小上がりの和室だと思います。リビングに小上がりの和室があるとなんだかとてもおしゃれですね。実際は小上がりにするのとフラットにするのはどちらがいいのでしょうか?

待望の大学へ入学したのに一人暮らしがさみしいと思うのは変?

自由を求めて、遠くの大学選ぶ人は多いですね。憧れの一人暮らしが手に入ったのに、ふっとさみしい気持ちに襲われます。でも、これは普通の事なんです。誰もが通る道なのです。でもこれは生活に慣れてきた証拠なんです。うまく乗り越えましょう。

車のシートの洗浄方法あれこれ

車のシートは見た目よりも案外と汚れているものです。ちょっとした汚れは重層や布クリーナーでとれます。ペットの匂い、嘔吐、おもらしなどはしっかりとっておかないと染付いた匂いが取れなくなります。タバコのヤニなどの匂いも嫌なものですね。シート全体を丸洗いしたい場合の方法は?ケースバイケースで清潔に保ちましょう。

赤ちゃんがハイハイ お部屋の中は危険がいっぱい

赤ちゃんとの生活では、「ひやっとした体験」があらゆるところで起こりえる可能性があります。ママが想像もしないような事を赤ちゃんはしてしまうのです。一例を挙げますね。

☆寝返りが出来るようになった我が子にタオルケットをかけて寝かしつけ、そ
 の場を離れていたら鳴き声がしたので戻ると、タオルケットにぐるぐる巻き
 になっていた。
☆後ろ姿から静かに一人遊びをしているなと思って前に回りこみ確認したら、
 落ちていたゴミを拾って食べていた!
☆LANケーブルををつなぐ部分に指を入れて遊んでいた!思いもよらない部分に
 も指を入れてしまう。
☆フロアマットをはがして食べていた。
☆木の敷居をベロベロとなめて口がまっ茶色になっていた。
☆子供ダンスによじ上っていた。簡易な作りのものなので今にも倒れそうだった。
☆まだ寝返りしないからと油断して目を少し離した隙に、うつ伏せになっていた。

誤飲や窒息といった事故にもなりかねない例でゾッとしますよね。こんなヒヤリを体験しないためにも、できる時にできるところから対策をしていくことが大事です。

引用元-MARCH

スポンサーリンク

  人気記事

赤ちゃんにダメというより危険なものに触れさせない工夫

(1)暖房器具には手をふれないようガードを
床に置いたり、壁の低い位置に設置する暖房器具を使う場合は、赤ちゃんが近づいたり、さわったりできないように、必ずガードを設置しましょう。

(2)赤ちゃんが引っぱって落ちるものはなくして
赤ちゃんは、手にふれた物は引っぱります。電気ポットのコンセントやテーブルクロスなどを引っ張って、熱いお湯やお料理の入った食器などが落ちてケガや火傷をしないよう配慮を。

(3)階段や玄関などの段差、台所や浴室入り口にはゲートを
階段や玄関の段差に落ちたり、台所やお風呂場など危険なものがたくさんある場所に入ったりすることがないよう、心配なところにはゲートや柵などを設置しましょう。

(4)ピンポン玉より小さいものは赤ちゃんの手の届くところに置かない
ピンポン玉より小さいものは、赤ちゃんが口に入れたときに誤飲する危険があります。細かいもの、口に入れてはいけないものは、箱に入れてたんすや棚の上に置くか、引き出しにしまって開かないようにロックしておきましょう。

(5)テーブルや部屋の角などにぶつからないようクッション材でガードして
ハイハイ、つかまり立ちやつたい歩きをするようになったら、頭をぶつけてケガをしないよう、家具の角にはクッションを。とくに、歩き始めは転びやすいので、マットを敷いたり、すべりにくい工夫などもしておくと安心。

引用元-gooベビー

ハイハイする赤ちゃんのお部屋づくり

ずりばい・ハイハイ期に気をつけたいポイント

ずりばい・ハイハイの頃の部屋作りの大きなポイントは、床から30センチの高さにはものを極力おかず、電気コードなどはまとめて、コンセントにはカバーをして触れないようにすること。とにかく床の上をたくさん移動するので、そのことを念頭において部屋作りをしましょう。

引用元-こそだてハック

ハイハイの赤ちゃんの為の床は

赤ちゃんが腹ばいになってずりばいをしたり、はいはいをしたりする床。今は、フローリングのお家も多いと思いますが、赤ちゃん目線ではいはいをしながら移動してみると思わぬささくれや隙間などが見つかることも!床のささくれは、大きな怪我につながる危険性があるのできちんと取り除き、表面を滑らかにしておきましょう。床の隙間などは好奇心旺盛な赤ちゃんが指を入れて外れなくなると大変です。きちんとふさいでおきましょう。

また、フローリングは濡れると非常に滑りやすい素材です。赤ちゃんはよだれを流していたり指しゃぶりをした手で床に手をついたりすることが多いため思いがけず、フローリングが濡れた状態になり、赤ちゃんがつるっと滑って、ゴチンと頭や身体を打ち付けてしまうこともあります。

滑りやすい床は、赤ちゃんが動き回ることが多い場所だけでもマットやカーペットを敷くと安心ですね。マットやカーペットは赤ちゃんが多少転んでも怪我が少ないクッション性があるものや汚れた時にお掃除や洗濯がしやすいものがおすすめです。

人気なのは、コルクマットやジョイントマット、タイルカーペットなどです。いずれも敷きやすく、クッション性がありお手入れがしやすい点がママ達に喜ばれているようです。ただし、カーペットなど裏側に滑り止めがないものは赤ちゃんが踏んですべると危ないので滑り止めシートを下に敷くと安心です。

引用元-赤ちゃんブログ|赤ちゃんの子育てを支援します!

ベビーフェンスの必要性は?

「我が家にベビーゲートは必要なの?」というチェックをしてみましょう。
・玄関まで一人で行けるようになっていませんか?
・お風呂場のドアが常に開いていませんか?
・2階以上の部屋で過ごしていませんか?
・キッチンの低い場所に危険な物を置いていませんか?
・家事で赤ちゃんから目が離れる時間が多くありませんか?
上記ポイントに1つでも当てはまったらベビーゲートの設置を検討すべきです。「ちょっとの間だから…」と油断した時が一番危険です。赤ちゃんは姿が見えなくなったパパやママを探したり、好奇心から食べ物じゃないものを口にしたり、思いもよらない行動をしますよ!

引用元-赤ちゃんや子供のためのフェンス(柵)おすすめベビーゲート5選 [ママリ]

まとめ
赤ちゃんの目線んで危険なものを片付けましょう。赤ちゃんは大人が想像しないようなことをします。

twitterの反応

 - 日常・生活