まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

肝臓の腫瘍で良性の物とは?悪性との違い

      2016/10/26

 - 美容・健康

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、障害があっても自覚症状がない場合が多いです。肝臓の腫瘍には良性のものと悪性のものがあり、良性の物の中には治療が必要ないものもあります。今回は肝臓の腫瘍について調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

1歳の子供が下痢!食事はどうする?

小さい子供が下痢をするととても心配ですね。離乳食が終わったばかりの1歳の子供の場合の食事はどうすればいいのでしょうか。今回は子供が下痢をした場合の食事について調べました。

マウスピースで歯並びの矯正は失敗が多い

歯並びの矯正は目立つので嫌な人も多いです。半面、美しい歯並びに憧れて矯正に踏み切る人も多いです。従来の方法の他にマウスピースによる矯正の方法があります。しかし、経験が豊富なドクターが少ないことと、決まり通りにはめない人がいるなど、失敗が多いようです。料金が高く、時間がかかりますので、失敗しない対策を立てましょう。

DHCの亜鉛サプリメントは髪にいい?

亜鉛は髪にいい栄養素であるといわれています。DHCからは亜鉛のサプリメントも出ていて気軽に摂取することができますが、実際に髪に効果はあるのでしょうか?今回は亜鉛サプリメントについて調べました。

冬以外でもおでんダイエット! 卵+低カロリー具材で

今やコンビニなどで年中食べられるようになったおでん。実は、おでんで痩せる「おでんダイエット」が今話題になっているのです。卵などのヘルシー+満腹感+低カロリーな具材でカシコくダイエットしませんか?

顔パック、安いものでも効果はある?!

数多くの顔パックがドラッグストアや化粧品売り場に並んでいます。値段も安いものから高いものと様々です。どれを買ったらいいのか迷います。そこでパックの種類や安いパックでも効果が得れるのか調べてみました。

脳が原因で病気に!?精神疾患と脳の関係

近年、精神疾患を患う人が増えてきているといわれています。精神疾患は脳の病気ともいわれ、原因は脳の機能障害とされていますがすべてはまだ解明されていません。今回は脳と精神疾患の関係について調べました。

歯の色が白く!歯に塗るマニキュアとは?

歯の色が黄ばんだり着色すると特に前歯の場合は気になりますね。歯医者に行く時間がないという時は歯を白くする歯のマニキュアを塗るのが便利です。今回はすぐに歯を白くできる歯に塗るマニキュアについて調べました。

すっぴんでも目が大きいって言われたい!目を大きくするには

女性はメイク次第で目の大きさまで変えることができます。しかしすっぴんになったときの変化にがっかりされることもあるかもしれません。そこですっぴんでも目が大きいと言われる方法を調べました。

肩こりは筋肉が硬いから?その対処法

日常的に肩こりに悩まされている人は多いですね。肩こりは筋肉が硬い為に起こるようです。今回は肩こりを引き起こす肩の筋肉と、どうしたら肩こりを解消できるのか調べました。

肌を綺麗にしたい!スキンケアのポイントは?

誰でも美肌にはあこがれますね!肌を綺麗にするにはどのようなスキンケアをしたらいいのでしょうか?今回は肌を綺麗にするためのスキンケアのポイントを調べましたので紹介します。

精神障害2級ってどんな人が対象?精神障害者手帳を貰うには

精神障害の対象になる人は何らかの精神疾患で日常生活において長期の制約を受けている人のことです。その為うつ病を診断された場合も障害者手帳を発行してもらえることがあります。今回は精神障害2級と診断された場合について紹介します。

目から出血!?原因と対処法は?コンタクトはしてもいい?

目から出血すると白目が真っ赤に染まりまることがあります。この出血はなぜ起こるのでしょうか?また出血した場合はコンタクトはしてもいいのでしょうか?今回は目からの出血について調べました。

椎間板ヘルニア!?手術後の看護は大変!?

椎間板ヘルニアは腰痛がひどいといったイメージですが治療をする場合はどのような方法をとるのでしょうか?また手術になった場合の手術後はどのように看護すればいいのでしょうか?今回は椎間板ヘルニアについて調べました。

顔の湿疹が治らない!その原因と対策は?

顔に湿疹ができるとなかなか治らないことがあります。顔にできる湿疹の原因とは何なのでしょうか?また治すにはどうしたらいいのでしょうか?今回は顔にできる湿疹について調べました。

子宮の位置が左に傾いていると妊娠しない?

不妊治療は大変ですね。いろんな要素が絡んでいます。子宮の位置が左に傾いていていたり、卵管がねじてちいたり、癒着していたり、原因はいろいろあります。また、妊娠しずらいのは女性だけの問題ではありません。専門医に相談しながら、治療をしてください。

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない痛みがあることも。病院へ行きたいけど原因がわからないと何科を受診したらいいのかもわかりませんね。そこで頭痛の特徴と原因について調べてみました。

納豆は薄毛に効果アリ!?髪の毛にいい効果とは

納豆は栄養が豊富な食材ですが、髪にもいいというのを知っていましたか?なぜ納豆は髪にいいのでしょうか?今回は髪の毛に納豆がもたらす効果と、より髪の毛にいい食べ方を調べました。

ペースメーカーはなぜ必要? 手術後の看護や見守りのポイント

ペースメーカーの手術をした人のために携帯の電源を切るようにと昔は言われていましたよね。 ペースメーカーはなぜ必要になるのでしょうか。看護等のポイントについても調べました。

妊娠中の食事はどうする?お勧めの献立

妊娠中の体重管理はとても重要ですね。つわりがおさまってくるとついつい食べ過ぎてしまいます。そんな時は食事を工夫して体重管理をしてみましょう。お勧めの献立を調べましたので紹介します。

足でも血圧が測定できる?

血圧測定といえば、腕にマンシェットを巻いて測定するイメージはありませんか?血圧測定には、腕だけでなく、足で測定することもあるんです。足での血圧測定について調べてみました。

良性腫瘍と悪性腫瘍の違いとは

1.良性腫瘍と悪性腫瘍

1-1.腫瘍とは

腫瘍とは、世間一般にいわれる「できもの」と同じです。
ですから、すべての腫瘍が「がん」というわけではありません。異常に増えた細胞がかたまっている状態が腫瘍なのです。
性質の違いにより良性の腫瘍と悪性の腫瘍に分けられ、その「できもの」がある場所で大きくなっているだけのものを良性腫瘍といいます。
がんと呼ばれるのは、悪性腫瘍のことです。

1-2.良性腫瘍について

良性腫瘍は、「悪い影響はない」というような意味があるだけで、決してよい影響をもたらすものではありません。良性腫瘍も体に悪影響を及ぼすこともあります。
しかし、がんではないので悪性腫瘍よりも安心できるでしょう。
良性腫瘍は切除できるものも多くあります。切除すれば再発する可能性が低いでしょう。切除するかどうかは、医師とよく相談してください。

1-3.悪性腫瘍について

悪性といわれるように、体に悪影響をもたらす腫瘍です。
いわゆる「がん」は、悪性腫瘍のことをさしています。
治療を要する腫瘍ですから、早めに発見してすぐに治療を始めなければなりません。

引用元-キュアの癒し系ブログ

スポンサーリンク

  人気記事

肝臓とは

肝臓に様々な原因で障害が起こると、肝臓の代謝が障害を受けますが、肝臓は本来ある程度の障害を受けても、代償作用が働いて、元に戻ることができます。
ちょうどある弾力性をもつ物体が外力を受けて歪んでも、外力が除去されると元にもどることに似ています。
しかしその外力が一定の限度を超えた場合にはもはや回復しないのと同様に、肝臓の障害の強さが一定限度を越えると、いわゆる肝不全という状態に陥ります。
このような肝臓の性質を「肝臓の予備能」と言っています。

肝臓は予備能があるため少々の障害では症状が現われません。
そのために肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれています。
しかし肝臓の障害が少しずつゆっくりと進行していても、自覚症状はありませんから、気がついたときには手遅れになっていることが多いので、注意が必要です。

引用元-ミノファーゲン製薬

肝臓にできる良性と悪性の腫瘍の違い

肝臓の腫瘍には、非癌性の腫瘍(良性)と癌性の腫瘍(悪性)があります。
癌性の肝腫瘍は、原発性(肝臓から発生したもの)または転移性(体内の他の部位から肝臓に広がったもの)に分類されます。ほとんどの肝腫瘍は転移性です。

体の各部にできた癌から分離した癌細胞は、しばしば血流に入って全身に運ばれますが、肝臓は体全体に流れる血液のほとんどをろ過しているため、癌は肝臓に転移することがよくあります。

非癌性の肝腫瘍は比較的よくみられますが、多くの場合、症状はありません。
その大半は、別の理由で超音波検査やCT(コンピュータ断層撮影)検査、MRI(磁気共鳴画像)検査などの画像診断を受けたときに見つかります。
しかし、まれにこうした非癌性肝腫瘍が肝臓の腫大や腹腔内出血を引き起こすことがあります。非癌性肝腫瘍が存在しても、多くの場合、肝臓は正常に機能します。
そのため、通常は肝機能検査の結果は正常です。

引用元-メルクマニュアル医学百科

肝臓の良性腫瘍

■ 肝細胞腺腫

欧米では、大半が経口避妊薬を服用する若い女性に発症します。
その他、糖原病Ia型への合併がみられます。
自然破裂によりお腹の中に出血したり腫瘍の中に内出血することもあります。
画像上の特徴は血管増生に富む点です。
高分化型肝細胞癌(初期のもの)と組織学的に鑑別することが困難なことがあり、悪性化も報告されていますので、有症状・増大傾向があれば肝切除が必要ですが、経過観察で問題ない場合もあります。

■ 血管筋脂肪腫

腎臓に好発することで知られていますが、肝臓ではまれです。
本腫瘍は、血管、平滑筋、脂肪が細胞の3成分が種々の程度に組み合わさり構成されています。経皮的針生検で本腫瘍と診断されれば、治療の必要はありません。
しかし、最近、悪性化の報告もあったので、経過をみて、増大するような場合は切除したほうが良いでしょう。

■ 胆管嚢胞腺腫

30歳以上の女性に好発する多房性嚢胞性腫瘍です。
悪性化することがあるので切除が必要となります。

引用元-東京慈恵会医科大学

肝臓の腫瘍が良性であるかどうかの判断が大事

狙いは肝がん

「肝臓に腫瘍ができる」という点で、肝血管腫と肝がんは同じです。
しかし、治療は真逆といえます。肝血管腫は「放置」、肝がんは「手術」です。

肝血管腫が肝がんに移行することはないと考えられています。
ですので、「肝血管腫である」と確定させることは、「肝がんではない」ことを確定するでもあるのです。

肝炎と肝硬変

医療従事者でないと、「その腫瘍が悪性かどうかは、細胞を採取して顕微鏡で見なければ分からないのではないか」と思ってしまいますが、それ以外の「見分け方」があります。
肝臓の細胞を採取することは、体への負担が大きいので、「それ以外の見分け方」も確実であれば、そちらの方がメリットが大きいのです。

まず、B型肝炎やC型肝炎などのウイルス性肝炎や、アルコール性肝硬変など、肝臓の重い病気を持っている人に対しては、腫瘍が3センチ以下であっても医師は肝がんの可能性を考えます。
肝がんは発育が早いので、再検査のときに腫瘍が大きくなっていれば、やはり肝がんを疑います。肝血管腫は、一般的には大きくなりません。

引用元-Hapila

まとめ
多くの良性腫瘍は治療の必要はなく、経過観察になるようです。良性でも大きくなった場合は悪性であるので注意しましょう。

twitterの反応

 - 美容・健康