まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

50代男性が再就職するなら!おすすめの仕事とは

      2016/11/22

 - 社会・政治・経済

早期退職で50代から再就職をしようと思ってる男性もいるのではないでしょうか?しかし50代からの再就職はかなり困難なようです。今回は50代からの仕事の探し方について調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

国民年金 免除申請 必要な物
国民年金の保険料を免除するには?免除申請に必要な物

国民年金は20歳以上の国民であれば必ず加入する制度です。毎月の保険料を滞納した場合は催促状がくる場合があります。経済的に払うことが難しい場合は免除申請をすることができます。今回は国民年金保険料の免除申請に必要な物を調べました。

仕事 相談 仕方
仕事で悩んだら!上司への相談の仕方はどうすればいい?

仕事で行き詰まって悩んでいる場合はどう相談すればいいのでしょうか?上司へ相談する場合は相談内容を明確にする必要があるようです。今回は仕事で行き詰ったときの相談の仕方について調べました。

日本学生支援機構 奨学金 審査
日本学生支援機構の奨学金の審査基準とは?

大学や専門学校に進学する際に、経済的余裕がない場合は奨学金を利用するのが有効ですね。日本学生支援機構の奨学金には二種類あります。今回はその奨学金の種類と審査基準について調べてみました。

個人事業主 税金 扶養
個人事業主の税金はいくらからかかるの? 夫の扶養になれるの?

主婦が働く場合は、夫の扶養の範囲内でパートをするのが一般的でした。しかし、最近は、ネットを利用して個人事業主になったり、在宅ワーカーという仕事も増えています。個人事業主の妻は、夫の扶養になれるのでしょうか?税金を払うのはいくらからなのでしょうか?

障害児 施設 就職
障害児の施設へ就職を希望するにはどんな資格がいるの?

障害児といっても、知的なものから身体的なものまで様々です。障害児の施設では、様々な資格の所有者が就職しています。また、施設の種類は通所式のものから入所式のものまであります。どんな職種を希望するのかよく考えて資格を取りましょう。

丸の内 朝 大学
丸の内朝大学って何!?新しい学びの形

丸の内朝大学という学校を知っていますか?主に通っているのは通勤前の社会人のようです。通勤前の時間を有効活用して学ぶということなのですがこれがとても好評のようです。今回は丸の内朝大学について調べました。

市役所 部署 異動
市役所の部署の異動はどのくらいあるのか

市役所に勤務していると部署の異動は何年に一度あるのでしょうか。長年勤務している人の中には様々な部署を経験している人もいるようです。今回は市役所の部署の異動について調べました。

パート 扶養 外れる
パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」「130万円の壁」を意識されているかと思います。せっかく頑張って働いても世帯収入が減ってしまった、なんてショックですよね。今その゛壁”が変更になろうとしています。新たに106万円の壁が!?まとめました。

%e5%b9%b4%e9%87%91%e3%80%80%e5%8f%8e%e5%85%a5%e3%80%8065%e6%ad%b3
年金が減額されない収入のボーダーラインは?65歳以上の場合

定年後も働き続けるた場合、収入によってもらえる年金が減額される制度を知っていますか?これは在職老齢年金と呼ばれ、定年後に働いているすべての人が減額されるわけではありません。また65歳以上からは計算の方法が変わってくるようなので紹介します。

%e3%83%91%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%80%80%e4%bb%95%e4%ba%8b%e3%80%80%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88
パソコンを使った仕事 イラストレーターって?

自宅のパソコンでイラストの仕事ができるって知ってましたか?絵が好きで趣味で描いていたイラストを仕事にすることができるのです。どんな方法があるのか調べてみました。

%e8%a6%aa%e3%80%80%e3%81%84%e3%81%aa%e3%81%84%e3%80%80%e5%ad%90%e4%be%9b%e3%80%80%e6%96%bd%e8%a8%ad
親がいない子供がいく施設とは?児童養護施設について

親がいない子供や、何らかの理由で家庭生活を継続することができなくなった子供はどうなるのでしょうか?そのような子供たちの多くは児童養護施設に預けられます。児童養護施設とはどのようなところなのでしょうか?

会社 方針 合わない
入社して会社の方針が自分と合わないと感じた場合はどうするべきか

就職活動をする時は会社の方針などをいろいろと調べて受ける人がほとんどだと思います。しかしいざ入社してみると、会社の方針と自分の考えが合わないと感じる人もいるのではないでしょうか?そんな時はどうしたらいいのでしょうか?

市街化調整区域 倉庫 建築
市街化調整区域とは?倉庫の建築はできる?

市街化調整区域という言葉を知っていますか?市街化を抑制する区域のことで建物の建築は原則としてできないようですが、倉庫などの建築もできないのでしょうか。今回は市街化調整区域について調べました。

%e5%b0%b1%e8%81%b7%e3%80%80%e8%b3%87%e6%a0%bc%e3%80%80%e5%bf%85%e8%a6%81
就職活動に資格は必要?取っておきたい資格とは?

就職するときに資格があることは有利なのでしょうか?履歴書に資格を書くことは必要なように思いますが、実際はどうなのでしょう?中には取っておくと便利な資格もあるようです。今回は就活に必要な資格について調べました。

管理栄養士 大学 忙しい
管理栄養士になるために大学に入ると予想以上に忙しい!?

将来の夢のために勉強しよう!と大学に入学し、勉学に励もうと思うのと同じくらい、1度きりのキャンパスライフを最大限に楽しみたいのが本音ですよね。もちろん勉強もしながら、バイトをして社会経験をしてみたり、サークルに入って友達いっぱい作って遊んだりしたいですよね。管理栄養士になるために大学に入ると、自由な時間はどれくらいあるのだろう?どれだけ忙しいのか気になりますよね。そこで、管理栄養士について調べてみました。

バス 座席 マナー
バスの座席のいろんなマナー総分かり

初めて会社で貸し切りのバスの旅行の幹事になった時は座席のことで悩みますね。初めて空港行きのエアポート行きのバスに大きな荷物をもって乗車者する時のマナーは気になります。初めて夜行バスに乗るときは、座席を倒して安眠するには?いろいろな疑問が沸いてきます。

源泉徴収票 発行 いつ
源泉徴収票とは?発行はいつ頃?

確定申告をする場合は働いている職場から源泉徴収票を発行してもらう必要があります。この源泉徴収票はいつ頃発行してもらえるのでしょうか?また紛失した場合は再発行をしてもらえるのでしょうか?

自動車 免許 期間
自動車運転免許を取得しよう!どのくらいの期間で取れる?

18歳になると自動車運転免許を取得することができますね。なかには忙しいので、できるだけ早くとりたいと思っている人もいるのではないでしょうか。今回は自動車運転免許を取得するのに必要な期間について調べました。

新入社員 証券 営業
新入社員の厳しい現実!証券会社の営業とは

証券会社の仕事は厳しく離職率は7割といわれています。そんな証券会社の新入社員はまず営業を任されることが多いようです。証券会社の営業とはどのような事をするのでしょうか?今回は証券会社の営業について調べました。

Google 就職 問題
Googleへの就職は超難関!?出題される問題とは

Googleへ就職することはとても難しいといわれています。その中でも面接時に出題される問題は難問ばかりのようです。実際にどのような問題が出題されているのでしょうか。今回はGoogleの就職の問題について調べました。

50%e4%bb%a3%e3%80%80%e7%94%b7%e6%80%a7%e3%80%80%e4%bb%95%e4%ba%8b

50代からの仕事探しは困難?

50才過ぎると極端に少ないですね、特に55才を過ぎると非常に厳しい状況です。

再就職に有利な職種についても紹介致します。

同じ業界に再就職するときに他業界よりも給料が高くて、前職よりも上がるのは「情報サービス業」、それに続いて「建築材料・鉱物・金属材料等卸売業」「専門サービス業」「不動産賃貸業・管理業」「総合工事業」「設備工事業」
あたりでやはり専門性が高い職種ですね。

逆に同じ業界に再就職するとき前職よりも下がる傾向があるのは「各種商品小売業」、それに似た傾向なのは「飲食料品小売業」「食料品製造業」「職業紹介・労働者派遣業」あたりです。

なぜ前職より給料が安いか解りますか?

小売業、食品業が多いですが小売業などは生活に身近でその仕事を行うのに心理的な障壁がなく、いろんな人が参入しやすいから需要に対しての供給が不足しにくいとか、マニュアル化が進んでおり仕事の早期熟練が可能なことなどが考えられそうです。

検証の結果、企業で50才の求めている人材は専門知識のスキルです。単純作業など参入しやすい業種は若い人で十分なので専門知識のスキル無い50才には再就職は厳しいのが現状です。

引用元-Freedom middle age

スポンサーリンク

  人気記事

50代男性が転職して給料はどうなる?

問題は、自分の意思ではなく会社を辞めざるを得ない場合、自分の給与は下がるのか、上がるのか?ということです。結論としては、残念ながら下がることを覚悟して頂いた方がよいでしょう。というのは、前述の通り、50代後半以降は、給与水準は下がるばかりです。全国平均でそうなのですから、あなたが転職しようとする会社も、基本的には50代後半からは給与を下げても良いと考えています。ましてやこれから会社に入ってくる人で、周りの同僚の給与水準もわからない人に、長い年月会社にいる同年代と同じ給与水準を与える必要もないのです。

引用元-仕事がない。

50代男性が仕事を探すならアルバイトや派遣社員も視野に

現実的に考えて、前職でリストラに合った方などは、なかなか再就職は難しいと言われています。ですから、面接の際に企業側からリストラについて質問されたとしても、マイナス印象にならないような受け答えを準備しておくことは大切です。

また、40代50代の求職中の男性の中には、どうしても正社員としてでなければ働きたくないと考えている人も多いようです。40代50代になりますと、職種にもよりますが、若年層と比較すると需要は減ってきてしまいますから、正社員にこだわりすぎても採用されず時間だけが過ぎていくパターンもあります。

最終目標は正社員として働くことかもしれませんが、繋ぎとしてアルバイトや派遣社員で生計を立てながら正社員の道を探することもひとつの道ではないでしょうか。最初はアルバイトから始めたとしても、あなたの能力や人としての魅力をアピールできれば、正社員として採用してくれる企業もあるかもしれません。

なかなか就職できないと焦って自分の望んでいない企業などに入るよりも、これから長く働ける就職先を決めるために、一旦アルバイトや派遣社員として生活を繋ぐという道もあるのかもしれません。

引用元-FROM40

50代男性の仕事でおすすめは?

自分のこれまでの勤務経験が生かせる仕事

早期退職をした場合、再就職するのはなかなか難しいとは思いますが、場合によってはそれまで勤務していた会社の関係先の知り合いからそれまでの経験を買われて求人依頼の連絡が来る場合もあります。さらに、会計などの知識がある場合は、給与はそれまでより少なくなる可能性もあるかもしれませんが、経理の仕事の求人に応募すると採用される確率が高くなると思います。技術者であれば、その資格や技術が買われて同業他社に入社できる可能性もあります。これまで勤務していた職場と同じ業種、職種で探してみれば年齢的には不利かもしれませんが、異業種にアタックするよりも採用される可能性が高いと思います。

介護関係の仕事

介護職は、ハードワークですが、常に働く人を募集している職種なので、早期退職者の場合退職金が割増しでもらえる場合が多いと思いますので、体調に問題がなければそのお金を使って介護関係の資格を取り、介護職に従事するのもいいかもしれません。給与的には前職よりも少なくなる可能性があるかもしれませんが、介護職の求人は常に募集しているような状態なので、介護という仕事に抵抗がなければ、資格を取ればすぐに仕事が見つかるおすすめの仕事であると思います。

警備の仕事

警備の仕事も50代以上の男性にとっては再就職しやすい職業だと言えます。警備には施設警備や誘導警備、輸送警備や身辺警備業務などがありますが、中でもビルや一般住宅、遊園地や駐車場などの施設を警備する施設警備は警備経験がない男性であっても比較的取り組みやすい仕事であると思います。

引用元-ジジキャッチコム

あきらめずに探してみる

なかなか仕事が見つからないと壁にぶち当たっている人もいらっしゃいますが、実は仕事は山ほどあります。選り好みをしなければ何かしらの職業に就くことはできるとは思いますが、出来るだけ自分に合った仕事に就きたい、自分のやりたい仕事をしたい、と考えている人が多いことでしょう。理想と現実は違いますから、多少の妥協は必要となるかもしれません。また、たくさん面接を受け自分の希望や社会の現状を知ることも大切です。採用されなかった場合も諦めずに、どうすれば自分をアピールできるのか、自分の能力を活かすことができるのか、再度、自己分析をしてみましょう。方向性を修正したり、試行錯誤したりしながら自分と向き合うこと、、、それも仕事探しに必要な時間なのです。

引用元-FRPM40

ネットビジネスは今の時代にマッチした仕事!?

私がサラリーマン時代の職種は後者の専門知識のスキル無い部類でした。たぶん、普通に再就職出来たとしても非常に安い賃金で朝から晩まで働いていたでしょう。元々、勉強嫌いだったので学生時代も会社に入っても勉強しないで50才まできてしまったので、当然になにも。専門知識が無かったのです。私が今までの人生の中で一番勉強したのが、一番勉強したのが、ネットビジネスでした。

勉強といっても堅苦しいのでなくブログ書いたりして今までまったく知らなかった知識も吸収出来て非常に有意義でした。時には、お酒を飲みながらノンビリとブログを書いたりしてました。お酒飲みながらだと返ってタイピングの動きが良かったりしますwww

元々ネットビジネスを始めたのも、お小遣い稼ぎが始めた動機でしたが1年後にサラリーマン辞めるとは、まったく思っていませんでしたが、全く後悔はしていません。

今の自分は専門知識のスキルが付いたからです。専門知識といっても、たかが1年勉強しただけです、今まで何十年とサラリーマンしてましたが、ろくな知識も無かったのでネットビジネスは覚えてしまえば凄いスキルですね。

さて、これからの人生は自分の為に使おうかと思います。今までは会社の仕事で旅行どころか殆ど遊びに行けなかったので、これからが第二の人生の始まりです。

引用元-Freedom middle age

まとめ
50代からの再就職はかなり厳しいようです。給料が下がるのは仕方がないと考えて、いろいろ探してみるといいですね。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済