まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

顔の湿疹が治らない!その原因と対策は?

      2016/11/21

 - 美容・健康

顔に湿疹ができるとなかなか治らないことがあります。顔にできる湿疹の原因とは何なのでしょうか?また治すにはどうしたらいいのでしょうか?今回は顔にできる湿疹について調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

奥歯の歯茎が腫れて痛い!膿がたまる病気とは?

口の中でも細菌に感染すると歯茎が腫れたり、膿がたまってしまうことがあります。歯の奥に膿がたまる病気に歯根嚢胞というものがあります。奥歯がこの病気になると食べ物を食べるもの痛くなってしまうようなので早目の処置が必要です。

顔パック、安いものでも効果はある?!

数多くの顔パックがドラッグストアや化粧品売り場に並んでいます。値段も安いものから高いものと様々です。どれを買ったらいいのか迷います。そこでパックの種類や安いパックでも効果が得れるのか調べてみました。

近視なのに老眼!?コンタクトは使える?

自分は近視だから老眼の心配はない…と思っていませんか?老眼は年を取れば誰にでも訪れます。近視でコンタクトを使っている人は老眼になると近くのものが見えにくくなってしまいます。その場合はどうすればいいのでしょうか。

痰と鼻水の違いって?

乾燥や寒くなってくる季節になるとアレルギーなのか風邪なのか、熱は出てないけど痰、鼻水が止まらなくて辛い…。そういえば、痰と鼻水の違いってなんだろう?そして、痰と鼻水の症状はなにがあるのだろう?

ぽっこりお腹をなんとかしたい!効果的に痩せる運動は?

痩せたい!と思っているなら、ぽっこりお腹は特に気になりますね。お腹が痩せるのに効果的な運動はどのようなものがあるのでしょうか。今回はおなか痩せに効果的な運動を調べました。

肋骨を骨折!早く治すにはどうする?

肋骨は骨折しやすい骨でふとした衝撃でひびが入ってしまったりします。肋骨を骨折してしまったときに早く治すにはどうしたらいいのでしょうか。今回は肋骨の骨折を早く治す方法を調べました。

基礎体温が高温期の時は体温が日中も高いの?

妊活中の女性は、基礎体温をグラフにして、高温期が何日目というように、体温が気になるようです。高温期の日中の体温は微熱の人もいれば、日中は下がる人もいます。妊活という言葉ができるほど、今は女性の体が変化しているのでしょうか?結婚する年齢がが遅くなっていることも自然と妊娠できない状況の方が増えている理由ででしょう。

肝臓の腫瘍で良性の物とは?悪性との違い

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、障害があっても自覚症状がない場合が多いです。肝臓の腫瘍には良性のものと悪性のものがあり、良性の物の中には治療が必要ないものもあります。今回は肝臓の腫瘍について調べました。

子供が発熱!手足冷たい時の対処法

小さい子供が突然発熱することはよくあります。熱があるのに手足冷たくてどうしたらいいか慌てた人もいるのではないでしょうか?今回は子供が発熱した時の対処法について調べました。

足が細い基準とは?理想の足になるには

女性には自分の足が太いか細いか気にする人が多いですよね。足の理想のサイズの基準とはどうすればわかるのでしょうか。今回は足の理想の基準と足を細くする方法を調べましたので紹介します。

白内障の手術は怖い?どんな手術をする?

白内障は高齢の方に現れやすい現象で、進行すると視力が低下します。日常生活に支障をきたす前に、手術をすることが必要です。しかし目の手術となると怖いイメージがあるのではないでしょうか?今回は白内障手術の実態について調べました。

ロクシタンのシャンプーが人気!人気の秘密は香り?

ロクシタンはフランスの化粧品ブランドで、シャンプーも人気があるようです。ロクシタンのシャンプーは香りがいいのでとにかく人気のようです。今回はロクシタンのシャンプーについて調べました。

脳が原因で病気に!?精神疾患と脳の関係

近年、精神疾患を患う人が増えてきているといわれています。精神疾患は脳の病気ともいわれ、原因は脳の機能障害とされていますがすべてはまだ解明されていません。今回は脳と精神疾患の関係について調べました。

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない痛みがあることも。病院へ行きたいけど原因がわからないと何科を受診したらいいのかもわかりませんね。そこで頭痛の特徴と原因について調べてみました。

初めての産婦人科!診察に必要な持ち物や服装は?

産婦人科に行ったことがないという方も多いと思います。なんだか怖いというか未知の世界ですよね。初めて診察に行く方のために、持ち物や服装についてご説明したいと思います。

すっぴんでも目が大きいって言われたい!目を大きくするには

女性はメイク次第で目の大きさまで変えることができます。しかしすっぴんになったときの変化にがっかりされることもあるかもしれません。そこですっぴんでも目が大きいと言われる方法を調べました。

ラーメンのスープは飲む?飲まない?飲むことででる影響とは?

あなたはラーメンを食べるときにスープまで飲む派ですか?どうせラーメンを食べるならカロリーなんて気にしないでスープを全部飲む!という人もいるでしょう。しかしラーメンのスープで気にしないといけないのはカロリーだけではないようです。

耳鼻科と市販薬では成分が違う!鼻スプレーを使う際の注意点

花粉症などでアレルギー性鼻炎を発症するととてもつらいですね。耳鼻科に行って薬を処方してもらうのが一番いいですが、時間がなくて市販の鼻スプレーを使っている人もいるのではないでしょうか。しかし市販の鼻スプレーには注意しないといけない事があるようです。

腰痛の原因は骨の腫瘍!?

慢性的な腰の痛み…ヘルニアか何かかなぁ、なんて放置していませんか?でも待ってください、もしかしたらその痛み、骨の腫瘍から来ているかもしれません!普通の腰痛と骨の腫瘍からくる腰痛、違いを調べてみました。

椎間板ヘルニア!?手術後の看護は大変!?

椎間板ヘルニアは腰痛がひどいといったイメージですが治療をする場合はどのような方法をとるのでしょうか?また手術になった場合の手術後はどのように看護すればいいのでしょうか?今回は椎間板ヘルニアについて調べました。

顔にできる主な湿疹

湿疹にはいろいろな種類がありますが、顔にできやすいものでは、次の3種類があります。

・化粧かぶれを含む、接触性皮膚炎
・脂漏性皮膚炎
・アレルギー(アトピーを含む)

引用元-ニキビ跡消す化粧水、日本人の皮膚に合わせた選び方

スポンサーリンク

  人気記事

顔の湿疹が接触性皮膚炎でできた場合

接触性皮膚炎の原因はさまざまなので、特定できないことも多くあります。ですが原因物質に心当たりがあり、手近にあった場合は、自宅でも対処できます。その為に、パッチテストの知識を持っておくと便利です。光接触性皮膚炎の場合は、皮膚科で紫外線照射を組み合わせた光パッチテストを行うことができます。原因が明らかで、すぐに原因を取り除ける場合は、1週間程度自宅で様子を見ても良いでしょう。ただし、かぶれの治りが遅く、症状が悪化する場合は、早めに皮膚科を受診し、適切な治療を受け、原因も特定した方が良いですね。

引用元-ニキビ跡消す化粧水、日本人の皮膚に合わせた選び方

なかなか顔の湿疹が治らない!脂漏性皮膚炎はどう治す?

成人の脂漏性湿疹は、重症化して初めて治療に乗り出すケースが多いのですが、慢性化し再発を繰り返すことも多いため、医師に相談のもと早めの治療をおすすめします。治療指針としては、炎症を抑えるためのステロイド外用薬と、マラセチアの増殖を抑えるための抗真菌薬が基本となります。それに加え、かゆみの強い場合は抗ヒスタミン剤(内服)やビタミン剤(内服)を適宜使用していきます。

そして、薬による治療と並行して、以下の点を注意したセルフケアが必須になります。
・皮膚の清潔を心がけ、毎日やさしく、かつしっかりと洗う
・ビタミンB群を取り入れつつ、バランスのよい食生活をこころがける
・ストレスや過労に注意し、規則正しい生活と、十分な睡眠をとる
・紫外線を避ける

薬によって一時的に改善したとしても、マラセチアの増殖しやすい環境のままではまた再発してしまいます。日常生活を改善するところから、根気強くケアしていきましょう。

引用元-【医師が監修】脂漏性皮膚炎(湿疹)の原因・症状、日常ケアと治療法まとめ | ヘルスケア大学

脂漏性皮膚炎が治らない場合は

・洗顔を完全に「水だけ」にし、アブラを残さないために「パシャパシャ」ではなく「ピタピタ」で。
・食事をバランスよく、余計なものは食べない。ビタミンをサプリで補給する。
・睡眠不足、ストレスに十分注意する。

基本的な事ですが、これを続けていると少しずつ改善して肌がキレイになっていく方が多いです。

改善しない場合、アトピーを疑ってみて下さい。アトピーと脂漏性皮膚炎は非常に良く似ている病気なので、素人には見分けがつかない事も。アトピー性皮膚炎は、さまざまな原因で湿疹ができます。その湿疹を掻いていてしまうことで、どんどん悪化します。就寝時などに無意識で掻いているということもありえます。顔に出来た湿疹が生活を改善しても治らない場合、皮膚科を受診してみて下さいね。

引用元-湿疹トータルナビ

アトピーと脂漏性皮膚炎の見分け方

大人のアトピーの場合は肘裏と膝裏に必ず症状がある。軽度にしろ重症にしろ必ずあります。それ+αの部位に炎症があるのが大人のアトピーです

脂漏性皮膚炎は膝裏肘内にはできません。皮脂の多い部分にできるので腋の下、顔のT字ゾーン、頭皮、鼻によくできます。

小さな頃からアトピーだったというのならともかく大人になって顔もしくは頭に湿疹が出来るて肘内、肘裏に症状がないというのは脂漏性皮膚炎の可能性が高いです。これが見分け方その1。でも大人になってからアトピーを発症するという人は中々いないからあんまり参考にならないかもしれない。

引用元-アトピー攻略ブログ

顔にアトピーで湿疹ができた場合は

1.クレンジング・洗顔料・シャンプー
顔だけにアトピーができている場合は、化粧をしている場合はしっかりクレンジングで化粧を落としましょう。クレンジングや洗顔料、シャンプーリンスなどは合成界面活性剤不使用のものが低刺激です。一般に売られている製品はほとんどが界面活性剤をしようしています。合成界面活性剤というのは、水と油を分離するもので、天然ではなく合成で作られたものです。

なので、石油由来であったりしますから、肌にもよくありません。皮膚ですので蓄積することはほとんどないと思われますが、毎日使用しているとしっかり落とせない時などは、どうしてもそこから痒みがでたりかぶれたりします。スキンケア商品は本当に吟味して使用しましょう、安くても天然のもので使用感のよいものもたくさんありますので、アトピー商法に騙されないよう適切な商品を選んで下さいね。

2.保湿

顔だけのアトピーの場合、水分調節と皮脂調節がとても重要になってきます。水分はたくさん入れても問題ありませんが、保湿に関しては、余ってしまうとそれが原因でアトピーを酷くさせることもあります。保湿はリッチ成分のクリームタイプは基本的に避けた方がよいです。保湿も保水もシンプルなもので充分です。

特に保水をしっかりとして、保湿はその肌に入れた水分を逃さないようにあぶらの膜を張ってやる程度で充分機能をはたします。低刺激な化粧品でたっぷり肌に水分を入れこんで、保湿で肌を落ち着かせてあげる事がポイントです。

引用元-WELQ

アトピーの治療薬は?

この病気は遺伝的な体質が原因ですが、現在の医学ではこの体質(アトピー素因)を変えて湿疹を出なくするという治療は不可能です。そこで治療としては、現在ある湿疹を飲み薬や塗り薬によって抑えるという、一種の対症療法を行うことになります。アトピー性皮膚炎の患者さんが皮膚科を受診すると、飲み薬として抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬を、塗り薬としてステロイド薬を処方されるのが普通です。飲み薬は痒み止め効果がありますし、ステロイドの塗り薬は湿疹を直接改善する作用があります。対症療法といっても馬鹿にしたものではなく、その時の症状に合わせた適切な薬を選び、長期間根気良く治療を続けていきますと、ほとんどの患者さんは通常の社会生活に支障のない程度に症状をコントロールすることができます。

引用元-神奈川県皮膚科医会

まとめ
顔の湿疹が治りにくいと感じたら皮膚科で診断してもらいましょう。それぞれの対処法で早く治るようケアをしてあげましょう。

twitterの反応

 - 美容・健康