まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

蕁麻疹が出た場合は皮膚科?内科?どっちに行く?

      2016/11/05

 - 美容・健康

蕁麻疹が出た場合は何科へ行けばいいのでしょうか?皮膚にでる症状なので皮膚科がいいのでしょうか?しかしストレスなどの場合は内科がいいかもしれませんね。今回は蕁麻疹が出た場合の対処法を調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

インフルエンザの予防接種の料金はいくら?

冬になるとインフルエンザの予防接種を受ける人は多いかと思います。そんなインフルエンザの予防接種の料金は病院などによって異なりますね。なぜ料金は病院で異なるのでしょうか?今回はインフルエンザの予防接種の料金について調べました。

ウイルス性胃腸炎って何?症状と対処法

ウイルス性胃腸炎は主に冬場にはやりやすい感染性の胃腸炎です。二次感染しやすいため、かかった場合は注意が必要です。今回はウイルス性胃腸炎の症状と対処法を調べましたので紹介します。

脱毛をレーザーでした場合、毛が抜けるのは何日後?

ムダ毛の処理が面倒くさい人はレーザー脱毛はいかがですか?レーザー脱毛は施術をしてから何日後くらいに脱毛が完了するのでしょうか?今回はレーザー脱毛について調べました。

腎臓結石と腫瘍の症状の違いとは?

腎臓には結石ができることがあります。この結石が尿管に移動するととてつもない激痛に襲われることになります。また結石の症状から、腎臓の腫瘍が見つかる場合もあるようです。今回は腎臓結石と腫瘍がある場合の症状について調べました。

基礎体温が高温期の時は体温が日中も高いの?

妊活中の女性は、基礎体温をグラフにして、高温期が何日目というように、体温が気になるようです。高温期の日中の体温は微熱の人もいれば、日中は下がる人もいます。妊活という言葉ができるほど、今は女性の体が変化しているのでしょうか?結婚する年齢がが遅くなっていることも自然と妊娠できない状況の方が増えている理由ででしょう。

体型は体重によって変化するのか?!

体重は変わらないのにお腹が出てきた、又はダイエットで体重は減ったのに見た目の体型に変化がないなー、体が引き締まったような気がするのに体重は減らないと悩んでませんか。実はそれには理由がありました。

納豆は薄毛に効果アリ!?髪の毛にいい効果とは

納豆は栄養が豊富な食材ですが、髪にもいいというのを知っていましたか?なぜ納豆は髪にいいのでしょうか?今回は髪の毛に納豆がもたらす効果と、より髪の毛にいい食べ方を調べました。

冬以外でもおでんダイエット! 卵+低カロリー具材で

今やコンビニなどで年中食べられるようになったおでん。実は、おでんで痩せる「おでんダイエット」が今話題になっているのです。卵などのヘルシー+満腹感+低カロリーな具材でカシコくダイエットしませんか?

目の奥が痛い!頭痛と吐き気を伴うときの原因とは?

目の奥が痛い上に頭痛と吐き気が伴うときの原因とは何なのでしょうか?もしかしたらあまりよくない病気の可能性もあるかもしれません。今回は目の奥が痛いだけでなく頭痛と吐き気が伴う場合の原因について調べました。

初めての産婦人科!診察に必要な持ち物や服装は?

産婦人科に行ったことがないという方も多いと思います。なんだか怖いというか未知の世界ですよね。初めて診察に行く方のために、持ち物や服装についてご説明したいと思います。

痰と鼻水の違いって?

乾燥や寒くなってくる季節になるとアレルギーなのか風邪なのか、熱は出てないけど痰、鼻水が止まらなくて辛い…。そういえば、痰と鼻水の違いってなんだろう?そして、痰と鼻水の症状はなにがあるのだろう?

精神科に入院することになったら?期間はどのくらいか

もしも精神科に入院することになった場合、その期間はどのくらいなのでしょうか。日本は特に精神科への入院の期間が長く、問題視されている部分もあるようです。今回は精神科への入院の期間について調べました。

着床してからの妊娠超初期症状!お腹の張りってどんな感じ?

妊娠超初期症状でお腹の張りを感じる人がいます。お腹の張りとよく言われますが具体的にどんな感じなのでしょうか?お腹が張ってもお腹の赤ちゃんは大丈夫なのでしょうか?

風邪で吐き気がする!吐き気を抑えるツボと

風邪をひくと吐き気がすることがあります。吐き気がある場合は胃腸風邪の疑いがあり、嘔吐物で感染する場合もあります。吐き気を抑えるにはツボを押すのも効果的なようです。今回は吐き気を抑えるツボについて調べました。

足でも血圧が測定できる?

血圧測定といえば、腕にマンシェットを巻いて測定するイメージはありませんか?血圧測定には、腕だけでなく、足で測定することもあるんです。足での血圧測定について調べてみました。

筋トレの効果が出るまでの期間

季節が暖かくなって、コートを着る機会が減ってくるととたんに気になるのがお腹周りのお肉ですね。慌てて筋トレで腹筋を鍛えてもすぐには効果はでません。では、どのくらいの期間やれば筋トレの効果がでるのでしょう。

肝臓の腫瘍で良性の物とは?悪性との違い

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、障害があっても自覚症状がない場合が多いです。肝臓の腫瘍には良性のものと悪性のものがあり、良性の物の中には治療が必要ないものもあります。今回は肝臓の腫瘍について調べました。

子供が発熱!手足冷たい時の対処法

小さい子供が突然発熱することはよくあります。熱があるのに手足冷たくてどうしたらいいか慌てた人もいるのではないでしょうか?今回は子供が発熱した時の対処法について調べました。

女性におすすめのマッサージ!オイルマッサージの効果とは

女性におすすめのマッサージにオイルマッサージがあります。オイルマッサージは心身ともにリラックスができ、日頃の疲れを解消するにはうってつけのマッサージです。今回はオイルマッサージについて調べました。

すっぴんでも目が大きいって言われたい!目を大きくするには

女性はメイク次第で目の大きさまで変えることができます。しかしすっぴんになったときの変化にがっかりされることもあるかもしれません。そこですっぴんでも目が大きいと言われる方法を調べました。

蕁麻疹とは

蕁麻疹はいくつかの種類に分けられます
蕁麻疹の症状はさまざまで、原因も一つに絞れない場合がほとんどです。
それでも、以下の種類の蕁麻疹は症状や原因がはっきりしています。

・急性蕁麻疹:ほぼ毎日現れ、発症して1ヶ月以内のもの。細菌、ウイルス感染が主な原因。
・慢性蕁麻疹:ほぼ毎日現れ、発症して1ヶ月以上経過したもの。原因はほぼ不明。
・物理性蕁麻疹:こすれや圧迫、暑さ寒さなどの温度の影響、日光、振動などの物理的刺激が原因のもの。

・コリン性蕁麻疹:汗が原因の蕁麻疹。皮膚の腫れが小さく1~4mm程度。子どもに多くみられる。
・アレルギー性蕁麻疹:食べ物や薬剤などに含まれる物質(アレルゲン)に反応して起こるもの。
・イントレランス:アスピリンなどの鎮痛薬、色素、食品添加物などにより起こるもの。
・血管性浮腫:唇やまぶたが突然腫れて2~3日つづく。痒みは無い。

この他にも病気の症状として現れるものや、幾つかの要因が重なって起こるものもあります。

引用元-WELQ

スポンサーリンク

  人気記事

蕁麻疹のほとんどが原因不明?

蕁麻疹の7割は原因不明

蕁麻疹というのは7割程度は原因不明といわれているので、どちらに行っても結局明確な原因はわからずじまいになることも珍しくありません。

その場合はとりあえず症状がおさまるまで、抗ヒスタミン薬の内服・外用で日常生活に支障が出ないように対処するしかないでしょう。

急性蕁麻疹ならば1カ月以内で症状はなくなるはずですのでそれまでの辛抱です。

引用元-かゆみ対策.com

蕁麻疹が出たら皮膚科と内科どちらに受診する?

このサイトを読んでくれている人のなかには過去に「じんましん」を経験した人もいると思います。
そのとき、病院は何科に行ったらいいのか困ったことはありませんでしたか?
今、実際に「じんましん」に悩んでいてどこの科がいいか迷っている人もいるでしょうね。
ちなみに私や私の家族の場合は内科に行きました。
内科の医師ももちろん、「じんましん」の治療をすることはできるのですが、本当なら皮膚科に行くのがいいようです。
「じんましん」はたまに内臓疾患が原因でなるものもありますが、基本的には皮膚の病気ですから。まずは皮膚科に行ってみましょう。
それで、もしほかの科のほうが効果的な治療をできるなら、違う科の先生を紹介してもらってください。
個人病院でもいいですし、総合病院の皮膚科やアレルギー科でもいいです。

引用元-蕁麻疹ドクター

皮膚科に行って症状がよくならない場合は

他にも「最近、疲労やストレスがたまっている、、、」という方は、心療内科に受診してみるのもひとつの手です。
先ほども述べたように、疲れやストレスが原因で蕁麻疹が発症している場合があります。
この場合は、塗り薬を塗ってもあまり効果は得られません。
精神的な治療をしなくてはいけないので、不安を抑えたり、気持ちを和らげる飲み薬が有効になります。

心療内科で蕁麻疹を相談したら、このような薬を処方してくれると思うので、ぜひ試してみてください!

引用元-WEBホスピタル

疲れが原因の蕁麻疹は心療内科へ

原因がはっきり分からない蕁麻疹の場合、自律神経の関係したものが多く、特に慢性蕁麻疹の場合は、ストレスが影響しているものがあるようです。
そのため、蕁麻疹の原因が疲れやストレスではと思い当たる時は、心療内科を受診するのも良いかもしれません。

引用元-WELQ

蕁麻疹が出た時の対処法

患部を冷やす

まずは、患部を冷やすようにしましょう。
患部の範囲が狭い場合は、氷を当てたり、タオルを氷水に浸して当てたりするといいですね。

ただし、蕁麻疹が全身に出て、広範囲な場合は全て冷やすことが難しいと思います。
この場合は、特にかゆみが強い部分や炎症が強い部分を集中的に冷やすようにしましょう。
全身に冷水を浴びるという苦行も我慢できれば効果的ですよ!我慢できればですが、、、。

患部を冷やすことによって、かゆみはだいぶ治まると思います。
掻いてしまうとさらに悪化してしまうので、かゆくても掻くことは我慢してください!

引用元-WEBホスピタル

まとめ
蕁麻疹は原因不明の場合が多いので、皮膚科でよくならない場合は、内科など別の科にかかることも必要ですね。

twitterの反応

 - 美容・健康