まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

テスト前の勉強の仕方・必勝法

      2016/10/10

 - 雑学

普段からコツコツと授業の準備をして、授業の分からないところを確認しておくことが一番良い方法です。いわゆる予習と復習です。しかし、なかなか諸事情があり実践は難しいです。そうなると、テスト前の勉強の仕方が良い成績をとる為には必要になります。

スポンサーリンク

  関連記事

疑問!エアコンから出る水って利用できるの?

エアコンを使うと室外機のホースから水が出てきますよね。マンションやアパートにお住まいの方は特に、溝に流れる水が気になっているのではないでしょうか?「その水ってきれいなの?」「他のことに利用しても大丈夫なのかな?」そんな皆さんの疑問についてまとめてみました。

声が小さいのが悩み!声を大きくするには?

自分の声が小さいのが悩みの人も多いのではないでしょうか?声が小さいといろいろと損をしてしまう場合があるようです。今回は声の小さい人が大きな声を出せるようになる方法を調べました。

車のナンバーで所有者が分かる!?現在は難しいプライバシーの問題とは

昔は車のナンバーで所有者を知ることが簡単にできたって知っていますか?車の登録情報は陸運支局で知ることができましたが個人情報保護の観点から今は手続きが複雑になっています。今回は車のナンバーで所有者を知る方法を調べました。

JRの夜行バスを利用!その安全性は

夜行バスは安く長距離移動できるメリットがありますが、近年大きな事故の発生でその安全性を問われています。JRの夜行バスとツアーバスではどんな違いがあるのでしょうか。今回はJRの夜行バスについて調べました。

A4の紙のサイズは?紙の大きさはどう決まっているか

A4やB4と紙の大きさは呼ばれていますが、AとBの意味は何なのでしょうか。紙のサイズの基準はJIS規格で決められているそうです。今回は紙のサイズの大きさの規格について調べました。

地震が起きた時、家の中で安全な場所は?

現在、日本全国どこでどのタイミングで地震が起こるかわからないですね。移動中や職場、学校、家…。今回は家の中で地震が起きた場合どこに隠れ、どうしたらいいのか調べてみました。

BSのアンテナに室内で使用できるものはあるのでしょうか?

BSのアンテナは室外用に作られています。以前は室内のモノが販売されていしたが、製造中止になったようです。無くなった理由は定かではありますんが、探してみると通信販売専用の室内のアンテナが販売されています。また、室外のアンテナを工夫するやり方もあります。窓の向きなどの条件はありますが、工夫されてみたらいかがでしょうか?

電話番号に+81が!電話番号で無料メールができるiMessageとは!?

iPhoneをアップデートをした後に受信したメールの電話番号に+81がついていたことはないですか?この+81とは何を意味しているのでしょうか?なぜメールの電話番号につくようになったのでしょうか?

お盆が休みなのはなぜ?その理由と由来

お盆になると多くの会社では休みになり、お墓参りや家族旅行に出かける人が多いですね。ところでなぜお盆は会社などが休みになるのでしょうか?今回はお盆が休みになる理由とその由来を調べました。

軽自動車に車庫証明って必要?取得の期限とは?

軽自動車に乗っておられる方、車庫証明は取得されましたか?あるいは不要でしたか?これから取得される予定の方、期限と必要なものを把握すれば、ディーラーさんを通さなくてもご自身で手続きができるかもしれません。

成田空港のターミナルの違いとは?

もともと成田空港にターミナルは一つしかありませんでした。1992年より第2ターミナルが使われるようになってきましたが2つのターミナルはどう違うのでしょうか。今回は成田空港のターミナルについて調べました。

皆知ってる!?高校を留年する条件

義務教育だった中学までとは違い、高校では進級の条件を満たさない場合、留年していまいます。今回は、一般的な高校での留年の条件と、留年したらどうなるのかをまとめました。

銀行で休日も対応!?休日の銀行振り込みについて

銀行振り込みは休日はすることができないので不便に思っている人も多いのではないでしょうか?そんな休日の銀行振り込みに今後は各銀行が対応していく動きになっているようです。今回は休日の銀行振り込みについて調べました。

エアコンの室外機が動かない!原因と対策は?

エアコンをつけたけれどなかなか冷えない…なんてことありませんか?そんな時は室外機が故障している場合があります。エアコンの室外機が動かない場合はどうしたらいいのでしょうか?その原因と対策を調べました。

英単語の読みがわからない!辞書にのっている発音記号を勉強しよう

英単語を調べる時に必要な辞書。英語の辞書をひくと必ずそれぞれの英単語に発音記号が書いてありますね。難しそうな記号が並んで意味がよくわからないという方もいるかと思いますが、この発音記号を学ぶことは英語の上達に欠かせないようです。

京都大学の英語入試。構成は?合格ラインは?勉強法は?

ノーベル賞受賞者を多く輩出している京都大学。京都大学の入試における二次試験の英語の難易度は日本の大学の中でもかなり高いようです。一体どのような試験なのでしょうか?

ジャニーズの曲の購入は難しいの?

ジャニーズに所属のタレントは人気があります。グループも沢山ありますね。事務所は曲のネット配信を2015年までしていませんでした。写真の掲示も極端に嫌がっているそうです。著作権問題が大きいのですね。モバイルでダウンロードができるようになってファンは嬉しいことでしょう。

新幹線の指定席・自由席の違いとお得情報♪

あなたは普段、新幹線で指定席と自由席のどちらに座りますか?席の違い、料金の違い、そして希望の席に座る為の情報などをまとめました。知っているだけで、いざという時に得するかも??

外国人もびっくり?水道水が飲める日本ってすごい?

水道水を安全に飲める国は世界でもそこまで多くないようです。外国人からはよく日本の水はおいしいと言われますが、実際はどうなのでしょうか?今回は日本の水について調べました。

オリコで車のローンが組める!?審査は厳しいか

クレジット会社であるオリコで自動車のローンを組むことができるということを知っていますか?オリコで自動車のローンを組む時の審査は厳しいのでしょうか?今回はオリコで自動車のローンを組む場合のメリット・デメリットを調べました。

「書く」+「声に出す」アウトプットが効率の良い勉強の仕方

では、そのアウトプットの仕方はどうすればいいのか。
「問題を解く」
「単語をノートに書き出す」
のような当たり前のことでいいです。結局はそれが身につけるための近道です。特に問題を解くと、何がわかっていて、何がわかっていないのかの確認になりますから、絶対にやりましょう。

また、問題を解くときも、単語を書き出すときも、「書く」というアウトプットをしていますよね。このとき、「声に出す」というアウトプットを行うのも効果的です。書いたものを声に出すのが一番いいです。書く、というアウトプットは定着しやすいですが、時間がかかります。それを繰り返しやるというのは時間的効率が良くない。そこで、書いてから「声に出す」というアウトプットすることが出てきます。「声に出す」というのは「書く」よりも短時間で行えます。声に出した言葉はもう一度耳からのインプットにもなりますから、それによって知識の定着が早まるでしょう。

「書く」+「声に出す」アウトプットで勉強の効率は格段に上がります。

引用元-いつから俺ができないと錯覚していた?

スポンサーリンク

  人気記事

テスト前日の勉強の仕方は?

12時までには必ず寝る

知っている人も多いと思いますが、脳は睡眠中に記憶作業をします。本当に覚えたいことと必要のないことの整理を脳は眠っている間にします。もし、記憶をする睡眠時間を削ってしまうと、テストのために覚えたいことも覚えられなるのです。ですから、前日だからといって徹夜などせず、むしろいつもより早めに眠るくらいがよいでしょう。また、睡眠時間を減らしてテスト当日に頭がぼーっとしていては、実力が発揮できませんね。

これまで覚えたことの確認

テスト前日は難問は避けて、今まで解いてきた問題やあやふやな知識を確認しよう。といっても、ただノートを眺めていたり、教科書を読むだけでは確認したことになりません。何度も間違えた問題や、用語の漢字を必ずもう一度書いて、「できるかどうか」を試してみることが大切です。

引用元-中学校のテスト。前日の過ごし方と勉強法は?

10点UPできるテストの勉強の仕方

テストの前に「事前にできているのかテスト」をしておくこと。これは絶対にやっておく必要があります。別に新しくテストを買ってというわけではありません。例えば、学校の指定のワーク。これをコピーしておいて、あとで1枚ずっとテストの形でやり直す。でもいいです。本当にやってことが身についているのか「必ず確認」を入れておていください。それをするだけで、「5点~10点アップ」します。仮に1科目10点アップすれば、5科目で50点アップです。もしできなくて安心してください。できなかったところを
「あーよかったこれで点数下げなくてすんだ」と思ってやり直してくださいね。勉強でも仕事でもうまくいく基本は「確認」です。ぜひテスト前に確認してくださいね。

引用元-学習ジム・コーチ

教師の出題傾向の確認がテスト勉強の仕方

テストを作成する先生も人間ですから、問題を作るに当たって癖や傾向があるのです。癖ですから無意識的な感覚で偏りを作ってしまうのです。

ですので一学期に受けたテストなど、過去に受けたテストで出ている問題が、教科書のどの部分から出ているのか確認しておき(「例題」「ポイント」「写真」「写真に付属している小さな文字の部分」などなど)、次の中間・期末テストを受けるときには、そのテスト範囲の中での「例題」や「ポイント」「写真」など、あなたが確認したよく出る部分を頭に入れておくだけでもテストの点数が変わってきます。

引用元-「思いを実現する」ために実践的な勉強のやり方とコツを知る。

普段からコツコツとこなすのが勉強の仕方

大川さんは先生が授業でしゃべったことをすべて記録していた。このノートは、授業をいきいきと再現する強い味方。見直すことが、定期テスト対策となっているのだ。しかし、この方法を始めた当初は、思うように点数が上がらなかったという。完璧に書いたつもりでも、ノートには漏れている情報がある。それをどう埋めればよいのか? 大川さんが実践したのは、「”わからない”をなくす」こと!試験範囲の教科書を声に出して読み、わからない言葉が出てきたら、すぐに辞書で調べて、その意味を授業ノートに書き加える。この方法で、授業中にとったノートだけではカバーできていなかった試験範囲の知識を100%頭に入れることに成功!

引用元-NHK ONLINE

まとめ
何といっても、普段の授業前の準備が一番大切なことです。しかし、実践できる人は少ないでしょう。

twitterの反応

 - 雑学