まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

テスト前の勉強の仕方・必勝法

      2016/10/10

 - 雑学

普段からコツコツと授業の準備をして、授業の分からないところを確認しておくことが一番良い方法です。いわゆる予習と復習です。しかし、なかなか諸事情があり実践は難しいです。そうなると、テスト前の勉強の仕方が良い成績をとる為には必要になります。

スポンサーリンク

  関連記事

運動会の弁当は簡単なのに見た目が豪華が一番!

お子様が幼稚園や小学校の時は、年に1回の運動会は家族のお祭りのようなものです。ご両親も来てくださったり、腕を振るいたいものです。しかし、運動会が始まる時間は早いので朝が忙しいのです。前日に下ごしらえができるものや簡単で豪華に見えるおかずにしたいですね。色合いも考えて、お子さんたちが喜んでくれるものを考えてみましょう。

酸性かアルカリ性かを調べるには?身近なものでやってみよう!

食べ物や飲み物などはそれぞれ酸性やアルカリ性、中性などの性質を持っています。この性質を調べるにはどうしたらいいのでしょうか?実は身近なもので調べることができるようなので紹介します。

英語のメールは要注意!ウイルスに感染しないために

パソコンでメールを利用している人はほとんどだと思いますが、英語のメールが届いたことはありまんか?知らずに添付ファイルを開いたりするとウイルスに感染することがあるので要注意です。今回はウイルスメールの見分け方を調べました。

最初が肝心!ポメラニアンの子犬のトイレトレーニング

ポメラニアンの子犬はコロコロしていて、ぬいぐるみみたいに可愛いですよね。ですが、トイレトレーニングは最初が肝心。可愛いからといって甘やかすと大変なことになります。

富士山が噴火?その兆候とは

富士山は最後に噴火して300年以上噴火をしていないそうです。次はいつ噴火するのか色々と予想されています。ここ数年、噴火の兆候ではないかといった出来事が起きているのでその事について調べてみました。

運転免許を取得しよう!取得の流れと交付機関

18歳になるといよいよ自動車運転免許が取得できます。ところで運転免許はどのようにして取得できるのでしょうか。今回は運転免許の取得方法と交付機関について調べてみました。

外国人もびっくり?水道水が飲める日本ってすごい?

水道水を安全に飲める国は世界でもそこまで多くないようです。外国人からはよく日本の水はおいしいと言われますが、実際はどうなのでしょうか?今回は日本の水について調べました。

冷蔵庫を処分する方法は?電源はいつ切る?

冷蔵庫などの大型家電を処分するときはいろいろと準備が必要です。引っ越しする時は引っ越し業者から前日に電源を切るように言われますが、処分する場合は冷蔵庫の電源はいつ切ればいいのでしょうか?

小学校の卒業式は何を着る?男子の場合

六年間通った自分の子供の小学校の卒業式は親としては感動もひとしおですね。そんな晴れの舞台に子供にはどんな格好をさせたらいいのでしょうか?特に男子の場合は悩みますね。今回は小学校の卒業式の服装について調べました。

腕時計の電池の寿命はどのくらい?電池を長持ちさせるには

腕時計の電池の寿命はどのくらいなのでしょうか?腕時計の電池交換は、電池が切れたら早めにした方がいいようです。また電池の寿命を長くするにはどのような事に気を付ければいいのでしょうか?今回は腕時計の電池の寿命について調べました。

A4の紙のサイズは?紙の大きさはどう決まっているか

A4やB4と紙の大きさは呼ばれていますが、AとBの意味は何なのでしょうか。紙のサイズの基準はJIS規格で決められているそうです。今回は紙のサイズの大きさの規格について調べました。

犬の室内飼いが急増!ケージは大型犬にも必要?大きさは?

日本では一般的に大型犬は室内で飼えないというイメージがありますが、今は犬のサイズに関わりなく室内飼いにするケースが増えているようです。なんと、広い家でなくても、ケージが大きくなくても大丈夫って、本当なんでしょうか。

小学校のプールは雨でもやる?プールの実施基準とは

小学校のプールの授業は少々雨が降ろうが寒かろうがしていたイメージがありますが実際はどうなのでしょうか?プールの授業を実施するための基準などはあるのでしょうか?今回は小学校のプールの授業について調べました。

車の塗装が剥がれる?劣化の原因と対処法

車には塗装がしてありますが車のメンテナンスを怠ると剥がれてしまうことがあるようです。塗装が剥がれてしまうと自分で修復するのは難しくなってしまいます。今回は車の塗装の劣化の原因と対処法を調べました。

猫はどうなる?ペットショップの売れ残りのその後

ペットショップでは猫や犬などが売られていますが、売れ残りの猫たちはその後どうなるのでしょうか?そもそもペットショップの猫たちはどこからやってくるのでしょうか?今回はペットショップの売れ残りの猫たちのその後を調べました。

ディズニーランドには蚊がいない!?その秘密は水の成分?

ディズニーランドには蚊がほとんどいないと言われていますがなぜなのでしょうか?蚊は水があるところに発生しますね。ディズニーランドにはいたるところで水が使用されていますが、特別な成分が含まれているのでしょうか?

auショッピングモールって何?ポイント40倍のお得なキャンペーンも!

auショッピングモールを知っていますか?モバオクが運営する総合ショッピングモールで、ポイントをたくさん貯めることができるようです。中にはポイント最大40倍のキャンペーンもあるようなので紹介します。

金魚がかかる病気とは?黒い斑点が出る病気

金魚も病気になることがあります。気を付けないと中には命にかかわるものもあります。その中で、金魚の体に黒い斑点が現れるものがあります。この症状とは一体どのような状態なのでしょうか?

ゆうちょでクレジットカードを作ろう!年会費や引き落としはいつ?

ゆうちょ銀行が発行しているクレジットカードを知っていますか?キャッシュカードとしても使えてとても便利なカードのようです。今回はゆうちょのクレジットカードの年会費や引き落としの日などについて調べました。

天気予報の台風情報で沖縄をチェック

台風は沖縄近辺を通過することが多いです。九州に上陸することも多いです。天気予報の台風情報ははこまめにチェックしましょう。台風の被害を減らすための工夫は日頃から行っておきましょう。

「書く」+「声に出す」アウトプットが効率の良い勉強の仕方

では、そのアウトプットの仕方はどうすればいいのか。
「問題を解く」
「単語をノートに書き出す」
のような当たり前のことでいいです。結局はそれが身につけるための近道です。特に問題を解くと、何がわかっていて、何がわかっていないのかの確認になりますから、絶対にやりましょう。

また、問題を解くときも、単語を書き出すときも、「書く」というアウトプットをしていますよね。このとき、「声に出す」というアウトプットを行うのも効果的です。書いたものを声に出すのが一番いいです。書く、というアウトプットは定着しやすいですが、時間がかかります。それを繰り返しやるというのは時間的効率が良くない。そこで、書いてから「声に出す」というアウトプットすることが出てきます。「声に出す」というのは「書く」よりも短時間で行えます。声に出した言葉はもう一度耳からのインプットにもなりますから、それによって知識の定着が早まるでしょう。

「書く」+「声に出す」アウトプットで勉強の効率は格段に上がります。

引用元-いつから俺ができないと錯覚していた?

スポンサーリンク

  人気記事

テスト前日の勉強の仕方は?

12時までには必ず寝る

知っている人も多いと思いますが、脳は睡眠中に記憶作業をします。本当に覚えたいことと必要のないことの整理を脳は眠っている間にします。もし、記憶をする睡眠時間を削ってしまうと、テストのために覚えたいことも覚えられなるのです。ですから、前日だからといって徹夜などせず、むしろいつもより早めに眠るくらいがよいでしょう。また、睡眠時間を減らしてテスト当日に頭がぼーっとしていては、実力が発揮できませんね。

これまで覚えたことの確認

テスト前日は難問は避けて、今まで解いてきた問題やあやふやな知識を確認しよう。といっても、ただノートを眺めていたり、教科書を読むだけでは確認したことになりません。何度も間違えた問題や、用語の漢字を必ずもう一度書いて、「できるかどうか」を試してみることが大切です。

引用元-中学校のテスト。前日の過ごし方と勉強法は?

10点UPできるテストの勉強の仕方

テストの前に「事前にできているのかテスト」をしておくこと。これは絶対にやっておく必要があります。別に新しくテストを買ってというわけではありません。例えば、学校の指定のワーク。これをコピーしておいて、あとで1枚ずっとテストの形でやり直す。でもいいです。本当にやってことが身についているのか「必ず確認」を入れておていください。それをするだけで、「5点~10点アップ」します。仮に1科目10点アップすれば、5科目で50点アップです。もしできなくて安心してください。できなかったところを
「あーよかったこれで点数下げなくてすんだ」と思ってやり直してくださいね。勉強でも仕事でもうまくいく基本は「確認」です。ぜひテスト前に確認してくださいね。

引用元-学習ジム・コーチ

教師の出題傾向の確認がテスト勉強の仕方

テストを作成する先生も人間ですから、問題を作るに当たって癖や傾向があるのです。癖ですから無意識的な感覚で偏りを作ってしまうのです。

ですので一学期に受けたテストなど、過去に受けたテストで出ている問題が、教科書のどの部分から出ているのか確認しておき(「例題」「ポイント」「写真」「写真に付属している小さな文字の部分」などなど)、次の中間・期末テストを受けるときには、そのテスト範囲の中での「例題」や「ポイント」「写真」など、あなたが確認したよく出る部分を頭に入れておくだけでもテストの点数が変わってきます。

引用元-「思いを実現する」ために実践的な勉強のやり方とコツを知る。

普段からコツコツとこなすのが勉強の仕方

大川さんは先生が授業でしゃべったことをすべて記録していた。このノートは、授業をいきいきと再現する強い味方。見直すことが、定期テスト対策となっているのだ。しかし、この方法を始めた当初は、思うように点数が上がらなかったという。完璧に書いたつもりでも、ノートには漏れている情報がある。それをどう埋めればよいのか? 大川さんが実践したのは、「”わからない”をなくす」こと!試験範囲の教科書を声に出して読み、わからない言葉が出てきたら、すぐに辞書で調べて、その意味を授業ノートに書き加える。この方法で、授業中にとったノートだけではカバーできていなかった試験範囲の知識を100%頭に入れることに成功!

引用元-NHK ONLINE

まとめ
何といっても、普段の授業前の準備が一番大切なことです。しかし、実践できる人は少ないでしょう。

twitterの反応

 - 雑学