まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

病院の先生は異動がおおい?大学病院の仕組みとは

      2016/10/09

 - 社会・政治・経済

病院の先生は実は異動が多いって知っていましたか?医者の世界では医局に属している場合は何年かに一度は異動があるようです。先生の異動はどのように決まるのでしょうか?今回は病院の先生の異動について調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

アパートの契約期間中に引っ越したい!違約金は発生するか

急な転勤などで引っ越さないといけなくなった時に気になるのが現在住んでいるアパートなどの解約時の違約金ですね。契約期間が定められている場合、引っ越しの違約金はどうなるのでしょうか。

会社の掃除は労働?時間外手当のボーダーライン

会社の始業前に掃除をするために早く出勤している人もいることでしょう。この掃除は果たして労働にあたるのでしょうか?時間外手当となるボーダーラインはどこなのでしょう。今回は始業前の掃除について調べました。

入社して会社の方針が自分と合わないと感じた場合はどうするべきか

就職活動をする時は会社の方針などをいろいろと調べて受ける人がほとんどだと思います。しかしいざ入社してみると、会社の方針と自分の考えが合わないと感じる人もいるのではないでしょうか?そんな時はどうしたらいいのでしょうか?

Googleへの就職は超難関!?出題される問題とは

Googleへ就職することはとても難しいといわれています。その中でも面接時に出題される問題は難問ばかりのようです。実際にどのような問題が出題されているのでしょうか。今回はGoogleの就職の問題について調べました。

個人事業主の税金はいくらからかかるの? 夫の扶養になれるの?

主婦が働く場合は、夫の扶養の範囲内でパートをするのが一般的でした。しかし、最近は、ネットを利用して個人事業主になったり、在宅ワーカーという仕事も増えています。個人事業主の妻は、夫の扶養になれるのでしょうか?税金を払うのはいくらからなのでしょうか?

国民年金の保険料を免除するには?免除申請に必要な物

国民年金は20歳以上の国民であれば必ず加入する制度です。毎月の保険料を滞納した場合は催促状がくる場合があります。経済的に払うことが難しい場合は免除申請をすることができます。今回は国民年金保険料の免除申請に必要な物を調べました。

NHKのアナウンサーは民放とどう違う?女性アナウンサーについて

女性アナウンサーは華やかな職業というイメージがあります。その中でもNHKと民放の女性アナウンサーではイメージがそれぞれ異なる人もいるのではないでしょうか。今回はNHKの女性アナウンサーについて調べました。

どうすればいいの!?弁護士に相談したい時の注意点

最近、CMでも見ることが多くなった弁護士事務所の「無料でご相談にのります!」という宣伝文言。無料なら相談してみようかなと思う方もいると思いますが、弁護士選びで失敗しないためにも、事前の情報収集が大事なんですよ!注意点をまとめました。

口座の入金の確認する方法は?

見出し1 決済手段の銀行の口座振込2 口座の入金確認は振込時間によって異なる2. …

災害時の支援物資を送るにはどうしたらいい?

日本は地震などの災害が多い国ですが日本や世界の人々からの支援で様々な災害の復興を遂げてきました。ところで災害時の支援物資はどのように送ればいいかご存知ですか?注意しないと被災地に迷惑がかかることもあるので確認しておきましょう。

高速道路での走り方!最高速度変更に軽自動車愛用者は困惑?

高速道路を走っていると軽自動車も多く見かけますが、性能があがってきているとはいえ、100キロを超えるとアクセルを深く踏み続ける必要があるため、普通車と比べて疲労度が増しますよね。そんな中、高速道路での最高速度が100キロから120キロに引き上げることになったそうです。周りの120キロの流れに軽自動車はついていけるのでしょうか?まとめました。

台風が接近!明日の学校はどうなる?

台風シーズンになると暴風や大雨による被害が心配ですね。学生の人は台風が接近すると明日は学校が休みになるのでは…と期待する人もいるのではないでしょうか。今回は台風接近で学校が休みになる基準について調べました。

年金の支給開始年齢はどこまで引き上げられる?老後について考えよう

老後の生活を保障してくれるのが年金制度ですが、近年その制度が崩壊しかねない事態になっています。そんな年金の支給開始年齢は時代と共に引き上げられてきました。年金の支給開始年齢は今後どこまで引き上げられるのでしょうか?

親がいない子供がいく施設とは?児童養護施設について

親がいない子供や、何らかの理由で家庭生活を継続することができなくなった子供はどうなるのでしょうか?そのような子供たちの多くは児童養護施設に預けられます。児童養護施設とはどのようなところなのでしょうか?

政令指定都市って人口が多ければなれるの?指定の条件とは

政令指定都市というと漠然と人口が多い大都市というイメージがありますが、具体的にどういう都市のことなのかご存知ですか?政令指定都市になるための条件や、指定を受けるメリットやデメリットについて解説します。

裁判で判決がでるまでの時間はどのくらい?

もしあなたが裁判をすることになったらどうしますか?裁判と聞くと長引くといってイメージがありますが、実際に判決までにかかる時間はどのくらいなのでしょうか。今回は裁判にかかる時間について調べました。

市役所の部署の異動はどのくらいあるのか

市役所に勤務していると部署の異動は何年に一度あるのでしょうか。長年勤務している人の中には様々な部署を経験している人もいるようです。今回は市役所の部署の異動について調べました。

株式会社の株って何?!利益を出す方法とは

株というとどんなイメージでしょうか。下手に手を出すと大損をするとか、初期投資にお金がかかるといったイメージの人もいるのではないでしょうか。今回は株で利益を出す方法を調べました。

道路に駐車しても違法にならない時間はありますか?

自動車の教習所で習ったはずなのに、普段あまり機会がないと忘れてしまっていることがあります。パーキングを探しても見つからずに、やむ終えず道路に駐車させてしまうことはあります。違反になる時間などを、今一度学習し直しましょう。

社会保険の扶養が外れるのはどこから?フリーターの場合

税金がかからないように扶養内で働いているフリーターの人は多いのではないでしょうか。ところで扶養が外れるタイミングが二回あることはご存知でしょうか。それは税金と社会保険の扶養が外れる額が違うからです。

病院の先生の異動は頻繁

医者の転勤は30代~40代まで頻繁

大抵の医者は医局という出身大学の組織に属していて、医局から支持されれば県内・県外問わず様々な病院で勤めることになります。
公立病院、私立病院、赤十字病院などなど、病院の系統も多種多様です。
期間は半年~3年前後と幅があり、若いうちは頻繁に病院を移るそうです。

このように若い医者に転勤させるのには理由があり、たくさんの症例をみて経験と知識を身につけるためと言われています。
もちろん引っ越しを伴う異動も多く、新婚のうちは妻も一緒に新天地へついていくことが多いです。

医者の転勤辞令は4月とは限らない

医者の転勤辞令がでるのは4月が大半だそうです。これは会社員と一緒ですね。
しかし、年度途中での異動も少なくありません。
例えば、開業するために突然退職した医師の穴埋めとして異動させられる場合もあります。

引用元-医者と結婚するということ

スポンサーリンク

  人気記事

引越しを伴う異動が決まったら

引っ越しを伴う異動の場合

病院へ提出する書類の準備

・履歴書
・医師免許症のコピー
・学位記,専門医証のコピー
・主な業績・論文一覧
・保証人の署名(厚生連の場合,2名の署名を要する)
・年金手帳

引っ越しに伴う準備

・住居の確保
・引越業者の手配
・各種住所変更の届け出
・車庫証明の変更

各種住所変更の届け出

・郵便配達物
・携帯電話
・固定電話
・インターネットプロバイダなど
・運転免許証
・保険(自動車保険,生命保険)
・クレジットカード
・学会

引用元-完全異動マニュアル

病院の先生の異動先はどう決まる?

医局員の勤め先の病院というのは、その医局の関連の病院ということになります。
この関連病院というのは、医局を一つの国と考え、教授を一つの大名に例えるならば、領土というように考えると分かりやすいかもしれません。

医局によって、それぞれ、抑えている関連病院があるのです。
基本的には大学病院自体が主城となるので、他の関連病院は支城といったところでしょうか。
なので、どういった関連病院を抑えているか?ということはその医局の勢力を反映しているわけです。
同じ大学の中でも、科が違えば医局が違うので、科によって抑えている関連病院が違うこともあります。

また、他大学の同じ科同士はライバルとして領土争いで競合するものの、科が違うと、もう別の世界といった感じです。
一般の病院側でも、ここの病院は内科系は○○大学系列の医局から医者がきているけれど、外科系は◇◇大学からというようなことが起きるのは、科ごとにそれぞれの大学の医局が関連病院を抑えているからなんですね。

そういったことを踏まえると、医局員がの勤め先が、その医局の関連病院であるということも納得でしょう。

引用元-ある脳外科医のぼやき

医局に属すメリット

研究をしたり論文を書いたりといったこと、について学び経験することができるということです。これは好き嫌い、向き不向きがあるかもしれません。
もちろん、強要すべきものではないとは言うまでもありませんが、少なくとも一度は経験すべきことなのではないかと思います。
好きであろうとなかろうと、一度は自分で研究に携わり、論文を書いたり、学会で発表したりといったことを経験し、そういった世界があることを知ることは医師として決して無駄ではないはずです。
そして、もしそのような学術的なことが少しでも面白いと感じたり、もう少し調べてみたい・・・と思ったのであれば、これはもう大学という環境が存分に生かされるはずです。
人によっては将来海外で留学をしてみたいと考えている先生がいるかもしれません。
医局に属することによって、少なからずそのような海外留学のチャンスも増えると思います。そのような希望を持たれている先生を私たちは全力でサポートします。
そしてもちろん臨床においてもある程度経験を得た後に、自分が極めたい専門分野というものが見つかったのであれば、あるいはこれから見つけたいと思うのであれば、大学病院や基幹病院において、それぞれの分野で第一線のスペシャリストのもとで存分に勉強できるわけです。

引用元-横浜市立大学 整形外科

医局に属してなくても自由に働ける時代に

医局の崩壊

少し前の時代では医師になったら医局に入局するのが当然とされていました。
しかし近年では医局の上下関係や不自由さ、転勤等の人事異動を嫌い、医局に入局せず、直接病院と労働契約を結ぶ勤務医が増えてきています。

医局に入局する医師が多かった時代は、医局に入っていなければ関連病院を斡旋してもらうことができず、自力で働く病院を探さなくてはいけませんでした。
しかし、インターネットの発達により、医局に入局していない勤務医の方々が働けるように病院と医者を仲介する我々医師転職ドットコムのようなサービスが生まれ、若い医師でも自由に働く場所を選ぶことができ、医局に入局する先生方が年々減少していきました。
人数の少ない医局は活動が停滞してしまいます。するとますます医局に入局する医師は減ってしまうことになります。
入局する医師が減少していくこういった現象は医局崩壊と呼ばれ、既存のシステムが徐々に変わりつつある事の証左と言えるでしょう。

引用元-医師転職ドットコム

まとめ
病院の先生は関連病院を転々とすることが多いようですね。頻繁に引っ越しをするのは大変そうです。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済