まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

口座の入金の確認する方法は?

      2016/10/25

 - 社会・政治・経済

見出し1 決済手段の銀行の口座振込2 口座の入金確認は振込時間によって異なる2. …

スポンサーリンク

  関連記事

銀行に就職したことを後悔!?銀行勤務がきついワケ

銀行に就職したと聞くと、安定していい職場に就職できた!というイメージがありますね。しかし実際の銀行の業務はかなりきつく、就職した事を後悔する人も少なくないようです。今回は銀行の仕事内容について調べました。

パソコンを使った仕事 イラストレーターって?

自宅のパソコンでイラストの仕事ができるって知ってましたか?絵が好きで趣味で描いていたイラストを仕事にすることができるのです。どんな方法があるのか調べてみました。

知っていました?車のカーテンは取り締まりの対象です

車の運転でとても嫌なのが差し込んでくる日光です。眩しくて運転がしにくいです。ときどき見かけるのが、運転席や助手席にカーテンやサンシェードをしている車ですが、これはどうなのでしょう?視界が遮られて危ないと思いませんか?2014年から道路交通法が変わりましたので、チェックしてください。

金を購入するなら今?初心者におすすめの購入方法とは

金は価値が下がることがあまりないので、投資として購入する人も多いです。しかしいざ金を投資で購入しようとしてもどうしたらいいかわかりませんね。今回は初心者におすすめの金投資の仕方について調べました。

台風が接近!明日の学校はどうなる?

台風シーズンになると暴風や大雨による被害が心配ですね。学生の人は台風が接近すると明日は学校が休みになるのでは…と期待する人もいるのではないでしょうか。今回は台風接近で学校が休みになる基準について調べました。

ケアマネージャーになるための試験とは?その難易度

ケアマネージャーという言葉を知っていますか?介護に携わる仕事で、高齢化の進む日本では重要性が高まっているようです。しかしケアマネ-ジャーになるための試験は難易度が高いというので今回はそのことについて調べました。

社会福祉士ってどんな資格?取得方法を紹介!

社会福祉士という資格を知っていますか?社会福祉士の仕事は多岐にわたり、職場は主に社会福祉施設になります。今回は社会福祉士の資格の仕事内容と取得方法を調べましたので紹介します。

よく聞く「公職選挙法違反」とは?事例も紹介

選挙の後、「○○が公職選挙法違反の疑いで送検されました」といったニュースを耳にすることがありますよね。お金や物をもらってはいけないといったことは有名ですが、そのほかにも気をつけるべきことがたくさんあります。え?自分には関係ない?そう思っていても知らないうちに違反をおかしてしまう可能性も十分にあるので、事例を含め確認しておきましょう!

会社における社長と部長の役割とは

会社での役職はとても重要ですね。社長は会社で一番偉い人!といったイメージですが実際はどうなのでしょうか。また部長はどのような役割を担っているのでしょうか。今回は会社の役職について調べました。

国民年金保険料の未納はどうすればいい?分割での納付は可能か

国民年金は20歳以上の日本に居住している人全員が加入する制度です。何年か前から保険料の未納が問題となっています。未納の場合、放っておいたらどうなるのでしょうか。また保険料は分割で払うことはできるのでしょうか?

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」「130万円の壁」を意識されているかと思います。せっかく頑張って働いても世帯収入が減ってしまった、なんてショックですよね。今その゛壁”が変更になろうとしています。新たに106万円の壁が!?まとめました。

国民年金の未納分を払いたい!未納分はどこまでさかのぼれる?

国民年金は20歳になると加入する義務があり、毎月国民年金保険料を払わないといけません。しかし未納の人は後を絶たずその割合は若い人ほど多いようです。今回は未納分を後日払いたい場合にどうしたらいいか調べました。

国民年金の保険料を免除するには?免除申請に必要な物

国民年金は20歳以上の国民であれば必ず加入する制度です。毎月の保険料を滞納した場合は催促状がくる場合があります。経済的に払うことが難しい場合は免除申請をすることができます。今回は国民年金保険料の免除申請に必要な物を調べました。

個人事業主の会社が厚生年金に加入する方法

個人事業主は国民年金に加入しています。しかし、国民年金だと老後の生活が危ぶまれます。サラリーマンの厚生年金と受給額に何倍も差が出ます。個人事業主は厚生年金に加入することは出来ないのでしょうか?加入できる条件を探ってみましょう。

ホテルのフロントの仕事内容とは?

ホテルのフロントはそのホテルの顔と言っていいほど重要な仕事ですね。その仕事内容はどのようなものなのでしょうか?なにか必要なスキルなどはあるのでしょうか?今回はホテルのフロントの仕事について調べました。

災害時の支援物資を送るにはどうしたらいい?

日本は地震などの災害が多い国ですが日本や世界の人々からの支援で様々な災害の復興を遂げてきました。ところで災害時の支援物資はどのように送ればいいかご存知ですか?注意しないと被災地に迷惑がかかることもあるので確認しておきましょう。

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります。退職後ももちろん病院に行くことはあるので、このままでは困りますね。今回は退職後の健康保険の手続きについて調べました。

年金の支給開始年齢はどこまで引き上げられる?老後について考えよう

老後の生活を保障してくれるのが年金制度ですが、近年その制度が崩壊しかねない事態になっています。そんな年金の支給開始年齢は時代と共に引き上げられてきました。年金の支給開始年齢は今後どこまで引き上げられるのでしょうか?

受付で8割決まる!?電話応対キホンのキ

新入社員の最初の関門といえば、電話の受付。受話器を取って話すだけと思いきや、社会に出ると細かいルールがあるのです。今一度、電話応対について勉強しておきましょう。

親がいない子供がいく施設とは?児童養護施設について

親がいない子供や、何らかの理由で家庭生活を継続することができなくなった子供はどうなるのでしょうか?そのような子供たちの多くは児童養護施設に預けられます。児童養護施設とはどのようなところなのでしょうか?

決済手段の銀行の口座振込

銀行振込(または単に振込ともいいます)とは、金融機関に開設された預金口座(または貯金口座※)宛に送金することをいいます。銀行振込は、日常生活の中でも多く利用されている決済手段であり、特に近年は、インターネットバンキングの普及と共に、利用者にとっての利便性が高まっています。
ネットショッピングの普及と共にクレジットカードを用いた支払も増加していますが、クレジットカードを受け付けないショップもあり、また、以下のような理由から決済手段としてクレジットカードが使えない局面も多くあります。

・クレジットカードでは、金券に相当するものの購入には使用できない
・利用限度額の関係から数十万を超える高額商品の購入には使用できない
・クレジットカードは基本的に「支払」の手段であって「送金」の手段としては使用できない

また、そもそもクレジットカードの支払を好まない方も少なからず存在するため、銀行振込は引き続き決済手段として重要な位置にあります。

引用元-Billing System

スポンサーリンク

  人気記事

口座の入金確認は振込時間によって異なる

0時~8時59分までの振込

振込先では9時00分ごろ(処理によっては多少遅れることも)に入金が確認できるはずです。

9時~14時59分までの振込

ほぼリアルタイムに振込先の口座で入金が確認できるはずです。ただし、窓口の場合は処理の都合で遅れてしまい翌日扱いとなる場合もあります。ATMやオンラインバンキングの場合はほぼリアルタイムとなりますので、15時ギリギリでも当日扱いとなるはずです。

15時~23時59分までの振込

翌営業日扱いとなります。翌営業日ですので、翌日が土日の場合は次の平日の9時00分に入金の確認ができるはずです。ですから、金曜日の15時(午後3時)をすぎての振込だと、入金が確認できるのは通常は、月曜日(平日の場合)の朝10時戸いうことになってしまいますね。

引用元-Money LifeHack

入金を24時間確認出来る銀行もある

最近、同一の銀行同士での振込であれば24時間のリアルタイム振込も可能な銀行が増えてきています。主にネットバンク(ネット銀行)が中心ですが今すぐお金をやり取りしたいと言う場合のは便利です。

リアルタイム送金が可能なネットバンク・都市銀行
・楽天銀行:○
・ジャパンネット銀行:○
・ソニー銀行:○・じぶん銀行:○
・ゆうちょ銀行:○
・りそな銀行:○
※2015年7月25日時点での対応状況

それぞれのネット銀行、ネットバンクの詳細な情報については「ネットバンク比較ランキング <2015年版> お得なネット銀行」が詳しく比較されているので参考になります。

都市銀行や地方銀行などの一般的な店舗型の銀行では、前述のゆうちょ銀行やりそな銀行を除き、同行同士であってもリアルタイムの入出金には対応していません。

引用元-銀行振込の入金が確認・反映される時間とリアルタイム送金ができる銀行 | Money Lifehack

口座の入金の確認は専用ソフトやクラウドサービスで効率よく

会社の規模が大きくなれば確認する件数も増えてきますので、事務量も必然と増えてきます。時間に余裕があればいいのですが、繁忙期などの場合、一件ずつ入金額のチェックしていくのはとても大変な作業です。

また相手側が毎回異なっていたり、細かい金額が多くなれば手作業では効率も悪くなります。そのため効率的な確認方法を見つける必要があります。効率面を考慮すると様々なものが考えられますが、その中の一つに会計サービスを利用する方法があります。

会計サービスとしてはクラウドサービスが有名です。クラウドサービスを利用すれば、入金の確認も迅速にできます。クラウドサービスを利用すれば、バーチャル口座が用意されます。そのバーチャル口座を専用の口座にすれば作業もはかどります。確認作業の時間に余裕がない場合、このようなクラウドサービスもお勧めです。

引用元-効率的な入金の確認方法 | 請求書作成ソフトガイド

先方が金曜日夜に振り込んだ入金の確認

相手側が同じネットバンクを利用していないのは、この文言で判りますから、他行からの振込と思われます。なので、既にアドバイスが有るように、翌営業日(7/21)の午前9時頃には受取口座に入金処理が行われるはずです。

銀行は営業直前に回線を接続し、相互の振込データを送受信して処理を行うからです。前述した「同じネットバンク口座同士」だと、そのネットバンク内で処理が完結するので、即時(リアルタイム)に振込が完結するのです。

引用元-OKWEVE

まとめ
銀行振込のリアルタイム確認ができると便利ですね。しかし、まだまだ浸透していないのが現実でしょう。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済