まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

アメリカの小学校でおきた銃の乱射事件で銃規制は進んだか

      2016/07/08

 - 国際・海外

アメリカでは銃の所持が合法であり、民間人の所有率は80%以上といわれています。そんな中アメリカの小学校で銃の乱射事件が起きました。この事件をうけて銃を規制しようという論争が巻き起こりましたがその後どうなったのでしょうか。

スポンサーリンク

  関連記事

シンガポール空港はスゴい!マーライオンに会いに行こう♪

日本から飛行機で7~8時間。東南アジアの国、シンガポール。空港に初めて降り立つと、その広大な施設に皆が驚きます。シンガポール空港についてと、誰もが知っている有名なマーライオンにまつわる話をまとめました。

イギリスの通貨はポンド!なぜユーロでないのか

イギリスはEU加盟時も通貨はユーロではなくポンドでした。なぜイギリスはユーロでなくポンドを通貨としているのでしょうか。またイギリスのEU離脱が決まって、今後イギリスはどうなるのでしょうか。

最後まで楽しみたい!フランスの空港にはどんなお土産が売っているの?

女性に人気の高い観光地にフランスがありますが、観光地も多く買い物も楽しめるロマンティックでおしゃれな街が魅力です。楽しい旅の後、いざ帰国と空港に着いてお土産を買い忘れている人を思い出したときに空港のお土産店は助かりますね。どんなお土産が売っているのか調べてみました。

アメリカの高校で行われる主な行事

アメリカの学校では、日本では考えられないような行事が行われていたりします。留学経験のある方は、ビックリした覚えがあるでしょう。海外の映画やドラマにも度々出てきますが、どういう行事なの?というワケで、調べてみました。

アメリカで日本人が仕事をする方法は?

海外で仕事をすることに憧れる人は多いと思いますが、日本人が海外で仕事をするにはどんな手続きをしたらいいのでしょうか?まずは、アメリカでの仕事をする方法を調べてみました。

日本製の紙おむつが中国に大量輸出!?なぜ中国なのか

日本製の紙おむつが大量に買い占められた騒動を覚えている人も多いのではないでしょうか?これは中国で日本の紙おむつが大人気の為、正規の輸出ルート以外での買い占めがあったからです。今回は中国での日本製紙おむつの人気について調べました。

台湾へ旅行してみよう!航空券やホテルの相場は?

海外旅行に行きたいと思っている方、行先に台湾はいかがでしょうか?台湾は初めての海外旅行におススメだというのです。そこで今回は台湾へ旅行へ行く場合の航空券やホテルの相場などを調べてみました。

世界の人口は現在どんどん増えています

約200年前の世界の人口は10億人、今は7倍以上に膨れ上がっています。そして、100億人の時代が訪れます。今のままの食料生産のままですと、食料が底をついてしまいます。貧富の差も懸念されます。果てしない人間の能力が試されるのでしょか。

あのドバイで金を購入するのはお得?

豪華絢爛、眩しすぎるドバイのゴールド・スーク。金の延べ棒の他貴金属加工品、宝石、真珠などが扱われています。その日の相場にデザイン料を足して取引されます。ドバイの国民には生活に密着した市場なのです。しかし、購入には注意が必要です。

台湾で命を懸けた日本人 今も尊敬される水利技師

台湾では多くの人が知っている、学校の教科書にも登場する日本人がいるのをご存知でしょうか。残念ながら、日本ではその方の名前はほとんど知られていません。台湾で命を懸けて大規模なダムを築いた、ある水利技師のことを調べてみました。

ドイツと日本の関係について

ドイツと日本は古くから交流を続けてきました。第二次世界大戦では同盟を結び、敗戦国となりました。その後、日本とドイツはどんな関係を築いてきたのでしょうか。今回はドイツと日本の関係について調べてみました。

アメリカのドルは崩壊しているのか?

基軸通貨はアメリカドルです。しかし、アメリカの経済が回復できないと、信頼が低下してドルが崩壊しると言われています。ドル不信は高まると、世界はどうなってしまうのでしょう?

アメリカの大統領の顔が彫ってある岩山とは!?

アメリカ大統領の顔が彫ってある岩山の映像を見たことがある人もいるのではないでしょうか。この岩山はどこにあって、どのようにして作られたのでしょうか?今回はこの岩山について調べました。

英国のEU離脱による日本の円高が経済にどう影響するのか?

英国の国民投票でEU離脱が支持されました。金融市場は残留と思っていただけに、離脱のショックは日本の経済にも大きな影響を与えます。製造業に大きな負担がのしかかることでしょう。今後の動きに注目です。英国の国内にも国民投票後の判断の間違いの影響が広がっています。

日本の医療制度は世界からどう評価されているのか

日本は世界的な長寿国です。そんな日本の医療の現状はどうなのでしょうか。また、日本の医療制度は海外からどう評価されているのでしょうか?今回は日本の医療制度の現状について調べました。

アメリカに住む日本人の人口ってどのくらい?

海外で暮らしてみたいと一度は思ってみたこありませんか。特に老後はハワイへ移住なんて憧れますね。そこでアメリカでの日本人人口ってどのくらいなのか調べてみました。

EUを離脱!?イギリスの国民投票の行方

イギリスがEUを離脱するかどうかの国民投票を行ったことは記憶に新しいですね。当初は残留となるとみられていましたが、結果は離脱派が上回り、国民投票ではEUを離脱することになってしまいました。なぜイギリスはEU離脱の国民投票を行うことになったのでしょうか?

海外旅行は一人旅で!初心者が成功するコツ

海外旅行を一人旅で行ってみたいという方もいるでしょう。しかし初心者の人は何から準備していいのかよくわかりませんね。そこで今回は海外旅行の一人旅のコツと初心者におススメの国などについて調べました。

オーストラリア旅行はどのくらいの日数でいく?おすすめのコースは?

オーストラリアに旅行に行くならどのくらいの日数があれば満喫できるのでしょうか?また押さえておきたい観光スポットはどこなのでしょうか?今回は日数別のおすすめのコースを調べましたので紹介します。

イスラム国は日本もテロのターゲットにしている

「日本人は撃たれない」と日本の邦人は考えていました。しかし、テロの「ソフトターゲット」に近年なり始めました。多くの外国人が集まる飲食店、劇場などが目標とされています。今後の懸案は、野外フェスティバルや花火大会のような会場を狙う犯行です。もはや、日本人は安心という伝説はなくなった。

小学校で起きた銃乱射事件とは

【コネティカット州ニュータウン】米東部コネティカット州ニュータウンの小学校で14日午前、銃乱射事件があり、捜査当局関係者によると20人の子供と犯人を含め計27人が死亡した。また、小学校と離れた場所で同一犯により射殺されたとみられる1人が発見され、死者数は28人に上った。

警察当局は、犯人は24歳のアダム・ランザという男であることを確認した。乱射現場となった小学校はニュータウンのサンディー・フック小学校で、男の母親がこの小学校で教師をしており、この母親も犠牲者の1人となったとみられている。

乱射現場は同小学校の教室1室とトイレ、玄関に限られているという。サンディ・フックはニュータウンの1地区で、ニュータウンはニューヨークの北東約100キロにあり、人口約2万8000人。

コネティカット州警察の広報官、J・ポール・バンス氏は、犯人が小学校の建物内で死亡したことを確認したが、他の犠牲者については家族への連絡を優先するとして明らかにしなかった。ある捜査関係者は犯人がこの小学校と個人的な関係があるとしたが、それ以上の詳細は言及しなかった。

引用元-THE WALL STREET JOURNAL

スポンサーリンク

  人気記事

小学校の銃乱射事件を受け、銃規制の議論が巻き起こる

米コネチカット州の小学校で26人の命が奪われた銃乱射事件を受け、再発防止に向けた銃規制に関する議論がヒートアップしている。個人による銃の所有についての意見が賛否両論に分かれる米国では、これまでも同様の事件が起きるたびに国を挙げて論争が繰り広げられてきたものの、大きな対策が取られることなく脇に追いやられてきた。オバマ大統領は、就任後4度目となる銃乱射事件に対し、繰り返される悲劇を終わらせるべく「意義のある行動をとる」とし、新たな銃規制の導入を示唆した。海外メディアは、対策案や国内の対立など、米社会に根深くはびこる銃問題の複雑さを取り上げている。

引用元-NewSphere

銃規制に対してアメリカ国民はどう考えているのか

17日に発表されたワシントンポスト紙とABC放送の世論調査によると、「より厳しい銃規制法に賛成か反対か」には、54%が賛成、43%が反対と回答。

「引き金を引く度に弾丸を自動的に再装填を行う半自動拳銃の禁止」について、賛成は52%、反対は44%だった。

「拳銃の販売禁止」については、支持するが27%、反対が71%。「10以上の弾丸を含む挿弾子(クリップ)の販売禁止」については、59%が賛成、38%が反対だった。

「銃による暴力を減らす方法は?」の質問に対して「より厳しい銃規制法」が32%、「現行法の厳格な執行」が49%、「両方」が8%、「どちらでもない」は7%だった。

多くのアメリカ人にとって、武器を携帯する権利は、今でも自由と同義である。220年前のアメリカ合衆国憲法修正第2条が銃規制反対の根拠になっている。

引用元-選挙ドットコム

乱射事件で使用された銃の製造元に損害賠償請求

2012年12月14日に起きたサンディフック小学校銃乱射事件(Sandy Hook Elementary School shooting)に関連して、26名の被害者の家族らが、犯人が使用したライフル「AR-15」の製造販売元企業となるブッシュマスター・ファイアアームズ(Bushmaster Firearms International)を相手に損害賠償請求を起こしていたことが判った。

15日付けのTimeの報道によると、原告の被害者家族らは、AR-15のような殺傷力の強い銃器は本来は、市場に流通させるべきものではなかったと主張している。

サンディフック小学校銃乱射事件を巡っては、犯人が使用したAR-15の販売規制論議が巻き起こり、これが元となり、AR-15のような高い殺傷力を有する銃器の販売を規制する新銃規制法「Assault Weapons Ban of 2013」が施行されていた。

AR-15は米軍が使用しているM16自動小銃の民生版に相当するライフルで、セミオートマチックのライフルの中ではもっとも高い人気を誇ってきた。

引用元-businessnewsline

それでも銃規制法案は否決

オバマ政権二期目の主要政策になる筈(はず)だった銃規制法案は結局先月上院で否決、廃案になった。

採択が期待されていた法案の内容自体、殺傷力の強い銃器禁止や大型弾倉の規制などは盛り込まれず、精神疾患や犯罪の経歴確認など、購入者に対するチェックをネット販売や展示会での販売にも拡大する程度。服部剛丈君射殺事件などをきっかけに一九九四年から十年間施行されたブレイディ法に比べても緩いものだった。

引用元-アメリカはそれでも“銃規制“をしない | 蓼食う虫の記

まとめ
アメリカでの銃規制の議論は度々取り上げられますが厳しい規制にはなかなか至りません。今後アメリカの銃規制は進むのでしょうか。

twitterの反応

 - 国際・海外