まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

就職活動に資格は必要?取っておきたい資格とは?

      2016/11/28

 - 社会・政治・経済

就職するときに資格があることは有利なのでしょうか?履歴書に資格を書くことは必要なように思いますが、実際はどうなのでしょう?中には取っておくと便利な資格もあるようです。今回は就活に必要な資格について調べました。

スポンサーリンク

  関連記事

源泉徴収票とは?発行はいつ頃?

確定申告をする場合は働いている職場から源泉徴収票を発行してもらう必要があります。この源泉徴収票はいつ頃発行してもらえるのでしょうか?また紛失した場合は再発行をしてもらえるのでしょうか?

医者になるのに内科や外科などの専門はいつ決まるのですか?

現在、医者の専門分野は細分化されています。それでは、いつの時点で専門が決まるのでしょうか?実は医大生の6年間は内科や外科と言った専門分野すら設けられていないそうです。また、医者のスキルは、専門の科に関わらずコミュニケ-ション能力が大切なことが分かりました。『病は気から』の言葉のように、何事も心の持ち方の比重が大きいのです。

社会福祉士ってどんな資格?取得方法を紹介!

社会福祉士という資格を知っていますか?社会福祉士の仕事は多岐にわたり、職場は主に社会福祉施設になります。今回は社会福祉士の資格の仕事内容と取得方法を調べましたので紹介します。

個人事業主の会社が厚生年金に加入する方法

個人事業主は国民年金に加入しています。しかし、国民年金だと老後の生活が危ぶまれます。サラリーマンの厚生年金と受給額に何倍も差が出ます。個人事業主は厚生年金に加入することは出来ないのでしょうか?加入できる条件を探ってみましょう。

NHKのアナウンサーは民放とどう違う?女性アナウンサーについて

女性アナウンサーは華やかな職業というイメージがあります。その中でもNHKと民放の女性アナウンサーではイメージがそれぞれ異なる人もいるのではないでしょうか。今回はNHKの女性アナウンサーについて調べました。

引越しのバイトってどんな仕事?クロネコヤマトの場合

引っ越しのアルバイトはきついというイメージですが実際はどうなのでしょうか?今回はクロネコヤマトの引っ越しのアルバイトをしたことのある人の体験談などを調べましたので紹介します。

会社の飲み会に行かない人が増えてる?その理由とは

会社の上司に飲みに誘われたら昔は絶対に断れない雰囲気がありましたが、最近は少し事情が違うようです。最近は上司に誘われても飲み会に行かない人が増えているそうです。その理由は何なのでしょうか?

親が離婚した場合の相続はどうなる?

親が離婚した場合の相続はどうなるのでしょう。離婚した配偶者が亡くなったらその相続人は誰になるのでしょうか。今回は親が離婚した場合の財産の相続について調べました。

国民年金の保険料を免除するには?免除申請に必要な物

国民年金は20歳以上の国民であれば必ず加入する制度です。毎月の保険料を滞納した場合は催促状がくる場合があります。経済的に払うことが難しい場合は免除申請をすることができます。今回は国民年金保険料の免除申請に必要な物を調べました。

折り返し電話の意味とは?覚えておきたいマナーとは

会社などの電話の対応で「折り返し電話をします」という言葉をよく聞きますね。この折り返しとはどのような意味なのでしょうか?今回は押し返し電話で覚えておきたい意味について調べました。

主婦の働き方~正社員でがっつり働く?パートで扶養に入って働く?~

子育てが一段落して働きたい!という人や、家計が苦しいから働かなきゃ!といういう人。働く理由は個々にあると思いますが、働こうとする主婦につきまとう、3つの壁。あなたは正社員で働く?それとも扶養に入ってパートで働く?働き方によっては、かえって損をするって知ってました?

株の初心者でも大丈夫!?ネット取引のやり方

株というと初心者には難しいというイメージですね。しかし今はネット取引きで情報などを手軽に得ることができるので以前よりはやりやすくなっているようです。今回は株のネット取引について調べました。

障害児の施設へ就職を希望するにはどんな資格がいるの?

障害児といっても、知的なものから身体的なものまで様々です。障害児の施設では、様々な資格の所有者が就職しています。また、施設の種類は通所式のものから入所式のものまであります。どんな職種を希望するのかよく考えて資格を取りましょう。

年金の支給開始年齢はどこまで引き上げられる?老後について考えよう

老後の生活を保障してくれるのが年金制度ですが、近年その制度が崩壊しかねない事態になっています。そんな年金の支給開始年齢は時代と共に引き上げられてきました。年金の支給開始年齢は今後どこまで引き上げられるのでしょうか?

知っていました?車のカーテンは取り締まりの対象です

車の運転でとても嫌なのが差し込んでくる日光です。眩しくて運転がしにくいです。ときどき見かけるのが、運転席や助手席にカーテンやサンシェードをしている車ですが、これはどうなのでしょう?視界が遮られて危ないと思いませんか?2014年から道路交通法が変わりましたので、チェックしてください。

慶應義塾大学の大学院は通信の課程のからも入学できます

会社に勤めながら、やっぱりもっと勉強がしたい。そういう方には通信の課程があります。慶應義塾大学の通信で学びたい。そして、大学院へ行って専門を究めたいという野心がある方が随分と居られるようです。卒業生の体験談があなたの夢を掴むきっかけになったら良いですね。

市役所の部署の異動はどのくらいあるのか

市役所に勤務していると部署の異動は何年に一度あるのでしょうか。長年勤務している人の中には様々な部署を経験している人もいるようです。今回は市役所の部署の異動について調べました。

受付で8割決まる!?電話応対キホンのキ

新入社員の最初の関門といえば、電話の受付。受話器を取って話すだけと思いきや、社会に出ると細かいルールがあるのです。今一度、電話応対について勉強しておきましょう。

社会保険と雇用保険って何?二つの保険の違いとは

求人表などに書いてある社会保険完備とはどういった意味なのでしょうか。また社会保険と雇用保険の違いは何なのでしょうか?今回は社会保険と雇用保険について調べました。

本の顔!表紙のイラストの相場はいくら?

本の表紙のイラストが素敵だと思わず手が伸びてしまうことありませんか?本の表紙のイラストは本の顔であり、イラストによって内容をイメージしやすいですね。今回は本の表紙のイラストについて調べました。

就職活動に資格は必要か?

取得している資格を重視している企業は8.9%に過ぎません。
高校や中学時代の大学入学以前の活動が11.6%の企業が重視しているという点を考えれば、取得資格を重視している企業がいかに少ないかがわかるはずです。

そもそも即戦力が欲しいならば、新卒の学生を採用するより中途採用を利用した方が効率的です。
採用で重視する項目に「人柄」や「その企業への熱意」「今後の可能性」が上位になっていることからもわかるように、企業はその学生の現時点で何を持っているかというよりも、長期的にどのように成長していける人材かを重視しているのですね。
だから、取得資格を重視している企業は少ないのです。

就活のためにわざわざ資格の勉強をするくらいなら、志望企業をしっかりと研究して、「その企業への熱意」をアピールできるようにしておいたほうがずっと効率的であるといえるでしょう。

引用元-賢者の就活

スポンサーリンク

  人気記事

資格が就職に役立ったという人は7割!?

ある大学生へのアンケートで、『あなたは資格を持っていて、就活の履歴書で役に立ちましたか?』という質問に対して、どれだけの人が『役に立った。』と答えたのか?

なんと、『資格を持っていて就職で履歴書に書くときに役に立ちました。』と答えた学生は約7割もいたそうです。
で、その大学生の中でどんな人たちが資格を取っていたのか?
資格を持っていて、就職に役に立ったという意見が多かった人の多くは文系の人たちだったそう。

でも、資格の中で一番多かったのが、自動車免許だったというのには驚いた。
免許は資格だから、入るな・・・というか、案外、世の中の学生で自動車免許なんかいらないと考えている人がいることに驚いた。
『学生のうちに取らないといつとるの?』卒業して、就職決まってから、1カ月以上もかけて取りに行くの?それで間に合うのか?と思わせられる。

やっぱり人間、自分のポテンシャルを高めておかないと身に着けられることは出来るうちにやっておかないと後悔するということなんだろうなぁ。

引用元-A M I Blog

資格とはアピールポイントの一つ

資格はアピールポイントの一つにすぎない

そう考えると、資格だってサークルやバイト、留学と同じで、あくまでアピールポイントの一つにすぎない、絶対的な武器ではない、ということがわかると思います。
特定の資格を出願の要件にしていたり、加算要件にしている高校・大学の推薦入試とは違う、ということは頭に入れたほうがいいです。

もし、「資格」を就職活動の武器にしたいのであれば、「資格を持っている自慢」や「資格コレクション」に終始するのではなく、「その資格をとったことによって、(会社にとって)どれだけ利益をもたらすことができるか、役に立つ人材であるか」という視点で、自己アピールネタを練ってみてはいかがでしょうか。

引用元-30’s 資格論

資格は持っていてマイナスではない

資格は持っていてマイナスに影響する事はない

就活を進める上で色々な資格と向き合う事になるでしょうが、例えどんな資格でも持っていてマイナスにはたらく事はありません。
志望する業界に関係のある資格であれば、役立つので積極的に取得を目指した方が良いでしょう。

資格が必ず就職後に役立つかどうかは定かではありません。
それこそ、どんな会社でどんな職種を担当するかによります。
それを理解していただいた上で、就活に役立つおすすめの資格をご紹介したいと思います。

引用元-キャリアパーク!

就職活動時に持っていて損はない資格とは

TOEIC・英検など英語の資格

20年以上も経済成長していない日本で、企業が成長を続けることは不可能であり、海外に進出している企業がどんどん増えています。
また、インターネットによって、簡単に海外と取引をすることができるようになり、ビジネスをする上で海外との取引は急増しています。

外資系の企業に就職・転職するには、TOEICや英検などの英語系の資格があれば、有利になることは間違いありませんし、日本の企業に就職・転職するにしても、世界中の国を相手にビジネスをしている企業が増えているため英語力の重要性はますます高まってきております。
もはや、英語ができると有利という時代ではなくなりつつあり、英語ができて当たり前の時代になっています。

楽天やユニクロなど、数少ない成長している企業は、社内での公用語を英語にすることを決定し、日本人だけの会議でも英語を使用しています。
また、昇進の条件としてTOEICのスコアを要求しています。

引用元-資格キング

資格は絶対必要というわけではない

資格バカにならないことが大切

まれに色々な資格を勉強して取得しまくるという資格バカな人がいますが、こんな人には絶対なってはいけません。

先ほども説明したように、誰でも取得できる中途半端な資格は持っていても就活では役に立ちません。
簡単な資格を10個取得するくらいなら、難しい取得を1つ取得するほうがよっぽどマシです。

目的の無い資格の取得ほどバカなことはありません。時間と労力とお金の無駄です。
資格を取得する時は、その資格を取得する目的を明確化しましょう。
間違っても適当に取得しまくってはいけません。
資格の取得はピンポイントで行うべきです。
就活で使いたいなら、まずは志望業界に関係する資格の取得を目指してはどうでしょうか。

引用元-大学生の就職活動に資格は必要か?

まとめ
資格が就職に有利となることはあまりないようですが、その企業に関わるものであれば持っていて損はないようです。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済