まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

体重が勝手に減る理由は?

      2016/06/25

 - 美容・健康

食べているのに勝手に体重が減る・・・。運動したり、食べる量を減らしているわけじゃないのに、勝手に体重が減る。普通だったらなかなか起きないそんな症状が現れたら、心配になりますよね。何か病気なのかな?調子が悪いのかな?体重が減ってしまうりゆうについてしらべてみました。

スポンサーリンク

  関連記事

蕁麻疹が出た場合は皮膚科?内科?どっちに行く?

蕁麻疹が出た場合は何科へ行けばいいのでしょうか?皮膚にでる症状なので皮膚科がいいのでしょうか?しかしストレスなどの場合は内科がいいかもしれませんね。今回は蕁麻疹が出た場合の対処法を調べました。

肋骨を骨折!早く治すにはどうする?

肋骨は骨折しやすい骨でふとした衝撃でひびが入ってしまったりします。肋骨を骨折してしまったときに早く治すにはどうしたらいいのでしょうか。今回は肋骨の骨折を早く治す方法を調べました。

胆嚢の手術のかかる費用は?

胆嚢えん、胆管炎、胆石、胆嚢がん・・・痛みが背中のために放置してしまうことが多いようです。みぞおちの辺りに不快感を覚えることもあるようです。手術をしなければならなくなった場合、入院期間や入院の費用はどのくらいかかるのでしょう?高額療養費の対象になると思いますので、申請を忘れに行ってください。

過呼吸になる原因は?子供に多いって知ってた?

子供の過呼吸が急増していることをご存じでしょうか?大人や友達からの何気ない一言に敏感に反応しやすい子供が増えているそうです。普段から話を聞いて原因を探してください。万が一なってしまった時の対処法を知っておきましょう。

卵巣が腫れている時の原因と症状

卵巣は沈黙の臓器と呼ばれるほど異変があったとしてもその自覚症状があまりありません。卵巣が腫れることはよくあるようですがその原因はどのようなものがあるのでしょうか。

子宮筋腫の手術!腹腔鏡手術とは

子宮筋腫は女性特有の病気ですが、女性の皆さんはこの病気について詳しく知っていますか?実は珍しい病気ではなく、婦人科の腫瘍の中では最も多い病気なんです。そこで、この子宮筋腫と手術について調べてみました。

うつは仕事が怖い病気?

うつは仕事が怖いとよく聞きます。でもそれ以前に何かサインがあったのではないでしょうか?頑張り過ぎ、1人で抱え込むなどまじめすぎる人がなり易いようです。自分の心の状態や、リラックスできない状態や、楽しめない状況の原因は何か探ってみましょう。周りにSOSできたら良いですね。

ウイルス性胃腸炎って何?症状と対処法

ウイルス性胃腸炎は主に冬場にはやりやすい感染性の胃腸炎です。二次感染しやすいため、かかった場合は注意が必要です。今回はウイルス性胃腸炎の症状と対処法を調べましたので紹介します。

夜ご飯を食べないと痩せる?夕食抜きダイエットとは

ダイエットにチャレンジするけどなかなかうまく痩せない…という人は夕食抜きダイエットはいかがでしょうか。夜ご飯を食べないダイエット方法ですが、短期間で痩せたい人にはお勧めのようです。しかし注意点もあるので紹介します。

納豆は薄毛に効果アリ!?髪の毛にいい効果とは

納豆は栄養が豊富な食材ですが、髪にもいいというのを知っていましたか?なぜ納豆は髪にいいのでしょうか?今回は髪の毛に納豆がもたらす効果と、より髪の毛にいい食べ方を調べました。

足でも血圧が測定できる?

血圧測定といえば、腕にマンシェットを巻いて測定するイメージはありませんか?血圧測定には、腕だけでなく、足で測定することもあるんです。足での血圧測定について調べてみました。

チック症とは?子供に出た場合は病院へ行くべきか

チック症って知っていますか?チック症は幼少期にみられ、瞬きや顔をしかめたりなど、顔に症状が出ることが多いです。もしも自分の子供にチック症の症状が見られたら病院には行くべきなのでしょうか?

歯の色が白く!歯に塗るマニキュアとは?

歯の色が黄ばんだり着色すると特に前歯の場合は気になりますね。歯医者に行く時間がないという時は歯を白くする歯のマニキュアを塗るのが便利です。今回はすぐに歯を白くできる歯に塗るマニキュアについて調べました。

肌にできるあのブツブツ…対策を知ればあなたも太もも美人!

鍛え上げたキレイな太ももでも、あの肌のブツブツが邪魔をする…。あのブツブツさえ消えれば、足をキレイに見せられるのに…そんなあなたに朗報が。あのブツブツ、ちゃんと消し方があるんです。

親知らずが痛い!生えかけの場合の対処法

親知らずは上下の一番奥に生える歯で変な方向に生えてくることが多いようです。生えかけで痛い場合は早いうちに歯医者で対応してもらった方がいいでしょう。今回は親知らずが痛い場合の対処法を調べました。

奥歯の歯茎が腫れて痛い!膿がたまる病気とは?

口の中でも細菌に感染すると歯茎が腫れたり、膿がたまってしまうことがあります。歯の奥に膿がたまる病気に歯根嚢胞というものがあります。奥歯がこの病気になると食べ物を食べるもの痛くなってしまうようなので早目の処置が必要です。

骨折したらどうなる?足の場合は手術になる?

足などを骨折した場合はどのようにして治すのでしょうか?骨折の場所や種類によって、治療の方法は変わってきます。中には手術をしないといけない場合もあります。今回は骨折した場合の治療法について調べました。

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさんや芸能人も実践していると聞きますが、本当に効果があるんでしょうか?調べてみると、お医者様を中心に異を唱えている人が多数。どういうことなのか、まとめてみました。

すっぴんでも目が大きいって言われたい!目を大きくするには

女性はメイク次第で目の大きさまで変えることができます。しかしすっぴんになったときの変化にがっかりされることもあるかもしれません。そこですっぴんでも目が大きいと言われる方法を調べました。

ラーメンと餃子のカロリー気になるけどおいしく食べたい

ラーメンと餃子はセットで注文をすることが多いですね。チャーハンを食べるほどお腹は減っていないときにはちょうどいい量ですが、気になるのがカロリーです。カロリーは見ないふりをしてしまいますが今回はしっかりとカロリーについて調べてみましょう

何もしてないのに体重が減るのはなぜ?

痩せたいのに痩せられない方には羨ましいことかもしれませんが、特に意識して生活や食事を変えた覚えがないのに体重が減るということがあります。
摂取するエネルギーに対して消費するエネルギーが多いというのが、体重減少の基本的な原理ですが、
もし、あなた、あるいはあなたのお知り合いの体重減少が顕著であれば、原因が病気である可能性もゼロではありませんので、一度冷静に見てみましょう。

何もしていないのに(ダイエットもしていないのに)体重が減る原因は?

体重が減る原因として、最初に病気以外の原因を考えてみましょう。

基本的には、食事の量が減ったことが最も有力な原因です。ダイエットなど食事の量を減らしていないという場合は、運動量が増えていないでしょうか?スポーツやジムなどで運動するようになった以外にも通勤時間が長くなったとか、座り仕事より立ち仕事が増えたとか、階段を使う生活に変わったとか普段の生活の中でもエネルギーの消費量が増加する要因はありますね。

あるいは、たばこのせいで食欲が減少するという実験結果もあります。

それと、精神的なストレスが原因になり得ます。ストレスは、交感神経を興奮状態にさせ、消化吸収を促進する副交感神経の働きを抑制します。そのことにより食欲が弱くなり、結果、食事の量が減ったり、消化吸収力が低下したりするため体重が減少します。

引用元-Copyright© 元気なカラダ , 2015 All Rights Reserved.

スポンサーリンク

  人気記事

体重が減る病気には何がある?

次に体重減少を伴う主な病気の症例です。

・神経性食欲不振症(拒食症)
極度のカロリー制限、自ら嘔吐、下剤の乱用

・糖尿病
エネルギーのため脂肪や筋肉中のたんぱく質が分解されてしまう

・バセドウ病(甲状腺機能亢進症) 
甲状腺ホルモンの異常で過剰な代謝でエネルギーが消費される

・慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍 
胃痛や胃もたれ、吐き気、食欲不振など

・潰瘍性大腸炎 
発熱や腹痛、長期間下痢

・吸収不良症候群 
体に必要な栄養素と水を吸収できない

・胃がん 
胃痛や胸やけ、嘔吐、吐血などにより食欲不振

・大腸がん 
便通障害や食欲不振

・肺結核 
微熱、 食欲不振や倦怠感

・うつ病 
食欲が減退、食事量低下

・アジソン病(慢性副腎皮質機能低下症) 
疲労感、食欲不振

・HIV感染症(エイズ) 
風邪に似た症状で発熱や下痢、疲労感

・肺化膿症 
悪臭のある血痰、発熱、胸の痛み、呼吸困難

・肺気腫 
息切れ発熱

・肺結核 
風邪に似た症状、血痰、呼吸困難

・肺がん 
咳、血痰、声がれ、首のむくみなど

・食道がん 
食べ物が飲み込みづらい、声がれ、酢やアルコール系が胸にしみる

・直腸がん 
血便、粘血便、排尿障害や残便管、大便が鉛筆のように細い

・肝硬変 
黄疸や腹水、むくみ、消化管の出血、意識障害

・巨赤芽球性貧血 
倦怠感、動悸、息切れ、消化不良、舌の痛み

・悪性リンパ腫 
首、脇の下、大腿部の付け根のリンパ節の腫れ、発熱、寝汗、倦怠感

・高カルシウム血症 
便秘、お腹の痛み、吐き気、食欲低下、多尿等、錯乱状態や昏睡状態

・アミロイドーシス 
むくみ、貧血、不整脈、手足のしびれや麻痺、食欲不振、排尿障害

・甲状腺炎 
腺頸部の腫れと痛み、悪心や動悸、息切れ

・強皮症 
指先の色の変化(青白→赤紫色、皮膚が硬化、突っ張り感、関節痛

・皮膚節炎 
筋力低下の疲労感。まぶたや関節部分に紫紅色の皮疹

・サルコイドーシス 
目がぼやけ赤みを帯びた斑点

・萎縮性側索硬化症 
手指が動かしづらい、手足や咽喉、舌などの筋肉の痩せ

体重が減る病気には上記にあげたようなものがあります。ご自身の体調の様子と照らしあわせて確認してみてください。もし疑われる病気があれば、すぐに病院へ受診してくださいね。

引用元-Copyright© 元気なカラダ , 2015 All Rights Reserved.

体重減少の体験談

謎の体重減少…食欲もあり健康なのに49キロ→43キロ
こんにちは。5月ごろからの6か月で6キロ体重が減少しました。

私のここ2年ほどの標準体重は48キロ前後です。(身長164)昨年1年アメリカに住んでいたのですが、そこでも1キロ太った程度でした。

5月に帰国した時の体重は49キロ、帰国後まず最初に異常なほど顔に大量のニキビが出来ました。日本へ帰れたうれしさで食が偏ったのが原因かと思い、(カツ丼とかから揚げとかばかり食べていました)野菜中心炭水化物控えめの生活を2か月ほどつづけ、そこでまず体重が46キロ前後になりました。

それはまだ原因がわかっているのでいいのですが、それから食を普通に戻しても体重はほとんど増えず、夏の間いたヨーロッパでも一か月間、肉ばかりを男並みに食べ、男よりも飲んだのに、帰国後も期待に反してまったく太っていませんでした。

今また日本で4か月ほど生活していて、和食中心でヘルシーなのは確かですが、人並みに食べるし、ここまで体重が減る意味もあまりわかりません。確かに、日中忙しくてお昼を食べる時間がなかったりしますが、それでも食べるときはしっかり食べています。運動はしていません。

こんなに体重が減ってきて、がりがりで気持ち悪いです。何か悪い病気だったら、と怖くなってきました。体重減少ってなにか原因はありますか?精神状態は至って安定していますし、何の心配もない大学生をやっているので、鬱はありえないと思います。

元々痩せの大食いで48キロだったのが、大食いじゃなくなったからここまで減少したのでしょうか?それにしても43はちょっと痩せすぎだと思います。甲状腺の病気などを疑った方がいいのでしょうか?

引用元-yahoo!知恵袋

体重減少の原因は糖尿病の場合もある?

体重減少は高血糖による細胞の脱水症状が原因

糖尿病の症状として、よく知られているものの1つに『体重の減少』があります。 急激に痩せてきたから、糖尿病を心配するということもよく聞きますよね。糖尿病が原因で急激に体重減少が起きるのは、血糖増加により細胞の脱水症状が進むためです。

細胞の脱水症状による体重の減少ですから、水分補給がきちんとされれば通常、体重は元に戻るはずですが、 高血糖状態が改善されなければ浸透圧の関係も改善されないため、 いくら水分を取っても、尿として排泄されるだけで体重は元に戻りません。それどころか、反対に高血糖状態が長く続くことで、体重はどんどん減少してしまいます。インスリンがきちんと働いていないための高血糖状態ですから、 ブドウ糖は、細胞に取り込まれてエネルギーになることができないのです。ブドウ糖をエネルギーにできなくなると、人間の体は蓄えていた脂肪をエネルギーとして消費します。このため、体重がどんどん減少するのですが、 糖尿病が原因で体重が減少する場合、標準体重を下回っても体重が減り続ける特徴があります。

体重減少は症状が進行した証

糖尿病の症状で、体重減少が見られるようになった時には、 既に糖尿病が進行している状態にあるといえます。 急激に体重が減少している、体重の減少が止まらないといった症状がある場合には、 早急に医師の診察を受けるようにしましょう。

糖尿病患者の中には、発症の数年前から、体重の増加が見られることが多く、 体重が減少することは、うれしいことなのでしょうが、 運動や食事の管理で健康的に体重減少しているのか、 病的に体重減少しているのか、見極めることも大切になってくるのです。

引用元-Copyright (C) 2010 糖尿病の症状 All Rights Reserved.

体重減少の予防法

日常生活でできる予防法

01.極端な偏食や無理なダイエットをしない

極端な偏食や無理なダイエットを避け、たんぱく質、脂質、炭水化物(糖類)、ビタミン、ミネラルを毎日の食事の中でバランス良くとりましょう。カロリーの過剰摂取は生活習慣病の原因になりますが、不足するとエネルギー不足になり、抵抗力の低下などさまざまな障害が引き起こされるので注意が必要です。

02.ストレスを溜めない

休日は仕事のことを忘れる、悩みごとは早めに人に相談するなど、ストレスを溜めないようにしましょう。スポーツや趣味など、自分に合ったストレス解消法を見つけることも大切です。また、質の良い眠りは、ストレスに強い心身をはぐくみます。40℃以下のぬるめのお湯にゆったりとつかってリラックスしたり、寝る前に軽いストレッチを行うなど、なるべく深い眠りが得られるように工夫をしましょう。

対処法

01.病院で診察を受ける

食欲不振が続いて体重が減少したり、たくさん食べているのにやせる場合は、内臓の疾患や内分泌系の疾患が疑われますので、主治医の診察を受けましょう。神経性食欲不振症の場合は家族が気を配り、心療内科に相談しましょう。

引用元-体重減少 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト

まとめ
体重減少の理由はさまざまなことが考えられるようですね。もし見当がつかない場合は、病気の可能性も考え、病院を受診したほうがよさそうです。

twitterの反応

 - 美容・健康