まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

国民年金保険料の未納はどうすればいい?分割での納付は可能か

      2016/07/06

 - 社会・政治・経済

国民年金は20歳以上の日本に居住している人全員が加入する制度です。何年か前から保険料の未納が問題となっています。未納の場合、放っておいたらどうなるのでしょうか。また保険料は分割で払うことはできるのでしょうか?

スポンサーリンク

  関連記事

裁判で判決がでるまでの時間はどのくらい?

もしあなたが裁判をすることになったらどうしますか?裁判と聞くと長引くといってイメージがありますが、実際に判決までにかかる時間はどのくらいなのでしょうか。今回は裁判にかかる時間について調べました。

Googleへの就職は超難関!?出題される問題とは

Googleへ就職することはとても難しいといわれています。その中でも面接時に出題される問題は難問ばかりのようです。実際にどのような問題が出題されているのでしょうか。今回はGoogleの就職の問題について調べました。

政令指定都市って人口が多ければなれるの?指定の条件とは

政令指定都市というと漠然と人口が多い大都市というイメージがありますが、具体的にどういう都市のことなのかご存知ですか?政令指定都市になるための条件や、指定を受けるメリットやデメリットについて解説します。

社会保険と雇用保険って何?二つの保険の違いとは

求人表などに書いてある社会保険完備とはどういった意味なのでしょうか。また社会保険と雇用保険の違いは何なのでしょうか?今回は社会保険と雇用保険について調べました。

生活保護の金額はいくら?一人暮らしの場合

様々な理由で生活ができなくなった場合、申請をすれば生活保護の制度が利用できます。生活保護の金額は一人暮らしの場合はどのくらいなのでしょうか?今回は生活保護について調べました。

仕事で悩んだら!上司への相談の仕方はどうすればいい?

仕事で行き詰まって悩んでいる場合はどう相談すればいいのでしょうか?上司へ相談する場合は相談内容を明確にする必要があるようです。今回は仕事で行き詰ったときの相談の仕方について調べました。

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」「130万円の壁」を意識されているかと思います。せっかく頑張って働いても世帯収入が減ってしまった、なんてショックですよね。今その゛壁”が変更になろうとしています。新たに106万円の壁が!?まとめました。

引越しのバイトってどんな仕事?クロネコヤマトの場合

引っ越しのアルバイトはきついというイメージですが実際はどうなのでしょうか?今回はクロネコヤマトの引っ越しのアルバイトをしたことのある人の体験談などを調べましたので紹介します。

国民年金の未納分を払いたい!未納分はどこまでさかのぼれる?

国民年金は20歳になると加入する義務があり、毎月国民年金保険料を払わないといけません。しかし未納の人は後を絶たずその割合は若い人ほど多いようです。今回は未納分を後日払いたい場合にどうしたらいいか調べました。

どうすればいいの!?弁護士に相談したい時の注意点

最近、CMでも見ることが多くなった弁護士事務所の「無料でご相談にのります!」という宣伝文言。無料なら相談してみようかなと思う方もいると思いますが、弁護士選びで失敗しないためにも、事前の情報収集が大事なんですよ!注意点をまとめました。

知っていました?車のカーテンは取り締まりの対象です

車の運転でとても嫌なのが差し込んでくる日光です。眩しくて運転がしにくいです。ときどき見かけるのが、運転席や助手席にカーテンやサンシェードをしている車ですが、これはどうなのでしょう?視界が遮られて危ないと思いませんか?2014年から道路交通法が変わりましたので、チェックしてください。

年金が減額されない収入のボーダーラインは?65歳以上の場合

定年後も働き続けるた場合、収入によってもらえる年金が減額される制度を知っていますか?これは在職老齢年金と呼ばれ、定年後に働いているすべての人が減額されるわけではありません。また65歳以上からは計算の方法が変わってくるようなので紹介します。

保険の営業方法について考える 悩んでいるあなたへ

保険の営業をする際、自分を売り込むのに必死になっていませんか?かといって、必要以上にペコペコ相手の様子を伺っていても、お客様の信頼を得る事はできません。ではどうすればいいのか?その方法を見てみましょう。

国民年金の保険料を免除するには?免除申請に必要な物

国民年金は20歳以上の国民であれば必ず加入する制度です。毎月の保険料を滞納した場合は催促状がくる場合があります。経済的に払うことが難しい場合は免除申請をすることができます。今回は国民年金保険料の免除申請に必要な物を調べました。

司法書士と弁護士、統合は必要か?

弁護士と司法書士、どちらも法律に関係した仕事ですが、できる仕事は結構違うようです。そんな中、弁護士の増加により士業の統合をすべきではと言った意見もあるようです。今回は弁護士と司法書士の厳しい現実について調べてみました。

就職活動に資格は必要?取っておきたい資格とは?

就職するときに資格があることは有利なのでしょうか?履歴書に資格を書くことは必要なように思いますが、実際はどうなのでしょう?中には取っておくと便利な資格もあるようです。今回は就活に必要な資格について調べました。

美容師になるために精神科の病院の診断書をもらう

美容師の資格をとるときや開業の申請の際に「精神の機能の障害に関する医師の診断書」が必要になるそうです。どこでもらったらいいのか、費用はいくらくらいかかるのか気になりますよね。診断書をもらう上で知りたい情報を調べてみました。

障害者の作業所で働くための資格とは?

障害者の作業所を経営するには、国家資格や体験が必要不可決です。では、そこで働く人はどうなのでしょうか?もちろん最初から資格があるに越したことはありません。しかし、明るい性格で奉仕の心がある人なら、無資格からでも始められます。働きながら資格をとりましょう。

円満な仕事の辞め方は?1週間で仕事を辞められるか

新しい環境で働き出してみると自分が思っていた環境とは違うと思うことはありますね。そんなときはどうしますか?仕事を始めて1週間だったとしたら辞めることを上司に伝えますか?今回は仕事の円満な辞め方について調べました。

医者になるのに内科や外科などの専門はいつ決まるのですか?

現在、医者の専門分野は細分化されています。それでは、いつの時点で専門が決まるのでしょうか?実は医大生の6年間は内科や外科と言った専門分野すら設けられていないそうです。また、医者のスキルは、専門の科に関わらずコミュニケ-ション能力が大切なことが分かりました。『病は気から』の言葉のように、何事も心の持ち方の比重が大きいのです。

国民年金とは

国民年金

国民年金は、日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満のすべての人が加入するもので、老齢・障害・死亡により「基礎年金」を受けることができます。
国民年金には、「第1号被保険者」「第2号被保険者」「第3号被保険者」と3種類があり、どの制度に加入するかにより、保険料の納め方が異なります。

第1号被保険者

(対象者)農業等に従事する、学生、フリーター、無職の人など。
(保険料の納付方法)納付書による納付や口座振替など、自分で納めます。
(納められないときは、免除や納付猶予の仕組みがあります。)

第2号被保険者

(対象者)厚生年金保険の適用を受けている事業所に勤務する者であれば、自動的に国民年金にも加入します。(ただし、65歳以上で老齢年金を受ける人を除きます。)
(保険料の納付方法)国民年金保険料は厚生年金保険料に含まれますので、厚生年金をかける人は自動的に国民年金にも加入することになります。
厚生・共済各制度が、国民年金制度に基礎年金拠出金を交付します。

第3号被保険者

(対象者)第2号被保険者の配偶者で20歳以上60歳未満の人をいいます。
ただし、年間収入が130万円以上で健康保険の扶養となれない人は第3号被保険者とはならず、第1号被保険者となります。
(保険料の納付方法)国民年金保険料は配偶者が加入する年金制度が一括負担します。

引用元-日本年金機構

スポンサーリンク

  人気記事

マイナンバーの導入で国民年金の管理がよりしやすくなる?

効率化だけではない、本当の狙い

みなさんもうすうすお気づきのことでしょうが、この制度の目的はそれだけではありません。
政府は事務の効率化のことしか言いませんが、様々な面で国民生活が変わることになります。
このサイトでも何度も取り上げているように、少子化と経済低成長で年金財政の将来はかなり悲観的です。
政府はなんとしても給付額を抑えなければなりません。
いくら保険料の取立てを厳しくしても人口や税収額が減少すれば焼け石に水です。
そんなときに年金受給者の所得を把握できればとても役立つはずです。

年金への影響

現状(平成25年10月現在)では所得がある人でも年金が減額されるのは、厚生年金の被保険者だけです。
会社員としての給与や賞与以外の収入がいくらあっても年金が減額されることはありません。
なんだかとてもヘンだと思うのですが、それにはちゃんとした(?)理由があります。
厚生労働省では会社員(厚生年金の被保険者)の給料以外の所得を把握できないからです。信じられないかもしれませんが本当のことです。
正に省庁間の縦割り行政ここに極まれり、そんな理由で、厚生年金が適用される会社に勤めるサラリーマンだけが毎月、年金額が引かれていくのです。
しかしマイナンバー制度の導入で、晴れて(??)日本国民全員の所得情報を、年金制度を所管する厚生労働省は手にすることができます。
その結果どうなるか、もしかしたら年金の減額者が激増するかもしれません。
保険料の強制徴収も所得情報があれば随分やりやすくなるので増加するかもしれません。

引用元- 年金情報部

国民年金保険料を未納にしている人は大丈夫?

督促状を無視していたらどうなるのか

国民年金の制度のためにも、徴収は必要だが、督促を受けても払えなかったらどうなってしまうのか。
厚生労働省担当者によると、「2年以内に、日本年金機構の職員が、自宅まで徴収に伺います。そして、銀行口座を確認して、預金が足らない場合は車や家財道具を差し押さえます。自営業の方は売掛金を押さえます。」

年金機構広報「文字どおり差し押さえて公売にかけます」

年金機構の広報によると、最近は民間の業者に委託をしており、未払いの人には電話でも通知しているという。
さらに未納が続く場合は、年金事務所に呼び出して、納付の計画について相談させるそうだ。
車は自分自身で売却するのではなく、文字どおり差し押さえて年金機構が公売にかけるシステムになっているそうだ。

引用元- こくまろトレンディ

保険料の催告状が届いた!分割は可能?

先に結果言っちゃいますが、行ってよかった!
まず相談員?職員?さんに怒られたり責められたりもしません。(当たり前???でもほんとに怖かった)
そして他にも未納などで相談に来てる方がたくさんいます。自分だけじゃないです。

催告状が来たんだけど払えないという話をしたらでは分割でという話になりましたが離婚予定で余裕がなく免除申請はできないかと尋ねるとどうなるかはわからないけど申請はその場で出すことが出来ました。
もし申請が通らなかったら未納分を分割で治めるよう相談することも可能です。

引用元-ノワの人生いろいろ日記

未納分は分割払いで今の納付に追いつくように

Q.免除申請の結果が出るまでは、年金の支払いは保留にしておいていいの?
A.今の年金の支払いまで早めに追いつく方がいいから、支払えるなら、1か月分ずつでも支払った方がいい

Q.免除申請が通らなかった場合は、昔の納付書を使って毎月1か月分ずつ支払っていっていい?
A.毎月1か月ずつでは、今の年金支払いまで追いつかない。
催告状もまた届くことになるから、できる範囲で2か月分支払うなどして、時間を掛けてでも計画的に納付して今の納付まで追いつくようにした方がいい

電話で話した印象では、とにかく今の納付まで追いつくことが大事って感じでした。

だから、免除申請するなどして、できる範囲で2か月分~納めるようにして、年金未納の状況を早めに埋めていった方がいいってことらしい。

もし、免除が通らなくて、昔の納付書が手元に残ってる場合は、それを使って納付してもOKみたい。

納付書の裏面の説明書にも書いてあるけど、『納付期限』の表示期限から2年間は昔の納付書で支払えます。
(使用期限と表示されてるのは、期限内までしか使えないから注意)

引用元-ねむろぐ

経済的に厳しい場合は保険料免除の制度の利用を

収入の減少や失業等により保険料を納めることが経済的に難しいときの手続きを案内します(保険料免除納付猶予)。※

国民年金第1号の被保険者は、毎月の保険料を納めていただく必要があります。
しかしながら、所得が少ないなど、保険料を納めることが難しい場合もあります。
そのような場合は、未納のままにしないで、「国民年金保険料免除・納付猶予制度」の手続きを行ってください。
保険料免除や納付猶予になった期間は、年金の受給資格期間(25年間)には算入されます。
ただし、年金額を計算するときは、保険料免除は保険料を納めた時に比べて2分の1(平成21年3月までの免除期間は3分の1)になります。
※納付猶予になった期間は年金額には反映しません。
受給する年金額を増やすには、保険料免除や納付猶予になった保険料を後から納める(追納する)必要があります。

※学生の方はこの制度を利用できません。「学生納付特例制度」を利用してください。
※配偶者から暴力を受けた方は「特例免除」が利用できます。

引用元-日本年金機構

まとめ
いかがでしたか?保険料の未納は放っておくと後で後悔する場合が多いです。経済的に余裕がない場合は分割か免除の制度を利用してみましょう。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済