まとぴこ

話題や疑問などをまとめたサイトです

*

肌を綺麗にしたい!スキンケアのポイントは?

      2016/10/23

 - 美容・健康

誰でも美肌にはあこがれますね!肌を綺麗にするにはどのようなスキンケアをしたらいいのでしょうか?今回は肌を綺麗にするためのスキンケアのポイントを調べましたので紹介します。

スポンサーリンク

  関連記事

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない痛みがあることも。病院へ行きたいけど原因がわからないと何科を受診したらいいのかもわかりませんね。そこで頭痛の特徴と原因について調べてみました。

子宮の位置が左に傾いていると妊娠しない?

不妊治療は大変ですね。いろんな要素が絡んでいます。子宮の位置が左に傾いていていたり、卵管がねじてちいたり、癒着していたり、原因はいろいろあります。また、妊娠しずらいのは女性だけの問題ではありません。専門医に相談しながら、治療をしてください。

痰と鼻水の違いって?

乾燥や寒くなってくる季節になるとアレルギーなのか風邪なのか、熱は出てないけど痰、鼻水が止まらなくて辛い…。そういえば、痰と鼻水の違いってなんだろう?そして、痰と鼻水の症状はなにがあるのだろう?

胎児の成長が遅い時は何が起こっているのでしょう?

妊娠が分かって喜んだのも束の間、検診で胎児の成長が遅いと診断されたらしんぱいです。原因はいろいろあると思います。医者の指示に従い、リスクを回避するようにこころがけましょう。しかし、避けられない病気もあります。この世に生を受けたことに目を向け、最善の方法に取り組んでください。

うつは仕事が怖い病気?

うつは仕事が怖いとよく聞きます。でもそれ以前に何かサインがあったのではないでしょうか?頑張り過ぎ、1人で抱え込むなどまじめすぎる人がなり易いようです。自分の心の状態や、リラックスできない状態や、楽しめない状況の原因は何か探ってみましょう。周りにSOSできたら良いですね。

体重が勝手に減る理由は?

食べているのに勝手に体重が減る・・・。運動したり、食べる量を減らしているわけじゃないのに、勝手に体重が減る。普通だったらなかなか起きないそんな症状が現れたら、心配になりますよね。何か病気なのかな?調子が悪いのかな?体重が減ってしまうりゆうについてしらべてみました。

肩こりになったら整形外科で治療する方がいい?肩こりの治療法とは

ひどい肩こりに悩んでいる人は多いのではないでしょうか?ところで肩こりになった場合は整形外科で治療するのがいいのでしょうか?今回は肩こりになった場合の治療法について調べました。

ラーメンのスープは飲む?飲まない?飲むことででる影響とは?

あなたはラーメンを食べるときにスープまで飲む派ですか?どうせラーメンを食べるならカロリーなんて気にしないでスープを全部飲む!という人もいるでしょう。しかしラーメンのスープで気にしないといけないのはカロリーだけではないようです。

朝食前の運動はダイエットに効果アリ!?おすすめの運動

ダイエットをするならば朝食前の運動が効果的なようですがそれは何故なのでしょうか?また朝食前にする運動はどのようなものがいいのでしょうか?今回は朝食前にする運動について調べました。

筋トレの効果が出るまでの期間

季節が暖かくなって、コートを着る機会が減ってくるととたんに気になるのがお腹周りのお肉ですね。慌てて筋トレで腹筋を鍛えてもすぐには効果はでません。では、どのくらいの期間やれば筋トレの効果がでるのでしょう。

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさんや芸能人も実践していると聞きますが、本当に効果があるんでしょうか?調べてみると、お医者様を中心に異を唱えている人が多数。どういうことなのか、まとめてみました。

精神障害2級ってどんな人が対象?精神障害者手帳を貰うには

精神障害の対象になる人は何らかの精神疾患で日常生活において長期の制約を受けている人のことです。その為うつ病を診断された場合も障害者手帳を発行してもらえることがあります。今回は精神障害2級と診断された場合について紹介します。

1歳の子供が下痢!食事はどうする?

小さい子供が下痢をするととても心配ですね。離乳食が終わったばかりの1歳の子供の場合の食事はどうすればいいのでしょうか。今回は子供が下痢をした場合の食事について調べました。

ウイルス性胃腸炎って何?症状と対処法

ウイルス性胃腸炎は主に冬場にはやりやすい感染性の胃腸炎です。二次感染しやすいため、かかった場合は注意が必要です。今回はウイルス性胃腸炎の症状と対処法を調べましたので紹介します。

体型は体重によって変化するのか?!

体重は変わらないのにお腹が出てきた、又はダイエットで体重は減ったのに見た目の体型に変化がないなー、体が引き締まったような気がするのに体重は減らないと悩んでませんか。実はそれには理由がありました。

子供の足のサイズの平均は?年齢別のサイズ

子供の成長は早いですが、足のサイズもあっという間に大きくなってしまいますね。気が付けば靴がきつくなってしまっていた…なんてこともあります。今回は子供の足の年齢別の平均サイズを調べました。

脳が原因で病気に!?精神疾患と脳の関係

近年、精神疾患を患う人が増えてきているといわれています。精神疾患は脳の病気ともいわれ、原因は脳の機能障害とされていますがすべてはまだ解明されていません。今回は脳と精神疾患の関係について調べました。

指が痛い!痛みと内出血がある場合の原因とは

突き指や骨折などをすると痛みや内出血などの症状があります。しかしぶつけたなどの心当たりがないのに急に指に痛みや内出血がでることもあるようです。その原因と対処法について調べました。

高温期にイライラ!その原因とは?

女性には高温期と低温期があることを知っていますか?基礎体温を測ることでその周期を知ることができます。高温期にはイライラすることがあるようですが、その原因は一体何なのでしょうか。

顔の湿疹が治らない!その原因と対策は?

顔に湿疹ができるとなかなか治らないことがあります。顔にできる湿疹の原因とは何なのでしょうか?また治すにはどうしたらいいのでしょうか?今回は顔にできる湿疹について調べました。

肌を綺麗に見せるには透明感が大事!?

美肌に大切なのは「透明感」!?

美肌になるためには、肌荒れを解消し、くすみをなくしてシミやソバカスを薄くすることが大切だと思われがちですが、実は美肌作りに1番大切なのは肌に「透明感」を与えることだと言われています。
ただ、肌のトラブルを解消させただけでは人よりもワンランク上の肌を手に入れたとは言えません。
「透明感」を手に入れて初めて人が羨むような美しい肌を手に入れたと言えるのです。

透明感はどうやって作るの?

透明感は、肌の保湿や水分量の維持によって生まれるものです。
肌が潤うと肌全体が磨りガラスのような働きをして肌に透明感が生まれるそうです。
美肌を目指す時に、まずは肌の目に見えるトラブルを解消することに力を注ぐ女性が多いようですが、何よりも優先してもらいたいのが肌を潤して透明感を作り出すことなのです。

水分補給やスキンケアで肌に十分な水分を与えて潤わせることで、皮膚の新陳代謝の機能が上がり、あらゆる肌トラブルを解消できると言われています。
日本人の肌は、もともと肌の水分を維持する機能が弱く、乾燥しやすい肌質なのだそうです。毎日肌の保湿をしっかり行いましょう。

引用元-WELQ

スポンサーリンク

  人気記事

これはダメ?間違ったスキンケアとは

【つけすぎ】肌の生まれ変わりをジャマしてしまう

肌の新陳代謝を高める為には、何もつけないのが一番。
化粧水やクリーム、ファンデーションなどで肌にフタをしていると、新陳代謝の働きが低下してしまい、なかなか肌トラブルを改善する事ができないからです。

ほんらい肌の役割は、皮脂や汗、垢を出すための排泄器官です。
外側から入れこんだ潤いは、一時的なだけでなく、肌が元々持っていた潤いまでも、蒸発させてしまう働きがあります。

「それではクリームや美容液ならいいのではないか?」と思われるかもしれませんが、クリームや美容液に含まれている「油」は、肌の上で日光に当たると酸化してしまい、肌を老化させます。
肌トラブルがあるときこそ、肌には何も塗らずに、本来持っている回復力を高めてあげるのが、美肌になる為の一番の近道です。

引用元-Zigen

肌を綺麗にする基礎化粧品は?

個人的な基礎化粧のあり方

ここまでいろいろ書いてきましたが私なりの基礎化粧品のあり方を書いておきます。
まず、一番肌にダメージを与えている洗顔をなるべく洗浄力の弱い物にする事が最重要です。
洗浄力の弱い物だと化粧が落ちなくなりますがかえって落としすぎる事の方が問題です。
ですから落ちにくい化粧品を使わない事も大切ですが洗顔を見直す事をおすすめします。
次に化粧水です。化粧水は水分を肌に与える物と言う誤解は捨てましょう。化粧水はお肌のPH(酸性値)を正常化してくれる物と言う認識で使用しましょう。

製品によっては医薬部外品のものであれば殺菌作用がありお肌に雑菌を繁殖させないようにする効果や血行をよくするものもあります。

つまり化粧水とはお肌の水分補給ではなくお肌を酸性にしてくれたり雑菌の繁殖を抑えるという物と言う感覚でお肌のベースを作るという物だと考えておきましょう。

引用元-綺麗のミカタ

美肌には紫外線対策は必須!

正しい日焼け止めの塗り方

プロが実践する正しい日焼け止めの塗り方を覚えてください。

・曇っていても紫外線は降り注いでいます。毎日紫外線対策を!
・日焼け止めはたっぷり厚めに塗ること
・日焼け止めだけでなく、日傘やサングラスも併用すること
・腕の内側、首の後ろ、耳などは、塗り忘れに注意を
・赤くなるほど日焼けしたときは、とにかく冷やすこと!

日焼け止めの正しい落とし方

塗った日焼け止めは正しく落とさないと肌荒れの原因になります。
2つの種類を目安に日焼け止めを落とします。

1.ウォータープルーフタイプ
2.日常使いのミルクタイプやジェルタイプ

1.ウォータープルーフタイプは普通の石鹸や洗顔フォームでは落としきれません。
クレンジングオイルまたは専用のクレンジング剤で落とし、その後通常の洗顔料で洗います。
2.日常使いのミルクタイプ、ジェルタイプは水性のクレンジングで落とせます。
体は全身洗顔料で洗ってください。

引用元-きめやか.blog

思い切って今までのスキンケアをやめてみる!?

肌の本来の力があれば、スキンケアなしでも肌は良い状態である事は確かに正論で、むしろ化粧品に入っていた化学物質で肌はダメージを受けていたという事に私も賛同します。

スキンケアをつけているから肌がしっとり、すべすべであるだけで、それがないとつっぱり、乾燥するのはそれが本来の肌の状態。スキンケア商品は肌を改善するのではなく、肌を良く見せるものであり、退化させるものでもあるのかもしれない。

確かにそれは根本的な美肌とは言えない、いわゆる化粧ですよね。それも納得。(この価値観は個々それぞれで、それでもいいと思う人もいるでしょう。)

実際これほど肌にいいと思わされる商品が多くある中、次々と商品が出てきたり、今や美容整形まで・・・女性の美肌への憧れは消えない。どうしてだろう、これだけいいスキンケアがあるならもうみーんな美肌のはずじゃないか?
なんてちょっと意地悪に考えてしまうのです。

引用元-organaturics

まとめ
スキンケアは大事ですが過剰なものは逆効果になることもあるようです。自分に合ったシンプルなスキンケアを実践したいですね!

twitterの反応

 - 美容・健康